出産前後の痔にはご注意!

企業組織に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア、職務横断的な意思決定を安易とする事業部制組織とは、企業環境のさまざまな変化に柔軟に対応することを目的として出現した。

イ、大企業に多いマトリックス制組織とは、事業の拡大によって肥大化・硬直化した企業組織を製品や地域別に管理機能を分割し、組織のスリム化や権限の委譲を図ることを目的とする。

ウ、直接管理・監督できる部数は、上司のこれまでの社内における職務キャリアと管理職としての経験年数に沿って逐次増加させていくべきである。

それぞれの何が誤っているのかが分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ア→×事業部制組織 ○マトリクス制組織 となります 


イ→×マトリックス(マトリクス)制組織 ○事業部制組織 となります
ウ→×「上司のこれまでの社内における職務キャリアと管理職としての経験年数に沿って逐次増加させていくべきである」 ○「(効果的に指揮・監督できる部下の数には)おのずから限界があるため、部下の数を適正に保たねばならない」 となります。統制範囲の原則と言います。四つの組織原則(他は命令統一性の原則、権限・責任一致の原則、専門化の原則)の中の一つですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすかったです♪
ありがとうございました☆

お礼日時:2007/11/08 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング