痔になりやすい生活習慣とは?

山をこえて変化する空気、フェーン現象について質問させてください。

フェーン現象の起こる要因について調べたところ、

空気が山の登り(上昇する)のときの温度は、
「100m上昇につき気温1度下がる」ですが、
温度が露点以下に下がって、水蒸気が水滴になって雲になると、
水が蒸発したときに吸収した熱が逆に放出されて、
温度の下がり方が小さくなり「100m上昇につき気温0.5℃下がる」


ということです。
↑この説明文の理解に苦しんでいます。
「水が蒸発したときに吸収した熱が逆に放出される」の
「水が蒸発したときに吸収した熱」???どういうことでしょうか。


よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

> 水蒸気から水に変わる時に周りにエネルギー、つまりこの場合は熱が放出されたということですよね?


その通りです。

1グラムの水蒸気が水に変わると、290グラムの水の温度を約2度上げることが出来るエネルギーを放出します。
コップに水滴が付いていたら、その分中身の温度が上がったと言うことです。

原子や分子の世界でも同じような話はあります。
水素と酸素は燃やすと熱エネルギーを出して水になります。
水に瞬間的にものすごく大きな熱エネルギーを与えると、水素と酸素に分解します。
放出したエネルギーを補填してやれば、元の状態に戻ると言うことですね。


空気の温度によって含むことの出来る水蒸気量は違います。
冬に日本海側の山で雪を降らせたものが太平洋側に来てもフェーンになりにくく、空っ風などと呼ばれる状態になるのはこの為です。
有る程度気温が高くないと、水蒸気量が足りなくてフェーンとならないから、フェーン現象の起きる時期が限定されてくるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「コップに水滴が付いていたら、その分中身の温度が上がった」これは、普段なかなか実感することが 無かったのですが、なるほど。です。
科学的なみかたで大変勉強になります。ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/08 13:17

1の方も言っていますが、水の状態変化のエネルギーは保存されます。


水1グラムの温度を1度上げるには1カロリーのエネルギーが必要ですが、水1グラムを蒸発させるには約540カロリーと大量のエネルギーを必要とします。
このエネルギーが水蒸気から水に変わる時に周りに放出されます。
夏、氷を入れたコップに水滴が付いていくとすぐに氷が溶けていくのはこの為です。
また、氷から水になるためには1グラムにつき約80カロリーの熱量が必要です。なので、水に氷を入れる時は水の量より少ない量の氷で効果的に冷やす事が出来るのです。

空気は水に比して少しの熱量で温度が上下します。この為、空気中の少ない水蒸気の状態変化のエネルギーでも、温度変化が大きく現れてフェーン現象をもたらすエネルギーとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。「氷を入れたコップに水滴が付く」→氷がとけるということは、水蒸気から水に変わる時に周りにエネルギー、つまりこの場合は熱が放出されたということですよね?

お礼日時:2007/11/08 08:04

いわゆる「潜熱」というやつですね。



液体が気化する際には、周囲から熱を奪います。
濡れた体に扇風機を当てると、乾いた体の時より涼しいですよね?
それは、体表面の水分が気化するときに体温を奪うからです。
エネルギー保存則に則って言い方を変えると、それは
「水分が気化する際、体温という熱エネルギーが水の側に移った」
とも表現できます。
その「移った分のエネルギー」を、潜在的に有する熱エネルギー・・・
つまり「潜熱」と言うわけです。
この「潜熱」は、気体が液体(もしくは固体)に変化する際には
エネルギー保存則によれば逆に放出されるのです。

以上のことを踏まえて考えてみてはいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

濡れた体に扇風機を当てると~・・で実体験に基づいて考えられ、納得できました。ありがとうございます♪

お礼日時:2007/11/08 08:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェーン現象について教えてください

フェーン現象は、風が山を越えるとき、風下側で気温が上昇し乾燥する現象のことです。
風が山腹を上がるときは100mにつき約0.5℃気温が下がり、下りるときは100mにつき約1℃ずつ上がり乾熱風(フェーン)となるそうです。

何故そうなるのかを簡単に教えてください。
昇るときと下るときの100mについての温度の上昇が違うのが不思議です。
フェーン現象は季節に関係があるでしょうか?
冬の時期に暖かい風がふもとで吹くという話はきいたことがありません。
日本でフェーン現象で有名な地域はどこですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんの解答で概ねよろしいかと思いますがもう少し丁寧に説明します。
乾燥断熱減率といいまして基本的には100mの標高変化に対しては1℃の気温変化をします。しかし、海上を風が通過するなどして湿気を帯び、湿潤な空気となりますと少し違った気温変化をみせることになります。風が山地を上る際、徐々に標高を上げていくわけですが、標高が高いほど気圧が低下しますので空気は膨張し始めるわけです。膨張しますとしごとをしたことになりますので、エネルギーを放出して気温が低下していきます。気温が低下しますと飽和水蒸気量が小さくなりますので、湿潤な空気はあるところで飽和状態となり、水蒸気が凝結して雲となりますが、この時、潜熱が生じます。標高があがることによって100mごとに1℃の低下をしつつ、飽和後は同時に潜熱も生じますので相殺されて100mごとに0.5℃ずつの気温低下になってしまいます。これが湿潤断熱減率です。雲を作り、降水をもたらすことで湿気を失った空気は山越えの後、乾燥した空気となっていますのでくだりは乾燥断熱減率によって気温を上昇させていきますので、フェーン現象が生じることになるのです。
もっともフェーン現象が顕著であるのはやはり夏の日本海側で山形の猛暑は有名です。また、富山県礪波平野での散居村(散村)はフェーン現象による火災の類焼を防ぐためであるとの説も昔はありました(今は否定されていますがこのような効果があることは事実だと思います)。冬では北関東に吹き降ろす「からっかぜ」なんかはその例でしょう。ただ内陸で寒い北関東を通過しますと気温はかなり低下して武蔵野台地におよぶころは冷たい乾燥風となっています。外国の例ではフェーンの語源ともなったスイスのフェーン地方におけるアルプス越えの南風が有名です。

皆さんの解答で概ねよろしいかと思いますがもう少し丁寧に説明します。
乾燥断熱減率といいまして基本的には100mの標高変化に対しては1℃の気温変化をします。しかし、海上を風が通過するなどして湿気を帯び、湿潤な空気となりますと少し違った気温変化をみせることになります。風が山地を上る際、徐々に標高を上げていくわけですが、標高が高いほど気圧が低下しますので空気は膨張し始めるわけです。膨張しますとしごとをしたことになりますので、エネルギーを放出して気温が低下していきます。気温が低下します...続きを読む


人気Q&Aランキング