人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

みなさんどうか助けてください。参考書やネットで調べて自分で試行錯誤しているのですがうまくいきません。

今日も午前3時から正午12時まで釣行したのですが、つれたのはメバル1匹だけです。その前は海釣り公園にいきましたがなんとボウズでした・・・集魚剤なども使っているのですが、それでも釣れません。ちなみにその前も違う海釣り公園でボウズでした。

あたしがいつも釣りをするのは瀬戸内海の明石周辺や姫路でおそらく潮がいつも速いので仕掛けとコマセが同調できていないのだと自分では思っています。
しかしそれを補うためにカゴ釣りをはじめたのですが、ライントラブルばかりです。

最近やっているのはウキ釣り、カゴ釣りなどでエサはオキアミです。


ウキ釣りでほとんど釣れた事がありません。潮の流れが速いので投入して1分後には回収しないといけません。でも周りはつれています。

フグが釣れる確立が60%です。今までフグがつれなかったことがありません。

チヌをいつも狙っていますが、今だに釣ったことがありません。

ルアーやシラサエビでシーバスが釣れた事がありません。

海で30cm以上の魚はボラしかつったことがありません。いつも玉網を持っていくんですが未使用のままです。

エギングをすると底を狙うので必ず根がかりしてエギを紛失します。もちろんアオリイカがつれたことがありません。

仕掛けが絡まってそれを直している時間がかなり長いです。
サミングもしています。シンプルな仕掛けを教えてください。

サビキでアジやイワシをたくさん釣ったことがありません。
つれたとしても10匹以内です。運でしょうか。

釣りが終わって竿を拭いたりして片付けていると30分以上かかってしまいます。普通でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

QNo.3478846で回答させていただいたものです。


程度の差こそあれ、釣りで悩まない人はいない筈ですから、あまり深刻に考えたり「自分にはセンスがないのではないか。。。」などとは思わないでくださいね。

yushaさんがどれ程の釣り歴(もしくは釣行回数)をお持ちかが不明ですが、もしかして経験者と同行する機会が少ないのではないでしょうか?
ネットや本の知識も大事ですが、より吸収が早いのは経験者から直接の手解きをいただく事です。
どれ程の知識を重ねても、どこかに間違った知識や思い込みが挟まっていると、それを誰かに指摘されないかぎり本人は気付かないものです。

かく云う私も、諸先輩方からのアドバイスで“目からウロコ”が落ちたということが何度もあります。
もし不幸にして yushaさんの周りにその様な経験者がいらっしゃらない場合、釣り場で居合わせる常連さんとおぼしき人達に積極的に訊ねてみるのも良いでしょう (たいていの釣り人はその手の会話を嫌いません)
また、釣具屋さんによっては定期的に釣行会を実施している所もありますし、サークル等の紹介をしてくれる場合もありますよ。

yushaさんの求めている回答とは遠い気がしますが、質問を読ませていただいての率直な感想なのでお気を悪くなさらないでください。

なお
>釣りが終わって竿を拭いたりして片付けていると30分以上かかってしまいます。普通でしょうか?
後片付けもロクにしないで汚しっぱなしで帰る人もいますので、丁寧な後片付けが出来るのが誰より良い釣り人だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

釣り暦は3年くらいです。経験者と同行したことがありません。たぶんこれは上達を遅らせている原因ですね。

つりの講習会などにも足を運んでみようと思います。

お礼日時:2007/11/08 18:03

私もよく釣れている訳ではありませんよ(^^ゞ



夜釣りから丸1日釣ってボウズの時ももちろんあります。。。
フグしか釣れない時もありますし。。。

あと、仕掛けをこまめに替えるのも良いかもしれませんね。

明日の朝4時に出発します!頑張ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。

参考にさせていただきあきらめずに再度挑戦してみます。

お礼日時:2007/11/10 14:24

私も釣りを始めたばっかりの頃は全然釣れませんでした。

いくらお金を使ったかわからないくらい・・・。
私は投げ釣りから始めたのですが、チヌ釣りにハマッテしまい今ではチヌのフカセ釣りしかしません。しかも磯に出たことは2,3回で近場の波止や地磯ばかりで狙っています。

潮の流れと撒き餌の同調はとても大事だと思いますが、その前にタナ(ウキ下)の取り方が大事だと思います。

深いところであればウキ止めなしの完全フカセで釣ったり、浅いところでは固定で狙ったり・・・。
チヌであれば撒き餌に麦を入れると効果的かと思います。
私はこれで釣れるようになりました。

潮が早ければ重めのウキを使って流されないようにするとか、大潮の時ではなく小潮の時を攻めるとか、夜釣りでは虫エサを使ってみるとかで対処してみてはいかがでしょうか?

