【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

佐々木高政『和文英訳の修行』の冒頭に載っている500の暗記用基本文にあった例文です(出典は英米の戯曲、小説などから採られているそうです。)

It must be an awful blow to a man in his position to have his
wife run away.

佐々木氏の和訳では、「彼のような地位の男にとって女房に逃げられるのはさぞかし痛手だろう。」となっています。

私は塾で高校生に英語を教えているのですが、この文について、とくに後半のto不定詞以下が文法的にどうなっているのか質問され、答えに窮してしまいました。佐々木氏の訳が「逃げられる」と受け身になっているので分かりにくくなっているのかも知れませんが、have+O+原形不定詞で、使役の意味が出ているような気がします。

お分かりのかたがいらしたら、ぜひお教え下さい。よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

have の使役動詞の用法の中で、


使役の意味よりもむしろ経験としての意味が強い用法

にあたる例だと思います。

例:I have never had that happen to me. そんな目にあったことはない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切に教えて下さり有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2007/11/08 13:41

>(2)「許容」(~させておく)※haveに強勢


>  =【ほとんどの場合、否定文で用いる】
>  → I won't have say such a thing.
>    (= I won't allow you to say such a thing.)

 訂正です。→ I won't have 【you】 say such a thing. 訳は「お前にそんなことを言わせてはおかないぞ。」ですね。

>(3)「経験」(~される)※原形に強勢
>  =【受身的な意味合いを持つ】

  「had a man steal his wallet」:ある男に財布を盗まれた。
  「had a man rob him」:ある男に(金を)奪われた。
  「had lots of people visit me」:多くの人に訪問された。
  「have his wife run away」:妻に逃げられる。

 全て同じ用法です。最後は「have his wife leave him」でも良い気がします。(「run away」にも「家出する」、「駆け落ちする」という意味があるので良いのですが・・・。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2007/11/08 23:47

>It must be an awful blow to a man in his position to have his


wife run away.

 いわゆる使役動詞の「have+目的語+原形」には、主に4つの用法があります。整理して覚えておくと便利ですよ。

(1)「使役」(~させる、~してもらう)※haveに強勢
  =【主語が当然の権利を持っている】
  → I had my secretary type the letter.
  → I will have a mechanic look at this car.
  → I want to have a repairman fix the air-conditioner.

(2)「許容」(~させておく)※haveに強勢
  =【ほとんどの場合、否定文で用いる】
  → I won't have tell me what to do.
    (= I wo'nt allow you to tell me what to do.)
  → I won't have say such a thing.
    (= I won't allow you to say such a thing.)

(3)「経験」(~される)※原形に強勢
  =【受身的な意味合いを持つ】
  → John had a man steal his wallet from him.
  → Bill had a man rob him last night.
  → I had lots of people visit me last week.

(4)「保持」(~の状態にしておく)※原形に強勢
  → I'm glad to have my place look its best.

 お尋ねの英文の用法は(3)以外には考えられませんね。受験生にとっては基本的で重要な用法です。丁寧に説明すれば理解してもらえると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。たいへん参考になりました。

お礼日時:2007/11/08 23:46

It must be an awful blow to a man in his position to have his


wife run away.

佐々木氏の和訳では、「彼のような地位の男にとって女房に逃げられるのはさぞかし痛手だろう。」となっています。

私は塾で高校生に英語を教えているのですが、この文について、とくに後半のto不定詞以下が文法的にどうなっているのか質問され、答えに窮してしまいました。佐々木氏の訳が「逃げられる」と受け身になっているので分かりにくくなっているのかも知れませんが、have+O+原形不定詞で、使役の意味が出ているような気がします。

お分かりのかたがいらしたら、ぜひお教え下さい。よろしくお願いいたします

【回答】
have + O + 原形動詞(have に強勢をおいて)
O に~させる
O に~してもらう

have + O + 原形動詞(原形動詞に強勢をおいて)
O に~される

have に強勢があるか、原形動詞に強勢があるかで、意味が変わります。例文は、run away に強勢があると考えるのが自然です。
have his wife run away → 妻に逃げられる

大切なことは、直訳でイメージをつかむことです。

「彼のような地位の男にとって女房が逃げる状態を持ってしまうのはさぞかし痛手だろう。」

この訳でも、言いたいことはわかりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいご説明ありがとうございます。ぜひ参考にさせて頂きます。

お礼日時:2007/11/08 23:45

はじめまして。



ご質問1:
<have+O+原形不定詞で、使役の意味が出ているような気がします。>

おっしゃる通りの解釈で結構です。


ご質問2:
<「逃げられる」と受け身になっているので分かりにくくなっているのかも>

この訳し方は一種の「意訳」です。


ご質問3:
<文法的にどうなっているのか>

1.使役動詞haveはhave+目的語+原形不定詞でSVOCの第5文型になります。

2.Cがご質問文のように原形不定詞の時は、「OにCさせる」「OをCさせる」「OがCされる」「OにCしてもらう」など、文脈によりさまざまな訳し方が可能です。

3.ご質問文も「妻に逃げさせる」「妻を逃がす」「妻が逃げてもらう」と置き換えることができますが、どれも訳としてピンとくる日本語にはなりません。

4.使役動詞haveには「強制」の他に「許可」の用法があり、訳し方は「~させてあげる」「~をゆるす」といった意味で訳出されることがあります。

ご質問文のhaveは「許可」の意味で使われている使役動詞のようです。

5.従って、「許可」の用法にあてはめて訳すと、
「妻に、逃げさせてあげた」
となります。

言い換えれば「妻に逃げる許可を与えた」ということであり、ひいては、「逃げられた」ということなのです。

6.このwife「妻」の部分をburglar「泥棒」に置き換えると、ニュアンスが伝わり易いでしょう。
例:
「泥棒に、逃げさせてあげた」
→「泥棒に、逃げる許可を与えた」
→「泥棒に、逃げられた」
という流れになるわけです。

7.なお、have+目的語+過去分詞はまた別の用法になり、
I had/got my bag stolen.「かばんを盗まれた」
などのhaveは「被害」の用法と呼ばれるもので、これは、補語が現在分詞の用法ではあり得ません。

ご質問のようなケースは、結果的に「逃げられた」という被害を表すような訳になりますが、これは上記の説明の通り、元々は「許可」を表すhaveの用法から転訳になったものですので、「被害」のhaveとは違います。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん懇切丁寧に教えていただき感謝します。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2007/11/08 14:17

have+O+原形不定詞には二つの意味合いがあります。



1.「すでにそこにあるものを持つ」のような意味合いから、Oが当然そうすべきものをやらせるという意味。The teacher had the students clean the classroom. 教員にとって、生徒が教室を清掃するのは当然なので、そして、生徒にとり、教員から教室を清掃しろと言われたらそうするのが当然なので、原形不定詞がきます。

2.使役の用法の一つなのですが、迷惑のhave と言われるもので、迷惑なことを受けると言う意味で使われます。get や make もほぼ同様な文型が取れますが、どちらも主語の積極的な意思と言う意味が出てしまいます。have は、「与えられた環境を持つ」のような意味合いもあるので、「~される」と言う意味合いが出るのです。

例:
Tom got his friends to clean the classroom.:「トムは友達に頼み込んで教室の清掃をしてもらった。」
I had my bag stolen.:「かばんを盗まれた。」
I got my bag (to be) stolen. 「(誰かに)かばんを盗ませた。」

>It must be an awful blow to a man in his position to have his
wife run away.

は、2の意味合いで使われていると判断して良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2007/11/08 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング