痔になりやすい生活習慣とは?

給与所得者です。青色申告の届けは済ませています。今年賃貸住宅を建設し不動産収入があります。鉄筋コンクート造りのため耐用年数は60年と思われます(間違いないでしょうか?)。この住宅建設のため、本体建設工事費以外に、(1)設計料、(2)測量費、(3)地質調査費、(4)旧建物解体工事費などがあります。そこで、質問1です。これらの(1)~(4)の費用は経費として今年度処理して良いのか、それとも建築費に合算して、60年の償却をするのか、どちらでしょうか?
質問2です。本体建設工事費の見積もりの内訳を見ると、建築主体工事費以外に(5)電気設備工事費、(6)給排水設備工事費、(7)空調設備工事費などがあります。また、建築主体工事費の中にも(8)木工事費や(9)ユニット工事費などコンクリート工事以外の工事が多数含まれています。これらの(5)~(9)などの費用は建物付属設備として、それぞれに見合った耐用年数で償却することは可能でしょうか?
当方としては、建築費を合法的にできるだけ償却期間を短くして処理するのが希望です。
簿記関係はほとんど素人ですので、できましたら優しくご説明お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

耐用年数47年


登録免許税、不動産取得税、固定資産税、事業所税⇒必要経費(所得税法基本通達37-5)
設計(建築費)、建築確認申請費用⇒物取得費(所得税法施行令126(1)一)
測量、地質調査⇒建物取得費(所得税法基本通達38-10注記)
旧建物取壊し費用⇒土地取得後1年以内なら土地の取得費、それ以外の場合業務用なら必要経費(所基通38-1 所得税法37(1))
*もともと持っていた建物なら原価償却資産としての未償却残高が除却損に計上できます。
水道、下水道利用権⇒無形固定資産(所基通2-21)
登記費用⇒必要経費(所基通37-5 49-3)

建物付属設備
電気設備、給排水設備工事、空調設備工事⇒それぞれ15年
木工事⇒本体建築の一環です
ユニット工事⇒わかりません(内容が)。
 ちなみにユニットバスなら建物付属設備の衛生設備で15年ですが、ここでいうユニットは本体工事の一環になるものかもしれませんが。

その他
建物⇒定額法(毎年同額)で償却
建物付属設備⇒定率法(はじめに大きく償却できる)が選択可能。
詳しくはお近くの税務署へ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなりの丁寧な回答ありがとうございました。この知識をもとに、細かい点は税務署の担当官に聞いてみたいと思います。どうも有り難うございました。

お礼日時:2007/11/12 14:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄化槽の廃止と、下水道負担金

いつもお世話になっております。
アパート経営をする個人です。
下水道工事に200万円かかりました。耐用年数15年で減価償却していくつもりです。
その他、浄化槽の撤去費用に65万円、
下水道負担金に35万円かかりましたが、
これは一度に必要経費に計上しても良いでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

(1)下水道工事……200万円
浄化槽に替えて敷設した下水道は減価償却資産です。法定耐用年数は、
・鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄筋コンクリート造のもの…35年
・コンクリート造又はコンクリートブロック造のもの…15年
・石造のもの…35年
・土造のもの…15年

(2)下水道負担金……35万円
負担金支出の効果が支出の日以後、長期に渡ると認められます。よって繰延資産に計上して5年間で均等償却するのが妥当と考えます。

(3)浄化槽の撤去費用……65万円
下水道敷設に伴い浄化槽は不要の施設になったので、その撤去費用には支出の効果が認められません。よって全額を当期の費用に計上します。


人気Q&Aランキング