マンガでよめる痔のこと・薬のこと

組織の銀染色でビルショウスキー法によって染めた場合、神経原繊維の変性変化した病的部位だけが染まるとのことですが、神経原繊維の変性がおきると好銀性になるということなのでしょうか?

そもそも、この銀染色は何に反応して染まるんでしょうか?

A 回答 (1件)

> 神経原繊維の変性変化した病的部位だけが染まる



そんなことはありません。細網線維も軸索も神経原線維も老人斑も
染まります。それぞれの構造によって好銀性に多少の違いが出るの
で、アンモニア銀に入れる時間や温度、還元液で現像する時に鏡検
しながら好みのトーンで停止させるなどして目的のモノが見やすい
ように調整するんです。
ナウタとかいったかな、全体的に好銀性を抑制するような前処理を
して、変性神経原線維が真っ先に染まってくるからそこで止めると
かいう染色がありますが、それも先輩がウマく染めたのを見せても
らって、コントロールを一緒に染めながら経験を積んでけば綺麗に
染まるようになるわけで、免疫染色みたいにはいきませんよ。

好銀染色の原理は…アンモニア銀錯体のアンモニウムイオンがタン
パクのアミノ基と置換されて云々って説を聞いたことがあります
ね。アンモニア銀錯体のアンモニウムイオンの配置と似た間隔で表
面にアミノ基が露出しているような立体構造のタンパクが「好銀性
が強い」ってことなのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまいましたが、丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/26 18:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q染色についての疑問なのですが、誰か教えて下さい。

病理学実習で行った最も有名で、1番popularなHE染色についてなのですが…
(1)今回実習で行ったのは、カラッチのヘマトキシリンだったのですが、他には、どんな種類が存在しますか?
(2)カラッチのヘマトキシリンを作ったときに、いろいろな物を加えました。それで、ナノですが、ヘマトキシリン液についての原理を知れば、入れた物質の役割が分かるのではないかと考えました。そこで、質問です!!ヘマトキシリン液の原理って、何ですか?
(3)染色には、退行性と進行性があり、退行性の染色液には、”分別”と言う操作が、必要って、文献に書いてあったのですが…分別には、どんな種類の薬品を使うのですか? 実習では、0.25%塩酸を用いました。
(4)試薬が、良ければ、色出しの操作は、不要みたいなのですが、色出しって、何なのですか?色出しには、どんな試薬が、使われているのですか?

だれでも良いので、こんな馬鹿な私に教えて下さい。

Aベストアンサー

実習の時に質問すりゃぁいいのに…ま、病理医にはわからんか。

私の場合普段はマイヤーの処方を薄い切片用にアレンジした「ダブ
ルマイヤー」を常用していますが、必要ならカラッチやギルも調整
します。ハリスは水銀を使うからパス。ワイゲルトの鉄ヘマトキシ
レンはHE染色用ではありません。

処方の基本は、「色素」+「酸化剤」+「媒染剤」です。酸化剤には
ヨウ素酸ナトリウムを常用します。これで無色のヘマトキシレンが
ヘマティン色素になります。媒染剤は金属イオンを添加して色ラッ
クを形成させ組織との結合を強くするもので、ミョウバンを使うと
青紫になります。ここで鉄を使うと茶褐色っぽい色になりますね。
最後に安定剤として抱水クロラールやグリセリンを混ぜて完了。色
ラックが正に帯電しているため、負に帯電するリン酸基やカルボキ
シル基と結合しやすいわけです。

分別ですが、上記の理屈で染まるからにはpHの影響ってモノを受け
るわけで、pHが4くらいだと結構なにもかも染まってくるんです。こ
れを、染めた後で塩酸アルコールなどでpHを下げて、リン酸基のと
ころだけ残してカルボキシル基のところを脱色してやるのが「分
別」という作業です。全体を染めてから要らないところを抜くから
「退行性染色」。逆に最初っから酸を加えてpH2とかの染色液を作
り、リン酸基リッチのところしか染まらないようにしたのが「進行
性染色」。カラッチが退行性染色の代表で、マイヤーが進行性染色
の代表です。

色出しってのは、ヘマトキシレンで染色した後でしばらく流水で洗
うステップですが、これはpHを上げています。すると水素イオンが
色ラックに干渉し難くなり、赤褐色から安定した青紫色になって、
褪色もしなくなります。

以上、藍染めと全く同じだよっていう話でした。

実習の時に質問すりゃぁいいのに…ま、病理医にはわからんか。

私の場合普段はマイヤーの処方を薄い切片用にアレンジした「ダブ
ルマイヤー」を常用していますが、必要ならカラッチやギルも調整
します。ハリスは水銀を使うからパス。ワイゲルトの鉄ヘマトキシ
レンはHE染色用ではありません。

処方の基本は、「色素」+「酸化剤」+「媒染剤」です。酸化剤には
ヨウ素酸ナトリウムを常用します。これで無色のヘマトキシレンが
ヘマティン色素になります。媒染剤は金属イオンを添加して色ラッ
クを形成さ...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QGolgi鍍銀染色法

golgi鍍銀染色法の具体的なmethodについて分かる方がいたら教えてください。

今まで、実際それを行う前まではいろいろな本で見た気はするのですが、いざやろうと思うとmethodが見つかりません。
whole mountの方法、paraffin sectionの方法、早い方法等いろいろな変法があったと思います。できればその方法の利点もお願いします。

Aベストアンサー

中枢神経系の鍍銀を普段行っていますが、Golgiについては全く実施した経験がないので、大したアドバイスにならないかも知れませんが。

#1の方が紹介されていた「染色法のすべて」の冊子は古い方なのでしょうか…?
最新版は「新 染色法のすべて」というものが出ています。以前のものにはGolgi染色法について触れられていませんでしたが、これには詳細なmethodが記載されています。Golgi鍍銀法は、他の染色法と比べて、固定操作の時点から手技の煩雑さが伴い、また染色にも時間を要するばかりでなく、クロムを使用することから試薬毒性の点でも最近は避けられがちです。
かなり操作の熟練を要するものですし、免疫組織染色が手軽に行えるようになった今日では、さほど重要視されなくなってきました。
おかげで染色のテキストでもあまり掲載されているものも見かけなくなりました。ですが、かなり時代をさかのぼった古いテキストを探されると、読みやすい形で、写真付きで掲載されているかも知れません。

私は神経変性疾患を主にターゲットとしていますので、鍍銀法としてはGallyas染色が主体で、その他にはBielschowsky法、Bodian染色でまかなっています。ですが、やはりGolgiのような詳細な構造まではシャープに観察できませんので、できることならGolgiで観察してみたいのですが、ついつい抗ニューロフィラメント等の抗体による免疫染色で妥協してしまいます。しかしコスト的に言えば、決して安上がりなものではありませんよね…。

文献についてはご自分で検索されたかも知れませんが、
1) Spacek J.
Dynamics of Golgi impregnation in neurons.
Microsc Res Tech. 1992 Dec 1;23(4):264-74.
2) Patterson JA.
A modified, prefixed, Golgi-rapid technique for the cephalopod retina.
J Neurosci Methods. 1985 Jan;12(3):219-25.
3)Kemali M.
A modification of the rapid Golgi method.
Stain Technol. 1976 May;51(3):169-72.
4)Butler R.
Very rapid selective silver (Golgi) impregnations and embedding of invertebrate nervous tissue.
Brain Res. 1971 Oct 29;33(2):540-4.

以上が「rapid Golgi silver impregnation」の文献です。一応チェックしてみてください。

あまり参考にならなかったらすみません。

中枢神経系の鍍銀を普段行っていますが、Golgiについては全く実施した経験がないので、大したアドバイスにならないかも知れませんが。

#1の方が紹介されていた「染色法のすべて」の冊子は古い方なのでしょうか…?
最新版は「新 染色法のすべて」というものが出ています。以前のものにはGolgi染色法について触れられていませんでしたが、これには詳細なmethodが記載されています。Golgi鍍銀法は、他の染色法と比べて、固定操作の時点から手技の煩雑さが伴い、また染色にも時間を要するばかりでなく、クロムを...続きを読む

Q血小板を凝集させる因子のひとつのリストセチンって・・・

血小板を凝集させる因子のひとつのリストセチンって何ですか?何者で目的は何でどのような反応経路をたどるものなんでしょうか?もし説明するのが大変だったらHPで結構なんで教えてください!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

少しだけ補足させていただきます。

リストセチンによる凝集は正確には凝集と呼ぶべきものではありません。 ADP(アデノシン二リン酸)、コラーゲン、エピネフリン、は血小板の活性化のより(2)b(3)aレセプターを介して凝集が起こりますが、リストセチンは物理的に(1)b(9)を結合して見た目に凝集反応を起こします。このとき血小板の活性化は必要なく、パラホルムアルデヒドで固定(要するにホルマリンで半ば固定したような状態)された血小板でも凝集します。

リストセチン凝集は(1)b(9)を介した血小板の粘着を反映する指標とされフォンビルブランド病などで低下します。

一方他の凝集は、いわゆる凝集を見るもので、血小板無力症などで低下します。

反応経路に関してはHPレベルでは無理で、多分学術書論文などを当たる必要があります

Q凍結切片に泡

マウスの胚(E11.5)の凍結切片の作製を行なっているのですが、顕微鏡で観察すると組織のところに泡が入っていて泡のある部分の組織が崩れたり、抜けてしまっています。包埋の条件は解剖後、4%PFAで4℃45分固定後15%, 30% シュークロース/PBSで置換した後、コンパウンドで包埋してドライアイス上で凍結しています。クリオスタットの庫内の温度は-20℃で切片の厚さは10μmです。包埋する時にコンパウンドには泡が入っておりません。また組織の周辺に泡は見られず組織の中にみられます。解決方法で考えられることがございましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

kudann2001さんやmilk_teaさん、両者のおっしゃる現象のどちらかが生じていると思われます。どちらの現象が生じているのか知りたいのであれば、全ての切片を観察してみて下さい。もし必ずしも組織内でないのなら、kudann2001さんのおっしゃる現象が生じているのでは。もしその場合、今後こうした現象の発生を最小限に抑えたいと言うのであれば...下記の製品を使用してください。
しかし、4%PFA, 45分って、、、短くないですか?浸透を考えたら、ハラに穴を空けるとかした方が良い様な気がしますね。

参考URL:http://www.finetec.co.jp/products/others/04.html

Q酵素の活性について

前期に大学で酵素の活性について学びました。酵素の活性を示す式として、ミカエリス・メンテンの速度式があると学びました。この式における、VMaxおよび、Kmはどのような意味を持つのか教えて下さい。

できたら、なぜそう考えられるのかという理由も一緒にお願いします。

Aベストアンサー

Vmaxは最大速度

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0
>Km と表記され「ミカエリス・メンテン定数」と呼ばれる。ミカエリス・メンテン定数とは、酵素と基質の親和性を表すパラメータであり、実測値としては酵素の最大速度の2分の1の反応速度 (Vmax/2) を有する基質濃度となる。Km 値と基質親和性の関係は以下の通りである。

Km値が低いと酵素と基質の親和性は高い(酵素と基質は相性が良い)
Km値が高いと酵素と基質の親和性は低い(酵素と基質は相性が悪い)
-------------
基質親和性が高ければ、基質濃度が低くても、Vmax/2を達成しやすくなるから。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q粘液染色

粘液染色にはムチカルミン染色があると思うのですが、他にはどのようなものがあるのでしょうか?アルシアン緑、PAS反応、があると思うのですが、トルイジン青やアルシアン青、コロイド鉄染色などの多糖類染色も含まれるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

粘液の種類は多いですよ。ムチカルミンは中性粘液、アルシアンG、B、トルイジンB、コロイド鉄は酸性粘液。PASは中性粘液多糖類、ベストカルミンはグリコーゲン、その他特別な粘液にはレクチン、免疫染色もあります。

Q内因性ペルオキシダーゼの失活について

免疫組織化学染色法で、ペルオキシダーゼによるジアミノベンチジンの分解により、発色させる反応があります。この過程において、内因性のペルオキシダーゼの失活のために、H2O2-メタノールに組織を浸しますが、疑問に感じました。ペルオキシダーゼの基質であるH2O2を加えることにより反応させてしまうのは理解できますが、酵素は反応の前後で変わらないという性質があるのに、失活するのが理解できません。また、メタノールは何の役目でしょうか?これも基質となるのか、これによりペルオキシダーゼタンパクを変質させるのでしょうか?

Aベストアンサー

多くのペルオキシダーゼは過酸化水素の分解能がありますが、ものによっては反応時に自分自身が修飾されてしまいます。過酸化水素の分解にはカタラーゼが専ら用いられます。
添付資料もホースラディッシュペルオキシダーゼの不活化に過酸化水素を用いています。

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/technologies/ecl/pdf/128907_10.pdf

Q先生方は間違い??

現在、卒園式の台本を作成中なのですが・・・
知人に「先生方」は間違っていると指摘され、先生全員を表す言い方がわからず、困っています。

「先生方」という言い方は、一般的にはよく言われていますが、これは間違いですか?
もし間違いであれば、他にどのような言い方がありますか?

ご教示ください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

広辞苑で調べました。

がた【方】≪接尾≫
(1)敬意を含んで複数を示す。「先生方」
(2)その仲間・所属であることを示す。「幕府方」
(3)おおよそのところの意を示す。「夜明け方」「三割方高い」

ということで、「先生方」は広辞苑に使用例として挙げられています。
敬意のある正しい言葉遣いです。

あなたはご友人と広辞苑のどちらを信用なさいますか?


人気Q&Aランキング