AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

行いたい事は
QoSでフレームのCoS値を設定した場合にその確認方法として
実際のフレームをキャプチャしてきちんとCoS値がついているかどうかの
確認をしたいのです。

そこで、Ciscoのマニュアルを検索してみると
Catalyst3750とCatalyst2960ではローカルSPANであれば
「encapsulation replicate」のキーワードを指定すれば
オリジナルの801.1qフレームを保持したまま
ミラーポートにフレームを転送できるようなので
前述の設定されたCoS値が割り当てられている事の確認が
実現できそうでした。

ところが、今回はCatalyst3550かCatalyst2950で実施する必要があります。
マニュアルには「encapsulation replicate」の記述は無く
「encapsulation dot1q」のみがありました。
「encapsulation dot1q」を設定した場合に実際にキャプチャしてみると
どうも、あて先ポートでVLANタグを付け直しているようで
CoS値がまったく入っていません。
「encapsulation dot1q」のキーワードではオリジナルの
802.1qフレームをキャプチャできないのでしょうか?

また、SPANの送信元ポートで送受信したオリジナルの802.1qフレームを
Catalyst3550かCatalyst2950でキャプチャする方法は他にありませんでしょうか?
(リピータ差し込まないと無理なのでしょうか?)

以上、よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

初めまして。



SPANは全てタグなしフォーマットになってしまいますので、そこで下記のキーワードですが
「encapsulation replicate」は直訳すると複製のカプセルであり
「encapsulation dot1q」はタグのカプセル化ですので、全く異なりますね。
前者は元と同じタグでミラー出来ますが、後者は新規にタグを付けてしまうキーワードです。
その為キャプっても全く違うデータ、勿論CoS値などは論外になってしまいますね。

自分は該当製品を持っていないので完璧な回答は出せませんが、自分もreplicateオプションしか
思い浮かびません。ファームアップ等でサポートされれば良いのでしょうが・・・・無理ですね(笑)
やはりバカハブの出番でしょうか。個人的にはSPANがあるのに使用せざるおえない部分が
非常に気になる所ですが・・・・。自分も気にいらない(笑)のでもう少し調べてみますー。

参考にならない回答で申し訳ありませんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

denim1028さん
初めまして。ご回答ありがとうございます。

そうなんですよ。encap dot1qではどうも一旦untagにされたフレームに
タグを付け直すだけのようなのです。
確かにどのVLANに関するフレームかはこれでわかりますが、今回行いたいことには全く使えません。

denim1028さんの仰るとおり、SPANの機能があるにも関わらず
今回のCoS値の確認をするためにはリピータHUBが必須なんでしょうかねぇ?100Mリピータって高いんですよね・・・。

またわかれば教えてください。どうもありがとうございます。

お礼日時:2007/11/08 15:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング