阿刀田高さんのエッセイ
ギリシャ神話を知っていますかや旧約・新約聖書、コーラン、古事記などを読んで阿刀田さんの本が好きになりました。
他に阿刀田さんの本でオススメの本があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

阿刀田高さんと言えば恐怖小説が十八番なのですが、ご質問の中で挙げられているタイトルを拝見すると雑学的なエッセイから入られたようですね。

でしたら、エッセイ集の「恐怖コレクション」をお奨めします。恐怖という感情に対する阿刀田さんの個人的見解や、作家になると決意した頃の話、自作「ナポレオン狂」などが生まれるきっかけなどについて書かれていますし、この人の人柄がにじみ出るような体験談、他の人の優れた小説の紹介など、適度な長さでいろんな話が楽しめます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

恐怖小説が十八番なんですか~。
恐怖コレクション、チェックしときます。

お礼日時:2007/11/10 17:10

こんにちは。



阿刀田高さんの本は、大部分読破しているつもりですが、
思い出す限りで、面白かったストーリーを3つあげろと
言われたら、

「仮面の女」
「無邪気な女」
「朱いドレス」

でしょうか。
いずれも短編です。

「仮面の女」は、同名の文庫本の中に収録されています。
「無邪気な女」と「朱いドレス」は、ごめんなさい、
何に収録されているか忘れてしまいました。。。

思い出したら、再投稿いたします。


ところで、今、ふと思い出しましたが、
「Aサイズ殺人事件」も面白かったです。
確か、お坊さんが難事件を解決していく短編推理小説集でしたが。。。
    • good
    • 0

やはり世に名前を知らしめた直木賞受賞作の『ナポレオン狂』から入ることをお勧めします。


読み終えて「落ち」を理解するのにやや時間がかかりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
読んでみます。

お礼日時:2007/11/10 17:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿刀田高さんの本で何かオススメはありますか

阿刀田高さんのエッセイ
ギリシャ神話を知っていますかや旧約・新約聖書、コーラン、古事記などを読んで阿刀田さんの本が好きになりました。
他に阿刀田さんの本でオススメの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

阿刀田高さんと言えば恐怖小説が十八番なのですが、ご質問の中で挙げられているタイトルを拝見すると雑学的なエッセイから入られたようですね。でしたら、エッセイ集の「恐怖コレクション」をお奨めします。恐怖という感情に対する阿刀田さんの個人的見解や、作家になると決意した頃の話、自作「ナポレオン狂」などが生まれるきっかけなどについて書かれていますし、この人の人柄がにじみ出るような体験談、他の人の優れた小説の紹介など、適度な長さでいろんな話が楽しめます。

Q何のギリシャ神話の話かわかりません・・・

何のギリシャ神話の話かわかりません・・・

すごいあいまいで覚えてるだけの話なんですが、

まず、おじさんと1人の国王が山で会って、おじさんが国王に、近くにいた赤ん坊と将来あなたは結婚するでしょうといいました。

国王はそんなことはないと言ってその赤ん坊を殺したんですが、その子がたまたま生きていて、何年かして国王と結婚しました。

という話だったはずです。

続きがしりたいので、何の話かわかったら教えてほしいです。。

Aベストアンサー

もしかしたらオイディプス王の話かも、と思いました。

http://home.catv.ne.jp/dd/sanmon/1-1.htm

Q阿刀田高の探している本

以前新聞のコラムか何かで見たのですが,阿刀田さんはこんな本を探しているそうです。

太平洋戦争中、日本のある村に戦闘機で墜落しました。村の人々はその怪我をしたアメリカ人を手厚く保護してくれたんだけど、介抱の甲斐なく、彼は死んでしまった。戦後、その話をきいたアメリカ人の母親だか、妻だったかが村人に逢いに日本にやってきました。
ところが、アメリカ人を介抱したということは真っ赤な嘘で、実は、墜落したアメリカ人を殺していたのです。
もともと善良な村人は、狂乱の時期が終わった戦後そのことを後悔していたのです。
結局、村人達は女性の話に口裏をあわせますが,彼らの後悔や苦悩を描いた作品のようです。

この本をぜひ読んでみたいと思ったのですが、どうやって探せば良いのかわかりません。ちょっとした情報でもおしえてください。

Aベストアンサー

「B29墜落、米兵を救った日本人」(草間秀三郎著、総論社)という本があるようです。
捜しておられる本とは違うと思いますが、似ているので挙げてみました。

参考URL:http://www.vill.ryujin.wakayama.jp/~ookuma/ryujin/b29.htm

Qオススメの爆笑エッセイを教えてください

今まで随筆やエッセイはニガテ感があり避けていたのですが、菅野 彰さんの「海馬が耳から駆けてゆく」 を読んではまってしまいました。
「海馬が耳から駆けてゆく」のような爆笑エッセイでオススメのものがあれば教えて下さい。

さくらももこさんはちょっと私の感性とは合わなかったみたいなので、その他の人の作品でお願いします。
できたら文庫で出版されているものが手軽に読めそうなので嬉しいです。(でも面白ければ文庫化してなくても教えて下さい!)

参考までに好きな作家さんは
京極夏彦、森博嗣、星新一、新井素子、宮部みゆき
綾辻行人、小野不由美 等です。

Aベストアンサー

三浦しをんさんのエッセイは、読んでいてププッと吹き出してしまいますよ。
文庫化しているものもありますので、是非読んでみてください。

もし、三浦しをんさんが合うようでしたら、おおたうにさんのエッセイもいいですよ。
文庫化はしていないんですが、おしゃれが好きならきっと気に入ってもらえると思います。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30979623,http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30996845

Q阿刀田高さんの”図書館めぐり”

阿刀田高さんの「夜の旅人」という本のあとがきに国立国会図書館に勤めていた時代に図書館関係のパンフレットに”図書館めぐり”のエッセイ?を連載していたという記載があったのですがどなたかこのことについて知っている方いらっしゃいませんか?
このエッセイを読んでみたいのですが、本として出版されているのか、それともこのパンフレットが現在どこかで閲覧することが出来るのか・・。
どなたか知っている方がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 前の方の回答は極めて一般的な無難なものです。しかし実はこれでほとんど問題無く解決するはずです。にも拘らずnaimonoさんから何の返事も無いのは気になるところですが、一応補足しておきましょう。

 質問の内容から阿刀田高さん(実名ですね)の文を掲載した雑誌は『国立国会図書館月報』以外にはないだろうと考えます。この雑誌に関しては1987年に文化図書から刊行された『政府定期刊行物目次総覧』という総目次が存在します。これを調べれば具体的な掲載日時もすぐに判るでしょう。阿刀田さんが在職したのは1年にも満たない間だったようですから、調べる範囲も狭くて済むはずです。
 上記の資料に関しては県立レベルの図書館ならほぼ確実に所蔵しています。先ず身近な図書館で掲載号とその所在を調べてもらうのが良いでしょう。このような参考調査も図書館の重要な業務の一つです。自館で判らなければ、県立図書館等に再質問されることになりますから、「お願いします」で任せれば、結果は得られるはずです。それでも駄目なら、県立館に質問を取り次いで欲しいと伝えてください。
 所蔵館に関しては↓のようなサイトを利用して自分で調べることも出来ます。

参考URL:http://www.jla.or.jp/link/public.html

 こんにちは。
 前の方の回答は極めて一般的な無難なものです。しかし実はこれでほとんど問題無く解決するはずです。にも拘らずnaimonoさんから何の返事も無いのは気になるところですが、一応補足しておきましょう。

 質問の内容から阿刀田高さん(実名ですね)の文を掲載した雑誌は『国立国会図書館月報』以外にはないだろうと考えます。この雑誌に関しては1987年に文化図書から刊行された『政府定期刊行物目次総覧』という総目次が存在します。これを調べれば具体的な掲載日時もすぐに判るでしょう。阿刀...続きを読む

Q出典を教えてください。(村上春樹のエッセイか何か)

人から伝え聞いただけで、実際に読んだ記憶がないのですが(彼の著作はほとんど目を通していますが)、次のような内容の出典(書籍名、ページなど)を探しています。つぎの2点ですが、どちらか一つでも構いません。

1「美味しいものは、産地から離れれば離れるほど味が落ちる」
たとえば、本当に美味しい鮨が外国ではなかなか食べられないことなど。

2「旅行をしたときの実感は、現代では比例しない」
飛行機などの移動で「身体」は外国にいるが、「心」はその速度に着いて来ない、ということ。だから旅は体がその地に着いてから、実感が後からやってくる。

以上のものは伝え聞いたものなので村上春樹のものではないかもしれませんが、そうであれば異なる出典もご教授いただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1「美味しいものは、産地から離れれば離れるほど味が落ちる」
たとえば、本当に美味しい鮨が外国ではなかなか食べられないことなど。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』という本に、「酒はその産地で飲んだほうがうまい」というような話があったと思います。
ちょうど先日読み返したので、記憶違いでなければそうなんですけど。
スコットランドの島で買ったシングルモルトウィスキーを日本で飲むとたしかに美味しいけど産地で飲んだほうがずっと美味しいというような話。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582829414/249-4487887-1753954


>2「旅行をしたときの実感は、現代では比例しない」
飛行機などの移動で「身体」は外国にいるが、「心」はその速度に着いて来ない、ということ。だから旅は体がその地に着いてから、実感が後からやってくる。

こちらについては分かりませんが、『辺境・近境』という旅行記集の可能性はあるかも?

私が持っているのはハードカバー(単行本)なのですが。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103534087/qid=1145499170/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-4487887-1753954

こちらは文庫版紹介
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001480/qid=1145499170/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-4487887-1753954

この本には旅についての感覚や考察がいろいろ書かれていることは書かれています。知りたい内容にあっているかは自信ありませんが。

>1「美味しいものは、産地から離れれば離れるほど味が落ちる」
たとえば、本当に美味しい鮨が外国ではなかなか食べられないことなど。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』という本に、「酒はその産地で飲んだほうがうまい」というような話があったと思います。
ちょうど先日読み返したので、記憶違いでなければそうなんですけど。
スコットランドの島で買ったシングルモルトウィスキーを日本で飲むとたしかに美味しいけど産地で飲んだほうがずっと美味しいというような話。
http://www.amazon....続きを読む

Q阿刀田高の作品で、お坊さんの安楽椅子もの

阿刀田高の作品で、お坊さんが事件の話を聞いただけで推理して解決するシリーズがあったと思うのですが、
作品名を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『Aサイズ殺人事件』です。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31379951

Qオススメのユーモアエッセイ

こんにちは。
最近、ユーモアエッセイを読んでみたいなと思っております。
土屋賢二さんのエッセイは全部読みました。
そこで、他の方が執筆なさったユーモアエッセイを読んでみたいなと思っています。

そこで、皆さんがオススメのユーモアエッセイを教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、大のツチヤファンです。
もし、ツチヤ先生のエッセイが面白いなら、下記のエッセイあたりは、笑いの質が似ていて、面白く読めると思います。

臨機応答・変問自在 森助教授VS理系大学生
森博嗣/著 講談社新書 680円
こちらは、名大の建築家の助教授。エッセイではありませんが、学生の珍問奇問に対する回答が爆笑物です。

延長戦に入りました
奥田英朗/著 幻冬舎文庫 495円
スポーツを扱ったエッセイなのですが、スポーツが好きでなくても、いやスポーツが嫌いな方ほど笑えるかもしれません。ユニークな視点が光ります。

どくとるマンボウ航海記
北杜夫 新潮文庫 400円
ある意味古典ですので、「そんなもの知ってる!」というのでしたら御免なさい。でも、今読んでも面白いです

Q星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが

星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが30年前ぐらいの作品でネットも本も見つかりません。

ストーリーは
ある会社の社長のところに車のセールスマンが来ます。高性能な車なので社長も買う気になりますが、ひとつだけ高性能とは言えない所があって社長が文句を言うのですがセールスマンの一言で・・・

というものです。登場人物、落ちなど星さんぽいのですが見つかりません。もう一度読みたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問を見て「あ~~それ、時速何キロのヤツだ!」とピンときたのですが・・・。

>ひとつだけ高性能とは言えない所
それって、「スピードが遅い」ってことじゃないですか?
もしもそうなら、妄想銀行の中の「小さな世界」です。

とっても快適な車だからこそ、購入者はみな時速15キロくらいで走ってますよ とセールスマンに言われて、アール氏は購入を決意します。

Q有名人のオススメ自伝?エッセイ?

モチベーションが上がるような誰か有名人のエッセイ?自伝?はないでしょうか?(例:乙武さんの『五体不満足』)

抽象的で申し訳ないのですが、『ここまで有名になるまでには、こんな道を歩んできたんだ‥』、『この人に比べれば、自分はまだまだだな』って思えるような本を探してます。よろしくおねがいします☆

Aベストアンサー

二冊紹介します。
いかりや長介『だめだこりゃ』(新潮文庫)は、ドリフターズとしてブレイクするまでのいきさつや、俳優に転進してからの苦労話など、自分の生涯を時にユーモアを交えながらまとめています。
本当に自分で書いたのかと疑いたくなるほど文章がうまく、味わい深い一冊です。
もう一冊は自伝ではなく伝記なのですが、大崎善生『聖の青春』(講談社文庫)です。
病気のため夭折した棋士の一生を、感動的に綴っています。
将棋の世界の話ですが、将棋のルールを知らなくても、本筋にはほとんど関係ないので、安心して読み進めることができます。
いずれも少し大きめの書店に行けば、手にすることができるはずですので、まずは立ち読みされてみてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報