【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

田舎に立地している、従業員17名の小さな製造会社(工場)の話しです。
この度経営不振などの様々な理由から、メインバンクと話しをした結果代表取締役が交代する事となりました。新しく就任した代表取締役ですがその会社の大株主、役員でも有り、以前から取引先(別会社の社長)としてこの会社に出入りしている者です。しかし後任した代表取締役は以前からその会社の経理担当と衝突が多く仲は良い状態では有りません。理由は色々ですが経理担当者の性格が人の言う事をきちんと聞かない、反発する事が多い等でその他とも衝突は多かったようです。そしてトップ交代に合わせて経理の入れ替えを考えています。要するに経理から現場作業者へ人事異動の話しになるわけですが、経理担当者は事務職(経理)の募集が有り入社したのに、現場に移動させられるのは不当な扱いとして訴えると言っております。一般的に考えれば、ただの人事異動の話しと思うのですがこのような形で訴えられた場合どちらが有利になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは



この情報だけだと「どちらが有利」とは一概に言えないのですが、
経理担当者の人が若干有利のような気がします。

企業が配置転換を行うためには「根拠」が必要です。
例えば就業規則や労働契約に「配置転換を行う」等書かれていれば
会社側が有利です。

>事務職(経理)の募集が有り入社したのに

これだけではダメですね。雇用契約書等に「経理事務」と書かれて
いれば不当な配置転換になりますが。

ただ経理担当の人が労働基準監督署に訴えた場合、
労働基準監督署は「業務上の必要性」「労働者の不利益」を比較して
判断しますので、その場合労働者の権利が認められるかも。

>人の言う事をきちんと聞かない、反発する事が多い等

会社はこれを理由に「業務の停滞」「不適格」を主張すると思います。
最近は労働者保護に偏りがちになりますので、その意味でこの情報
だけで判断すると「経理担当者が若干有利」とは思います。

経理の仕事に残れたとしても中小、零細企業であればいろんな意味で
待遇は悪くなると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご連絡有難うございます。
すぐに雇用契約書を確認してみます。
有難うございます。

お礼日時:2007/11/07 10:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング