痔になりやすい生活習慣とは?

自作スピーカーが趣味の高校生です。
今まで、小型フルレンジスピーカーで自作をしてきましたが、今回はウーファーの自作にも挑戦してみようかなぁと思っています。
しかし、FOSTEXから出ているウーファーユニットはとても値段が高くて手が出ません(泣)
そこで、ある程度値段が安いおススメのユニットはありますか?
家にFOSTEX製フルレンジ FE103Eなら2つ余っているのですが、フルレンジでもエンクロージャ方式によっては製作は可能なのですか?
また、ウーファー用のエンクロージャの製作にあたっての注意点などがあれば教えていただけないでしょうか?
(趣味程度ですが、せっかく造るならイイ物を造りたいなぁと思いまして(^^;))

ちなみに、長岡さんという人が書いた本に載っていた『ASW(アコースティックスーパーウーファー)』というものを参考にして製作してみようかと考えています。

乱文、申し訳ありませんm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ウーファーの自作」というのは、ASW(ケルトン)方式が候補に挙がっているということは、「サブウーファー」の意味でしょうか?



ケルトン式サブウーファーについては、手持ちの長岡鉄男『オリジナル・スピーカー設計術(1)-こんなスピーカー見たことない』にわずかながら記載がありますが、明確な設計基準については解説されていません(作例が少な過ぎて分からなかった、というのが実態だと思いますが)。

また、軽くウェブを検索した程度だと、作例もほとんど見当たらず、しかも何らかの理論にしたがって設計されたものは見受けられませんでした。箱の設計に関しては上記の本でわずかながら言及されているのでそれに従うとしても、適切なユニットの選択はまた別の問題です。密閉箱部分はいったん閉じると開けられないので、吸音材の調整などもできません(これが、この方式の致命的問題とも言えます。ユニットの取り外しもできず、密閉箱部分も調整できず、それができる構造にしようとするとそれなりに高度の工作が必要です)。

加えて、サブウーファーの場合、組み合わせるメインスピーカーに合わせてハイカットしなければならず、専用のペアで作るならそれはそれで良いですが、どんなスピーカーにも適応できるようにしようとすると、アンプ内蔵型にする必要があり、製作難易度が大きく上がります。

その辺りも含めて、「どういう使い方をするのか」「自分の手に負えるものなのか」「自分で設計するための客観的な基準はあるのか」を、よく検討した方が良いと思います。

ただ単に「作ることに意味がある」という話なら、もちろん上に書いたような小難しい話は考えなくても良いですが、どうせ手間ひまかけて作るなら、結果オーライに期待するよりは(その期待はたいていハズレます)ある程度理屈にのっとって、きちんとしたものを作った方が楽しいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

注意点等、詳しくありがとうございます。

設計基準が無く、難易度が高いですか(^^)
まさに経験と勘ですね!すごく興味深いです!
絶対成功させたいです。

お礼日時:2007/11/10 16:51

私もウーハ用を使わずフルレンジをウーハとして使ってます。


FOSTEXの  FF-165K(6000円程度)ですが箱が小さくてすみ歪も低く抑えられているのでかなり高音質になります。今は150Hzでクロスしてますが、安く上げようとするならもう少し上の周波数で切ってもいと思います。
できれば側にダクトを配置するバスレフを推奨します。
又、吸音材は炭をお勧めします。理由は音色がつきにくいからです。

http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3340639.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんな便利なサイトがあったとは!
炭ですかぁー(^^)造るときは炭で挑戦してみたいと思います!

お礼日時:2007/11/10 16:40

スピーカーの自作に関しては門外漢なので単なる紹介となりますが、



麻布オーディオでTangBandのW6-658Aが¥1,980で購入できます。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/spot.h …

またご存知かとは思いますが小泉無線にもかなりお買い得なウーハーがあります。
http://dp00000116.shop-pro.jp/

ご参考まで…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
1,980円とはお買い得ですね!
検討してみます。

お礼日時:2007/11/07 01:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【自作スピーカー】ユニットとBOX間のパッキン

スピーカーユニットとスピーカーボックスの間にかませる「パッキン」は、
どこで購入したらよいのでしょうか?

ユニットは38cmウーファーです。

コイズミ無線さんでは取扱っていないようですし、
検索をしてもどうしても見つかりませんでした。
(そもそも名称が「パッキン」で正しいのかも分からないのですが…)

もしかして、ゴムやスポンジ素材を加工して自分で作るものなのでしょうか?
その場合、どんな素材が適していて、どのように加工するのがよいでしょうか?
あるいは、パッキンは必要ないのでしょうか…?

ちなみに、自作は2回目です。
前回は既製品のユニットを流用したので、パッキンはもともと付いていました。

みなさまの知恵をお貸しください。よろしくおねがします。

Aベストアンサー

>> 参考になるサイトなど //

私の場合、おおざっぱな設計などは海外の人の作例を参考にさせてもらうことが多いのですが、シーラーなどの細かい部分まで書かれているサイトというのは、ちょっと思い当たりません。

別に難しい話ではなくて、たとえば...

(1) 緩衝剤のロールを用意します。ふつう、幅1m*長さ数m~10数mといった形で売られていると思いますので、38cmウーファーでも余裕で収まります。

(2) フランジの外周より数mm小さな円弧を描きます。伸びにくい糸の両端に画鋲とサインペンを付けたようなものが便利です。同様に、内周より数mm大きな円弧を描きます。あまり神経質にはならず、だいたいのサイズで十分です。

(3) ハサミなどで切り抜きます。半分か1/4に折り畳んで切れば簡単です。

(4) 現物合わせではみ出しがないように形を整えます。

もし、シーラーをフランジかエンクロージャーに固定してしまうなら、(3)の前に裏側から両面テープ(極薄のもの)を貼ると良いでしょう。その方が切りやすくもなります。

ご参考までに。

>> 参考になるサイトなど //

私の場合、おおざっぱな設計などは海外の人の作例を参考にさせてもらうことが多いのですが、シーラーなどの細かい部分まで書かれているサイトというのは、ちょっと思い当たりません。

別に難しい話ではなくて、たとえば...

(1) 緩衝剤のロールを用意します。ふつう、幅1m*長さ数m~10数mといった形で売られていると思いますので、38cmウーファーでも余裕で収まります。

(2) フランジの外周より数mm小さな円弧を描きます。伸びにくい糸の両端に画鋲とサインペンを付けたよ...続きを読む

Qサブウーファーのローパスフィルター

今度サブウーファーを作ろうと思っているのですが、
高音カットにコイルを使うとかなりの値段になってしまいます。

スピーカーは8Ωで500Hz以上の音ををカットしたいのですが、
コイルを使わないローパスフィルターはありますか。
多少、回路が複雑になってもかまいません。

Aベストアンサー

後出しジャンケン的回答ですが...

サブウーファーの「サブ」は、英語の sub で、たとえば subway の sub と同じです。つまり、「下の」という意味です。サブウーファーの定義は、じっさいにはこれだけで、再生周波数帯域が厳密に決まっている訳ではありません。

したがって、「ウーファーが再生できない低音を再生するウーファー」なら、すべてサブウーファーだといえます。もっとも、普通のスピーカーは、100Hz~200Hzくらいまで再生できるのが一般的なので、サブウーファーは、それ以下の帯域を受け持つのが普通です。

>> 低音が全くといっていいほど鳴らなくて、とりあえず低音がほしいなぁと思っていたので //

低音が出ないのには、いくつか理由があります。

1つは、スピーカーの能力がもともと足りない場合です。一般的には、「振動系の質量が同じなら、より面積が大きい方」が、「面積が同じなら、振動系の質量が重い方」が、より低い音まで再生できます。

昔は、主に前者のように設計されたドライバーが主流でした。最近は、後者の設計が増えてきたため、小型でも比較的低い音まで再生できるようになっています。

2つ目に、セッティングの拙さがあります。低音は、部屋の壁によって再生されています。たとえば、風呂桶に石鹸を投げ込んだら波紋が壁に反射されますが、池であれば岸に届くまでに波紋が消えてしまいます。音波も同じで、壁の影響を強く受けています。

そのため、設置方法が悪いと、低音が正確に再生できなくなります。たとえば、床にベタ置きしているとか、軟弱なものの上に置いているとか、和室のように壁が音を遮りにくいとか、スピーカーを何組も並べているとかです。

>> 500Hzカットぐらいがちょうどいい?と考えたのですが…。 //

ピアノの真ん中の「ラ」の音が、440Hzです。時報の「ピッピッピッポーン」の「ピ」も、だいたいそのくらいです。500Hzというのは、実際には意外と高い音なのです。

どの程度の周波数でクロスさせるのが良いかは、ほんとうは測定器で調べないと分かりません(パソコンと安いマイクでも、それなりの精度できます)。ただ、これは面倒ですから、パソコンで100Hzとか200Hzとかの単音を作り、どの辺りが妥当か見当をつけるのが良いでしょう。たとえば、Windowsなら、efu氏のWaveGeneなどが有名です。

後出しジャンケン的回答ですが...

サブウーファーの「サブ」は、英語の sub で、たとえば subway の sub と同じです。つまり、「下の」という意味です。サブウーファーの定義は、じっさいにはこれだけで、再生周波数帯域が厳密に決まっている訳ではありません。

したがって、「ウーファーが再生できない低音を再生するウーファー」なら、すべてサブウーファーだといえます。もっとも、普通のスピーカーは、100Hz~200Hzくらいまで再生できるのが一般的なので、サブウーファーは、それ以下の帯域を受け持つの...続きを読む

Qサブウーファーについて

サブウーファーについて質問です。

Foが80Hzのスピーカーユニットでサブウーファーを作ったとします。そのスピーカーで、80HzでLowCutをいれた音を出したとします。(仮定として80Hzでスパッと切れたとします。)
その場合でも、エンクロージャーやバスレフダクトの設計の仕方によっては、80Hz以下の音がしっかりと(40~60Hzあたり)出るようになるのでしょうか?

またそういう技術や方法が載ったホームページや書籍の情報があったら教えて頂けないでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>> やはりLowCutを緩めていくしかないかなーと感じております。 //

やはり「無い袖は振れない」の通りで、もともとドライバの出力が低い状態では、いかにエンクロージャーを工夫しても効果がありません。

音量や耐入力の問題があるようですが、先に書いた通り、ダンプドバスレフやTLS、ケルトン式などでは比較的過大振幅が抑えられると思います。まずはエンクロージャーなどでコントロールした後、そういった機械的な対策が難しい部分を電気的に補った方が、結果的には良くなりそうです。

Qサブウーファーを自作したいが、鳴りません

・AVアンプ:Panasonic SA-XR70
・スピーカーユニット:Dayton Audio RSS315HF-4(12インチ、4オーム)
・サブウーファー用アンプ:AUDIOTRAK Dr.AMP(HIFIでない初代、4オームのスピーカーにも対応しています)

 AVアンプのサブウーファー出力端子に、同軸ケーブルでDr.AMPをつなぎ(片chのみのモノラルアンプとして使用)、その先にスピーカーユニットをつないでみました。

 AVアンプのテスト信号を出しても、サブウーファーのところになると無音です。(Dr.AMPのボリュームを最大にして、スピーカーユニットに耳を近づけると、微かにドコドコ鳴ってはいるようです)

 何れの機器も、単体での使用は問題ありませんでした。ケーブルの断線等も疑ってみましたが、それでもないようです。

 AVアンプの設定で、サブウーファー出力は「YES」になっています。

 自作に関しては、こちらの方を参考にしました。
http://www.hide10.com/archives/11599

 Dr.AMPの出力は15W+15W(モノラルなので15W)です。上の方のアンプは20Wです。アンプの出力が足りないのでしょうか。

 よくわからなくなってしまったので、アドバイスがありましたらお教え下さい。

・AVアンプ:Panasonic SA-XR70
・スピーカーユニット:Dayton Audio RSS315HF-4(12インチ、4オーム)
・サブウーファー用アンプ:AUDIOTRAK Dr.AMP(HIFIでない初代、4オームのスピーカーにも対応しています)

 AVアンプのサブウーファー出力端子に、同軸ケーブルでDr.AMPをつなぎ(片chのみのモノラルアンプとして使用)、その先にスピーカーユニットをつないでみました。

 AVアンプのテスト信号を出しても、サブウーファーのところになると無音です。(Dr.AMPのボリュームを最大にして、スピーカーユニッ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして♪

利用されたユニット、、、、
http://www.daytonaudio.com/index.php/rss315hf-4-12-reference-hf-subwoofer-4-ohm.html
これかな??
pdfで詳しいスペックが確認出来ましたが、公称86dB/w/m 周波数特性図を見ますと、100Hz以下ではもっと低い値になっていますね。

組み合わせて居るスピーカーが89dB/w/mであれば、このウーファーユニットには2倍から4倍のパワーを入れた時にそこそこバランスが取れてくると考えられます。

計算の上では3dBの差がアンプのパワーで2倍に相当します。6dB違えば4倍、10dB違えば10倍、20dB違うと100倍のパワー差で同等ですね。

さて、スピーカーの効率とアンプパワーの部分だけでは無いように思えて来ました。

自作の参考としたリンク先を拝見しますと、素人向けのドコドコと勝手に鳴っている低音感、本物じゃない音ではなく、本当の音、そういう方向を目指しているように思われます。

最近のサウンドは本物の低音域を再生するのでは無く、倍音成分の100Hz~150Hz付近を非常に強くし、100Hz以下は切り捨てた傾向が多いものです。カーオーディオでは昔からせまい空間とエンジン音やロードノイズの関係からそういう方向が一般的でしたが、家庭用の分野ではホームシアター創世期のボーズが出した小型で低音感が豊かな製品が一世を風靡してからでしょうかねぇ。

人間の可聴帯域は20Hzからと言われますが、100Hz以下は非常に感度が悪く、相応の音量の場合でしか感じにくい事、100Hz以下、特に50Hz以下では遠方まで届いてしまうと言う性質が住宅密集地や集合住宅では大きな音量で近所とのトラブルに成りやすいなど、いろんな面から本物の低音を体感した事が無い人がおおくなっています。

そのため、このユニットを真面目な箱に入れた場合、今まで経験した誇張された低音感が無いので音が出ていない?と感じてしまう可能性は十分に考えられます。

真空管アンプの中には最大出力をオーバーして利用した時の歪み方、そういう個性が好まれて数ワットのアンプで爆音環境と言う事も可能ですが、半導体アンプでは最大出力を一瞬でも超えない範囲で利用しないと音質上で破綻します。
そういう意味からは、アンプパワーは数百ワット級がこのユニットには理想でしょう。
でも、実用上で余裕度を10倍と見れば10Wの範囲でも利用可能です。

その意味から通常の15Wのアンプなら、、、
と思ってアンプの方を検索、、、ありゃ?
http://audiotrak.co.kr/audiotrak/english/Edramp.php
これですかね?

スペックの中で電源の部分「15V AC 1200mA power supply」
どうみても実質15Wはかなり特殊ケースの最大値で、実質は8割りくらいまでかな?
他に増幅率、ゲイン値が無いのでボリューム最大でも他のチャンネルに対して音量的に低く成ってしまっている可能性も考えられそうですよ。
(相対的な部分ですので、サブウーファーのボリュームを上げる、逆にサブウーファー以外のボリュームを絞る、と言う方法でのバランス調整も有ります。)


本来は、ボリューム操作とは、音量を上げるためではなく、適した音量に絞る、と言うのが機能的な目的なんです。

いろんな部分が絡み合っているのかもしれません。
御質問者様にとって有効な情報が一つでもあったり、参考にでも成りましたら幸いです。

はじめまして♪

利用されたユニット、、、、
http://www.daytonaudio.com/index.php/rss315hf-4-12-reference-hf-subwoofer-4-ohm.html
これかな??
pdfで詳しいスペックが確認出来ましたが、公称86dB/w/m 周波数特性図を見ますと、100Hz以下ではもっと低い値になっていますね。

組み合わせて居るスピーカーが89dB/w/mであれば、このウーファーユニットには2倍から4倍のパワーを入れた時にそこそこバランスが取れてくると考えられます。

計算の上では3dBの差がアンプのパワーで2倍に相当します。6...続きを読む


人気Q&Aランキング