痔になりやすい生活習慣とは?

ケルビン・ダブルブリッジで 低抵抗を測定する実験を行いました。
測定した試料は 鉄 銅 アルミ 真鍮です。不純物も存在したため(だと考えられる)文献とは、多少異なった結果でした。

この実験は 常に電流は0.2Aで測定しました。
もし、この電流が変化した場合 どういった影響が実験結果に現れてきますか?(低効率と%導電率を求める実験で 試料の抵抗値を観測しました。)
理論的な関係式があれば それも付けていただくと理解しやすいです。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

実際に実験したのなら、結果は分かってくるはず。


何の為の実験なのか疑問に感じるよ。

低効率とは何? 補足説明も。

この回答への補足

すいません。変換ミスです。
低効率× 抵抗率○です。

補足日時:2007/11/08 16:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答が なかったので・・自分の予想だけ載せて締め切らせていただきます。

電流によって、ジュール熱が発生します。そのため、温度があがり 抵抗率に影響を与えると考えられます。
これは、確かめたわけではなく、不確定です。

お礼日時:2007/11/22 23:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケルビン.・ダブルブリッジと電位降下法

ステンレス・アルミニウム・タングステン・しんちゅう・銅・鉄を用いて、ケルビン・ダブルブリッジによる低抵抗の測定と電位降下法による低抵抗の測定の実験を行いました。それぞれの固有抵抗を求め金属の物理的性質(理論値)と比べて少々の誤差ならまだしも大幅に誤差が出てしまったものがありました。その原因として金属をはさむ器材の1部のネジがバカになっていました。他に誤差が生じてしまう理由が分かりません。教えてください。。

Aベストアンサー

大変申し訳ないですが,下のURLの図1を勝手に利用して,説明します.結局求める抵抗Rxは機器が理想的なら
Rx=(P/Q)*Rs
です.この式で与えられるとすると誤差の要因は(P/Q)の誤差,Rsの誤差でそれぞれをδ(P/Q),δRsとするとRxの相対誤差は
δRx/Rx=δ(P/Q)/(P/Q)+δRs/Rs
となります.
また,この条件である.P/Q-p/q=0が成立しない場合,
式(7)よりqr/(p+q+r)*(P/Q-p/q)がそのまま誤差になります.

低抵抗を測ろうとしてらっしゃるので,金属をはさむ器材の1部のネジがバカになっていました。は接触抵抗の増加を招き,この誤差は無視できないと思います.

参考URL:http://www.jeea.or.jp/j/gs02101/j_02101.html


人気Q&Aランキング