釣り公園ではサビキ釣りが多いせいか、遠投してもあまり釣れないような気がします(私もあまり釣れたことがなく、隣でサビキ釣りしている幼稚園くらいの女の子がサビキでクロの30センチ釣ったり・・・)

その場所場所にあった釣り方で攻めるのがよろしいかと思います。
私は明日釣りに出掛けます。
お互い釣れるように頑張りましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

よくつれているようでうらやましいです。

タナについてですが、最近気づいたのは、潮の流れが速いので糸がかなり流されてほとんど沈んでいない場合がありました。
ウキとオモリもある程度沈むように調整します。

明日の釣りがんばってください。

お礼日時:2007/11/09 01:56

明石だったら明石海浜公園ですね。

潮どまりでは釣れません。
海浜公園の壁の近くで釣って下さい。私の家内、本当の初心者で手のひらメバル3匹つりました。餌は青虫です。毎週、淡路の沼島に行っていました。
手のひらチヌを釣るならさびき針にもうひとつハリスを付けて、網えびとオキアミで釣れます。
林崎の海岸に出ている突堤も狙い目です。底を釣るようにすればガシラが釣れます。浮き下を上げればメバルが釣れます。
明石と姫路では潮と釣れる魚が少し変わりますが、だいたい同じです。
ただぼーと浮きを置いていても魚は釣れません。たえず引きながら釣ります。様は攻めの釣りをしないと釣れません。
潮が動いていないと魚は釣れません。
明石の釣りばかより。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

ウキを引きながら釣るという発想はありませんでした。
もっと工夫してみます。

お礼日時:2007/11/08 18:11

いろいろとあれこれするのではなくどれかに絞ってその釣りを頑張ってみるのが一番です。



明石、姫路と言っても全ての港の全ての水面が川のようにゴーゴーと流れているのではないでしょう。
地形的に潮の緩い小さな漁港、地磯など探せばたくさんあると思います。
チヌは波止の外側だけにいるのではなく内側の漁港内の方が多い場所はすごく多いです。
海釣り公園なども釣り人心理でどうしても先端部分に行きたくなりますが
手前の捨て石や基礎部分の先などにチヌはよく居着いているんです。
こんな場所だと潮も緩く人も少ないので、そこにじっくりマキエを効かせながら
フカセでチヌを狙ってみて下さい。

メバルもアジもスズキもチヌもマキエに寄ってくれば釣れる確率は高いですよ。
私もチヌ釣りをしますからよく見るのですが、1~2時間でアタリがないと
さっさと移動する人をよく見ますがそれではチヌは釣れません。
運良くそこにいて早い時間で釣れる場合もありますが、朝からずっと
マキエを撒き続けて夕方近くにバタバタ釣れるということも良くあることです。

初心者ですとカゴ釣りよりマキエを撒きながら竿のちょっと先をフカセで
釣る方がトラブルもなく釣りやすいと思いますから、潮の緩い漁港などで
1日じっくり狙ってみて下さい。
またフカセをしろというと反感を買いそうですが、いろんな魚が釣りやすい
釣方ですから私はこれをおすすめします。

私はチヌ釣りの際波止にこぼれたマキエも全てブラシで洗い流して帰りますからやはり30分以上かかりますよ。
自分の釣り具も大事ですが漁港などは地元の方の生活圏ですから
その辺も注意していつもきれいな釣場を心がけてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

いつも防波堤の外側を狙っています。
内側は小さいのしかいないような勝手な想像をしてしまうのですが違いますよね。

仕掛けもシンプルな浮きフカセつりに挑戦してみます。

>1~2時間でアタリがないと
>さっさと移動する人をよく見ますがそれではチヌは釣れません。
何もつれないまま12時間ねばっていますから大丈夫です。

お礼日時:2007/11/08 18:10

こんににちは!


釣りの初心者に毛の生えた程度の腕の者です。
イワシだけ狙っています。回遊魚なので、ナブラ(群れ)がいないときはさっぱり釣れませんが、釣れるときは、丸干しをたくさん作らないとどうしようもないくらい取れます。
実は、家内がイワシ取りにはまっていて、私は運転手兼務で一緒に楽しんでいるのが実情で、家内には古典漁法の達人という師匠がついています。師匠の指導を受けて、その場所は、魚の通り道も分かってきました。
結論として、
(1)師匠を持つ。釣り場でいろんな人と話をしているうちに知り合いになることが多いですよ。情報交換もできます。
(2)自分の釣り場を見つけましょう。魚の通り道に糸をたらせば、釣果が期待できます。
(3)魚の胃袋を調べて、その土地の魚が何を食べているのか調べましょう。まず、相手をよく知ることが大切です。
回答は以上です。
家内は竿でも取りますが、主流は、師匠仕込の古典漁法で、この土地に古くから伝わる、「イワシのタモすくい」で長いタモ1本で20~23センチ級のイワシをすくいとります。今までの最高は、ひとすくいで31匹ですが、さすがに圧巻でした。こんな取り方もありますが、実は高度な技術が必要で、師匠から全て教えていただいたものです。
どうぞ良い師匠を見つけて、釣りバカ日誌のように釣りを楽しみましょう。
なお、次回の釣り行きのためにきちんと片付けることが大切なので、時間を気にすることはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりうまい人から教わるのが1番みたいですね。

地元の釣りしならそこの場所の釣り方を熟知していると思いますから機械があればきいてみます。

イワシのすくいはすごいですね。

お礼日時:2007/11/08 18:08

釣り初心者の私が偉そうに言うのも申し訳ないのですが、釣り方、狙いの魚、場所をある程度固定してみてはいかがでしょうか?



私は現在日中は投げ釣り、夜はルアーでタチウオをやってます。
それでもまぁ釣行回数が少ないので何とも言えませんが、何回かやってるウチにコツとか掴めてくるものです。
逆に言えば、何回もやらないとコツが分からないのだと思います。

色々な釣り方、色々な狙いも良いと思いますし、私もそうした方が楽しいと思いますが、どれかに絞られてみると良いのではないでしょうか。

ちなみに、私もウキ釣りはサバや小アジしか釣れたことがありません。
コマセの同調ももちろんですが、タナも重要かなと思っています。
フグが連れるって事は浅いって事じゃないでしょうか?大物はその下に居ると言うのを聞いた事があります。

サビキの場合は・・・針が大きいとかでしょうか。サビキで釣るような小アジは市販サビキの4号が良いと私は思っています。
6~8号では大きすぎてあまり釣れない気がします。でも小さすぎても小グレやスズメダイ、イシダイの幼魚なんかが釣れてしまいますのでちょっとテクニックが要る気がしますが・・・
それで私は大体4~5時間の釣行で50匹以上は釣ってます。サビキは釣り公園などより漁港の内向きとかが良い気がします。
つい一昨日は20cm程のサバを9匹釣りました。1時間程度です。

どれかを何回かやると狙いの魚も釣れるようになると思います。頑張ってください!私も頑張ります^^v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今まではいろいろな釣り方を試したのでようやくイロイロわかってきました。

1度の釣行で2通りの釣り方をやったりしますが、はっきり言って手が追いついていません。1つに絞りたいと思います。

サビキは6号を使っています。次は小さめを検討します。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/08 18:06

なかなか良い感じです。


相手は生き物ですので時間は掛かります。
仕方ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

魚に嫌われているんですかね。好かれるように努力します。

お礼日時:2007/11/08 18:04

釣りは場所によって海の特性が変わるので、同じ場所で試行錯誤してみてはいかがでしょうか。


潮の流れをよんだり、釣りたい魚のたなを研究してみたり、潮時表を見て釣れる時間を調べたり。
ボウズばかりなのはしょうがないです。
普通です。
手っ取り早い情報収集は釣り場にいる釣れてそうな人や常連ぽい人に餌やたな、魚の誘い方、釣れる場所、仕掛け等を聞いてみる事です。
よほど忙しかったり、よほど他人との関わりが嫌いでない限りは気さくに教えてくれますよ^^
教えてもらった事を元に自分なりに少しずつ実践しながら研究していってはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

釣っている人に教えてもらうようにちょっと聞いてみたいと思います。

お礼日時:2007/11/08 18:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安くつく撒き餌

できるだけ撒き餌を安くするには何を使えばよいでしょうか?
やはりアミエビやオキアミのブロックを使うのが一番安いですか?

Aベストアンサー

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと集魚材1袋で半日分として、1000円ちょいで用意できます。

でも、クロダイ狙いの時など、集魚材にさなぎミンチにアミにオキアミやなんやかんやブレンドしたりして幾つも買って、付け餌でオキアミに練り餌にコーンetcなどなど、気づいたら餌にいくら使ってんのって感じです。

まきゃいいってモンじゃないですけどね。

自分の餌代より高いですし(笑)
重いの背負って一日かけて、で、その釣果は…(泣)
家に帰れば、魚屋さんで買ったほうが安いジャンみたいな…。

たまの釣りなので、ついついとお金かけちゃうんですよねー。

すみません。このようなところで愚痴がでてしまいました(笑)

本当に餌代安くて釣れるのが理想ですね。
回数を重ねると、餌代かけずに釣れるようになるとおもいます。

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと...続きを読む

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Q【画像アリ】反転カゴの役割を教えてください。普通のカゴとどう違うのでしょうか

いつもお世話になっています。反転カゴの役割について教えてください。
最近投げかご釣りができるようになったのですが、
いろいろな仕掛けをみていると反転カゴなるものを使うしかけがあります。反転かごを購入してみてみましたが、
おそらくは棚に届く前に円筒内部に餌がでないようになっていて、届くとひっくり返って餌が出る仕組みだと思います。
ttp://www.kaminato.ne.jp/kagoturi.htm
たとえばここにのっている仕掛けですが、
普通のカゴがついていて、さらに反転かごがついていますが、
なぜ普通のカゴがついて、2つもかごがついているのでしょうか。
また、普通のカゴと反転カゴの役割の違いはあるのでしょうか。
普通のカゴで十分棚に届いてえさを出してくれるような気がするのですが。
反転カゴの役割を教えてください。

なぜか検索しても反転カゴは目的の情報に届かないのです。
マイナーなのかなぁ

Aベストアンサー

反転カゴの目的は、狙った棚に落ちる前に餌取りに餌を取られないようにするのが主目的だと思って使っています。

上のカゴは着水と同時に半分以上のコマセがこぼれます。
餌取り君達はここに群がります。
針に付けた餌と、少量のコマセを入れた反転かごは浮き止めで沈下が止まるまでカゴの外にこぼれません。
棚に到着すると反転かごの中身は一気に全部出てしまいますが、上の網カゴからはポロリポロリと少しずつしかコマセは出ません。
付け餌が長い時間コマセの煙幕の中に漂う事になります。

対して遠投カゴは棚までコマセが殆んどこぼれない為、餌取り君達も狙った棚にどんどん集めてしまいますし、竿をしゃくれば一度に全部のコマセが出てしまい、付け餌がコマセの中に居る時間が短くなってしまいます。
また、一度にばら撒くコマセの量が圧倒的に違います。

重量(竿にかかる負荷)で見てみると……
黒いプラスチックの遠投カゴはLサイズの8号錘でも、入れるコマセの量はたかが知れていますが、反転カゴ仕掛けの場合上のカゴをLサイズやビッグサイズにしてもそれ程重くなりません。
また、反転カゴも0号~5号位まで色々な大きさと重さがありますが、
鉛を少なくすれば一度にばら撒くコマセの量がその分多くする事が出来るのです。(同じ竿を使う場合)

先に回答されている方の言う通り『トラブル』は多いですが、元々反転カゴは超遠投や深棚を狙う釣りでは殆んど使用しない人が多い為、軟らかい竿で魚の引きを楽しみたい人は好んで使います。

また、メジナやイナダ等、上に浮いてきてコマセの煙幕に突っ込んで来る魚には絶対に反転カゴの方が有利です。
実際に釣果には大きな差が出ます。(私は何度も悔しい思いを経験済み)

そもそも今の遠投カゴがメジャーになる前はこの仕掛けしか使われていなかったのでは無いでしょうか?
決してマイナーな道具だとは思わないのですが……

反転カゴの目的は、狙った棚に落ちる前に餌取りに餌を取られないようにするのが主目的だと思って使っています。

上のカゴは着水と同時に半分以上のコマセがこぼれます。
餌取り君達はここに群がります。
針に付けた餌と、少量のコマセを入れた反転かごは浮き止めで沈下が止まるまでカゴの外にこぼれません。
棚に到着すると反転かごの中身は一気に全部出てしまいますが、上の網カゴからはポロリポロリと少しずつしかコマセは出ません。
付け餌が長い時間コマセの煙幕の中に漂う事になります。

対して遠...続きを読む

Q磯竿の号数

釣り初心者のものです。

磯竿の号数ってありますよね?

初心者には2号くらいがちょうどよいと大概書いているようなのですが、

この号数では何グラムくらいの錘をつけてすることが可能ですか?

希望としてはちょい投げ、ボウズのがれみたいな仕掛けを使ったり、サビキをいたいのですがどうすればよいでしょうか。

これらのつり方に合った磯竿の号数と錘の号数を教えてください。

ちなみに竿はシマノのホリデー磯の購入を希望しています。

Aベストアンサー

ご質問は『磯竿の号数と錘の号数』についてですが、
チョイ投げとさびき釣りという質問者さんの目的からすると、
磯竿の購入というのは適当でないように思います。

そもそも磯竿は、ウキ釣り・完全フカセ釣りやかご釣りでの使用を目的としています。
それ故に、紀州釣りのような場合を除き、仕掛けは完全に底を切っているわけですね。
一方、チョイ投げはチョイと投げるといっても投げ釣りには変わりありません。
当然オモリを着底させて釣るわけですから、根がかりの可能性もあるわけです。
根がかりをはずすには磯竿では柔らかすぎて面倒なことが多いものです。
また、投げ竿に比べて竿が柔らかい分オモリを浮かせにくく、
これも根がかりの原因となりやすいですね。
100%根がかりのない釣り場であるならともかくも、
波止などでは多少なりともその危険性があるわけですから、
磯竿でのチョイ投げは適当でないというのが、私の経験から言えることです。

そういうわけで、チョイ投げ用には2.4~3mくらいのカーボン製投げ竿をお勧めします。
初心者であれば3000円程度のものでよいでしょう。
ある程度使っているとあれこれ不満が出てくると思いますので、
次に買う時の参考にするとよいと思います。
まぁ、所詮チョイ投げですから、竿にこだわるほどのこともないでしょうが。

さびき釣りに関してもさびき釣り用のカーボン竿でよいと思います。
これも店頭でよく見かける3000円前後のものでよいでしょうね。
さびき釣り師には失礼ですが、磯釣りや投げ釣りと比べれば、
さびき釣りもチョイ投げ同様お遊び程度の釣りです。
そのような釣りにお金をかける必要はないのではないでしょうか。

リールに関しては、3号ラインが150m程度巻ける小型スピニングリールがよいでしょう。
これはボールベアリングの入ったしっかりしたものを選ぶようにします。
といっても、高価なものは必要ありません。
1つ購入してチョイ投げとサビキ釣りで兼用すればよいでしょう。

余談になりますが、
磯竿の号数は釣法や対象魚の大きさ・釣り場の状況によって使い分けます。
フカセ釣りであれば1~1.5号の細竿を用いますし、
大物狙いのフカセであれば2号竿を用いるのが一般的ですね。
かご釣りでは2~3号になるでしょう。
ただし、それは飽くまでも基本であって、
腕が上がってくると釣趣に重きを置くようになってきます。
例えば大物グレのフカセ釣りで、通常2号竿を使うところを1.5号にするとかです。
磯釣りではありませんが、
私の釣り仲間に1号の磯竿で10号錘を付けてぶん投げるチヌ釣り師がいます。
60mほど投げるので穂先がよく折れて度々修理に出すらしいのですが、
彼は投げ竿は使わないと言い切ります。
硬い投げ竿よりも柔らかくて軽い磯竿で、大物をいなしながら釣り上げる方が、
釣りの醍醐味が味わえるからだそうです(笑)

以上、ご参考になれば幸いです。

ご質問は『磯竿の号数と錘の号数』についてですが、
チョイ投げとさびき釣りという質問者さんの目的からすると、
磯竿の購入というのは適当でないように思います。

そもそも磯竿は、ウキ釣り・完全フカセ釣りやかご釣りでの使用を目的としています。
それ故に、紀州釣りのような場合を除き、仕掛けは完全に底を切っているわけですね。
一方、チョイ投げはチョイと投げるといっても投げ釣りには変わりありません。
当然オモリを着底させて釣るわけですから、根がかりの可能性もあるわけです。
根がかりを...続きを読む

Qアミエビを解凍する時の方法

アミエビを解凍する時の方法なのですが、自分はアミエビを購入する店で、アミエビの冷凍ブロックをハンマーである程度割って袋に入れて貰いバッカンに海水を入れアミエビを袋ごと入れ解凍しますが、いつも、水っぽくなって困っています。かといって、釣りをしている人たちに聞くには恥ずかしくて聞けません教えて下さい。お願いします。
また、これから寒くなってきます!寒くなってくると解凍するにも大変だと思いますが、何か良い方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

要するにサビキですいこみバケツを使わないパターンですね。

私はアミエビブロックは釣りに行く前日までに買ってきます。
(シーズンになると第二冷凍庫には常に2個あります)
例えば早朝に釣りに行く時は、前夜にバケツに湯を入れてアミエビを袋ごと入れます。
風呂の残り湯でもかまいません
熱湯でも2時間あればぬるま湯になり、朝には冷えてます。
朝行く前にバケツから袋を出して、タッパーに中身を移します。
余分な汁は先に汁を切ってからタッパーに入れるも良し、タッパーに全部移したところで汁を切っても良し。
最後は蓋をして、タッパーを洗ってクーラーBOXに入れてます。
袋は家からポイします。

タッパーは100均で蓋付きを買ったらいいです。
アミエビブロックは意外と量あるから、なるべく大きめのを買ったほうがいいです。

タッパーに入れるメリットは、
・現場で袋の始末をしなくても良い。
 (現場で何が一番嫌かと言うと、袋の始末ですもんね)
・アミエビや汁がこぼれない。
・スプーンですくいやすい。(私はスプーン党です)
・使い終わったら現場で洗えば匂いがつかない。また次回使える。
・アミエビが沢山余ったり、途中で止める時は、蓋をして冷凍すれば良い。
・クーラーBOXに綺麗に収まりやすい。


ちなみに、オキアミブロックも付け餌も袋ごとバッカンに湯を入れて一晩かけて溶かしてます。
そんで朝になったらバッカンの水を抜いて袋のまま持って行きます。
15分以内に仕掛けを作り終わるので、海からチンタラチンタラ溶かしてたら時間かかって面倒!

要するにサビキですいこみバケツを使わないパターンですね。

私はアミエビブロックは釣りに行く前日までに買ってきます。
(シーズンになると第二冷凍庫には常に2個あります)
例えば早朝に釣りに行く時は、前夜にバケツに湯を入れてアミエビを袋ごと入れます。
風呂の残り湯でもかまいません
熱湯でも2時間あればぬるま湯になり、朝には冷えてます。
朝行く前にバケツから袋を出して、タッパーに中身を移します。
余分な汁は先に汁を切ってからタッパーに入れるも良し、タッパーに全部移したところで...続きを読む

Q浮き止めがズレるのを防ぐ方法…。

チヌを狙うのにダンゴ釣りをやります。

よく行く所は水深が10mくらいのところで、
ウキを使ったダンゴ釣りをします。
当然の事ながら浮き止め(糸)
を結ぶのですが
やり取りしてるうちに浮き止め(糸)がズレるのです。

おそらく、
チヌが釣れて糸を巻き上げる時に、
ラインとガイドとが擦れて
浮き止め(糸)がズレるのだと考えています。

浮き止め(糸)を
強く結ぶようにしてるのですが、
新しいラインだからよくすべるのか、
とてもよくズレます。

何か良い知恵ありますか。

Aベストアンサー

PEラインをお使いであれば、針(鈎じゃないですよ)と糸(木綿糸でもかまいません)で縫ってしまう、という手があります、ラインそのものに糸を通して縫って結べば決してずれることはありません。

ナイロンラインなどの場合には、ラインがある程度水を吸って膨らんだ状態でウキ止め糸を締めると、長く続くようであります。

仕掛けを落とすときなど、気をつけて落とせる場合には、竿先を下げるなどなるべくショックを与えないようにすればいいのですが、やりとりの最中にズレてしまうのは仕方が無いものとしましょう。

ウキ止め糸を10cmほど空けて2個つければ、最初の1個でズレたのがわかりますし、2個で確実に止まりますので、複数個並べて付けるのもいいですね

また、水を含むと縮む性質の糸を使ったウキ止め糸もありますからお試しください。

それから、糸の余り糸(端)を小さく切ってしまうと、結び目のテンションが抜けてしまいますから、固定する力が弱くなります、手で引っ張れる程度の長さの余り糸をつけるようにするのがいいでしょう、力も掛かりますし、だいたいはこれで解決します。

市販のウキ止め糸、沢山あってどれが優れているとなかなか言えません、地域によって手に入らない事もありますので、身近で手に入るものを何種類か試してみるのをお勧めします。

PEラインをお使いであれば、針(鈎じゃないですよ)と糸(木綿糸でもかまいません)で縫ってしまう、という手があります、ラインそのものに糸を通して縫って結べば決してずれることはありません。

ナイロンラインなどの場合には、ラインがある程度水を吸って膨らんだ状態でウキ止め糸を締めると、長く続くようであります。

仕掛けを落とすときなど、気をつけて落とせる場合には、竿先を下げるなどなるべくショックを与えないようにすればいいのですが、やりとりの最中にズレてしまうのは仕方が無いものとし...続きを読む

Q★磯竿が長すぎて準備が大変!!★

★磯竿が長すぎて準備が大変!!★

最近、ウキフカセ釣りを始めました。
5.3Mの竿を使用しているのですが
長くて釣り場での最初の準備が
とても、大変です。
みなさんは簡単にやっていますか??

初心者な者で、堤防などにじか置きして伸ばしています。。。
狭いとこなどでは迷惑ですよね。。。

何か良い方法やコツはありますか??

Aベストアンサー

始めまして。
文章で表現すると長ったらしくなってしますのですが私の場合、

(1)リールをロッドにセットしてベールを起してフリーにします。
(2)ロッドをたたんだままガイドにラインを通します。(インナーロッドの場合は仕様通りにラインを通してください)
(3)穂先から1~2mラインを出した状態でウキ止め、シモリ、ウキ、ウキストッパー等の小物類をセットします。
(4)ロッドを持ち穂先から順にロッドを伸ばします。

※ここまではラインのテンションがフリーになっていないと穂先を折りやすいのでラインに少しでもテンションを感じたら絶対に無理をしないでラインの引っかかりの原因(ベールが戻ってしまっている等)を解決して下さい。

(5)ウキを掴みベールを戻してラインを出なくします。
(6)ウキを掴んだままロッドを小脇に抱えるか股にはさんで両手をフリーにし道糸にハリスを結びます。(使いたい長さに切っておきましょう)
(7)ハリ、ガン玉をセットします。

【(6)】は股にはさんだ方が腕が自由に使えるのでハリスのクセを取ったりするのに便利です。
少々内股気味にして足を少し交差させるとロッドが安定します。

釣り番組や釣りビジョンなんかで名人の方々の動作をチェックするのをお勧めします。
CSやケーブルTVで釣りビジョンを見れる環境ない場合はgyaoで一部が無料でネット配信されてますのでチェックされてはどうでしょう?
一応リンクを貼っておきますがご希望のシーンがなかったらごめんなさい。

参考URL:http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0001037/

始めまして。
文章で表現すると長ったらしくなってしますのですが私の場合、

(1)リールをロッドにセットしてベールを起してフリーにします。
(2)ロッドをたたんだままガイドにラインを通します。(インナーロッドの場合は仕様通りにラインを通してください)
(3)穂先から1~2mラインを出した状態でウキ止め、シモリ、ウキ、ウキストッパー等の小物類をセットします。
(4)ロッドを持ち穂先から順にロッドを伸ばします。

※ここまではラインのテンションがフリーになっていないと穂先を折りやすいのでラ...続きを読む

Qオキアミとアミエビどちらがお得ですか?

釣りに行く際にコマセとしてアミエビかオキアミかで悩んでいます。

サビキなどもしたいので、アミエビにしようかと考えているんですが、
アミエビだと値段と量が少し少ないと思います。
汁なども入っているので、量的にオキアミの方がギッシリ
入って3キロ500円とかです。
オキアミだとアジやイワシなどの食いが悪いですか?
つぶしてしまってもオキアミは使用は問題ありませんか?

Aベストアンサー

・アミエビは集魚効果があるみたい、沖アミと混ぜて使うとよいと思います
・お得感を追求するのであれば、大きいブロックで買い、ノコギリで小分けして使うとよいでしょう(残ったものは1個ずつポリ袋にいれて結び冷凍庫へ)
・オキアミはつぶして使用してもまったく構いません
・アミエビはくっさい!オキアミの方が臭くありません、オキアミだけで釣れればそれが1番いいです
・サビキでアジ釣りも、サビキ針にオキアミを刺すと喰いが上がったり時に予想外の大物が釣れたりもしておもしろいですよ

Qマダイ初心者

関西で陸っぱり(波止・一文字・釣り公園)からマダイが狙えるポイントありましたら教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

主に投げとカゴで真鯛を狙うのが好きな釣りキチです。
関東から中国まで釣り歩いていますが、
関西は投げ真鯛の釣り場が比較的多いですね。
その中でもお勧めなのが次の場所です。

1) 加太の大波止(和歌山県)
    足元から水深があり、真鯛やコブダイが狙えます。
    平均サイズは40cmですが、60~70cmも高確率で狙えます。
    ポイントは波止の先端から根元方向に50mまでの外向き。
    足元から沖30mまでが実績ポイントです。
    釣り方は天秤釣り。大物は投げ釣りで。
    刺し餌に大ぶりのサシアミ、コマセにアミエビ。
    大物にはオキアミ(ボイス又は半ボイル)
    ただし、投げの場合は嫌になるほど根掛りが多いです。
    私の実績では35~72cmで30匹以上揚げています。

2) 串本港の赤灯波止(和歌山県)
    足元から水深がたっぷりとあり、真鯛の魚影も濃いです。
    平均サイズは35~40cm。初夏の一時には60cmオーバーを
    3枚も揚げた釣り人がいたそうです。
    ポイントは赤灯波止の外向き一帯ですが、
    蛸壺が入っていたり網が入っていたりするので要注意です。
    釣り方は投げ釣りがベター。秋はカゴ釣りでもOK。
    投げの刺し餌はマムシ(岩虫)+アオイソメのアオマムシ。
    カゴ釣りは刺し餌・コマセともオキアミで。
    私の実績はあまりよくなく、40cm前後が10匹ほどです。

3) 須磨海釣り公園(兵庫県)
    沖に突き出た巨大な釣り台からの釣りになります。
    型はチャリコ~カスゴクラスが多く、
    大物はあまり出ませんが、来れば50~80cmが期待できます。
    ポイントは第1釣り台の西向き(外向き)で、
    潮が東から西に流れる時合いがベターです。
    釣り方はカゴ釣りか投げ釣りですが、
    カゴ釣りが多い時に投げ釣りするとクレームが付くので注意。
    無難なところでカゴ釣りにされた方がいいと思います。
    餌は刺し餌にサシアミ又はアオイソメ。コマセにアミエビ。
    私はこことの相性が悪いらしく、
    これまでの実績は30cm前後が1匹だけですが、
    釣り仲間が30~40cm級を行くたびに3枚ほど揚げています。

4) 宮津田井漁港の波止~田井海水浴場(京都府)
    投げ釣りでカスゴ級が狙えるグッドポイントです。 
    夕方~22時頃と3時~朝方にかけてが狙い時です。 
    なぜか深夜は一時的に当たりが遠のきます。 
    ポイントは、漁港では波止の先端、浜は中央より漁港よりが吉。
    ただし、浜では沖に藻が繁殖していることが多いので、
    それを越すだけの遠投力が必要です。
    またかかった場合は藻に絡まれないよう一気に巻き上げて
    魚をできるだけ浮かせた状態で引き寄せるのがコツです。
    餌はマムシ(岩虫)+アオイソメのアオマムシが効果的ですが、
    アオイソメの房掛けでも思いのほか喰ってくれます。
    私のお気に入り釣り場で、大物は滅多に出ませんが、
    これまでに25~30cm級を100枚近く揚げています。
    運が良い時は10匹ほど入れ食いもありました。

5) 竹野の大波止(兵庫県/日本海側)
    波止の途中まで車で入れる大きな波止です。
    投げで狙って真鯛が釣れる釣り場として有名ですが、
    それだけに遠方からの釣り客も多く、場所取りに苦労します。
    ポイントはやはり波止の先端で北東から東方向へ投げます。
    餌は上記4)と同じす。
    釣り仲間が40cm級を良く揚げています。
    残念ながら私にはまだ実績がありません。

