『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

1号機にフェンジャパのPJを持ってるのですが、音楽的趣向がHM/HRであり、過激なスタイルのB.C.Rich Warlock Bass-800JEを購入しようと思っていたのですが、しばらく品切れであることや、生産国がどこであるか、などが悩みで迷ってます(中国製だと品質に疑問が…)。ワーロックは沢田泰司やHEATHが使ってることが過去にあってかなり気になります。
ワーロックはインターネットショッピングで購入しようなんて考えていて実際に試演できないことも不安要素です。

得意先の楽器屋にはいろいろ相談して下の商品を薦められました。
実際にカッコイイと思います。よいメーカであるそうです。
http://www.schecter.co.jp/diamond_series/basses/ …

どっちを選ぶべきでしょうか?気になって仕方ありません。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

若いときは見栄えに惹かれがちですが、ここは音で勝負でしょう。


キラーギターのフェニックスクリミナルベースを薦めようとも思いましたが、沢田泰司の後にラウドネスに加入した柴田直人一押しのG&Lはいかがでしょうか。日本製なら価格も手ごろです。インドネシアモデルならさらにお徳かも。
http://www.kurosawagakki.com/sh_bass/gl_para.html

この回答への補足

学生の僕には少し高額ですね^^;
サウンドはピックアップを見る限り、スティングレイのような感じなのでしょうか?

TAIJIさんは20代前半まで目立ちかつ、安定したテクニカルプレイを目指していたそうですから、サウンド面の強いこだわりは現在ほどではなかったのかもしれませんね。

はぁ、予算さえあれば・・・なんてよく最近思います。。

補足日時:2007/11/08 21:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング