異類婚姻譚が昔から好きで、皆さんのおすすめを教えてください。
民話や神話など昔からこのジャンルの本は多いですが、
最近の作品も加えて紹介していただけたらと思います。

対象は動物・ロボット・異星人・妖怪・架空の生物など何でも構わないですが、
耳やしっぽをつけただけのようなほとんど人間と変わらないようなものでなく、がっつり人間外の生物だとよりツボです。
下に好きな作品をリストにしてみましたので、何となく傾向を察せるかと思います。
人型形態あり・なしは問いませんが、人外形態の時にも恋愛描写があると嬉しいです。

一応読書カテゴリにしましたが、小説に限らずゲーム・アニメ・漫画・映画などでも知っている作品を紹介してくだされば嬉しいです。
リストは少女趣味っぽい感じですが、わりとどんな傾向でも大丈夫なので幅広くご紹介下さい。
細かくて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

好きな作品リスト
各種民話・神話(ギリシャ神話「変身物語」や蛙の王子、遠野物語など)
映画「美女と野獣」ベルとビースト
映画「千と千尋の神隠し」千尋とハク(竜)
映画「キングコング」アンとコング
映画「シュレック」シュレック(怪物)とフィオナ姫
漫画「金色のシルバーバック」ニコルとシルバーバック(ゴリラ)
ゲーム「大神」アマテラス(犬)と色々
ゲーム「Drag on Dragoon」カイムとアンヘル(竜)
ゲーム「DQ8」主人公とミーティア(馬)
アニメ「セーラームーンSS」ちびうさとエリオル(ペガサス)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

[小説]


●ジェイン・ヨーレン 「夢織り女」
夢織り女が1ペニーで、人外のものと人間の話を紡いで聞かせていきます。木や猫、人魚と人の物語などがあります。

[漫画]
●樹なつみ 「デーモン聖典」 全11巻
デーモンが「鎖」となる人間に触れると、その人間の心に強くある人間の形をとって僕となるのですが、ユニコーンである養い親の勧めに従って、666の獣を鎖とした娘の話。

●森左智 「カイル」
種族にメスがおらず、陸に上がって人間の女性に種付けする海の生物カイルと人間の話。http://comics.yahoo.co.jp/bunkasha/morisati01/ka …

●清水玲子 「メタルと花嫁」「もうひとつの神話」「ナポレオン・ソロ」「ネオ・ドーベルマン」
ロボットと人、犬と人など。「メタルと花嫁」はジャックとエレナ・シリーズとして続いています。

●草川為  「龍の花わずらい」 龍と人
砂漠のオアシスを守る次代の長である龍の少女と、2人の婚約者の話です。

[映画]
●「レディ・ホーク」
No.3さんの挙げられている『ビショップの輪』の元ネタとなった映画だと思うのですが、夜は男が狼に、昼は女が鷲に変わってしまう呪いをかけられた騎士と姫の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

沢山のご紹介ありがとうございます。
まだまだ知らない作品がたくさんあるものですね。

幻想的な小説は好みなので、「夢織り女」はかなり楽しめそうです。現代の民話という感じなのでしょうか。
「カイル」は試し読みしたところ、異類婚ならではのエログロさがあふれていて面白そうですね。
清水玲子さんの作品は、異類婚という類型について深く考えさせられる感じで、こちらもチェックしてみたいと思います。
「レディ・ホーク」も見てみようと思いますが、DVD店にあるかが心配です…。

お礼日時:2007/11/09 17:31

最近週刊誌で「犬身」という小説を目にしまして、飛んだものを書く人がいるなと気に留め、内容も悪くなさそうなので、メモしたところでした。


こちらです↓
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200 …
http://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E8%BA%AB-%E6%9 …
質問者さんのセンスに合っているのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『親指P』の人なんですね。
これは革新的な異類婚姻譚が読めそうです。
確かに好みの内容なので、是非チェックしてみようと思います。
情報提供ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/11 20:07

小説「龍と魔法使い」タギとシェイラギーニ(風龍、人間形態、失恋で終わる)


小説「やさしい竜の殺し方」アーカンジェル(男)とウランボルク(竜・オス)
小説「放課後宇宙戦争」長谷部準とジェーン(機械生命船、登場時はアンドロイド)
小説「ジェノサイド・エンジェル」植嶋祥平とアリアンロッド(機械生命体、イリアの死体に寄生)
小説「カリ・カレアの娘」エルダ・ラングとティグ(聖獣)

こちらは人間通しですが...
アニメ「ななついろドロップス」秋姫すももと石蕗正晴(ぬいぐるみのユキちゃんに変身)
アニメ「魔法少女リリカルなのは」高町なのはとユーノ・スクライア(登場時はフェレットに変身)

#6の方の推薦のタニス・リーの「銀色の恋人」には続編の「銀色の恋ふたたび」が最近出版されてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラノベジャンルは本当に無知なので、ご紹介いただいて助かります。
有名な「やさしい竜の殺し方」あたりから読んでみようと思います。
美形男性が華やかな表紙に少し手を出しかねていたのですが、竜という人間と違う生物の設定が生かされているといいなと期待してしまいます。
他の本も、紹介文などを読んでみると面白そうですね。ラノベならではの作り込んだ設定になじめるか、ちょっと心配ですが…。

実際は人間同士でも、呪いで人外に変えられてしまうというのも好きな設定なので、そちらのご紹介も嬉しいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/11 18:44

私も、清水玲子さんを思い出しました。


彼女のものにも通じますが、タニス.リーの「銀色の恋人」
(早川文庫だったかな?)は、ロボットと人間の少女の恋愛の話です。
ヴァンパイアや魔女が出てくる恋愛物としては、
アン.ライスがうかびます。
あと、恋愛じゃないですが、強い結びつきとして
私が大好きなのは、アン.マキャフリーのSFFT、パーンの竜騎士シリーズですね。竜と人間の結びつきがとても強く、パートナーの人間がさきに死んでしまうと竜も自殺をしてしまうほど。
彼女の本はほかにもすごい絆のものがたくさんあって、生きた船と人間の結びつきを書いたシリーズもあります。歌う船シリーズなど。
SFFT、で書き始めるときりがないのでこのあたりで...
お好みの本があるとよいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さっそく清水玲子さんの本をチェックしてきました。
かなり深みのある内容で、なかなかハードで面白い作品を書く人なんですね。
「銀色の恋人」も評判が良いみたいで、近くの図書館にでもないか調べてみます。
パーンの龍騎士シリーズも聞いたことだけあったのですが、ご紹介されたのをきっかけに読んでみようと思います。
恋愛に限らず強い絆というのは良いですね。ドラゴンなのにSFチックな設定にも惹かれます。

お礼日時:2007/11/11 18:34

ふと思いだしたのが、ティプトリーJr.の「衝突」というSFの短編です。


メインではないのですが、最後の方にほんのりと人類とカンガルーのような姿の異星人との恋……のようなものがありました。
におわせて終わり、なのですけどね(^-^;
期待して読むと肩すかしになること請け合いですが。
「たったひとつの冴えたやり方」という連作短編の中に入っています。
異星人とのファーストコンタクトものなので、人外さんはたくさん出てきますよ。
参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本屋で見かけたことはあったのですが、そんな内容も含む短編だったのですね。
SFはこのジャンルが多そうな気がするのですが、詳しくは知らないのでご紹介いただいて助かります。
カンガルー星人とはまた斬新ですね。
淡い関係も好きですし、他の作品も面白そうなので、是非読んでみようと思います。

お礼日時:2007/11/09 17:41

少女漫画の短編で、森生まさみ「めるへんらんち」「めるへんでぃなー」(『7人目は笑う』所収)


魔法使いの梅太郎と、魔法使いの使い魔である金色ウサギのとらちゃんのラブコメ。

伝奇小説で、柴田よしき『炎都』『禍都』『遥都』『宙都1~4』
メインキャラは人間ですが、第1作『炎都』では、主人公の女性が恋する相手を巡って参戦してくるのが宇宙人の女性です。
また、シリーズ中のサブキャラにゲッコー族というトカゲが出てくるのですが、オスなのに人間に化けるときは女性になり、どうやら人間の男性に恋しているようです。
後、他のサブキャラも実は人間ではなかったことが判明したり。

以下はちょっとはずしてるかもしれませんが…

少女漫画で田村由美『ビショップの輪』
封印符を外してしまったことから呪われてしまった恋人同士。
昼は男が馬の姿に、夜は女が鳥の姿に変わってしまう呪いを解くには、開放されてしまった100の鬼を集めること。

ロマンチックSF小説でアン・マキャフェリィの<歌う船>シリーズ
ブレインシップと呼ばれる宇宙船とブローンと呼ばれる乗組員の恋。
ブレインシップは人間の脳を軸にしたサイボーグ船なので、ロボットとはまた違うのです。そこがまたせつない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

森生まさみや柴田よしきは名前だけ知っていましたが、作品まではあまり知りませんでした。
形態の変化に伴って性別まで変わるというのはちょっと見たことがなかったので、気になりますね。

<歌う船>シリーズは、レビューを読んだだけでかなりツボだったので、是非読んでみたいと思います。
ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/09 17:04

スタートレック劇場版にはボイジャーのコンピューターと人間がありました。



手塚治虫のロストワールドでは人間と植物。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手塚治虫「ロストワールド」の植物人間とのロマンスは気になりますので、今度読んでみようと思います。

スタートレックシリーズは未見のこともあり、どの劇場版か特定できませんでした…。
コンピューターと、というのも好きなパターンなのでもう少し詳しく調べようと思います。

お礼日時:2007/11/08 16:46

手塚治虫は趣味ではありませんか?


「火の鳥」では人とロボット,人とテントウムシなど
「キャプテンKen」では人と火星人
「どろろ」では人と妖怪・・・

「聊斎志異」や「剪燈新話」など中国の場合は人と幽霊の話しが多く出てきます。剪燈新話には「牡丹灯篭」の元の話があります。

「南総里見八犬伝」は人と犬ですね。

「異類婚姻譚」というテーマで括られていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
手塚治虫は昔「火の鳥」を読んだ以来でノーマークでしたが、調べてみると面白そうですね。今度古本屋めぐりをしてこようと思います。

中国物語は「剪燈新話」など、まだまだ知らない話がいろいろありそうですね。日本とはまた違った幽霊話が堪能できるのかと楽しみです。
「南総里見八犬伝」も好きです。八房はよい犬。

お礼日時:2007/11/08 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q歴史物・恋愛もの・老夫婦の愛・夏目漱石などが好きな私におすすめの本

こんにちわ^^
タイトル長くてすみません。。。
若い頃はあまり本を読まなかったのですが(後悔してます・・・)、大学に入った頃からよく本を読むようになりました。育ってきた環境もあってか、感動しやすく涙腺がゆるすぎる20代半ばの♀です☆

宮沢賢治・夏目漱石は大好きです。森鴎外は「雁」にひどく感動しました。司馬遼太郎さんの本はどれも好きです。笑える話も好きです。バカの壁はおもしろかったけど「そんなに売れる本か?」と思いました。村上春樹だとノルウェイの森には深く感動し胸を痛めました。太宰治もよかったです。小学校のころ唯一呼んでいた本は星新一です(笑)老人と海など、古典的な?名作はどれも感動しますね(といってもそんなに沢山読んでるわけじゃないです)山崎豊子もおもしろいです。

映画でも家族愛には弱いですね。おばかな笑える映画も好きです。

いっぽう・・・・
去年?の芥川受賞作品の綿矢リサやら、蛇にピアスなんかは全然おもしろいと思いませんでした。柳美里も苦手です。闇をもったものが嫌いというわけではありません。吉本ばななも嫌いじゃないですが、特別おもしろいとも思えません。また、左より的な思想は好きじゃないです(笑)

あまり共通点はない・・・かもしれませんが(笑)、恋人や家族への深い愛情や、作られた残酷さではないもの、胸がはりさけそうな喜びと紙一重にある苦しみ・・・など(伝えるのがへたですみません^^;)が伝わる作品が好きかもしれません。

いろんなジャンルに挑戦したいとは思いつつ、推理小説は読まないですね(笑)


読みやすいけれども綺麗な日本語を使っていて、私がすきそうな本はないでしょうか???まだまだ読書初心者ですのでいろいろ読みたいと思います。

よろしくおねがいします^^
日本でも海外でもどっちでもOKです☆

こんにちわ^^
タイトル長くてすみません。。。
若い頃はあまり本を読まなかったのですが(後悔してます・・・)、大学に入った頃からよく本を読むようになりました。育ってきた環境もあってか、感動しやすく涙腺がゆるすぎる20代半ばの♀です☆

宮沢賢治・夏目漱石は大好きです。森鴎外は「雁」にひどく感動しました。司馬遼太郎さんの本はどれも好きです。笑える話も好きです。バカの壁はおもしろかったけど「そんなに売れる本か?」と思いました。村上春樹だとノルウェイの森には深く感動し胸を痛めまし...続きを読む

Aベストアンサー

わたしがお勧めしたい作品です。
ご参考までに。

・「愛と死をみつめて」(著者:大島みち子&河野実)
・「若きいのちの日記」(著者:大島みち子)
 

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q説教本か民話で象がでてくる話。物事を全体でとらえいようという趣旨

小さいころに読んだか読んでもらった本だと思うのですが、ある王様?だったと思うのですが、その人が人々に目隠しをして象を触らせるのです。
そうして、「どういう動物だったか」と質問するのです。
ある人は「耳が大きな動物でした」と答えます。
ある人は「鼻が長い動物でした」と答えます。
またある人は「足が太い動物です」と答えます。

どれも間違っていはいませんが、象全体を現すものではありません。
王様は局面だけをみていると判断を誤ってしまうことがある。だから全体をみることが大切だと説きます。

というような話だったと思うのですが。細かいところは覚えていません。
もしかしたら仏教関係の話なのかも知れませんし、インドあたりの昔話かもしれません。日本で言う三枚の札みたいな。

図書館で聞いてみたら松谷みよこ説だったんですが、
児童書の内容かな?とも少し思ったんですが。
タイトルに心当たりの方おしえてください。

Aベストアンサー

結論を先に書くと、ご質問の話の出典は、(ろくどじっきょう)という仏典ではないかと思います。これはジャータカというお釈迦様の前世の話を集めたものです。
(#3のご回答に『六度實経』とありますが、恐らくこれは、同じ音であるこの『六度集経』という読みを耳で聞いて誤記したものがネット上に出回ってしまっているのだと思います)

この『六度集経』中の説話では、ご質問のように、盲人たちがおのおのの狭い見方の枠を抜け出ることができずに「象とはこういうものだ」という自説を主張してゆずらないばかりか、最後には殴りあいの争いになってしまいます。非常にわかりやすい喩えで、自分の狭い了見にとらわれない智慧の存在をやさしく理解させるための説話です。

ところで、#4のご回答にあるように、大乗の涅槃経という経典にも、確かに象と盲人の話が出てきます。しかし、こちらの譬喩はちょっとご質問のものとは違うのではないか、と思います。
というのは、大乗の涅槃経というお経は(非常に重要な意味を持つ経典ですが)、ほぼ全篇にわたって「仏性」を説くお経であって、問題の部分では象を「仏性」の喩えとして用いたうえで、「仏性とは、部分的にしか表現できないものだ」ということを言わんとしているからです。

涅槃経では、盲人に象を触らせたところ、耳を触ったものは「象とは箕のようなものだ」、頭を触ったものは「象とは石のようなものだ」などと様々なことを言うわけですが、彼らはそう言うだけであって、別に自分の説を声高に主張するわけでもないし、ましてや論争もしないのです。
涅槃経では結局、「仏性というものは、形に即してしか語れないものである。しかし、それだけでは言い尽くせないものだ」ということを象と群盲の喩えを用いて語ろうとしているわけなんです。全体と部分の話をしているのではないし、誰か智慧をもったものなら象の全体を見渡せる、ということを言いたいのではないのです。

というわけで、ご質問のお話は『六度集経』が出典である、とみるのが妥当でしょう。

結論を先に書くと、ご質問の話の出典は、(ろくどじっきょう)という仏典ではないかと思います。これはジャータカというお釈迦様の前世の話を集めたものです。
(#3のご回答に『六度實経』とありますが、恐らくこれは、同じ音であるこの『六度集経』という読みを耳で聞いて誤記したものがネット上に出回ってしまっているのだと思います)

この『六度集経』中の説話では、ご質問のように、盲人たちがおのおのの狭い見方の枠を抜け出ることができずに「象とはこういうものだ」という自説を主張してゆずらない...続きを読む

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qおすすめの恋愛小説

恋愛小説を読みたくて本屋さんに行くのですが、どれを読んだらいいかわからなくて結局買わずに帰るパターンを繰り返しています。

おすすめのものがあれば教えてほしいです。

条件としては、
・携帯小説ではないもの
・現代ものもNG
・主人公の年齢が若い(18歳前後)
・文庫本

できればの条件なので難しければ無視していただいてもかまいません。

Aベストアンサー

現代ものはNG、というのは、異世界ものか時代ものがいい、ということでしょうか……?
「ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ」(青木祐子・集英社コバルト文庫)が一押しです。最初はファンタジーっぽい設定・ミステリが入っていますが、だんだんと貴族の青年と庶民の女の子の恋愛がメインになっていきます。
「恋いちもんめ」(宇江佐真理・幻冬舎文庫)日本の江戸時代が舞台。
ラブコメであれば、「身代わり伯爵シリーズ」(清家未森・角川ビーンズ文庫)、「プリンセスハーツ」(高殿円・小学館ルルル文庫)がおすすめです。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qおすすめの恋愛小説

教えてください。

ちなみに僕が面白かったと感じた恋愛小説は

GO/金城一樹
ノルウェイの森/村上春樹
死神の精度/伊坂幸太郎
そのときは彼によろしく/市川拓司
葉桜の季節に君を思うこと/歌野正午

です。

Aベストアンサー

『イニシエーション・ラブ』乾くるみ
面白かったです。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q【おすすめの恋愛小説】

【おすすめの恋愛小説】
恋愛小説を読みたいのですが、みなさんのおすすめを教えていただきたいです。
因みに私が好きな本は
盛田隆二「夜の果てまで」と、あと石田衣良の恋愛ものは何冊か読みました。

ケータイ小説は小説ではないと思っているので、それ以外でお願いします。
あと私自身が大学生なので、それくらいの年齢の人の話がいいです。

Aベストアンサー

豊島ミホさんの『エバーグリーン』
小手鞠るいさんの『エンキョリレンアイ』『サンカクカンケイ』『レンアイケッコン』
中村航さんの『絶対、最強の恋のうた』『僕の好きな人が、よく眠れますように』
村山由佳さんの『おいしいコーヒーの入れ方シリーズ』
有川浩さんの『レインツリーの国』
橋本紡さんの『流れ星が消えないうちに』
新海誠さんの『秒速5センチメートル』

全てさらっと読める穏やかな感じの小説です。
ドロドロの恋愛事情が好きな方には物足りないかも…?


人気Q&Aランキング