他にも大川漁港(大阪府)・煙樹が浜・天神崎・富田浜(以上和歌山県)・
舞鶴田井・間人(タイザ)漁港・後ヶ浜の立岩(以上京都府)・音海漁港
の大波止(福井県)などがあり、関西は好釣り場が多いですね。

ご存知の通り、陸からの真鯛釣りは夜釣りや明け方に分があり、
日中はよほど良い条件が揃っていないと期待できません。
上記1)~3)は日中でも釣れますが、4)と5)はほぼ無理です。
これから晩秋にかけて真鯛釣りのシーズンですから、
どこの釣り場でもかなりの混雑が予想されます。
明るいうちに早めに釣り場に入って現地の状況を十分に把握し、
余裕を持って望まれるのが良いでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

主に投げとカゴで真鯛を狙うのが好きな釣りキチです。
関東から中国まで釣り歩いていますが、
関西は投げ真鯛の釣り場が比較的多いですね。
その中でもお勧めなのが次の場所です。

1) 加太の大波止(和歌山県)
    足元から水深があり、真鯛やコブダイが狙えます。
    平均サイズは40cmですが、60~70cmも高確率で狙えます。
    ポイントは波止の先端から根元方向に50mまでの外向き。
    足元から沖30mまでが実績ポイントです。
    釣り方は天秤釣り。大物は投げ釣りで。
    刺し...続きを読む

Qアジ釣りの餌

アジ釣りを主にトリック仕掛けで楽しんでいます、今度ウキ釣りに挑戦してみたいのですが付け餌のアミがフニャフニャで付けるのが苦手です・・・・・釣りの本のなかにアジの釣り餌として、釣ったアジの腹身を5センチ角に切ったものが大変良いと書いてあったのですが、例えば魚屋で市販されているものは(鮮度が当然落ちる)不適当なのでしょうか?また他の魚ではどうでしょうか?   他にアジ釣りの良い餌をご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

アジのウキ釣りはかなり長年、結構本格的にやっています。

魚の腹身などでも何匹かは釣れるかもしれませんが、サシアミやオキアミに比べれば
圧倒的に喰いが悪いですね。
これは経験済みです。

以前にこの釣りに凝っている友人らと数人で行った時にエサのサシアミが底をつき
釣ったばかりのアジの腹身を非常に細く短冊にしてしてエサにしたことがあります。

腹身のきらめきがありますから、かなり釣れそうな気がしますよね。
しかしどんなにタナを変えようと一向に釣れません。
そればかりか草フグがつつくようになりアジのアタリが遠のき、深くすると
カサゴが喰ってきます。

どんな方がどんな本に書かれていたのか分かりませんが、アジに関しては
どんなエサよりサシアミ、オキアミが圧倒的に群を抜いて喰いが良いです。
身の固い藻エビはメバルのように一気に大きな口で飲み込むフィッシュイーター系なら
喰いも良いですが、スッと吸い込むアジの捕食では固く非常に喰いが悪いです。

ちょっと付けやすいからとヒット率が著しく悪い魚の切り身などを付けるより
ちょっと時間が掛かっても確実にきれいに付けたサシアミでは98:2ぐらいの
ヒット率の違いがあるでしょう。

サシアミやオキアミはエサ入れもスノコが中に入っているえさ箱などにすぐに移し
常に身から出た水分を下に落とすようにすればべちゃべちゃにはなりません。
またサシアミも身のしっかりしたハードタイプや大粒の抱卵サシアミなど
針に付けやすい製品もありますから、そんな製品を使うことです。
エサ箱がもったいなければ100均でザルを買ってもいいですが、蓋がないと今度は
身が乾燥してきますから、そうなると固くなって身の沈みも悪くなって喰いが悪くなります。
http://www.marukyu.com/marukyu/book/umi/sabiki/sabiki_05_03.html

私は毎年、5月から7月一杯ぐらいまで結構のべアジ釣りに(延べ竿を使ったごく簡単な
ウキ釣り)行きますが、ツケエはサシアミ以外一切使いません。

写真は昨年7月の釣果で7時から10時までの3時間の釣果です。
(参照:出刃包丁の全長が31cm)

アジのウキ釣りはかなり長年、結構本格的にやっています。

魚の腹身などでも何匹かは釣れるかもしれませんが、サシアミやオキアミに比べれば
圧倒的に喰いが悪いですね。
これは経験済みです。

以前にこの釣りに凝っている友人らと数人で行った時にエサのサシアミが底をつき
釣ったばかりのアジの腹身を非常に細く短冊にしてしてエサにしたことがあります。

腹身のきらめきがありますから、かなり釣れそうな気がしますよね。
しかしどんなにタナを変えようと一向に釣れません。
そればかりか草フグがつつくよう...続きを読む


人気Q&Aランキング