親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

中央と地方、前線(戦場)と参謀などの連絡に最も早い伝達手段は早馬とかより「のろし」だった・・・と聞いた事があります。実際はどうだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>最も早い伝達手段は早馬とかより「のろし」だった・・・と聞いた事があります。

実際はどうだったのでしょうか?

その通りで、意外な事に幕末まで「のろし(狼煙)」でした。
藩領域を越えても、「のろし」は確認する事が出来ます。
「のろし」自体は、藩領国運営上でも利用しています。
謀反・一揆・他藩動乱・他藩からの攻撃など、国境(くにさかい)から本城に向かって「のろし台」が設置しています。
当時は、関所の番人と同様に「のろし番人」が存在しています。
学術的な発掘調査を行っている県は少ないですが、地名からも存在を確認できます。
各教育委員会では、中世城郭館等調査報告書を作成しています。
「のろし跡」の所在地・現状が載っている報告書もありますよ。

>誤報ののろし(妨害)を上げたりとかはなかったのでしょうか?

のろしは、各藩毎に異なっていたようです。
ただ「煙」を上げるのではありません。
時刻・煙の色・のろし時間など、詳細に決まっていたようですよ。
のろし番人を倒した間者が誤報の「のろし」を上げても、誤報と分かったようです。

余談ですが、琵琶湖周辺の研究家・愛好家が「琵琶湖一周のろしリレー」を実際に行っています。
非常に短時間で、情報が伝わりました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「のろし番人」なる人がいたのですね。さぞ、重要な役職だったのでしょう。
「のろし跡」のことは郷土史研究家の方からも聞いた事があります。全国、それも結構隅々までのろし台等のネットワークが張りめぐらされていたそうです。電気も通信も無い時代、先人の知恵には驚かされます。
あと、単に煙を上げるのではなくて詳細に決まっていたので誤報などはすぐに「おかしいぞ?」と見破れたのですね。
「琵琶湖一周のろしリレー」・・・これは面白い試みですね。

お礼日時:2007/11/08 00:14

つなぎ「狼煙」が最も早い警報の伝達法でした。


しかしあくまでも警報だけで詳報は早馬ないし伝令によるしかありませんでした。
狼煙台には番人が常駐していて不意の使用に備えていました。

武田家では狼煙を見たら兵の動員令が出るものと考え、直ちに出動の準備にかかるようシステムが定められていました。
各地の兵は軍道に集結し後の指令を待つ事になっていました。
この為動員の迅速さが保たれたのです。  当時の動員は数日を要し兵の集結編成はさらに数日を要しました。  これでは出撃が遅れるので特別のシステムが定められたのです。

これはあくまでも武田家だけのシステムでした。

早馬や伝令は支配地の内部で安全な場合に用いられる方法で敵地では密使とならざるをえません。  明智光秀の謀反の際、毛利との連絡を図ったのも迅速さを犠牲にして密使にたよらざるをえませんでした。

戦場での連絡は旗信号、ホラ貝や太鼓、鉦などの音響信号の種類を定めて伝達する他、使い番という伝令将校により、使い番はそれを表示する特別の旗印をつけておりその通行を優先される定めでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/09 13:54

訂正 任です。

→ないんです。
    • good
    • 1

のろしは敵襲などを迅速に伝えるためのもので、機密事項を伝えるためのようなものではありません。

そしてのろしが着てから早馬により詳報が来るまでやるようなことは、動因をかけて兵を集めることです。商人に連絡して戦の可能性を伝えれば、なにも実際に買わなくても(買うこともあるでしょうが)商人のほうでも必要な物資を勝手に集め始めるでしょう。
 つまり誤報もあるでしょうし、敵方が偽のろしを上げることも可能ですが、だからといってたいした損害があるわけでは任です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

#4の方も仰せの通り、順序として、まず「のろし」→詳細は「早馬」でということが分かりました。重ねてありがとうございました。

お礼日時:2007/11/08 00:23

昔の軍隊は、兵糧を集めるのに最低でも2~3日。


兵が出動出来る準備が整うまでには最低3~4日はかかったそうです。

田んぼを耕している農民に知らせ、徴集するのですから、遠い場所からですと、歩いて来るので相当な日数がいります。

今の機動力や、情報戦とでは比較にならない遅さです。
まあ、敵も徒歩ですので、走れば何とかなったのかもしれません。^^;

武田領内では、道沿いに等間隔で物見と言う櫓を立て、
敵が領内に侵入したのを発見すると「のろし」を上げ、またたく間に甲斐本国に伝達されたと言います。

のろしの本数が言葉であったそうです。

1日連絡が遅れれば、それだけ城と見方を失います。

当時としては、
まず敵襲とざっとした情報を知る事が大事で、
いち早くここで準備を開始し、
準備中に早馬で敵の詳細な情報を知り、布陣前に敵の動きを知る。

こう言う情報伝達の流れで策を練ったのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

当時の情報伝達の流れがとてもよく分かりました。
のろしの本数が言葉であったそうです・・・そうだったのですね。
大変、参考になりました。

お礼日時:2007/11/08 00:17

 いわゆるつなぎのろしが一番早いです。

数kmごとに山や丘の上にのろしを置いて、順々に連絡をつないでいきます。ただよほどの大大名でないと、維持費が負担になります。
 駅伝方式で早馬で伝えるのも一見正確ですが、場合によっては敵方の間者に待ち伏せに会います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

数kmごとにのろし台=丁度、現代の電波の中継局のようなものですね。早馬は確かに敵の待ち伏せに会う可能性も大ですね。ただ、煙も敵の目に付きやすいので解読されたり、わざと誤報ののろし(妨害)を上げたりとかはなかったのでしょうか?・・・なんて疑問も起こりました。

お礼日時:2007/11/07 22:30

気象条件が良ければ、やっぱ「のろし」だと思います。


煙の上げ方や色で、かなり複雑な連絡も可能だったようですし・・・。
豊臣秀吉が大坂城を築城して間もなく、京都に伏見城を築城しますが、この二つの城は、晴れた日には、充分、「のろし」で連絡がとれたそうです。今でも天王山あたりからは大阪城が見えますから・・・。
天気の悪い時は、ほら貝と太鼓と鐘を駆使して、音の順番や鳴らし方によってモールス信号のように命令を送っていたそうです。
あとは、手旗信号や伝書犬・・・鳩の代わりに犬を使うそうです。
まぁ、確実なのは早馬だと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

煙の上げ方や色で、かなり複雑な連絡も可能・・・そうだったのですね。天候の悪い時は音の出るものや、あと犬を使っていたとは驚きです。陸上の伝達ではやはり馬が最速だったのですね。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/11/07 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無線がない時代の戦場での情報伝達方法

こんにちは。
早速ですが質問があります。

表題の件ですが、過去の人たちは数々の戦場で、
どのような手段を使って指揮官へ、もしくは指揮官から情報の伝達を行なっていたのでしょか?
現在では技術が発達し、無線以上に高度な物が開発されておりますが、
無線がない時代は一体どのような手段があったのか知りたいです。

密集陣形では紙や口頭、などで情報伝達は容易だと思われますが、
広く布陣した時の情報伝達方法はどんな種類があるのでしょうか?
広範囲に分けた攻撃部隊が的確な攻撃のタイミングをどう判断したのでしょうか?
奇襲を受けた!伏兵が!等の緊急事態と内容を距離の離れた指揮官へどのように伝達したのでしょうか?

時代や地形、天候等により様々だと思いますが、
過去の戦場、無線がない時代には一体どのような情報伝達方法があったのでしょうか?

まとめますと、知りたいことは、
(1)何が使われたのか
(2)具体的な使用方法
(3)それのメリット、デメリット
(4)できれば、それが使われた過去の戦いの名前

以上です。
もちろん(1)(2)(3)(4)全てにお答え頂く必要はないです。
おわかりになる範囲で教えてください。
参考URLの貼り付けだけでも結構です。

よろしくお願い致します。

こんにちは。
早速ですが質問があります。

表題の件ですが、過去の人たちは数々の戦場で、
どのような手段を使って指揮官へ、もしくは指揮官から情報の伝達を行なっていたのでしょか?
現在では技術が発達し、無線以上に高度な物が開発されておりますが、
無線がない時代は一体どのような手段があったのか知りたいです。

密集陣形では紙や口頭、などで情報伝達は容易だと思われますが、
広く布陣した時の情報伝達方法はどんな種類があるのでしょうか?
広範囲に分けた攻撃部隊が的確な攻撃のタイミングをどう判...続きを読む

Aベストアンサー

軍隊で指揮を任されるのが士官です。士官の役割については、こんな話があります。
プロイセンのウィリアム皇太子が一人の少佐を呼んで詰問しました。「お前はなぜ作戦に失敗したのか?」するとその少佐は、「私は皇太子殿下の命令の通り作戦をしました。間違っていません」と答えました。それに対し皇太子は「階級はなんのために与えてあるのだ?命令違反をするときを判断できる者に与えているのだ。ただ命令に従うだけなら、貴様は将校ではなく、兵士でよい」といいました。以来、世界中の軍隊の階級の意義はこれに基づくものとなりました。

余談ですが、この「将校は命令違反が判断できること」がネックになったのが革命ロシアつまりソ連です。革命によって赤軍が誕生しましたが、軍隊の指揮のプロである軍人の協力がなければ赤軍は単なる烏合の衆です。実際、プロフェッショナル軍隊のドイツ軍や独立したポーランド軍などにひどい目に遭っています。そこで旧ロシア軍将校を赤軍に組み入れたのですが、この将校たちは元はといえばロシア皇帝の家臣なわけですし、貴族階級出身も多かった。そんな連中が「命令違反を判断できる」なんていわれたらいつクーデターが起きるか分かりません。なので、ソ連軍では「政治将校」といういわばプロフェッショナル軍人である将校を監視するための将校を作ったのです。そして、政治と思想のプロフェッショナルであるものの軍事には疎い政治将校がある意味軍事将校より強い権限を持ったためにソ連軍は命令違反ができない、逆にいえば柔軟性に欠けた硬直した組織になってしまったのです。


さて、現在でこそ通信機が非常に発達していますが、この通信機が軍隊の隅々までいきわたったのは第二次大戦のアメリカ軍以降からといってもいいでしょう。第二次大戦のドイツ軍といえどもアメリカ軍ほどには通信機がいきわたっていませんでした。ちなみにドイツ軍で多用されていたのが信号弾なのですが、これを言い出すと話が広くなりすぎるので、今回は割愛。もし興味あったらお礼にレスをつければ説明します。
それまでの軍隊で、最も信用できる通信手段は人間そのものに他なりません。つまり伝令兵です。伝令兵は主君や大将の命令を聞き、それをきちんと理解して前線の指揮官のところへ行って伝え、その返事と前線の様子を正確にまた大将のところに伝えなければなりません。

戦国時代、武田信玄の伝令兵として活躍した百足衆、織田信長の黒母衣衆が有名です。信玄の百足衆は特徴ある百足の旗指物を、黒母衣衆はその名の通り黒い大きな母衣を背中に抱えていました。つまり、味方からよく目立つようにしていたのです。だって、戦場で混乱しているときにウロチョロしている奴がいたら「なんだお前は!」ってなるでしょ。でも見た目で伝令兵だと分かれば「ああ、伝令兵が通っているから通そう」ということになります。
伝令兵にとって最も重要なことは、「生き残ること」です。戦場を駆け抜けて命令を伝え、ちゃんと帰ってきて「命令は伝えましたよ」ということを報告しなければなりません。そうじゃないと大将も「俺の命令をちゃんと伝えたかなあ。途中で戦死してないかなあ」と不安になるでしょ。
そんな伝令兵が求められる能力は頭がよく、体力に優れたことです。体力も、馬に乗ることもあるから馬術、それに敵と出会ったら銃を撃ちあるいは剣術を使い、川があれば泳ぎ、馬がなければ自ら走らなければなりません。そこでこれら馬術、射撃、フェンシング、水泳、ランニングの五種目をひとりでやる競技としてオリンピックの「近代五種」が生まれました。近代五種は近代オリンピックの祖クーベルタン男爵が自ら選んだ由緒ある競技なのです。

伝令兵は、現代の軍隊でも残っています。伝令兵のメリットは「敵に通信を傍受される心配がない」ことです。デメリットとしては「戦死する可能性がある」ということですね。
また現代社会でもこれだけ電話にメールにFAXと通信手段が発達しているにも関わらずビジネスの場で直接会って打ち合わせをすることは少なくありません。「直接会わないと伝わらない」こともしばしばあります。単なる兵士ではこみいった事情は話せませんから、将校が連絡をすることも昔からよくありました。


ところで、密集隊形のほうが命令って伝わらないんですよ。だって、戦場でわいわいやっているのに密集隊形の真ん中あたりにいる奴らにどうやって伝えるのさ。ひとりひとり伝言で伝えてもらう?でも、「伝言ゲーム」って言葉がありますよね。
ハンニバルの殲滅戦として有名なカンナエの戦いではまんまとローマ軍がカルタゴ軍に包囲されてしまいますが、ローマ軍はご存知の通り重装歩兵のファランクスです。みんな集団で固まっているし、ヘルメットをかぶっていて耳は聞こえないし、視界も正面しか見えません。前方の敵が少しずつ引いていれば「それ押せ!もうひと押しだ!」となるでしょう?「このまま前に行きすぎると危ない。ちょっと戻れ」と思っても止められないんですよ。

軍隊で指揮を任されるのが士官です。士官の役割については、こんな話があります。
プロイセンのウィリアム皇太子が一人の少佐を呼んで詰問しました。「お前はなぜ作戦に失敗したのか?」するとその少佐は、「私は皇太子殿下の命令の通り作戦をしました。間違っていません」と答えました。それに対し皇太子は「階級はなんのために与えてあるのだ?命令違反をするときを判断できる者に与えているのだ。ただ命令に従うだけなら、貴様は将校ではなく、兵士でよい」といいました。以来、世界中の軍隊の階級の意義はこれ...続きを読む

Q日本の戦国時代の「のろし」と「かがり火」と「伝令」について教えて下さい

日本の戦国時代の「のろし」と「かがり火」と「伝令」について教えて下さい

日本の戦国時代には伝達手段として「のろし」や「かがり火」が使われたそうですが、それらはおよそ何キロ先まで届いたのでしょうか? もちろん地形によっても違うと思いますが、遮蔽物がない場合で教えてください。

それから、長篠の合戦で鳥居強右衛門が命がけで伝令を務めた話が有名ですが、その時に長篠城から「のろし」や「かがり火」を使って援軍を要請することは出来なかったのでしょうか? 武田軍に気付かれるから駄目だったのでしょうか?

あと、敵に囲まれた状態の城から伝令が出る場合、どのようにして敵の包囲を突破したのでしょうか?  

質問が多くてすみませんが、教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何キロおきかというのはわかりませんが、例えば武田信玄の場合、次のように狼煙台を
設置したと言われれています。

当然、山の頂上などできるだけ遠方からみえるように、また次の狼煙台からの
視界も確保して設置されたことでしょう。

「例えば、宿敵上杉謙信との決戦場である善光寺平から躑躅ヶ崎までの距離は約160kmあるが、
もしこの区間を早馬で伝達すると十時間以上もかかったものを、烽火を用いると約2時間程度
で伝達されたという。 」
http://www.hokuto-kanko.jp/furinkazan/noroshi.html

>その時に長篠城から「のろし」や「かがり火」を使って援軍を要請することは
出来なかったのでしょうか?

狼煙台はあくまでも事前の設置が必要ですから、戦時に的に囲まれた状態では
意味をなさないということです。

また、細かな情報伝達には向かないので、あくまでも、敵が来たとか、
そういうことをできるだけ早く伝達する手段として用いられたと思います。

>どのようにして敵の包囲を突破したのでしょうか?  

長篠の合戦の小説などには夜間に水連達者な人間が川中を潜って。。
というような描写もあります。

何キロおきかというのはわかりませんが、例えば武田信玄の場合、次のように狼煙台を
設置したと言われれています。

当然、山の頂上などできるだけ遠方からみえるように、また次の狼煙台からの
視界も確保して設置されたことでしょう。

「例えば、宿敵上杉謙信との決戦場である善光寺平から躑躅ヶ崎までの距離は約160kmあるが、
もしこの区間を早馬で伝達すると十時間以上もかかったものを、烽火を用いると約2時間程度
で伝達されたという。 」
http://www.hokuto-kanko.jp/furinkazan/noroshi.html

>その時に...続きを読む

Qなぜ飛脚は馬ではなく人力で走るのか?

江戸時代、飛脚がいますよね。なんでも大阪から東京まで3日でいったとかなんとか。

それはそうとして、時代劇で飛脚を見るたびにおもっていました。

「なぜ、馬を使わないんだろうか?」

馬のほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか?

いや馬を使っていたこともあるとは思うんですけど。

飛脚ってほとんど人力走りじゃないですか。おかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも馬を御す技術を持った者のことだったため、乗馬が特権化した。
・仏教思想から、馬に限らず牛なども家畜というより家族として扱った
ということが影響していると思われます。

そのうえで飛脚についていうと、江戸時代でも馬による伝令はあったのです。ですから、飛脚とは別に馬を使った伝令も江戸時代にはあったのが事実です。
これらの伝令用の馬は平安時代に「駅伝駅馬」として整備を始め、江戸時代には駅がおかれた地域を中心に宿場町が発展していました。
つまり江戸時代の宿場には駅(伝令のために馬を用意し、宿泊できる施設も整えた施設)もあったのです。

ところがこれは平安時代から政治的軍事的な伝令のためのもので、庶民がつかえるようなものではありませんでした。武士といっても国の根幹にかかわるような伝達事項でなければ、馬は利用できなかったのです。

そのため、庶民が気軽に利用できる郵便制度として飛脚が発展し、まるで現在の宅配便のように気軽に利用できるようになっていたのですが、ここでそもそもの問題があります。それは「なぜ江戸-大坂間などを頻繁に飛脚が往復する必要があったのか」ということです。

この時代は人の行き来が難しい時代ですから、現代のように関東と関西に親戚がいて、お父さんは東北に出張、お母さんは九州に旅行、という具合にはいきません。当時のほとんどの人は生まれた場所から10kmぐらいの行動範囲しかなかったのです。

そのため飛脚は実は「商売」のために往復していたのが実際のところです。実は江戸時代、江戸と大坂では金貨経済と銀貨経済と貨幣も貨幣単位も違いましたし、大坂の堂島には米の先物取引があり、米相場は大坂しかし米の消費地は江戸、という二重経済をしていたのです。

今で言えば日本の中に円建ての経済地域とドル建ての経済地域があるようなもので、しかも毎日為替相場が動いて、その日の金貨と銀貨の交換比率が変わるという具合だったのです。

現在でもFXのように、為替相場は儲けることができます。また米の先物取引で儲けることもできます。この儲けのために頻繁に江戸-大坂間を証文がやり取りする必要があったので、飛脚が発達したのです。
しかしこれは階級社会から見れば士農工商の商、何の労働もしないで富をえるいちばん悪い儲け方だったので、当然ながら役人は馬の使用を許可しなかったのです。

これが、実際に馬を利用しなかった(できなかった)一番大きな理由です。

もっとも、日本も馬の去勢を取り入れていたら扱いやすい馬が増え、江戸時代には普通に馬や馬車を利用していたかもしれません。

日本から古来から大陸産の馬を時々輸入していたようで、去勢の方法も知らないはずは無かったのですが、たぶん当時の文化的な理由から馬の去勢をしなかったのだと思います。(じつは人間の去勢である宦官も日本は大陸から受け入れていません。日本は中国・朝鮮からいろいろな文化を受け入れつつかなり取捨選択しているのです)

話が脱線しましたが、江戸時代の中期になると庶民でも利用できるぐらい飛脚が発展したので、時代劇にも登場するのでしょう。それに比べて伝令の駅馬は地味すぎるのと政治的なドロドロが多すぎてテレビには向かないのではないでしょうか。

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも...続きを読む

Q江戸時代の情報伝達

たとえば江戸で起きた大火災などの情報は、上方や九州には何日くらいかけて、伝わったのでしょうか。飛脚とかではなく、庶民のくらし情報としてです。

Aベストアンサー

当時の新聞に相当する瓦版が江戸で発行されるのは早くても一両日を要したでしょう。
従ってやや正確詳細な情報はそれからとなります。

それ以外にも常飛脚は定期便ですから箝口令がないかぎり同じ速度で伝わったでしょう。
それに江戸の各藩邸には留守居役がいて情報の種類によっては早馬、早飛脚をたてて領国に通報する定めでした。
基本的には当時の幕藩体制ではそれぞれ独立し、他領には特別関心を払わない習慣がありました。
情報の重要性を一番認識していたのは商人で江戸で大火があると再建の為木材需要が増えると考え、木曽の木材を値上がり前に買い占め巨利を得たという話がありますから。

Q飛脚は一日どれくらい走っていたの?

江戸時代の飛脚は町飛脚と遠飛脚があったそうですが、
一日どれくらい走っていたのでしょうか?
当時世界マラソン大会があったら優勝していたでしょうか?
それともあんがいのろのろ走っていたのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

江戸-上方を約600kmと考えた場合
最短70時間(しかも二人組)とあるので時速9km弱となります
道は舗装無しで山道もあったでしょうから
すごいことには変わりないのですが
速度で言うとマラソンには、程遠いですね。
マラソンは時速19km前後で走ります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%84%9A#.E9.A3.9B.E8.84.9A.E3.81.AE.E9.81.8B.E8.A1.8C.E9.80.9F.E5.BA.A6

Q注文住宅の相場はいくらくらいですか?

大和ハウスさんのホームページのTOPに載っている様な家は大体いくらくらいですか?
注文住宅を建てようと思ったらいくらを目標に貯めますか?
年収は関係なく4人がゆったり暮らせる家の広さと大体の値段を教えて下さいっ!

Aベストアンサー

#2です。

A#2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。
土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。
ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避けたいですね。

僕の場合は、家に2000万強、土地が3000万弱で合計5000万位でしたね。
(親名義の農地を売ったため親の1000万分の親の共有名義を入れています。)

大体のローンを借りる金額は目安は年収の5倍までといわれています。
家と住宅はローンの抵当にいれることがローンを借りる条件になります。
しかし、余り目一杯借りると毎月の返済額が増加しますので大変ですね。
僕の場合は本来の勤務の給料の他に副業をして稼ぎましたし、妻も子育てが一段落したら勤めにでて繰上げ返済をしました。
今の社会状況では、不況で会社都合でリストラされたり、事故・病気で毎月の返済が滞って、家が競売に掛けられ家を失うだけでなく、ローンの借金額が1000万以上抱え込む世帯がかなりでています。
今の経済不況もアメリカのサブプライムローンの焦げ付き(返済能力のない人々に住宅ローンを大量に貸し出してそれが不良債権化した)が原因ですね。
収入が安定している間に繰り上げ返済して早めに完済したいですね。ローン返済の期間満期の25年後にリストラされずに、事故や病気にならない保障などないですから。。。返済が破綻すれば、家と住む場所を失い、謝金だけが重くのしかかりますので、健康と事故には十分注意したいですね。

#2です。

A#2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。
土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。
ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避け...続きを読む

Q5歳の娘が夫に股間をいじられたと訴えてきました。

一週間前の海の日に、数ヶ月ぶりに夫と娘が二人きりで科学館に出掛けたのですが、

その数日後に、娘が体を固くして何か話そうとし、いつもと様子が違うので、すこし私も顔を緊張させてしまい、どうしたの?と聞くと、落ち着かない様子で黙り込み、
結局、「忘れちゃた」と言ったので、思い出したら教えてね。と言って抱き締めました。


抱き締めた時の胸の鼓動がかなり早かったので、忘れたんじゃないことは明白でしたが、話せる時になるまで待とうと思い、ヤキモキしながら待っていました。



そして、その2日後の今日、また娘があの、、と何度も言うので、今回は少しでもリラックスさせるために微笑みながら、「じゃあ、誰にも聞こえないように、内緒話しでお話ししよっか」と言うと、最初は「でもママが嫌な気持ちになるから」などと言っていたのですが、


最終的に聞き出しだのは、夫と一緒にいるときにトイレに行ったが、
トイレが終わった後、自分で拭けるよと言ったのにパパが拭いてきて、その後またおしっこが出る所を指でグリグリされて、凄く嫌な気持ちで、しかもずっとやっていて、嫌がっても止めてくれなくて、凄く怖かった、と話してくれました。



私は怒りと吐き気を抑えながら、それはすっごく気持ち悪くて怖かったでしょう。辛かったね。勇気を出して話してくれて偉かったね。もう二度と嫌な思いしないように、絶対にママが守るからね。と伝えました。

それでも子供は凄く不安な様子で、「ママはどうやって○○を守るの?」と言ったので、

ママがいない所でパパと合わせないし、この家から逃げて、安心できる所に住んでもいいんだよ。と言いました。


これ以上嫌な気持ちをさせたくなくて、追究することをためらいましたが、そう言ったことをするのは今回が初めてと言うので、念のため
触られたのは、ティッシュを持ったまま?と聞くと、
「ううん、ポイッとしてから」

その時パパは、何か言ってた?と聞くと、
「かわいいねっていってた」

と答えたので、子供の勘違いや作り話ではないと感じました。



夫は現在27歳で、これまでは娘がアスペルガーで手が掛かる事を理由に、

「どうせこいつ(私)は1人で娘を育てられないだろう」とたかをくくり、不倫やギャンブル等の横暴を繰り返してきました。

頭に来て突き飛ばしても、やり返して腹を思い切り殴ってきたり、

作ったご飯を何度も連絡いれずに泊まってきて食べないから、頭に来て作らなかったら、
母親に「夕食を作らないから別な女性の家でご飯を食べただけ」と悪びれもせずに言って、逆に私が責められる始末でした。


一度、弁護士を呼んで離婚の話しをしてからは、証拠を残さない様に、

車を仕事場の駐車場に停めたまま、ホテルではなくカラオケなどで不倫をするようになり、弁護士には、証拠がないことには慰謝料は難しいかもと言われ、機会をうかがっていた最中の出来事でした。


たった一回、しかも証拠は無く、証言を言う子供はたった5歳。


夫は、家にラブホのライターや女の会社のファイルがあっても、真っ直ぐな目で「仕事場から間違えて持ってきただけ
」で最後まで通す人間です。


警察に訴えて、逆に私の思いつかないようなとんでもない嘘をつかれて、名誉毀損で訴えられないか、

知的に問題のない(公的な補助金を受けられない)自閉圏の子供を育てるのは2人でも大変なのに、養育費すら払う気がないと言ってるうちの場合、やっていけるのか。不安と混乱で冷静な判断ができません。


明後日から、子供を守る為に、夏休みだからと偽って実家に預けることになりましたが、両親にはこのことを話すべきですか?

私が子供のトラウマを少しでも減らしてやるために、何か出来ることはありますか?

夫は家に帰ったり帰らなかったりなのですが、おととい別件で電話した時、四回掛けても出ず、その日は帰って来ませんでした。

今考えると、バレたと思って帰れなかったかもしれないのですが、でも昨日は普通に帰ってきました。何を考えているか全く分かりません。

電話やメールを無視することについて訴えても目をつぶって無視してきます。私をいつも蠅のように扱います。

色々限界なのですが、離婚するだけではなく、警察にも通報しようとしている私は短絡的でしょうか。


タバコをまだ残っているコーラの缶に捨てて、子供が誤飲しそうになった事件の後も、全く気にとめずジュースに吸い殻を入れる夫。今後も職場の色々な人に迷惑を掛け、傷つけ、反省せずに生きていくんだと思います。

そう言えば、もっと小さい時に、娘の体を撫でる手付きが愛撫の様な気持ち悪い触り方の時が何度かあり、おぞましくて手を振り払ったことがあります。
見た目は、芸能プロダクションにスカウトされたこともあるくらい容姿が整っており、更に結婚前まで疑り深い私を騙せた程巧妙な嘘をつく、自分の欲求や気持ちを優先するためなら、他人がどれだけ苦しんでも気にすら留めない、厄介な人間です。

現在の私の収入は七万円です。
保育園も幼稚園も六時までで、更に帰ってから発達障害用の療育をしているので、あと二年たたないとフルはきついなと感じています。
両親は、出戻りは許さないと言っています。

夫と夫の母親は、某新興宗教に入っていて、警察に訴えたり、養育費などで裁判をおこしたら、弁護士や警察の中に潜んでいる信者にひどいことをされないか、怖くて動けません。

混乱し、頭が整理出来ないまま相談してしまい申し訳ありません。

あまりに繰り返されるモラハラに、段々諦めの気持ちが出てしまっているのですが、子供を守るためにも、今回のことは許してはいけないし、養育費についても払って貰いたいと思っています。

証拠のない虚言癖かつ宗教のバックありの名俳優夫にどうすれば灸を据えてかつ養育費を払って貰えるでしょうか。

子供は、昼は大丈夫なのですが、夜は膀胱が限界になって泣くまでトイレに行きたがりません。
私がすべき最善と思われる行動を教えてください。

一週間前の海の日に、数ヶ月ぶりに夫と娘が二人きりで科学館に出掛けたのですが、

その数日後に、娘が体を固くして何か話そうとし、いつもと様子が違うので、すこし私も顔を緊張させてしまい、どうしたの?と聞くと、落ち着かない様子で黙り込み、
結局、「忘れちゃた」と言ったので、思い出したら教えてね。と言って抱き締めました。


抱き締めた時の胸の鼓動がかなり早かったので、忘れたんじゃないことは明白でしたが、話せる時になるまで待とうと思い、ヤキモキしながら待っていました。



そし...続きを読む

Aベストアンサー

これは完全なDVに該当します。先ず地元の警察署生活安全課に相談してください。そしてどこでもいいから避難シェルター女性の保護のための秘密基地が゛あるかどうか紹介してもらうこと。そして警察は裁判所と連絡をして接近禁止命令を出す手続をするはずです。でないとそのうち男性器を挿入しかねません。貴方が姿を消せば俳優気取りで警察に捜索願を出しに行きますが何にも知らないふりして、一応書類書いて終わり。その手続きが済んだら裁判所の接近禁止命令書を持って弁護士を依頼し、離婚手続きを進めること。お金はかかるから何とかしないと一生の問題ですから。もうすでにトラウマが生じています。お子さんは児童相談所に一時保護となるかもしれません、離婚では弁護士を通じて旦那の給料振込口座の差し押さえを申請すべきです。そうすれば自分が食べていけなくなるわけでどんなに謝罪されても応じないこと。30年間警察に勤務し。数数えきれないほこのような相談、事件にして逮捕したことがある私の意見を検討してください。


人気Q&Aランキング