AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

マンションを人に賃貸する予定です。
賃貸借契約の際に記入する面積なのですが、これは一般的に登記面積を記入するのが普通なのでしょうか?

登記面積は内則面積ということで、マンション販売会社から購入した際の売買契約書に書いてある面積よりも小さくなっていますが、賃貸の際はこちらの面積で良いのでしょうか?
人に貸す際には、以前に自分が購入した売買契約書を見せるわけにもいかず、登記簿しか示せないので、登記簿面積にした方がトラブルが起こらないと思うのですがどうでしょう?

それにしても、販売時の広告や売買契約書に書いてある面積と登記簿面積が異なると、さまざまな誤解が生じそうですね。どうしてこんな紛らわしい制度になっているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確かに、一つの部屋に対して「登記簿面積(内法)」とか「専有面積(壁芯)」とか、表記や数値が異なるのは紛らわしいですよね・・。


これは、建築基準法上での面積の算出方法と、不動産登記法上での面積の算出方法との違いから来ているものと思います。

ちなみに、賃貸借契約でどちらの面積を表記しなければならないという決まりは特にありませんが、何となく「専有面積」を表記する方が一般的のように見受けられます。やはりそちらの方が数字が大きくなりますので(笑)。

今回のケースで登記簿面積を使いたければそれで構いません。
床面積:○○m2(登記簿面積) などと書いておけば問題はないです。住戸の賃貸借で「単価貸し」することはまずないでしょうから、表記の違いや細かい誤差で問題になることは基本的にありません。
部屋を特定する目的が果たせれば良いのです。

>以前に自分が購入した売買契約書を見せるわけにもいかず

売買契約書でなくとも、管理規約等に専有面積の一覧表が出ている場合もあります。また、購入時のパンフレット等にも記載がある場合もあります。
まぁ無理に(壁芯の)専有面積を書く必要はありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
「専有面積(壁芯)」を記載する方が一般的なのですね。

ただ、うちのマンションの場合、管理規約に記載されている(管理費等の計算の根拠となっている)のは登記簿面積で、購入時のパンフレットは紛失してしまい、やはり登記簿面積を記載せざるを得ないように思います。
アドバイス頂いたように、「床面積:○○m2(登記簿面積)」と書こうかと思います。

お礼日時:2007/11/09 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登記上と契約書の床面積の相違(賃貸マンション)

表記の通りですが、
建物賃貸借契約書の面積
 (重要事項説明書においては床面積)

登記上の床面積
が違うのですが、これは何ら問題のないことなのでしょうか?

具体的には約3平方メートル登記上小さいのですが。

重説では床面積は「約」表示ですが、
契約書も登記上も「約」ではないです。

3平方メートルといえば2畳ほどですので大きいとは思うのですが。

カテゴリー違いかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ご質問について
 問題はありません、建築の図面は壁の中心線からの寸法であらわします、不動産登記については部屋の内寸(内法)で登記するよう法により定められています。
 寸法をあらわす基準が各々違うため、このようなことがおきるのですが・・・この差は壁の厚みと解釈されて良いと思います。
 一般的に不動産業者は、建築図面の面積を表示する場合が多いです、何故なら、その方が広い表示になるためです。

Q賃貸借契約の床面積と間取り図の占有面積が違っていました。

業者の説明では、間取り図は壁芯からの計算、契約書は公簿とおりということなのですが、約45平米から約6平米マイナスになっています。
計算方法の違いについてはある程度納得できるのですが、計算方法を変えればこんなに数字が変るものでしょうか。また、間取り図と契約書で(説明はあるものの)面積が違うことはよくあることなのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

建築基準法などの計算は壁心などを用います。
分譲マンションが適用になる区分所有法では専有面積は内法で計算します。
これは建築基準法では構造計算などでは芯で計算するのが力学的によく、区分所有法では所有権に直接関係する実際の面積に近い状態で計算するためと思います。

45平米というと7.5×6ぐらいですね。
壁厚が20センチとすると、単純に計算すると43.7ぐらいであまり減りませんね。
分譲マンションでは、共有部分と専有部分を分けて考えますので、設備の縦配管などダクトスペース等(図面ではDSとはなどで表記される部分)は共有部分として扱われて、専有部分から除外され、専有面積に含まれないので、芯と内法という計算方法の面以外のことから面積が減ることがあります。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qマンションの専有面積と、バルコニー面積の関係は

お世話になります、質問させていただきます。

マンションの売買や賃貸の案内を見てますと、「専有面積」と、「バルコニー面積」がありますが、これは面積としましたら別々のものなんでしょうか?
たとえば専用面積60m2、バルコニー面積8m2と記載がありましたら、実際に自分達だけで使用できるのは、68m2なのか、それとも60m2の中に8m2が含まれているのか。

もう一点、普通、「この部屋は何々m2です。」という場合は、バルコニーを省いて専用面積のみをいうんでしょうか。

ご教授お願い致します。 

Aベストアンサー

ちょっと質問に勘違いがあります。一応簡単に指摘。
専有面積と専用面積は違います。

>たとえば専用面積60m2、バルコニー面積8m2と記載がありましたら、実際に自分達だけで使用できるのは、68m2なのか、それとも60m2の中に8m2が含まれているのか。

専用面積と書いてあると、バルコニーを含みます。
専有面積と書いてあると、バルコニーは含みません。
ですので、ご質問が専用面積であればバルコニーは含まれると言う事になり、専有面積であれば含まれないという回答になります。

>もう一点、普通、「この部屋は何々m2です。」という場合は、バルコニーを省いて専用面積のみをいうんでしょうか。

この場合、専用面積ではなく専有面積を言うと思いますので、バルコニーは含まずに言っていると想像します。


人気Q&Aランキング