出産前後の痔にはご注意!

一本目の「遠投竿」を購入する予定なのですが、下記2点でどちらを購入するか迷っています。

ダイワ・プロイソインプレッサ 4号(アウトガイド)

ダイワ・プレッサドライ 4号(インターライン)

釣りの用途は主に「カゴ釣り」と「呑ませ釣り」です。
ヒラメやハマチの子・スズキなんかを釣りたいと思っています。
価格的にはほぼ同等で、飛びだけを重視した場合はアウトガイドが優位だというのは理解しています。個人的に穂先での糸絡みのないインターラインが欲しいのですが、「Vジョイント」という機構がプレッサドライにはついておらず、同じ価格を出すならVジョイントが搭載されたインプレッサを購入した方が得策か?という事をお聞きしたいです。カタログ上でVジョイントの説明を読んでも、どれほどの恩恵があるのかわからないので、違いについてご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。よろしくお願い致します。
ちなみにVジョイントが搭載されたインターライン竿でルネッサドライというのがありますが、高すぎて手が出ません・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この2機種なら迷わずプロ磯をオススメします。


インターラインは釣行の度に内部の塩抜き、撥水をしておかないと内部で
塩の固まりが付着しだし、ラインにキズが付きますし、そうなると著しく
ラインの放出が悪くなりますから、穂先絡み以外のメリットはないと思って良いでしょう。
終いにはメーカーにメンテナンスに出さないと使い物にならなくなります。

それに細い穂先の内径にカゴ釣りの太いライン、大きなウキ止めなど
穂先の破損に繋がる要素が大きいのもマイナス要因ですね。
糸絡みを気にされているようですが、カゴ釣りなどの重い仕掛けの投入だと
ほとんど穂先絡みはありませんし、インターラインは1日のうちでも
どんどんラインの放出性が落ちてきますから、あまり重くない仕掛けで
生き餌を泳がせそれにつれて少しずつラインを送り出すノマセでも
ロッドをしゃくらないと出なくなりますから使いにくいですよ。

Vジョイントはロッドのジョイントなど一部分に負荷が掛かるのを防ぎ
全体で過重に対して曲がりますからカゴなどの重い仕掛けの遠投には
ロッドに対して無理なく優しい大変役立つ機構だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます!
私の不安とするところが全て解決しました。
無理にインターラインに拘らず、プロ磯を選びたいと思います。

できればもう一つ教えて下さい。
これに合わせたリールも安価な物を探しています。
今考えているのは、ダイワのレブロス3000を考えています。
4号あたりのナイロンを巻こうかなと。
予算15000円までで、他にオススメなどありましたらご教授願います。

お礼日時:2007/11/07 14:57

No3です。



誤記入を1箇所訂正させてください。

誤)“レブロスの7kgに対しフリームスKIXは7kg”
正)“レブロスの6kgに対しフリームスKIXは7kg”

また、既にNo1の回答者様から同様の回答をいただいたみたいですので、私のは要らなかったですね (汗
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とんでもない!
ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2007/11/07 16:00

横から失礼します。


リールに関しては“予算15,000まで”との事ですので、もちろん同じダイワのフリームスKIXもご検討されているのかと思いますが、私ならこちらを選びます。
カタログ値では大差無い両者(重量はレブロスの方がむしろ軽い?)ですが、近年ダイワの新商品に搭載されている“REAL FOUR”コンセプトの機構は、未搭載のものより数段の進化が感じ取れます。
特にこれまでのダイワのリールは競合のS社より経年使用による劣化が早い傾向があったと思いますが、同じ“REAL FOUR”搭載の上位機種を数年間タフに使用し、今だに回転性能等の衰えは感じません。
また、ドラグ張力も同じ3000番での比較でレブロスの7kgに対しフリームスKIXは7kgですので、ヒラメなど巻きあげ抵抗のある魚の取り込みには優位かと思います。

なお、竿に関しては1の回答者様と全く同意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
やはり「リアル4」という基準(?)、良さそうですね。
まだ昨年に釣りを始めたばかりなので、
釣具屋でショーケースに並べられている製品は100年早いと思っていました。
予算内でもギリ買えそうなので、この機会に検討してみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/11/07 15:55

#1です。


リールですがレブロスも大変コストパフォーマンスの高いリールですが
予算が15000円まであるのでしたらもうちょっと頑張ってフリームスKIX3000を
買われることをオススメします。
通常大型店では20%オフぐらいで販売していますから予算よりずっと安いですよ。

巻き上げの軽さ、耐久性、どれを取ってもリアル4のフリームスKIXの方が上です。
これからのダイワの選択基準はリアル4かどうかで決まってくると言っても
過言ではないでしょう。
またRCSのチューニングパーツも使えるし、RCS3012スプールが使えますから
シーバスのルアーなどにも即対応出来ますから1台で発展性も高いですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
リアル4ですか。
僕には縁のない高額な物だと最初から考えもしませんでした。
予算内で収まるようなら、フリームKIXを調べてみます。
わかりやすいご説明、本当に助かりました!
また何かありましたらよろしくお願い致します<(_ _)>

お礼日時:2007/11/07 15:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください。

それとも1.5のインターラインを買うなんてバカヤローだったのでしょうか。

道糸は昔のリールに付いていたナイロンの1.5です。

これもバカヤローだったんでしょうか。

以前からテレビでインターラインを見ていて、欲しかったのですがやっと購入して今日夜釣りにいってきました。

釣果は別として、糸が出て行かないのでたかが10mほど先のポイントに投入するのに全力投球です!

友人からはインターランイなんて止めておけと言われたのに買ってしまった、バカヤローですが後悔しても買ったものを捨てられないし。。。。。。。。

このバカヤローに良きアドバイスをお願いします。

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください...続きを読む

Aベストアンサー

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代わり、雨の日は糸が出ません。
でも私の行く釣り場が足元からですので、10mも飛ばせば釣りは出来ます。

流行のスルスル釣りとか、
道糸を出して行く流し釣り?とかだと不向きだと思います。

いつも行く釣り場で使い分けするとか、
天気の確認とか、制約されることはあります。
よくやる竿先を水面に付けて糸を出すとかはやってはいけません。
一応竿ケースには
普段使うインナー1.5号と予備の2号とアウトガイド1.5号の竿を入れています。

最近はやらなくなりましたが、
夜釣りとか風の強い日のライントラブルはほとんど無かったです。

欠点より利点が目立つ様に上手に付き合うようにしてあげてください。

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代...続きを読む

Q遠投用スピニングリールは飛ぶ?

普通のスピニングリールと比較して、投げ専用(遠投用)リールを使用した場合、
飛距離はどの位いの差が出るのでしょうか?
もちろんプロ級の腕前の方は違いが明確にでると思うのですが、
私は初心者に近く、リールも3千円程度の安物を使っています。
多分、現状で飛距離は50~60mくらいと思いますが、
カレイはもっと遠投したほうがいいと聞きました。
最近、ショップで6千円くらいの投げ専用リールを見つけたので、気になっているのです。
同じ力と動作で、2割くらい飛距離が伸びるなら購入しようかと思っているのですが・・・

Aベストアンサー

遠投での釣りを専門にしてますが仕掛けを少しでも遠くに落としたい場合は、やはりリールよりロッドの購入を考えてみては?遠投用リールはドラグなどを排除し無駄を削って軽量化してスプール溝が浅くラインが抵抗なく方出する構造で、明らかに飛距離に違いが出ますが今お使いの竿ではあまり差を感じないかもしれません。それよりも同じ値段帯のカーボンロッド(27~30号)を購入し今使ってるリールをセットした方が飛距離は出ます。

Q遠投かご釣りの飛距離について

竿リバティクラブ5号 ミチイトPE3号かごダイワロケットかご15号の仕掛けで
追い風でも55メートルくらいしか飛びません
無風なら50メーターくらい
前はかなりの追い風なら90メーターくらい飛んでた気がします


竿を4号EV遠投両軸に変えればかなり飛距離はかなり伸びますでしょうか?

皆さんはどれくらい飛ばされていますか?

後投げ方ですが、投げる際目一杯力入れてるわけではないですよね?
何かコツはありますか?

Aベストアンサー

リバティクラブ5号というのは磯風遠投5号53遠投の事でしょうか?
それをシマノの磯遠投EV4号のPR(両軸)にするという事ですね。

どちらも磯竿といえ遠投用なのである程度竿の張りがあります。 遠投したいのなら目一杯ではなく竿の反動を利用して投げると遠投できます。 竿に仕掛け全体を乗せ(竿を曲げてそれを感じながら)反動で竿を振り込むという感じですかね。文章ではなかなか難しいですが。

ただ両軸リールに変えるとなると遠投云々よりスピニングと違ってバックラッシュしやすくなりますので扱いは難しくなります。それを理解していればいいですが。
竿をリバティからEVに変えるのはEVのほうが張りがあり遠投性能に優れていると思いますのでいいかと思います。リールはクロスキャストなら問題ありません。No3さんがナイロン3号のほうが飛ぶと書いてありますが全くの逆です。同じ号数ならPEのほうが細い(より空気抵抗がない)ので飛びます。間違わないでください。

Q遠投カゴ釣りのカゴの大きさと仕掛けの軽さについて

現在 シマノEV520 3号 シマノエルフ4000番 PE2号 ハリス 3号3.5m 2本針 という仕掛けで
主にタイを狙ってます

カゴはふたつきステンカゴの大16gと中11gを使ってます、錘はなしでコマセの重みで追い風で50mくらいの距離を飛ばしています  

2つ質問なのですが ステンカゴ大はマキエがオキアミ+アミエビ+ぬかを使った物で120g入れることができます 
ですがよく使われているようなロケットカゴはその半分以下くらいしかマキエが入らないように思います
マキエは多く入った方が釣果はあがるのではないですか? 

錘のない仕掛けにすることでこっぱのあたりも取れるようになり重い仕掛けのときより明らかに釣果は上がりましたが、4号竿+アブ同軸を使い80mくらい飛ばしてみたいので錘を使わなければいけないと思っています 経験者の皆さん的にはどの程度までなら錘を重くしても釣れると感じますか?6~8号程度?

魚のサイズによると思いますのでタイで言うと35センチくらいまでのそれ程大きくないサイズでの話でお願いします

Aベストアンサー

#1さんはおそらく船釣りで使う所謂「鉄仮面」的な物と混同されているんでしょうね…

自身の経験と自分の周りでよく釣る人を見た感じでは、上手い(よく釣る)人ほどカゴが
小さい印象があります。ただ最初の何投かを大きなカゴで、は理にかなっていると思います。

ステンカゴはオモリなしでも、例えば16gならナイロンカゴもしくは巾着絞りカゴ等に
4号程度のオモリを付けるのと同じ事ですね。

私は関西在住なので和歌山辺りでよく使われる、ポリカンウキ?(サビキ用の物)流用の
所謂「おいやんカゴ」を自作して通常2号程度のオモリで釣っています。
よっぽどの向かい風でなければ7、80mくらいは飛びますよ。

マキエ量も市販の黒いロケットカゴと同じ位入りますがカゴ自体の重量が格段に軽く、
2号負荷程度のウキとなら仕掛け回収の巻き上げ時もほとんど抵抗ない位軽いです。

和歌山、中紀・南紀辺りの地磯・堤防からのカゴ釣りではタナ(カゴまで)は概ね2~3、
深くても5ヒロ位で、ゼロ(天秤以下のハリス分だけがタナ)も日常です。
80、100m投げる地元のベテランさん(オモリ1~2号まで)でもです。

仕掛けが軽いと釣れやすい、は私自身も感じていますが同時に疑問?なところでもあり、
仕掛けの馴染むスピードからの手返しや表層にエサ取りがいる時の速攻突破等、課題もありますし、
実際10号の重い仕掛けで周りの軽い仕掛けのおいやん達よりはるかに釣るベテランさんもいます。

直接的に因果関係は絶対ありませんが、狙うタナのヒロ数とオモリの号数をだいたいでも合わせると
釣りやすいと習った事があり実行していますが、理にかなっていると思います。

飛ばす距離は、カゴやウキの重さ・形状にももちろん左右されるでしょうが、最低限SICガイドの竿
であれば、後はタックルバランスの一言に尽きると思います。

#1さんはおそらく船釣りで使う所謂「鉄仮面」的な物と混同されているんでしょうね…

自身の経験と自分の周りでよく釣る人を見た感じでは、上手い(よく釣る)人ほどカゴが
小さい印象があります。ただ最初の何投かを大きなカゴで、は理にかなっていると思います。

ステンカゴはオモリなしでも、例えば16gならナイロンカゴもしくは巾着絞りカゴ等に
4号程度のオモリを付けるのと同じ事ですね。

私は関西在住なので和歌山辺りでよく使われる、ポリカンウキ?(サビキ用の物)流用の
所謂「おいやんカゴ」を...続きを読む

Q遠投カゴ釣りのリール購入について

40~50cm程度のヤズ・真鯛、時にはアジ・サバ・ハマチ等を狙い遠投カゴ釣りをしています。
現在のタックルは

竿
ダイワ プレッサドライ 4号遠投
     リバティISO 3号遠投
NFT  パワーループ PL磯 5号

リール
ダイワ エンブレムZ-A 5000番 ナイロン6号、7号、PE3号
     ワールドスピン 4000番 ナイロン6号

メインにプレッサドライとエンブレムを使い、波止ではリバティとワールドスピン、大物狙いにPL磯とエンブレムを使っています。
エンブレムがお下がりなので古く、ラインローラーに糸が引っかかりやすくなっています。
エンブレムもまだまだ使えるのですが、いかんせんサブがワールドスピンで心許無いため、1個リールを買おうかと思っています。
個人的には、エンブレムを磯用にし、普段の波止では道糸5~6号で軽いリールをと考えています。
ニュークロスキャスト4500番が予算的には良いのですが、自重もエンブレムと変わりませんし、
エンブレムよりランクは大分落ちますので、買う意味は無いでしょうか?
また、エンブレムより軽く、できるだけ安価なおすすめリールがあれば教えてください。

40~50cm程度のヤズ・真鯛、時にはアジ・サバ・ハマチ等を狙い遠投カゴ釣りをしています。
現在のタックルは

竿
ダイワ プレッサドライ 4号遠投
     リバティISO 3号遠投
NFT  パワーループ PL磯 5号

リール
ダイワ エンブレムZ-A 5000番 ナイロン6号、7号、PE3号
     ワールドスピン 4000番 ナイロン6号

メインにプレッサドライとエンブレムを使い、波止ではリバティとワールドスピン、大物狙いにPL磯とエンブレムを使っています。
エンブレムがお下がりなので古く、ラインローラーに...続きを読む

Aベストアンサー

多分予算1万円以内というところではニュークロスキャストが一番良いと思いますよ。
同クラスの性能で軽さを求めると2万円を軽く超えてきますからね・・・

> エンブレムよりランクは大分落ちますので

時代が違うのでランクはそんなに違わないと思いますけど・・・
エンブレムも当時は安価で性能が良いと言う、今のニュークロスキャストと同じコンセプトで作られたものだと思います。

Q4号磯竿の使い方とカゴ釣りで釣れる魚について

場所は江ノ島表磯、4号5.4mの磯竿でリンク先のカゴと市販のカゴ釣り仕掛け、ウキは万能ウキ、餌はオキアミで釣りしましたが、まったく釣れませんでした。

http://www.fishing-sanwa.jp/DSC003542.jpg

http://maioka-fc.info/fishing_item_laboratory/image/entou_sabiki_6.jpg

周囲ではグレをフカセで爆釣していましたが自分はボウズ。
フカセの人曰く、その道具は青物用だから入江のここでは釣れないと言われました。

その一方でカゴでたくさんグレを釣っている人がいましたし、他のつり場でもカゴ釣りでグレや石鯛を釣っている人もいました。因みに過去に小田原で30cmのアイゴ(バリ)は釣ったことがあります。

本来、上記の自分の道具やカゴでは、グレやチヌを釣らない、もしくは釣れないものなのでしょうか。
また、釣れる魚は4号竿では投げカゴの青物狙い以外の使い方があれば教えてください。

余談ですが、フカセ釣りの人はカゴ釣りの人が煙たいようでした。道具による派閥ってあるんですね。

場所は江ノ島表磯、4号5.4mの磯竿でリンク先のカゴと市販のカゴ釣り仕掛け、ウキは万能ウキ、餌はオキアミで釣りしましたが、まったく釣れませんでした。

http://www.fishing-sanwa.jp/DSC003542.jpg

http://maioka-fc.info/fishing_item_laboratory/image/entou_sabiki_6.jpg

周囲ではグレをフカセで爆釣していましたが自分はボウズ。
フカセの人曰く、その道具は青物用だから入江のここでは釣れないと言われました。

その一方でカゴでたくさんグレを釣っている人がいましたし、他のつり場でもカゴ釣りで...続きを読む

Aベストアンサー

4号竿で大きなクレを釣ってましたよ。しかも磯の上に抜き上げです。

10号負荷の4号竿でも3号鉛は大丈夫だとおもいます。
マキエの重さもありますので。

大きい仕掛けは本格的に青物狙いのときでいいとおもいますよ。
青物専用のウキだと上物には大きすぎて沈まないので釣れないとおもいます。

青物も上物も遠投ウキを使ったほうが効率的です。
https://www.youtube.com/watch?v=XT2N4cye808
https://www.youtube.com/watch?v=zScJcl70Yc8
https://www.youtube.com/watch?v=zHvEJtaO47U

私のは3号竿で負荷が6-14号で適合ハリスは3~10号です。これで、1.5号鉛~2号鉛でも投げてます。
小さい魚にハリスは1.5号なんかも使います。

4号竿5.3mで、いろいろな魚を釣ってください。ロッドが何号でも魚は仕掛けがよければ釣れるはずです。
カゴ釣り名人は4号ロッドで5号ハリスです。

Q浮き止めがズレるのを防ぐ方法…。

チヌを狙うのにダンゴ釣りをやります。

よく行く所は水深が10mくらいのところで、
ウキを使ったダンゴ釣りをします。
当然の事ながら浮き止め(糸)
を結ぶのですが
やり取りしてるうちに浮き止め(糸)がズレるのです。

おそらく、
チヌが釣れて糸を巻き上げる時に、
ラインとガイドとが擦れて
浮き止め(糸)がズレるのだと考えています。

浮き止め(糸)を
強く結ぶようにしてるのですが、
新しいラインだからよくすべるのか、
とてもよくズレます。

何か良い知恵ありますか。

Aベストアンサー

PEラインをお使いであれば、針(鈎じゃないですよ)と糸(木綿糸でもかまいません)で縫ってしまう、という手があります、ラインそのものに糸を通して縫って結べば決してずれることはありません。

ナイロンラインなどの場合には、ラインがある程度水を吸って膨らんだ状態でウキ止め糸を締めると、長く続くようであります。

仕掛けを落とすときなど、気をつけて落とせる場合には、竿先を下げるなどなるべくショックを与えないようにすればいいのですが、やりとりの最中にズレてしまうのは仕方が無いものとしましょう。

ウキ止め糸を10cmほど空けて2個つければ、最初の1個でズレたのがわかりますし、2個で確実に止まりますので、複数個並べて付けるのもいいですね

また、水を含むと縮む性質の糸を使ったウキ止め糸もありますからお試しください。

それから、糸の余り糸(端)を小さく切ってしまうと、結び目のテンションが抜けてしまいますから、固定する力が弱くなります、手で引っ張れる程度の長さの余り糸をつけるようにするのがいいでしょう、力も掛かりますし、だいたいはこれで解決します。

市販のウキ止め糸、沢山あってどれが優れているとなかなか言えません、地域によって手に入らない事もありますので、身近で手に入るものを何種類か試してみるのをお勧めします。

PEラインをお使いであれば、針(鈎じゃないですよ)と糸(木綿糸でもかまいません)で縫ってしまう、という手があります、ラインそのものに糸を通して縫って結べば決してずれることはありません。

ナイロンラインなどの場合には、ラインがある程度水を吸って膨らんだ状態でウキ止め糸を締めると、長く続くようであります。

仕掛けを落とすときなど、気をつけて落とせる場合には、竿先を下げるなどなるべくショックを与えないようにすればいいのですが、やりとりの最中にズレてしまうのは仕方が無いものとし...続きを読む

Qウキとおもりの号数の関係(海釣り)を教えてください

防波堤から根魚ねらいでウキ釣りをしたいのですが、たとえば10号のウキをつけた場合、何号のおもりをつければいいのでしょうか。また、ウキにもいろいろな号数がありますが、どうセレクトすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#5,6です。

本論だけ先に言えば、ほとんど#5の回答の繰り返しで、
1.大型の発泡ウキの号数表示は錘負荷の表示。
2.したがって、その号数に合わせた錘が標準。
3.しかし、大概は余浮力があるので標準は軽すぎることが多い(特に大型発泡ウキはカゴ釣りで使うために錘負荷に加えてカゴとコマセ分の浮力があることが多い)。
4.見える範囲で余浮力を殺す方が感度がいい(ということになっている)。
5.そこで、標準から始めて、餌とかが付いた状態で海の状況によってウキが機能するぎりぎりの限度まで沈められる錘を選択する。
6.もっとも、抵抗の大きい大型発泡ウキでどれほど意味があるのかという問題はあり、少なくともウキフカセほど神経質になる必要はない。
ということになります。

実際に使う仕掛けでウキ下を短くして根掛りしないようにして竿下に落してみればウキの状態は分かりますからまずそこで大まかな浮力調整をしてしまう方が一々遠投して回収するよりは簡単です。と言いますか、可能なら家で何グラムまで背負えるか計っておいて大体の錘を決めてしまって(ちなみに1号は1匁=約3.75グラムです。もっとも誤差が結構ありますが)、後はそれ以外の仕掛けの重量との調整で決めてもいいです(私はウキだけでなく錘付きのカゴなども記載の錘の号数だけではメーカーによって重量が違うことがあるので実際の重量を計って書き込んでしまいます)。

ちなみに、ウキに求める機能によっては例えば「とにかく仕掛けが表層に浮けばいい」という釣法だと「錘は要らない」なんてこともあり得なくはありません。カブラ釣りとかブリッジ仕掛けなんてその典型です。あるいは「錘なしで飛ばし浮きとして使うだけ」なら「錘はなくて当然」です。
まあこれは質問の趣旨とは違うでしょうから、そういうこともある程度の話です。


以下は実質的に余談です。何なら読む必要もないかもしれません。

ハネ(関東ではフッコ)、セイゴは根魚とは普通は言いません。根についているという意味なら回遊魚以外の魚は大概根についています(回遊魚ですら根についているものもいます)。まとめてスズキと言ってしまいますが、スズキはぶっこみでも釣れますが中層表層にも上ってくるのでウキ釣りはメジャーな釣法になります。この場合、錘負荷10号は正直言って大きすぎます。別に10号は絶対駄目とまでは言いませんが、普通は3号程度重くても5号くらいまでです。
仕掛けを重くして遠投するためにあえて巨大なウキをつけるというのが方法論として全く成り立たないとは言いませんが、沖目で表層中層を狙って釣るのはスズキの場合割りのいい釣り方とも思えません。もっとも、誰もやらない釣り方が一人爆釣につながることもあるので試してみるのも悪くはないと思いますが。ただ、大概は、「誰もやらない方法は大概誰かが既にやってみたが効果がなかったからであることが多い」というのもまた事実ではあります。
ただ個人的には、「二アポイントをきちんと目利きする方がいいのでは?」「二アポイントの目利きができないのなら遠投してポイントを探るのは益々難しいのでは?」と思いますが。
もっとも、「完全に狙いが絞れていてそこが遠くて深いがタナは浅いので仕掛けを重くして飛ばし且つきちんとタナを取る必要がある」なんて場合は、十分有効な方法となるやもしれません。

代表的根魚であるガシラ(カサゴのこと)とかアイナメは基本的に底にいてしかもそんなに広範囲に泳ぎ回らないのでウキ釣りのメリットはほとんどありません。理由は#6で書いたとおりです。ウキ釣りでも釣れることはありますが、あえてウキ釣りで狙うメリットがない上に、遠投して狙うなら遠投性に優れて且つ確実に底を取れるぶっこみの方がはるかに有利です。もちろん「あえて難しい釣り方で釣ることが釣りの楽しみ」というのもまた事実なのでそういう趣向を否定するものではありません。

ともあれ、特殊な釣り方が有効な場合もあるので一般論と違うから間違いだとは言いません。やってみる価値がないとも言いません(個人的にはそういう方法論を試すのは結構好きです。大概失敗しますが)。ただ、特殊事情はその場所、その時々の海の状況によるので述べようがないのであくまで一般論としては、普通はやらないということです。

#5,6です。

本論だけ先に言えば、ほとんど#5の回答の繰り返しで、
1.大型の発泡ウキの号数表示は錘負荷の表示。
2.したがって、その号数に合わせた錘が標準。
3.しかし、大概は余浮力があるので標準は軽すぎることが多い(特に大型発泡ウキはカゴ釣りで使うために錘負荷に加えてカゴとコマセ分の浮力があることが多い)。
4.見える範囲で余浮力を殺す方が感度がいい(ということになっている)。
5.そこで、標準から始めて、餌とかが付いた状態で海の状況によってウキが機能するぎりぎりの限度...続きを読む

Qカゴ釣りをPEでやれる磯竿について

これまではナイロンラインで3号-63磯竿を使用していましたが、
4号-45の磯竿でPEラインでもやろうと思いますがロッド選択での注意点ありますか?
(53でないのは手持ちでカゴ以外の釣りもやりたいので重量からです。)

Aベストアンサー

PEラインでの注意点は ガイドがSICであることです
ラインが強いため ハードやプラスチックの様な材質ではラインで削れます
キャスティング(ルアー)ロッドの場合は PE用に絡みにくい形状のガイドが有りますが 磯竿の場合は材質だけでOKでしょう。
PEラインは伸びが無いので 竿は少し柔らかめの方がバレにくいので 腰のある柔らかめの竿が使いやすいです。
口の柔らかいアジ等は 口切れしやすいので注意です

それと ラインは浮くので 私はあまり浮き釣りには使いません
予備に ナイロンラインの代えスプールも持って行きましょう 念のため。

Q仕掛が絡む!(カゴ釣りです)

先日、某堤防でカゴ釣りした際に、仕掛を巻き取るたびにほとんど毎回仕掛けが絡んでいて、絡みの直しや直しきれずに新しい仕掛けに交換したりで時間と仕掛をかなりロスしました。

波はなく平穏でした。

道糸には「カラマンボウ」も装着、カゴも最も絡みにくいと思われる材質・形状のものを使っています。

今回はカゴの上部に仕掛が絡んでいるパターンがほとんどでした。

カゴ釣りですから絡みは避けられないとはいえ、今回のようにほとんど毎回絡んでいたのは初めてでした。

私としては思いあたる点がないのですが、どういう原因が考えられるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は鯛狙いで、水深50メートル位の場所でタナ30メートルのカゴ釣をする事があります。
遠投カゴと遠投浮き(棒状で羽が付いてる物)を使うと100メートル近くまで飛ばす事が出来ますが、ハリスが絡まるトラブルが多かったです。

このトラブルを回避する為に自分がした事は…
1、浮きの下側にも浮き止めをつけて、カゴと浮きの間隔をを1Mくらいにした。こうすると空中ですでに浮きとハリスが遠く離れるので浮きにハリスが絡まるトラブルがなくなる。
2、市販のキス釣用片天秤を使い、ハリスがカゴと道糸から少しでも離れて飛行するようにした。
3、ハリスは2ヒロで、ガン玉等を一切付けずにシンプルにした。
4、着水する直前で糸を止めて引っ張り、ハリスがターンオーバーして着水するようにした。

以上のようにしてからは、多くても10回に1回位しか絡みません。
長ハリスは使う前によ-く伸ばして、巻き癖をとってから使っていますよね??

向かい風の時は、低い弾道で投げる。
右利きの人は右側から横風を受ける場所で投げない。
左利きの人はその逆。

思いつくのはこのくらいです…。

私は鯛狙いで、水深50メートル位の場所でタナ30メートルのカゴ釣をする事があります。
遠投カゴと遠投浮き(棒状で羽が付いてる物)を使うと100メートル近くまで飛ばす事が出来ますが、ハリスが絡まるトラブルが多かったです。

このトラブルを回避する為に自分がした事は…
1、浮きの下側にも浮き止めをつけて、カゴと浮きの間隔をを1Mくらいにした。こうすると空中ですでに浮きとハリスが遠く離れるので浮きにハリスが絡まるトラブルがなくなる。
2、市販のキス釣用片天秤を使い、ハリスがカゴと...続きを読む


人気Q&Aランキング