【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

色々な事を考え過ぎたのか、ややパニック陥っています;
自分の考えを冷静かつ客観的に見つめるには、どうしたらいいでしょうか?;
何か良い哲学書などがあれば、ご紹介の程よろしくお願いします;

【以下、私の今の状況について】※読まなくても構いません(何かの足しになればと…;)
苦労して念願のクリエイター職に就きました。
しかし、現状は厳しく、時間(締め切り)に追われる日々で、いつも中途半端なまま作品(商品)を提出しています…。
むろん、他の方々もそれは皆同じで、「限られた時間の中で、如何に全力を出し切るか?」がプロの焦点なわけです(時間さえ掛ければ誰でもすごいのは作れる)。
そもそも、そんな事は就く前から分かっていた事だし、それでも好きだからなったはずです。念願の仕事のはずです。

しかし、最近何故か仕事が苦痛になり、創れなくなってしまいました…;
しかし、生活もあるし、心を鬼(無)にして作業を続けています。

私は元々この職業の人間ではなく、技術がまだ甘いうえ、元々の性格なのか作業が人より遅いです…;
本当は、納得のいくまで作品作りをしたいのだと思います。
勉強の為、美大にだって通いたいと最近は思い始めています。
また、今の仕事は向いてないような気がして、最近、別の系統創作の方が向いてるのでは?、と思い始めています(というか、仕事の合間にこっそりやり始めています…)

しかし、仕事がなければ生活が成り立ちません…;
今の仕事だって、苦労して望んでなった仕事のはずなのです;
ですが、確実に作品のクオリティーは落ちており、このままではいずれ仕事が成りたたなくなるのは明白です。

私はどうしたらいいんでしょうか…;
本当は何を望んでいるんでしょうか…。
自分の人生の目的、本当の願いなどを見つめる良い方法、または気づかせてくれる哲学書(学術書)などはありますでしょうか?
もし、あればご紹介の程、よろしくお願いします;
(乱文失礼しました;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

良い哲学書の紹介ではないですが、少しでもこれを読んだ人の役に立つことがあれば良いと思いますし、私自身の考えをまとめるためにも、私の考えを述べさせてもらいたいと思います。



まず、自分の考えを冷静かつ客観的に見つめるには、自分の望みと問題に注意すると良いと思います。
zinrowさんの例の場合では、望みは、人を感動させられるものを創ったり素晴らしいものを作ったりしたいということみたいですね。問題は、限られた時間の中で納得がいかない作品を提出し続けていて、このままだと仕事がなりたたなくなることみたいですね。

その望みと問題は真実でしょうか。特に問題については、真実であっても、変えにくい真実でしょうか。

また、労働と仕事についての考えですけど、労働は生活するためのお金を得るためのものであって、仕事は言い直せば「すること」ですから、一生の間することであって、つまり他の人が趣味やライフワークと言い表していることであって、生活するためのお金を得ることと関係がないことです。
本当の望みを見つめる方法は、労働しなくても良いとしたら自分はどんな仕事をしていきたいかを考えることだと思います。

ところで、私はシェアウェア作品でお金を得られていたいと思って、バイトをしながら作品を作っているのですけど、zinrowさんはシェアウェアという形は取れないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自分の望みと問題に注意する
何というか雑念が色々と多くて、靄がかかったようになかなか見えて来ないんです;
もしかしたら、ややノイローゼに陥ってるのかもしれませんが…。

>その望みと問題は真実でしょうか。特に問題については、真実であっても、変えにくい真実でしょうか
>シェアウェア作品でお金を得られていたいと思って、バイトをしながら作品を作っているのですけど、zinrowさんはシェアウェアという形は取れないのでしょうか?

仰るとおりです。
自分の創りたい作品が作れるなら、そして生活が続けられるなら、別にバイトでもシャウェアでもいいと考えていました。
それで、ようやく就いた仕事なのに、どこでどう間違えてしまったのか…。
シェアウェアは気がつきませんでした…;

>生活するためのお金を得ることと関係がないことです
本当の望みを見つめる方法は、労働しなくても良いとしたら自分はどん>な仕事をしていきたいかを考えることだと思います。

仰るとおりです;
立場、生活、期限、理想、に追われ板ばさみに遭い、混乱しているのかもしれません。
ありがとう御座います。

お礼日時:2007/11/08 10:27

私の考え方です。

これが正しい訳では無いので違うと感じるのであれば無視して下さい。

 まず最初に、人間は重力に心を奪われた生き物だと主張させて頂きます。重力に心を奪われた人間は重力の働く方向に下を感じます。反対方向に上を感じます。
自分を中心に上下が確立されるとそこから前後左右が生まれてきます。
 人間は何かを整理する時は出来るだけパラメーターが少ない方が分かり易いのでここでは前後左右上下のうち上下だけを抽出して考えてみましょう。
人間は重力に心を奪われたがために常に上下を意識しています。例えば自分はAさんより上だとかBさんより下だとかですね。
もし仮に重力に心を奪われていない人間が居たとします。イメージし易いように以下の状況を想像してみて下さい。
重力の働かない(近くに星や重力場がない)宇宙空間で貴方がいます。右上の方向にAさんがいます。重力がないのでなんと頭はこちらを向いています。
またBさんは左真横方向にいます。これまた重力がないので足がこちらに向いています。この場合貴方からみればAさんは頭上にいるので上の人です。Bさんは横なので同位です。
しかしあAさんから見れば貴方もBさんも頭上に居る事になり、Bさんから見れば貴方もAさんも下方に居る事になります。これが本来の姿だと私は思っています。

 「重力に心を奪われた」とは社会的な客観性を示していると思います。人間はこれに苦しめられます。つまり「社会的な目が私をこう見ている。」に苦しめられるのです。
しかし本質は前述の「重力の影響を受けない宇宙空間」だと思うので社会通念がどうであれAさんBさん貴方の上下関係に正解は無いのです。
それぞれの位置によりまた向いている方向によりさらには誰から誰を見ているかにより上下関係は変わってきます。
 ここで大切になってくるのは「公」と「私」のバランスだと思います。つまり「重力有り」と「重力無し」のバランスです。
社会の中で生きて行くには社会通念(公)の共有が必要です。また自分が生き生きと人生を楽しむには本質的な自分(私)を大切にすべきです。
そして社会の中で自分が生き生き人生を楽しむためには「公」と「私」をバランスよくしなければなりません。
これは頭で理解できても実行するのは至難の業です。時には「公」のために「私」を犠牲にする必要があるし「私」のために「公」を犠牲にしなければなりません。

 今、貴方はどういう状態でしょうか?もしかすると「公」のために「私」犠牲にしなければならない時ではないでしょうか?
そしてそれはもしかするとその経験が将来の財産になるのではないでしょうか?
もちろんそれは約束されたものではありませんがそういう風な考え方をしないとこのままでは貴方は壊れてしまうでしょう。

 「公」とは「社会通念」という客観性でもあるが、たくさんの「私」を個別で見るのではなくまとめて見ることで得られるものである。
この「公」と「私」のバランスを取るためには「公」と「私」をまとめて客観的に見る必要があります。そう「私」をまとめて見ることによって「公」を得たようにです。
「公」を超越した客観性を見出す事によって「公」と「私」のバランスが取れるのだと思います。
 「公」しか見えなくなったり「私」しか見えなくなったりするとバランスが崩れ苦しむ事になります。バランスを取るためには「割り切り」というテクニックが必要となるでしょう。
今の自分しか見えなくなると苦しくなるので出来るだけ視野を広く見る訓練をしないといけません。
まずはもっと世間を見てみてはいかがでしょうか?もっともっと大きな苦しみにもがいている人がいますよ。
視野が狭くなると自分しか見えなくなります。それでは自分の苦しみしか見えなくなっちゃいますから。

