出産前後の痔にはご注意!

細胞実験を始めてようやく2ヶ月がたちました、初心者実験者です。
今現在96穴プレートを用いて線維芽細胞(NIH/3T3)に酸化ストレス(H2O2)を与えて、その生存率を求める実験をしています。

培地を取り除く際にピペットマンで吸引除去しているのですが、ピペットマンで吸引除去後、新たに培地を加え顕微鏡で確認すると、プレートの中央に細胞がおらず、周りにのみ細胞が見られます。

これはピペットマンで吸引した時に細胞に負荷がかかってしまっているためでしょうか?アスピレーターで吸引したほうが負荷は少なくてすむのでしょうか?もしくは96穴を逆さまにして培地を除いたほうが??

もしこのような経験をお持ちの方がいましたら、ご意見お願いします!!

A 回答 (1件)

培地を除く前と、除いた後の培地を入れる前に、細胞があることは確認しているのですか?



小さいウェルに細胞を撒くと表面張力で培地が端に寄り、そこで落ちるために、
中央に細胞が来ないことがあります

培地を除く前に細胞があることを確認出来ているのでしたら、
質問者さんのラボで可能な方法を複数試して、いい方法を選ぶことが出来ます
私は、アスピレーターの先にイエローチップを付けて吸うのが好みでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます!アスピレーターの先にイエローチップ付けを試してみたいと思います。

この間の現象では、培地を除く前は細胞がウェルに均一におり、ピペットマンで吸って新たに培地を加えると、細胞が端によってしまします。

このときに吸引した培地には細胞は見られませんでした。

しかし、WST-8 kitで細胞数を測ると、細胞が均一に撒かれたものと同じ細胞数を示します。つまりはただ単に細胞が端に集合してしまっているということなのかな?と思いました。

お礼日時:2007/11/09 11:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング