マンガでよめる痔のこと・薬のこと

先週、6才半15キロの雑種オス犬の去勢とヘルニアの手術をしましたが、翌朝急変し死んでしまいました。
夏前より肛門の周りが大きく腫れ、近所の病院にかかっていましたが、腫れた処の細胞液の検査で「肥満細胞腫」だろうと診断され、副腎皮質ホルモンを3ヶ月飲み続け、大便が出ず苦しむので一週間おきに掻き出してもらっていました。
改善が見られないので病院を変えたところ、レントゲンや血液検査で肥満細胞腫の疑いはなく、前立腺肥大があるので去勢とヘルニアの手術をすれば大丈夫だというのでお願いすることにしました。薬の影響で肝臓の数値が高かったので10日間置いてからの手術でした。
死んだ時、先生は「手術は成功した。何が起こったかわからない。」と言いました。そして手術代8万7千円を請求されました。直るって言われたので手術したのに死んでしまって、払う気になれません。危険性は何も言われていませんでした。
全額払うべきでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずはお悔やみを。


私の場合は猫でしたが、どうやら麻酔の量を間違えたみたいなのですが、それをはっきりと証明することができませんでした。つまり手術との因果関係を明確にできないので、手術代を全額支払うことになりました。質問者さんの場合も、手術との因果関係が明確にならない限り、全額支払うことになるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ごねても仕方なさそうですね。病院からすれば、予定通りの手術をしているのですから払って当たり前ですね。
排便の辛さから開放されると思って、危険性など考えず、嫌がるあの子を簡単に置いてきてしまった自分の単純さに呆れてしまいます。

お礼日時:2007/11/07 23:22

Q、全額払うべきでしょうか?


A、ウーン!

>副腎皮質ホルモンを3ヶ月飲み続け・・・

>手術は成功した。

それは、その通りでしょう。

>何が起こったかわからない。

それは、違うんじゃないですか?
副腎皮質ホルモンを3ヶ月飲み続けた後の手術ですよ。
「何が起こったかわからない」で済まされたらたまらんですよ!
「3ヶ月連続服用の副作用の程度の確認は十分だったのかい」
と、思いますね。

しかし、今となっては、全ては誰も証明できないでしょう。
語れるとしたら執刀医のみでしょうね。
ここは、「何が起こったかわからない」に関しては説明を求めてもいいのじゃないですか?
多分、支払うことになるでしょうが、それなりの納得を得るのは当然かと思いますよ。

いずれにしろ、お悔やみを申し上げます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなく病院に行く気にならず、今日に至ります。
行って説明受けてきます。
納得したいし・・・

お礼日時:2007/11/13 20:42

こんにちは。


我が家でも犬を飼っていますので、他人事とは思えないのですが、うちのかかりつけの獣医さんではちょっとした手術でも必ず予想される危険性の説明と同意書の取得(飼い主から)していますが、そういことはなかったのでしょうか?もしないとすれば少し大雑把な先生という印象を受けます。
ちなみに動物の医療過誤訴訟というものも勿論成立します。お支払いに納得がいかないのであれば、弁護士さんなりに相談してみるのもいってかと思います。参考になるかどうかURLを一つ見つけましたので下に付しておきます。

お役に立てば幸いです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Lucky/7629/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
サイト参考にさせていただきます。争うつもりはないのですが、死んでしまったことに動転して何を聞いて良いのか判らず、ハイハイと亡骸と帰ってきてしまったので、今になって沸々と怒りやら後悔が出てきました。そうそう、手術を決めたとき承諾書に署名しました。確か、何が起こってもお金は払います・・みたいなこと書いてあったような。よくある手術のようで何も起こらないと思ったから、簡単に署名しちゃいました。

お礼日時:2007/11/07 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の腫瘍除去手術の治療費はいくらくらいが妥当なのでしょうか?

6歳の大型犬を飼っています。肛門の横が硬く腫れているので今日、獣医に行ったら「切ってみないと詳しいことは判りませんが、すぐにでも手術をしないといけません」との診断とワクチンの投与を受けました。「術後の入院期間も費用も現段階でははっきりしませんが、最低でも20万から25万はみていてください」と言われ、人間よりは安いなと納得し、その場で手術の予約を済ませたのですが、愛犬のガン除去手術を経験した友人に話したところ「総額で6~7万円だった。その医者は怪しいのではないか」と言われました。もしもそうなら費用は勿論のこと、それ以上に技術のほうが心配です。ちなみに今日の診療費は約3万でした。明日、別の獣医院で意見を聞いてみるべきなのかなと思っています。初めての経験なので少々取り乱していますが、どなたかお詳しい方がおられましたらアドバイスをいただけると、とても有り難いです。

Aベストアンサー

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈夫ですよ!どうせ、この子は和室で大人しく寝るんでしょう!」
「抜糸に2、3週間後に連れて来て下さい。」

※CTスキャン等も完備して年中無休、午前9:00~午後10:00まで営業です。
※高速を飛ばして1.5時間の隣県ですが、大変にお世話になっています。
※全ての費用は壁面に明示してありますので、事前に自分で計算しています。

それまでは、ちょっとした手術でも1週間の入院。費用も概算で明細なし。いわば、言い値でした。
それに比べると半額の負担で済みます。
高速代を払ってもお釣りがくる計算です。

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈...続きを読む

Qキャバリアの手術後の死

先日、キャバリア(メス6才)を亡くしました。子宮蓄膿症でだいぶ弱ってしまっていて、手術しなくては1週間位しかもたないとのことでした。手術自体は難しくないが、麻酔によるリスクがあるといわれましたが、他に選択の余地もなく、手術をお願いしました。麻酔のリスクは深刻なものという感じではなかったので、大丈夫だろうと思っていたら、手術後に心筋梗塞を起こしたそうです。獣医さんを責めるつもりはありませんが、このようなケースも珍しくないものなのでしょうか。また、蘇生の可能性はなかったのでしょうか。あきらめがつければと思いご質問させていただきました。

Aベストアンサー

こんにちは。お悔やみ申し上げます。さぞかしお力を落とされていることでしょうね。
 子宮蓄膿症の場合、発見が遅れて治療が遅れると、体の状態は非常に悪くなります。とくに重症の場合、子宮にたまった大量のバイ菌がエンドトキシンと呼ばれる物質を放出し、全身を著しく弱らせます。こうなってしまうと手術のリスクは非常に高くなります。ですから、子宮蓄膿症の場合はこのような重篤な状況に陥る前に発見し、なるべく早く手術することが重要です。実際には、大変残念なことですが、一か八かという状況で手術をし、命を落としてしまうケースもあります。もっとひどい場合は危険すぎるために手術すらできない場合もあるのです。
 また当然、避妊手術によって根本的に予防することも重要です。繁殖に使う予定がなければ避妊手術をするべきです。多くの獣医が避妊手術を勧めるのは、子宮蓄膿症のような命に関わる病気を予防することが第一の理由です。
 また、キャバリアという犬種は、犬種の特性として生まれつき心臓に問題を抱えています。ですから、今回はそのうまれつきの心臓のリスクと、子宮蓄膿症による体へのダメージが悪い方向へ出てしまったと考えられます。

 以上が専門的に見た場合の、子宮蓄膿症に対する客観的な理解です。お力になれるかどうか分かりませんが、なにかのご参考になればと思います。大変残念なことですが、どうぞお気を落とされませんように。

こんにちは。お悔やみ申し上げます。さぞかしお力を落とされていることでしょうね。
 子宮蓄膿症の場合、発見が遅れて治療が遅れると、体の状態は非常に悪くなります。とくに重症の場合、子宮にたまった大量のバイ菌がエンドトキシンと呼ばれる物質を放出し、全身を著しく弱らせます。こうなってしまうと手術のリスクは非常に高くなります。ですから、子宮蓄膿症の場合はこのような重篤な状況に陥る前に発見し、なるべく早く手術することが重要です。実際には、大変残念なことですが、一か八かという状況で手術...続きを読む

Q犬の手術後について

こんにちは、いつもお世話になっております。
先日手術について質問させていただきました。
乳腺腫瘍、片側全摘出手術(2泊3日入院)も無事終了し退院しました。
退院してから今日で3日目になるのですがワンコはずっと元気がなく寝っぱなしです。
普段ならおしっこを何回もするのですが、術後は起き上がるものつらいのかトイレにもほとんど行きません。
食欲も起き上がってまで食べようとはせず、こちらが口元まで持っていくと食べる・・・という感じです。
唯一家族の誰かが帰ってきた時だけ尻尾をふって玄関まで歩いてきます。

退院直後はこんなもんかな?とあまり心配もしてませんでしたが3日たっても寝たきりなので心配です。。

病院で聞いてみてはみたものの(食欲も元気もないと・・・)
【そうなの?】みたいな感じで先生はそんな心配する
感じではなかったです。

手術後というのは【寝っぱなしで元気もない】
というのが普通なのでしょうか?
今の状態を見ていると手術前のように元気になるのか・・と心配で眠れません。。

ワンちゃんの手術をされてどれ位で元気になったか参考に
教えて下さい。
宜しくお願い致します<m(__)m>

こんにちは、いつもお世話になっております。
先日手術について質問させていただきました。
乳腺腫瘍、片側全摘出手術(2泊3日入院)も無事終了し退院しました。
退院してから今日で3日目になるのですがワンコはずっと元気がなく寝っぱなしです。
普段ならおしっこを何回もするのですが、術後は起き上がるものつらいのかトイレにもほとんど行きません。
食欲も起き上がってまで食べようとはせず、こちらが口元まで持っていくと食べる・・・という感じです。
唯一家族の誰かが帰ってきた時だけ尻尾をふって玄...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

もう元気になられましたでしょうか?
うちもオス犬ですが、去勢と乳歯抜歯を一度にしましたので、なかなか元気になるまでには時間がかかりました。
最初の2~3日はほとんど、寝ていましたね。かろうじて
食事はしていました。
普段だとはしゃぎまわるのに、すぐに人の膝の上に乗ってきてブルブル震えていました。
痙攣のように震えていたので神経がどうにかなったのか
と心配しました。
停留睾丸のため傷口が2箇所あったので動くと痛かったのかもしれません。
震えは1週間くらいありました。
エリザベスカラーのせいもあってか動作はすごく鈍かったです。
可哀想で手術した事をちょっと後悔したりもしました。
心配になり、こちらで質問もさせていただきました。
やはり、全身麻酔で手術をしたのですから、しばらく
元気がなくて当然だと思います。
でも、傷口は時間と共に良くなりますから、
ワンちゃんも、一緒に元気出てきますよ!!

私がアドバイスを受けた時、あまり
「可哀想~」と大事にしすぎると治りが遅いかもw
「大丈夫!大丈夫!」と出来る限り普段と同じように接してね。
とおっしゃって下さった回答者さんもおられました。

早く、元気なワンちゃんに戻るといいですね♪

こんにちは

もう元気になられましたでしょうか?
うちもオス犬ですが、去勢と乳歯抜歯を一度にしましたので、なかなか元気になるまでには時間がかかりました。
最初の2~3日はほとんど、寝ていましたね。かろうじて
食事はしていました。
普段だとはしゃぎまわるのに、すぐに人の膝の上に乗ってきてブルブル震えていました。
痙攣のように震えていたので神経がどうにかなったのか
と心配しました。
停留睾丸のため傷口が2箇所あったので動くと痛かったのかもしれません。
震えは1週間くらいありま...続きを読む

Qダックスフンド ヘルニア手術後

今月の7日にMダックスフンド8歳のヘルニア手術をしました。
今月12日に退院をしたのですが心配な事ばかりで夜も眠れないのです、そこで相談に乗ってもらいたく書き込みました。まずこれまでの経過と症状を書きます

先月25日(夜)に発症:翌日26~29日まで通院出来る日は注射、通院出来ない日は薬で様子を見て改善が見られず今月1日に紹介して貰った大学病院でMRIを取りました。(30~31日は大学病院の予約が一杯でケージレストによる自宅安静)

症状は腰砕け・自宅排泄は可能・深部痛覚は有・若干足に動き有のグレード4、MRIと症状で椎間板ヘルニアグレード4と診断され手術が望ましいとの事で手術を受けることに

しかし手術予定日まで少し日にちに間があり、2~5日まで自宅安静、6日に準備入院、7日に手術という事に。

そして手術、入院を経て今月12日に退院し(痛みも無いようなので屈伸や指先をマッサージでのリハビリをしても大丈夫)との事でリハビリをしているのですが、手術前より状態が良くない様な気がして心配です

具体的には、自力排泄は可能、左後ろ足は動き有り痛覚不明、右後ろ足は力も無く動き無し痛覚不明という感じです。

家族は「手術後間もないからまだ力が入らないんだよ」と言うものの痛覚が感じて無いような辺り、右後ろ足に力無しな所が心配で心配で・・・

手術するまでに期間が開いてしまった事も・・・

痛覚診断は私が指先を抓って調べたのですが、手術前にやった時にあった反応も無いです

手術前にあった痛覚が手術後数日から数週間薄れるまたは無くなるというのは有り得る事なのでしょうか・・・

手術による脊髄損傷・手術までの期間が開いた事による悪化等どうしても頭を過ぎってしまいます・・・

自分のダックスフンドのヘルニア手術後の経過や知識など聞かせてもらえると助かります。

上手くまとめる事が出来ず、長くなってしまって申し訳ないです

今月の7日にMダックスフンド8歳のヘルニア手術をしました。
今月12日に退院をしたのですが心配な事ばかりで夜も眠れないのです、そこで相談に乗ってもらいたく書き込みました。まずこれまでの経過と症状を書きます

先月25日(夜)に発症:翌日26~29日まで通院出来る日は注射、通院出来ない日は薬で様子を見て改善が見られず今月1日に紹介して貰った大学病院でMRIを取りました。(30~31日は大学病院の予約が一杯でケージレストによる自宅安静)

症状は腰砕け・自宅排泄は可能・深部痛覚は有・若干足に動き有の...続きを読む

Aベストアンサー

突然の出来事で、驚かれたでしょうね・・・。

実は、私も経験者なのでお気持ち分かります。

我が家の愛犬に起きてしまった出来事と、回復状況をご参考までに書きますね。

我が家は、9歳のM・ダックス 女の子です。

今年の4月15日(金)、夜に狂犬病の注射を打ちに行くため、掛かりつけの病院に行く準備をしていた所、同居犬がいつものようにじゃれて、飛び掛ったんです。

キャンと鳴いてトボトボ歩きました。抱っこしようとした時、自分で抱っこされやすいように前足を軽く上げた瞬間、ギャ~ンっと聞いた事ない声で、叫ぶように鳴いたので、そっと抱っこして、病院に急ぎました。

病院に着いて、待合室のソファーで下ろしてみると、後足が動かなくなってしまっていました・・・。

最悪な事に、いつも診て頂いている院長先生が体調不良でお休みしてたのです。
初めての先生に状況説明。触診・痛みの反応確認。カンシで挟んでも反応無し・・・。
最後に足の指先で、一箇所、わずかに反応あり?
痛み止めの注射を打って、内服薬を出されました。知識が全く無かったので、そのまま連れて帰り、安静にしました。

翌日(土)、食後にオシッコをするのに出ないので、お腹をさすったりしてみました。昼になっても出来ないので、pm.2:00頃病院にTELしたら、前日の先生がオシッコ出してあげるので連れてきてと言われ、連れて行った所、その先生が、往診に出かけて居ませんでした・・・。

代わりに出てきた、初めての先生に状況を説明しながら、先生が触診と言うか診察を始めてすぐ、早急にMRIを撮ったほうがいいですとの事。でも、そこの病院にはなく、MRIを撮る施設があるので予約しましょうとの事で、予約のお願いをしました。
しかし、その施設が日曜日休みだった為、早くても月曜の朝一番との事、前日ネットで48時間以内の手術以外、予後が思わしくない・・・とか書いてある事がほとんどだったので、一日空いてしまう24時間が恨めしかったです。何で前日にその先生ではなかったのか・・・。

新たに担当してくれた先生は、排泄障害も出ているし、月曜日の朝一番で、MRIを撮りに静岡まで行かないと行けないので預からせて下さいと言われて、お願いしました。

月曜朝一番に静岡の施設に連れて行ってもらい、MRIを撮って、データを持ち帰り、TELにてその施設の先生と画像を共有して診断・手術方法の相談、夜7時ごろ呼び出され、説明を受けた。

診断は、頚椎の1番下と腰椎の1番上と2番目。3箇所のヘルニア。そのうち1箇所は、カナリの脊髄圧迫が起きているとの事。普通は、脊髄の圧迫が右側だけとか左側だけとかが多いんだけど、この子は左右均等に圧迫がひどいです・・・。グレード5・・・。馬尾症候群も同時発症。今後、尻尾は振れないし、力も入らないでしょう・・・との事。

MRIの時点で脊髄軟化症は発症していなかったので手術対象。しかし、手術しても歩けるようになる確率は低い・・・。でも、しなければ何も変わらない。出来る事はやってもらおう。

手術は夜の8時30分からとの事。ヘルニア発症から、72時間超えている・・・。10時半ごろ手術が終わって、麻酔が覚めたので、会いに来られますか?とTELをもらい面会に行く。
無事に生きていてくれた事に感謝。

筋肉質だった足が、驚くほど早く、足の筋肉が無くなり、細くなっている・・・。2~3日で・・・。
手術翌日から、病院でもマッサージ・足を動かすことはしてくれていたそうです。

10日経っても、全く動かず。前足だけで移動。排泄障害が出ていて、膀胱炎発症。ビリルビン結石も出てしまったり・・・と状況が良くなかったので、なかなか退院も出来ず・・・。

4月15日に発症。16日に入院。18日に手術。退院は5月13日。退院したときは、1秒も立つことが出来ませんでした。歩くことも出来ません。前足2本で、後足は伸びた状態で引きずっていました。
オシッコまみれになっていたので、家に帰り最初にした事は、シャンプーでした。
排泄障害になっているため、シャンプー最中、タオルドライ中、何度もオシッコが出てしまうのです・・・。
ドライヤーで乾かしている最中も・・・。まぁ、出ないより垂れ流しでもいいね。オムツすれば良い事だしね。

同居犬が居るから、家に帰った方が、動けるようになるかもと、先生と相談して自宅でリハビリ・通院で毎日レーザー治療に通いました。

退院した日から、食事の時は、ケージの柵にもたれかかる様に4本足で立たせて食べさせる。
ただ立たせようとしても、立てないが、もたれかかっているのと、食事に集中してる間はグラグラしながら立ってました。

退院2日目に同居犬を追って、偶然立ち上がり2~3歩引きずりながらも、腰をあげられた事に涙しました。
毎日、病院で教えていただいた、リハビリメニューをこなし、レーザー治療に毎日、通いました。

全く力は入らない状態なので、屈伸させても、自転車こぎのように回転させても、股関節を前後にのばしても、何をやってもフニャフニャの状態でした。

肉球プニュプニュしたり、水かきの辺りを、強く摘んだり、痛みの刺激を与える様に・・・。
最初は、全く痛み刺激も感じなかったけど、摘む場所によって引っ込み反射をするようになりました。

親ばかと思われるでしょうが、頑張ろうね。痛み刺激で足を引っ込めれば、ごめんね~でも、痛いのはいいことだよ~っと頭を撫でて、話しかけながら毎日続けました。

それから、2~3歩が5~6歩になり、10歩になりと毎日、歩ける歩数が増えてきました。

おやつを小さく小さく、割って、2~3m足を引きずりながらでも移動させる事を何往復でもやっていたら尻もちもつかないでヨタヨタ歩けるようになってきました。

今でも、普通の子の様には歩けませんが、ヨタヨタしながらも一歩一歩、爪は引きずってしまうけど自分の足で歩いています。

今では、ワンコカートに乗せて散歩に連れて行き、たまに歩かせてあげています。

公園でお散歩友達を発見すると、酔っ払いおじさんのようにヨタヨタしながらすごい勢いで突進していきます。

入院中~退院後2ヶ月、計3ヶ月近く、レーザー治療をしました。その効果なのか?馬尾神経が回復してきて尻尾も感情でフリフリ出来るようになり、排泄障害も改善されました。

先生も正直、驚く回復ぶりだそうです。

今は、朝ごはんの際にのみ、オムツをしています。食べると気が抜けるのか、シャーっとしてしまうので・・・。

それ以外は、我慢して、したくなったらアピールして来る様になりました。

手術後5ヶ月経ちましたが、日々足を動かすリハビリメニューと週1回の病院でのジェットバスの中でのリハビリは欠かせません。

あとは、週2回、お風呂にお湯を張って、ライフジャケットを着せ、泳がせる。これは続けています。


後悔して、心配して、眠れない気持ちも、食事が美味しくない状態も経験しました。

手術が早いのに越したことはありませんが、今は48時間の壁は崩壊していると・・・。

圧迫されていた神経が機能を回復されるのには、時間が掛かるそうです。

他の子と比べても、焦るばかりです。

グレード5 の我が家のわんこも、ぎこちない歩きですが何とか自分の足で歩いています。

長々と書いてしまいましたが、お互いに、焦らず、気長に、リハビリを頑張りましょう。

突然の出来事で、驚かれたでしょうね・・・。

実は、私も経験者なのでお気持ち分かります。

我が家の愛犬に起きてしまった出来事と、回復状況をご参考までに書きますね。

我が家は、9歳のM・ダックス 女の子です。

今年の4月15日(金)、夜に狂犬病の注射を打ちに行くため、掛かりつけの病院に行く準備をしていた所、同居犬がいつものようにじゃれて、飛び掛ったんです。

キャンと鳴いてトボトボ歩きました。抱っこしようとした時、自分で抱っこされやすいように前足を軽く上げた瞬間、ギャ~ンっと聞いた事な...続きを読む

Q老犬の手術をするか悩んでいます

今年15歳になるメスの柴犬を飼ってます。
食欲もあり元気なのですが、10日ほど前から尿漏れするようになったので昨日病院に行ったところ、

子宮蓄膿症
卵巣腫瘍化の疑い
肝内、肝に接した腫瘤
肺にびまん性病変(再確認)

と診断され、肺のびまん性病変が良性であれば手術は可能で、悪性だった場合は手術はできないとのことでした。

そして
手術の場合→子宮・卵巣・腫瘍部分を切除しても完治するかはわからない(生きても1・2年くらい)
しない場合→卵巣・子宮が破れる心配(2週間前後で破裂。その場合苦痛を軽減する治療。生きて1ヶ月)
老犬なので体力は大丈夫でしょうかというと、血液検査の結果は麻酔はできる状態と言われました。

今日これから、血液凝固系検査と胸部レントゲン検査を行って最終決断をしなければならないのですが、あまりに突然な事と老犬ゆえに術後のことを考えたりするとどうすれば良いのか分かりません。
(人馴れしてないので、手術・入院ともなれば相当ストレスがかかるとも言われました)

一応、手術する方向で考えてますが・・・。
手術をしたとしても完治するかわからず、苦痛を与えるだけのものだったら?と考えると堂々巡りです。
(獣医さんと話しても、開腹してみなければ何とも言えないし、手術するかどうかは家族で相談して決めて下さいと言われるばかりです)
愛犬にとって、どのような選択をするのが最良なのでしょうか?
どなたかアドバイスをお願いします。

今年15歳になるメスの柴犬を飼ってます。
食欲もあり元気なのですが、10日ほど前から尿漏れするようになったので昨日病院に行ったところ、

子宮蓄膿症
卵巣腫瘍化の疑い
肝内、肝に接した腫瘤
肺にびまん性病変(再確認)

と診断され、肺のびまん性病変が良性であれば手術は可能で、悪性だった場合は手術はできないとのことでした。

そして
手術の場合→子宮・卵巣・腫瘍部分を切除しても完治するかはわからない(生きても1・2年くらい)
しない場合→卵巣・子宮が破れる心配(2週間前後で破裂...続きを読む

Aベストアンサー

まず、15歳で麻酔が出来る丈夫な子であった事がラッキーですよ。
手術に対する私の考えですが、しなければ子宮蓄膿症では約1ヶ月前後で亡くなりますね。しかし、手術をすれば完治しなくともそんなに早くは亡くならないですね。こう単純に考えたら、完治しなくても長生きする方法を選びますよね。
苦痛ですが、子宮が破裂して苦しむのと、手術して苦しむのを考えたら、子宮が破裂してじわじわ苦しみながら死んで行くのと、手術をして症状が緩和され、自然に近い(老衰に近い)状態で亡くなって行く事を比べた時には、手術の方を取りますよね。
こう考えたら自然と答えが出て来ませんか?
15歳なのに手術してくれる獣医と、その子の体力がある事に感謝して、手術を受けさせてみたらいかがですか?受けさせないでもがき苦しむ姿を見るよりはよっぽどいいです。飼い主にとっても犬にとっても。
完治等しなくてもいいのです。その子の余生がより安らかであれば。今は手術を受けさせない事の方が苦痛なんですよ。苦痛を与えたくないなら、苦痛を与えない方を取ればいいのです。小難しく考えないで、獣医がやると言うのなら任せてあげて下さい。

まず、15歳で麻酔が出来る丈夫な子であった事がラッキーですよ。
手術に対する私の考えですが、しなければ子宮蓄膿症では約1ヶ月前後で亡くなりますね。しかし、手術をすれば完治しなくともそんなに早くは亡くならないですね。こう単純に考えたら、完治しなくても長生きする方法を選びますよね。
苦痛ですが、子宮が破裂して苦しむのと、手術して苦しむのを考えたら、子宮が破裂してじわじわ苦しみながら死んで行くのと、手術をして症状が緩和され、自然に近い(老衰に近い)状態で亡くなって行く事を比べた時...続きを読む

Q犬が癌と診断されました。治療は困難です。

当家の愛娘、9歳のトイプードルが癌と診断されました。
既に腫瘍は大きく、治療は困難とのことです。
患部は顔面、上あごの左側にあり、コレを除去するには顔面半分を切除せねばならず、そうすると、自力でご飯が食べられなくなり、かりにその治療を受けたとしても他の部位への転移も充分に考えられるとのことです。
半年から1年くらいであろうとのことです。
もちろん完治するならば、その治療を受けることも考えたいのですが、犬への負担と痛みを考えると、痛みを和らげる薬などで出来るだけ穏やかな余生を送らせたいものと考えます。
しかし最後のあがきはしたいのです。
キノコの漢方薬など、いろいろあるようですね。でもなかには妖しげなサプリもあるみたいで。
経験者のお話しなど伺いたいと思います。
安楽死は最後の最後の最後の手段として考えていますが、出来るならばしたくありません。

今はとても元気です。ご飯も凄くがっついています。この姿をあと10年見たいと思っています。

Aベストアンサー

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行けば、顔色はよくなるし、食欲も少し出ました。でも、明らかに元気はなくなっていたのです。彼にとって通院は苦痛で怖いものでしかなかったのではないか。彼の人生の半分は闘病でした。治らない病気なら、寿命が4ヶ月だったとしても、うちで怖い思いも、痛い思いもさせずに、親兄弟とずっといさせてあげた方が幸せだったのではないかと。答えは出ません。でも、彼が教えてくれたことは大きかったと思います。
その後、10数歳のにゃんちゃんが癌と診断されました。医師は、手術が難しいほどに癌が進行していること、にゃんちゃんはメスを入れると途端に弱ると言う観点から、手術はすすめませんでした。そして、きっと、そんなに痛みなく召されるでしょうと。私達は、病院に連れて行くことはやめました。痛み止めなどはもらいに行きましたが。彼は、亡くなる数日前まで、お気に入りのファンヒーターの前でとても麗しくしていました。2日ほど食べられなくなり、そう苦しむこともなく天に召されました。次のにゃんちゃんもそうです。猫エイズでした。できる限りの介護はしましたが、病院には連れて行きませんでした。とてもストレスを感じるようでしたので。そして天に召されました。
わんちゃんに関しても、癌で一時は危なくなったのですが、「日田の天領水」で、驚異的に元気になりました。それから2年間も生き、やはり静かに息を引き取りました。
とてもよい獣医師さんでした。よく相談に乗ってくださり、通院させずとも、苦しまないように最大限に計らってくださいました。

「日田の天領水」がどこまで効くかはわかりません。ただ、うちの子達にはよかったのか、あれだけ悪かったわんちゃんとにゃんちゃんが元気を取り戻して、宣告された余命より、1年位長く犬らしく、猫らしく生きました。もちろん、癌が消えたとかそういうことはないです。
それを飲んでいる今いる9匹のにゃんちゃん達は、ほとんど病気知らずで育っています。

信頼できる獣医さんとよく話しをして、望みを捨てずに、お嬢さんに負担のかからないようにしてあげてください。お嬢さんが、麗しくしている時間が少しでも長く長くありますように。

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行け...続きを読む

Qわんちゃんの乳腺腫瘍の手術後ってどうですか? 

うちの12歳になる♀わんちゃんなのですが、こないだナデナデしている時に乳付近に硬いシコリを発見、すぐに病院に行きました。先生に見てもらったら、私が気づく事ができなかったシコリが左右に幾つも確認でき、これだけあるという事は悪性のものが含まれてる確率が高いと言われ、検査後の昨日、手術をしてきました。右側ほぼ全部切除しかなり痛々しい状態です。連れて帰っていいと言われ、本当に大丈夫なのか?と思いながら連れて帰ってきたのですが、かなり長い距離縫合していてお座りもできず辛そうにずっと立ち続けています。眠くても立ったままヨロヨロとして・・・。思いきって無理やり伏せをさせると、昨日はギャンギャン鳴いて、今日はキャンと鳴きながら横になります。疲れと痛みからでしょうか、横になるとぐっすり寝てくれるのですが、立ちあがったら最後、横にさせるまでかなり時間がかかります。食欲も元気もなく本当に心配です。翌日からは食事も散歩もOKと言われたのですが、そんな状態でもありません・・・。もし経験されてる方がいらっしゃったら、術後の様子やアドバイス下さい!! 共稼ぎで昼間留守にしてしまうのが不安で、明日は実家の母にみてもらえそうですが、このままだと心配で仕事にも行けません・・・。

うちの12歳になる♀わんちゃんなのですが、こないだナデナデしている時に乳付近に硬いシコリを発見、すぐに病院に行きました。先生に見てもらったら、私が気づく事ができなかったシコリが左右に幾つも確認でき、これだけあるという事は悪性のものが含まれてる確率が高いと言われ、検査後の昨日、手術をしてきました。右側ほぼ全部切除しかなり痛々しい状態です。連れて帰っていいと言われ、本当に大丈夫なのか?と思いながら連れて帰ってきたのですが、かなり長い距離縫合していてお座りもできず辛そうにずっと立...続きを読む

Aベストアンサー

我が家のGシェパードも一昨年(8歳の時)同じ手術をしました。両側とも乳腺摘出の必要があり、片側ずつ二度に分けて手術しました。神経質なタイプなので入院させるとストレスで返って予後が悪いとのことで、手術日の夜帰宅しました。質問者様と同じで、かなり麻酔が切れた後痛いらしく、お座りをしたまま動く事が出来ず、こっくりこっくりして一晩過ごしました。傷口をなめないよう見慣れないエリザベスカラーもしていたので、余計に動けないでいるようでした。私も気になって、そーっと横にさせてやったりしたのですが、やはり痛いのかお座りをしてしまいました。3日くらいはそんな状態でしたがじきに痛みも取れてきていつもの生活が出来ます。大丈夫ですよ。うちの場合は、外でしか用を足さないので、そーっと抱えて連れ出すのがとても大変でした。おまけに一度目の手術後は、傷口から感染してしまい、腹水が溜まり、毎日水を抜きに行って、抗生物質の注射を打ち、とても危ない状況をクリアして、更に2ヵ月後にもう片方の手術という、まさに危ない橋を渡りながらの数ヶ月でした。徹夜の看病が続き、私の寿命を縮めて彼女の命を救ってくださいと毎晩祈りました。お陰様で今はすっかり元気(とは言え、アトピーもちで、股関節と肘関節が悪く相変わらず大変ですが。。。)になりました。お気持よーく解ります。あまり痛がるようだったら獣医さんにお願いして痛み止めの注射をしてもらうと良いです。(うちも二度目の術後に打ちました)でも、先生いわく、痛み止めで痛みが引くと楽になって動いてしまうので傷の接合にはあまりよくないとのことでした。術後一週間は大事ですから、何とかお母様に見ていただいてください。どうかお大事に、そして飼い主さんがダウンしないように気を付けてくださいね。

我が家のGシェパードも一昨年(8歳の時)同じ手術をしました。両側とも乳腺摘出の必要があり、片側ずつ二度に分けて手術しました。神経質なタイプなので入院させるとストレスで返って予後が悪いとのことで、手術日の夜帰宅しました。質問者様と同じで、かなり麻酔が切れた後痛いらしく、お座りをしたまま動く事が出来ず、こっくりこっくりして一晩過ごしました。傷口をなめないよう見慣れないエリザベスカラーもしていたので、余計に動けないでいるようでした。私も気になって、そーっと横にさせてやったりしたの...続きを読む

Q高齢小型犬(13歳)の大きくなり過ぎた乳癌について

13歳、体重3キロ弱のマルチーズメスがいます。
3年前に、小さな乳腺の腫瘍があり、獣医の診察を見せたら、『様子をみましょう』とのことで、食欲もあるし、そのまま様子を見ました。
しかし、だんだん500円玉3つ位重ねた位、硬さも大きさも範囲も腫瘍が大きくなり、去年秋に獣医に見せたら、『高齢犬だし、まだ元気なら様子を見よう』と言われ、今に至りますが、今、腫瘍がだんだん大きくなり過ぎ、腫瘍が破裂しそうになり、腫瘍の先から血のような膿のような液が出てくるようになりました。
ここ数ヶ月、痛みのせいか、夜キューキュー泣くようになりました。
目も白内障で全盲、今は食欲も落ちましたが少しはあります。
かなり大きくなった腫瘍を摘出しても、転移していたら術後余命も少ないと聞きますし(術後1~2年以内に再発したり死ぬ犬も)、第一人間でいう70歳前後の老犬に体の負担がかかる手術をさせ、術後の痛みとかで又痛みで寝れないとかいうことがあったと思うと、病院に行き手術を受けることもためらってしまいます。
他の獣医に聞いたら、あまりにも症状が良くないのなら飼い主が望むなら安楽死も考えましょうとのことでした。
予後も悪く、一時しのぎの摘出手術をするべきか、このまま手術をせずに様子をみていても、腫瘍が大きくなり破裂するのも時間の問題だし、痛みで泣かない時以外は静かに寝ているときもありますが、このまま全身転移で破裂して最悪になる前に安楽死を・・・か頭の中で混乱しています。
小型老犬のメスで乳癌がかなり大きくなって、膿などの液も出るまでになったとき、他の飼い主さんはどのような方法をとられましたか?
乱文ですみません。

13歳、体重3キロ弱のマルチーズメスがいます。
3年前に、小さな乳腺の腫瘍があり、獣医の診察を見せたら、『様子をみましょう』とのことで、食欲もあるし、そのまま様子を見ました。
しかし、だんだん500円玉3つ位重ねた位、硬さも大きさも範囲も腫瘍が大きくなり、去年秋に獣医に見せたら、『高齢犬だし、まだ元気なら様子を見よう』と言われ、今に至りますが、今、腫瘍がだんだん大きくなり過ぎ、腫瘍が破裂しそうになり、腫瘍の先から血のような膿のような液が出てくるようになりました。
ここ数ヶ...続きを読む

Aベストアンサー

ながながとすみません。安楽死についてもお答えしようと思います。
基本的に動物には安楽死にガイドラインというものはありません。どんな方法でもいいから、最終的に死亡させるというものです。
一般的には、静脈内に薬を投与するというものになります。二酸化炭素を使っての安楽死は動物病院では行われてはいないと思います。(おそらく経済的な問題で)
静脈内に投与する場合は過麻酔で、筋弛緩剤や麻酔薬を大量に投与します。その後で心臓を止めるための薬を更に入れます。この心臓を止めるための薬は人工的に心筋梗塞を起こしているので、苦痛と痛みがあるのですが、それを感じさせないように、麻酔薬や筋弛緩剤を大量に投与するのです。麻酔中の手術を痛いと感じないのと同じですね。
ただこの麻酔薬というのは多種多様にわたりあるので、選択によっては苦しむものがあります。きちんとした麻酔薬を選択すればそんなことはないのですが...自分の病院にない、わざわざその薬を買うのはもったいないなどの理由で苦しむタイプを使用される方もいらっしゃるようです。
私も安楽死を経験していますが、その処置そのものを「苦しんで、可哀想でした」と言われたことはありません。「本当に眠るようなんですね..」といわれる事はありますが。
また、最悪なのは安楽死の静脈注射といっても消毒液を注射される方もいるのです。これはものすごい激痛と苦痛を伴います。まさに断末魔の叫びといってもいいと思います。高齢の獣医さんに多いように思われます。20~30年前は安楽死といえばその方法が一般的であり、また安価である(過麻酔での安楽死にくらべ値段が10~100分の1で済む)ためのようです。
こういった場合、安楽死をお願いした時に「預かってこちらでやっておきます」といわれたり、安楽死の処置に同席を希望されても、拒否されたり、「本当に見るんですか?」などと消極的なことを言われると思います。
個人的には血管の外に漏れると激痛があるものもあるので、注射針を血管に直接刺すのではなく、血管留置カテーテル(弾力性のある、プラスチックのやわらかい針、静脈点滴を入れるときなどに使用する)を使用してあげるのが良いと思っています。
安楽死を行うのであれば調べるので、具体的にどういった薬剤を使用するのか教えて欲しいと聞いてみていいと思います。隠すものではないですし、教えてくれないのならば、怪しいともいえます。
安楽死は...
1.治療法や快適に生活するための方法が皆無に等しい疾病にかかり、その末 路には死しかない。
2.患者が絶えがたい苦痛にさいなまれていて、それは死亡するまで続く。
と言った場合に考えても良いのではないでしょうか?安楽死はいつでもできますが、やらなければ良かったと後悔されても、後戻りはできません。
長々と書かせていただきすみませんm(_ _)m

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html

ながながとすみません。安楽死についてもお答えしようと思います。
基本的に動物には安楽死にガイドラインというものはありません。どんな方法でもいいから、最終的に死亡させるというものです。
一般的には、静脈内に薬を投与するというものになります。二酸化炭素を使っての安楽死は動物病院では行われてはいないと思います。(おそらく経済的な問題で)
静脈内に投与する場合は過麻酔で、筋弛緩剤や麻酔薬を大量に投与します。その後で心臓を止めるための薬を更に入れます。この心臓を止めるための薬は人工...続きを読む

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。。。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、呼吸が苦しそうで本当に辛かったです。最後に大きく息を吸い込んだと思ったら突然亡くなってしまいました。でも、苦しそうだったにもかかわらず、最後は眠ったような表情で亡くなりました。

わが子も同然可愛がってきましたので、深い深い悲しみからなかなか抜け出せません。いなくなって寂しいという気持ちはもちろんですが、天国で幸せに暮らしているのか、(人見知りな性格だったので)お友達はできたのか、(目も耳も不自由になっていたので)守ってくれる誰かはいるのか、等々心配でたまらないのです。

また、火葬をしたことで後悔していることがあります。人間は死後丸一日以上火葬しませんが、犬もそうすべきだということを知らず、死後たったの4時間程度で火葬をお願いしました。獣医さんやお寺の方にお尋ねすればよかったものの、早くしてあげなければいけないものと思い込んでいたのです。亡くなった姿を見ていられなかったし、早くきちんとした逝き場所に連れて行ってあげなくてはという勝手な思いが起こした行動です。

冷たくなり手足は少し硬直していましたが、もしかしたらしばらくして息を吹き返すこともあったのではないかと思うと、なんだか自分が殺してしまったような錯覚をおこし、恐ろしくてたまりません。
辛くてもきちんと現実を受け入れ、十分なお別れの時間を取って、それから火葬してあげるべきでした。取り返しての付かないことをしてしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

混乱して気持ちの整理がつきません。私の考え、行動はやはり間違っていたのでしょうか。
また、とっても可愛がっていたけど、すぐ埋けて/火葬してあげた、という方もいらっしゃったら、お話を聞かせていただきたいと思います。

長文で申し訳ありません。アドバイスをよろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、...続きを読む

Aベストアンサー

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い出として残すものは箱に詰め、押入れの奥のほうに即しまいこみました。
病院関係のもの、治療に使ったもの、食欲が亡くなったので試行錯誤でたくさん買い込んでいたえさ、
亡くなる日にたくさん使って汚れてしまったタオルや毛布などは、なくなった夜のうちに処分しました。
ワンコにとても似合っていた洋服や、ぬいぐるみ、リードやハーネスなどは
ワンコと一緒に火葬してもらいました。

もしかしたら、後悔するかも?と思いましたが、半年たった今ではそれでよかったと思っています。
しばらくは、亡くなる直前のワンコの辛そうな姿ばかりが思い出されて辛かったのですが、
時間とともに、一緒に過ごした20年弱の楽しかった事、ワンコの素晴らしかった事、
ほんとうにかわいらしかった姿・・など、本当の意味でのワンコとの想い出ばかりが
思い出されるからです。
もし、亡骸の写真をとっていたら、あんなにすばらしかった月日よりも、あの辛く悲しい
場面がいつまでも私の心を占めていたかもしれません。
ワンコが大好きだったものは、手元に残したい気持ちを抑えて火葬してもらいましたが、
月日がたった今は、寒い日でもあの服があるからさむくないね、とか
お気に入りのぬいぐるみを咥えてお空を走っているのかな?とか考えると心がやすまります(涙)

質問者様も、今はまだワンちゃんが旅立って日も浅いので、亡くなった衝撃の印象が強いのは
当然だと思います。
でも、わんちゃんはあなたに別れの悲しみを与えるために15年間一緒に過ごしてくれたわけでは
ないですよね。
一緒に暮らした日々がどれだけ、素晴らしくあなたを成長させてくれたか、そしてワンちゃんが
とても幸せだった事が、月日とともにあなたの心を満たしてくれると思いますよ。

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い...続きを読む


人気Q&Aランキング