痔になりやすい生活習慣とは?

4、5年前に地上波テレビの深夜放送で観たのですが、タイトルがわからずモヤモヤしています。

モノクロ作品の邦画で、登場人物は男三人(二人だったかも…)と女一人のグループ、それが詐欺団のようなカンジになってある男性を騙し、財産を奪うのですが、いざ山分けする時になったらお金が全てなくなっており、女性も消えていた…というストーリーです。
その女性が他の仲間の男性たちを騙し、お金を独り占めして逃げるラストシーンが印象的です。
確か、砂漠のような風景の中をひとり逃走していたような…。

どなたかご存知の方、教えてください!
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「悪の階段 1965年公開モノクロ」ではないでしょうか?



南条範夫の原作を鈴木秀夫が脚本・監督した。
出演は、山崎努 西村晃 久保明 加藤大介 団玲子ほか

山崎、西村、久保、加藤、4人の男は、山崎をリーダーに、ある会社の金庫から4000万円をまんまと盗む。
当初は、ほとぼりが冷めてから4等分する約束だったが、それぞれ金が入用になったことで、仲間われをする。
山崎の愛人の団玲子はその様子を冷ややかにみていた。
ネタばれになるが、それで山崎以外の3人が死ぬ。
山崎は団をも殺そうとするが、団に見破られ逆に殺される。
まんまと4000万を手にした団は一人荒野を去っていくが、すでに警察の手がまわっていた・・・というストーリーだっつたと思います。

和製フィルムノワールと言われ、光と影の使い方、画面の構成力、音楽となかなか良かったが、肝心のストーリーが・・・・。

お探しの映画ではありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ~ッ!
絶対にコレです!こんなお話の映画でした!
そうそうそう、山崎努さんを見て「エラい若いなぁ」としみじみ思ったことを思い出しました…!

ストーリーが妙に尻つぼみで「な~んだ…」と思ったのですがそれ以上に映像が美しく印象的だったもので、もう一度観たい邦画だなぁ、と思い出したのがキッカケで、タイトルを憶えていなかったばかりに今日一日じゅうモヤモヤしていました。

わぁ~、嬉しい。
こんなに嬉しいのは久しぶりです(笑)。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/08 00:03

最初質問を読んだ時は、山本富士子さんの『宝石泥棒』(1962)かな、と思いました。

でも、ちょっとストーリーが違うんですよね……間違ってたらすみません。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD20813/story …
http://www.laputa-jp.com/laputa/program/yamamoto …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ~!
似ているけど、違うんです!
「宝石」は全く登場せず、出てくるのは札束で…。

あの女優は加賀まりこさんだったっけなぁ?と思って検索してみたのですが、それらしき作品はなかったです。

一旦奪った札束を床下のような場所に保管し、世間のほとぼりが冷めた頃に山分けしよう、なんて相談をしていて、いざその時になって床下を開けたらお金がなく、仲間の女も行方知れず…という結末でした。

あああ~!モヤモヤします!
なんとかして今週中に知りたいののですが(涙)
でも、こんな私と一緒になって考えて下さって感謝です。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/07 20:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング