【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

近しい人(Aとします)が当て逃げの被害者になりました.
加害車両はそのまま停止することもなく逃走しました.
Aは警察に事故の状況や加害車両の完全ナンバーなどを伝え,
所有者なども割り出せたようです.
しかし,加害車両の所有者は引越ししてしまっているようで,
警察では事故当時の運転者(加害者)の確認を含めまだ特に進捗がない状況のようです.

加害者を特定できていないのですが,所有者責任についてまずは確認しておきたいと思います.
当て逃げ加害車両を所有する人には責任はあるでしょうか?
ある場合どんな責任があるでしょうか?ない場合はなぜないのでしょうか?

また,このような状況で被害者は加害者あるいは加害車両所有者に対して
どのような対応,手段をとるのがよいでしょうか?
刑事,民事の両面からアドバイスをいただけると助かります.

よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

物損については所有者責任は問えません。


民法709条には、
「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、
これによって生じた損害を賠償する責任を負う」と有るだけです。
「利益を侵害した者は」ですから運転手となり、所有者責任は発生しません。

人身部分では、
自動車損害賠償補償法3条で
「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、
これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる」と有ります。
運行供用者について書かれたものですが、所有者は時と場合に寄っては運行供用者となりえます。
従って所有者は時と場合により賠償責任が発生します。
例えば知人に貸していたとかと言う場合です。

刑事事件としては所有者は関係ありません。
罰せられるのはあくまでも運転手です。

民事であれば上記の通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます.
大変参考になりました.

となりますと,所有者が見つかったとしても運転していないといわれてしまったり,
所有者が運転していたということを立証できない場合は
泣き寝入りになりそうですね.なんとも悲しいことです.

お礼日時:2007/11/07 20:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング