造幣局では毎日何枚くらいの紙幣を発行しているのでしょうか、
それは古くなって使えなくなった分と同じくらいの発行枚数なのでしょうか、
私の庶民的な感覚ではどう考えてもどんどん増えていくような気がします。
ご存知の方いらっしゃいましたら、お教えください。

A 回答 (1件)

通貨の流通量を考慮して、流通量を増やしたい時には


古紙幣より多く生産し、減らしたい時は廃棄量の方を
増やせば良いだけなので、別に市場流通量が無限に増
えたりしませんが。

物理的な方はそういう事ですが、マネーサプライに関
する事は、日本銀行の仕事ですので、公定歩合をいじっ
たり、まぁ色々やっているわけです。

marimo_cx

参考URL:http://www.boj.or.jp/about/mission.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 08:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪造幣局 今年のさくらのトンネル通り抜け期間は?

造幣局のホームページ見たんですけど,去年の情報しかありませんでした。
あれは,毎年何日って決まっているんでしょうか?
それとも,開花状況を見て毎年決定しているんでしょうか?

Aベストアンサー

”桜情報”というホームページに、載っていたものによると。
通り抜けの期間は、 桜の開花状況により毎年異なりますが、概ね4月中旬の7日間と言う事らしいです。一応下のURLが、そうです

参考URL:http://www.osaka.isp.ntt-west.co.jp/meisyo/sakura/touri.html

Q紙幣を刷るのにはその量分だけ国債を刷らないと発行出来ないんですか?国債を刷らずに紙幣を刷ることっ

紙幣を刷るのにはその量分だけ国債を刷らないと発行出来ないんですか?

国債を刷らずに紙幣を刷ることって出来るのですか?

Aベストアンサー

もちろん国債とは関係なく紙幣印刷は行われます。 市中で出回って傷ついたり古くなった紙幣の置き換えです。

Q大阪市北区天満にある造幣局近くの駐車場を教えて下さい

近いうちに造幣局に行く事になりましたが、造幣局には駐車場が無いようなので困っています。
造幣局辺りにタイムズのような時間貸し駐車場は無いでしょうか?ご存じの方、宜しく御願いします。
小さな子供がいるので近い程ありがたいです。

Aベストアンサー

初めまして。
コインパーキングのホームページで、造幣局近くの駐車場が探せます。
下記のURLから、目的地の情報を検索してみてください。
造幣局の近辺を検索してみたところ、近くに結構たくさんありましたよ。
それでは。

参考URL:http://www.times-info.net/pc/seek/index.html

Q紙幣の流通量は年々増えていますが、どうやって増えるのですか?

物価上昇に比例して
紙幣の流通している絶対数も増えていますよね?

日本銀行が発行した紙幣をいったいどうやって
市場に流通させて、ここまで流通量を増やしたのでしょうか?

公定歩合を引き下げて市中銀行に貸し出したり、
国債を買ったりするのかとも思うのですが、
それではいつかは利子を取って返してもらうわけで、
日本銀行を出ていった額より
戻ってくる額が増えてしまいますよね?

それとも、日本銀行は貸すばっかりで全然返してもらっていないのでしょうか?

素朴な疑問ですが、気になります。

Aベストアンサー

通貨を世に出すための代表的なツールが「国債」です。

国債は通常長期(30年等)にわたりますので、既に発行された国債が償還される前に次の国債が発行されると、これらが累積して通貨流通量が増加します。

また、国債の発行は、いわば国家が国民から借金するようなものですから、利子(プレミアム)が国民に支払われ、結果として国内の流通通貨が増加します。

なお、国債発行残高は、1980年-2000年の20年間で、約50兆円→約300兆円、現在では600兆円にまで拡大しているようです(←自信なし・・・)。

Q造幣局からの勧誘?郵便物

造幣局からの勧誘?郵便物
最近、造幣局からの記念貨幣の商品案内の郵便物がよく届くようになりました。
しかし私は造幣局から一度も購入したこともなく、心当たりもありません。
購入したこともないのに、しっかり「お客様コード」なんていうのも付記されていて、しかも宛先の少し下の空欄に、他の家族の名前も併記してあります。

造幣局ももしかして、名簿を入手して無作為にダイレクトメールを送っているんでしょうか?
それとも私の名前を使ってのイタズラでしょうか?
(他の家族の名前を知っているのが気になりますが・・・)

Aベストアンサー

最近ではそんな名簿を入手してDMを送ると問題になるので違うのではないかと思いますよ。

過去に記念硬貨、切手、メダル購入等で造幣局に対して申し込みをしたのでしょう。

Q紙幣を造幣して市場に流通するまで

過去の質問では解決しませんでしたので、質問させていただきます。

紙幣を造幣して市場に流通するまでの過程について疑問があります。
流通に至るまでいくつか手段はあると思うのですが、そのひとつとして・・・

(1)日銀が紙幣を刷って造幣

(2)その刷りたての紙幣で国から国債を購入

(3)国はそのお金で公共投資などをして紙幣が流通

おおまかな流れは上記だと思うのですが、
(2)の段階で、日銀が作った紙ぺらが紙幣としての価値が生まれてますよね。
実態のないものからいきなり価値が生まれていまいちピンときません。
どうして価値が生まれるのでしょうか?

また、造幣して流通するまでのほかの過程などもありましたら教えてください。

幼稚な質問で申し訳ありません

Aベストアンサー

> (2)の段階で、日銀が作った紙ぺらが紙幣としての価値が生まれてますよね。実態のないものからいきなり価値が生まれていまいちピンときません。どうして価値が生まれるのでしょうか?

という質問は非常に鋭いです。
なぜ例えば一万円札が一万円として流通するのか、ということですが、簡単に言えば、みんなが一万円札は一万円の価値があると信じているからです。
一度、一万円札が本当は紙切れだったとみんなに認知されると、お札はただ同然の紙くずになります。したがって、一万円札の価値の根元は、実はみんなが一万円札が一万円の価値があるという「信用」であったわけです。
因みに、昔の紙幣は兌換紙幣といって、銀行に持っていくと一定の重さの金と換えてくれました。つまり、この時代は価値の根本は金であったわけです。



余談ですが、紙幣の流通に関して。
日本の紙幣の正式名称は「日本銀行券」です。発行元は日本銀行ですが、印刷しているのは財務省(旧大蔵省)造幣局、現在は国立印刷局です。

印刷したお金が流通するルートは、
a)印刷したのを日銀が受け取る
 ↓
b)日銀が市中銀行(三菱とか三井住友とか拓銀とか)に渡す(=市中銀行が日銀の預金を引き出す)
 ↓
c)市中銀行から一般社会に出回る
 ↓
d)使われたお金が銀行を通じて日銀へ戻る
 ↓
e)日銀でチェックした後、良さそうなのはb)へ、ダメそうなのは廃棄される
というルートです。

日銀が通貨を発行する手段は、現在は主に国債を買い入れることであり、国債を買って通貨を銀行に渡しています。ただし、実際にはこの時点では動いているのは帳簿の上の数字だけです。勿論、あまりやられていませんが、国債以外の資産を買い取って通貨を発行することも出来ます。
したがって、日銀が発行している通貨は別段、なんの裏付けもないものではありません。

因みに言うと、日本国内にある通貨量(日本円の量)は約 700 兆円ほど。この内、紙幣と硬貨の額は 70 兆円ほどです。


ついでに政府の話ですが、政府が国債を発行しても通貨量は増えません(が、日銀は政府と協調して通貨量を増やすかも知れません)。
政府は国債を発行して自分の財布の中のお金を増やし、そのお金を公共事業などで使います。国債の引き受け手の中には日銀はいません。法律で直接政府から日銀が国債を引き受けることが禁じられているからです。

> (2)の段階で、日銀が作った紙ぺらが紙幣としての価値が生まれてますよね。実態のないものからいきなり価値が生まれていまいちピンときません。どうして価値が生まれるのでしょうか?

という質問は非常に鋭いです。
なぜ例えば一万円札が一万円として流通するのか、ということですが、簡単に言えば、みんなが一万円札は一万円の価値があると信じているからです。
一度、一万円札が本当は紙切れだったとみんなに認知されると、お札はただ同然の紙くずになります。したがって、一万円札の価値の根元は、実はみ...続きを読む

Q紙幣って大阪造幣局で作っているのですか?

日本の紙幣は大阪造幣局で作っているのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

造幣局は硬貨を作っています。
紙幣は国立印刷局の滝野川、静岡、彦根ですね。

参考URL:http://www.npb.go.jp/ja/guide/factory.html

Q政府紙幣を発行したら

政府紙幣を発行したら景気良くなるのですか。

大量発行したらどのような弊害が有りますか。

Aベストアンサー

そう考えられて、量的金融緩和などのように、それに近い事はされています。が、資産バブル崩壊後の経済情勢ではそれでもお金が出回らないんです。問題なのはお金の借り手不在という現象なのです。

話を単純化しますと、資産バブルがはじけると、企業や個人が大きな損出を出してみんなが借金返済を行うようになります。みんなが借金返済をし、預金をし、銀行にお金が流れます、が借り手らしい借り手が現れない。するとお金は銀行に眠ったままになり、お金が回りません。そこに皆が更に借金返済が行われ、銀行にお金は貯まる、すると市中にお金が流れないので、資産価格が下落する。すると企業の持つ資産価格が更に下落し更に損出が増え借金返済を行う事になり、景気が悪いので皆が貯金にはしる。すると、、、、、とどんどん資産の収縮が繰り替えされ不景気に拍車がかかるという悪循環です。

量的金融緩和については下記を参考にどうぞ。
http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20050529A/

Q造幣局は見学可能ですか

どうなのでしょうか。造幣局は見学可能なのでしょうか。
一度、ながめてみたいのですが。

Aベストアンサー

参考に。

http://www.mint.go.jp/enjoy/plant-tokyo/plant_visit_tokyo.html

Q紙幣の大量発行について

公定歩合などを引き下げて、紙幣の流通量をふやそうとすることと、紙幣を大量発行するということは同じようなことでしょうか?

基本的なことかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 紙幣を(財務省印刷局が)いくら印刷しても,当然に市中に出回るのではありません(財務省や日銀の職員が街頭で配るなどということはない)。
 公定歩合の引下げで金融機関への貸し出しを促進し,ひいては市中に出回らせることや,公開市場操作により,やはり金融機関と売買して,市中に出回らせることになります。
 具体的には,「銀行券の発行」は金融機関が日本銀行当座預金から引き出して日銀窓口から引き出すことにより行われるということになります。

 銀行券の発行額は,世の中でどれだけお札に対する需要があるかによって決まるので,経済取引が活発化し,資金決済需要が増えれば発行額は増えるし,反対に経済取引が落ち着き,資金決済需要が減れば少なくなります。
 このことと関連し,従前あった「最高発行額制限制度」の廃止があります。
 廃止の理由は,銀行券の価値の安定は日本銀行の保有する資産から直接導かれるものではなく,日本銀行の金融政策の適切な遂行によって確保されるべきものであることや,銀行券の発行高は経済取引の繁閑に伴って増減するものであり,最高発行額も銀行券の現実の発行高に追随して変更されてきた経緯からとされています。

 以上の次第で,基本的な考え方としては#4の回答のとおりということになります。

参考URL:http://www.fsa.go.jp/p_mof/singikai/kinyusei/tosin/1a601f7.htm

 紙幣を(財務省印刷局が)いくら印刷しても,当然に市中に出回るのではありません(財務省や日銀の職員が街頭で配るなどということはない)。
 公定歩合の引下げで金融機関への貸し出しを促進し,ひいては市中に出回らせることや,公開市場操作により,やはり金融機関と売買して,市中に出回らせることになります。
 具体的には,「銀行券の発行」は金融機関が日本銀行当座預金から引き出して日銀窓口から引き出すことにより行われるということになります。

 銀行券の発行額は,世の中でどれだけお札に...続きを読む


人気Q&Aランキング