 乱文のため分かり難いかと思いますがお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座います。

私も一時はそう思い(重力は別ですが、公と私については)、これは一時的なものなんだ、いずれは自分に必要となる事なんだ、と言い聞かせて来ましたが、ダメなんです…。
何だか自分を騙そうとして騙せてない、そんな印象を受けまた。
それでも、仕事があるので心を無にしていたら、今度は作品のクオリティーが落ちました…。

ありがとう御座いました。

お礼日時:2007/11/08 10:18

プログラマで一応クリエイターみたいな仕事(自称)をしていますが、似たような気持ちになったことがあります。

単純に疲れているだけでしょう。

理性は精神的にも肉体的にも依存するのでいくら高尚な哲学書なんて読んでも無意味です。

創り込むこだわりはあなたがクリエイターである資質であると思います。よかったじゃないですか。現実とのギャップは割り切るしかないでしょう。何も考えないで休む。休めなくても我慢して継続する。スランプはゆっくり抜け出すもの。そして哲学書ではなく、自分の携わっている分野で成功した人の苦労話、体験談などが書かれている書籍を何冊も買ってきて片っ端から読むことです。しばらくして、何にも思い当たらなくて本当に疲れてしまったら、自分の人生の目的や願いを見つめる方法を探して下さい。

私の経験上、まだあなたは"仕事をはじめたばかりなのでしょう"それならば今は逃げるときじゃないと思います。プロなら誰でもある乗り越えなければならない壁があります。1度、うつ病にも似た精神状態を経験しておけば、次からはそれ以上の苦痛が訪れない限り動じなくなります。メンタルが強くなりますよ。それが成長だと思います。

壁を乗り越えろ。

クリエイタなら当然ぶちあたる壁。

それを逃げてどうするの?と、言いたい。

言い訳しないでベストを尽くしていればいいんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>単純に疲れているだけでしょう
たしかに、肉体的にも疲れているかもしれません
しかし、どれほど肉体的に疲れていようと、就く前の私は生き生きとしていました。

しかし、いざ仕事に就いてみると、自分より技術の高い人が周囲に沢山おり、しかも要求される期限は思ったよりハードで、勉強する暇もなく、納品する作品(商品)も中途半端なままで、むしろメンタルの方が辛いです。

>自分の携わっている分野で成功した人の苦労話、体験談などが書かれている書籍を何冊も買ってきて片っ端から読むこと
ありがとう御座います。
やってみます。

お礼日時:2007/11/08 10:06

一度放棄、(休業)するとか。



また、歌手でも数年したら、作品の発表ペースをあけますし。

なら、ゆっくりと練り上げれます。

人生も、祭りあげられ、終わるとも悲惨ですし。
一度、狂わされたら終わりとも思います。
私も、一生、恨んで呪い殺そうかとも思います。

はっきり言って終わりにしたいです。

質問者さんが、作品つくりが好きなら、作品の納入ペースを落とされたらどうですか?
仕事一筋で。
後世に残す作品作りしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は人を感動させられるものを創りたい、素晴らしいものを作りたい、ただ、それだけのはずだったんです…(;;)
仰るとおり、本当は休業したいんです…。
でも、なってからまだ少ししか経っておらず、周囲の期待や今後の生活を考えると…。

>人生も、祭りあげられ、終わるとも悲惨ですし。
>一度、狂わされたら終わりとも思います。
全くです。
というか、既に狂い始めてます…。

>はっきり言って終わりにしたいです
私も既に鬱病になりかけてるかもしれません…。

>作品の納入ペースを落とされたらどうですか?
クライアントの期限(要求)は絶対なので落とせない感じです…;
ただでさえ、まだ日が浅いので質より量を求められる感じで…;

>後世に残す作品作りしてください
全くです(;;)
もはや、デスマーチです;;

ありがとうご御座います。

お礼日時:2007/11/08 00:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング