ネット上に科学技術用辞典(和英、英和)を検索できるサイトはありますか??あったら教えてください。論文の英訳、和訳に困ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.nova.co.jp/webdic/webdic.html
なんかいかがでしょうか。
    • good
    • 0

翻訳関係のBBSもいくつかありますので、そちらでの質問も有効かもしれません・・・?



実際そこでのやり取りをROMしていても、翻訳専門家が使用している(オンライン以外の)辞書等に関する情報も参考になります。

ご参考まで。
    • good
    • 0

sumon さんと同じ事ですが,



科学技術用語とひとまとめにすると難しいかも知れませんが,検索サイトで「引きたい用語の学問分野の名前」と「辞書あるいは辞典」で検索すると,それぞれの専門家が自分の分野の専門用語をまとめたものが,結構出てきます。
    • good
    • 0

どうも。

こんにちは。恐らく普通の検索ページ(goo,yahoo)などで自分の知りたい語句を打ってみると意外と調べられます。
私はそうやってよく調べますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q専門用語の和英英和辞典について

工学分野における専門用語の英和和英辞書的なサイトがありましたら教

えていただきたいのですが、http:/www.medo.jp/0.htmのようなやつで

す。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単語数が多いのは「スペースアルク」の英和・和英辞典です。

私は物理を専攻していますが、専門書を読むときに
とても役に立っています。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

Q技術用語の英和・和英が充実した電子手帳はありますか?

 特に医学、化学の分野の技術用語の英和・和英に充実した電子手帳を探しています。

 欲を言うと手帳の画面上に漢字を書いてその漢字を検索できる機能もあると大変うれしいです。

 ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

 求めておられるのは、辞書のみを持ったものでしょうか、それともスケジュール管理などの手帳機能も有するものでしょうか?
 昔は、スケジュール管理などを主目的とした電子手帳という商品も売られており、その中に辞書機能をもった製品もありました。ただ、最近は電子手帳という名前ではほとんど売られておらず、電子メール機能なども付加したPDAとよばれる商品に置き換わっています。PDAではPCのように、自分で好きなソフトを入れることができ、その中に辞書ソフトもあります。したがって、スケジュール管理機能も辞書機能もどちらも必要ということであれば、PDAに辞書ソフトをいれれば一応求めるものが出来上がります。ただ、辞書機能に限って言えば、検索時の使い勝手などは専用の電子辞書に劣るものがほとんどです。

 さて、そのどちらでも医学・化学系の英和辞書が充実したものはあります。

電子辞書の場合は
カシオが医療系モデルと銘打って、医学英和大辞典などを収録した3機種を発売しています。これらの3機種はすべて手書き入力対応です。化学系の辞書は標準搭載されていませんが、理化学英和辞典や自然科学系英和大辞典などを追加することができるはずです。
残念ながら、和英はあまりないようです。
http://casio.jp/exword/products/medical.html

PDAの場合は、
以下のサイトに、PC用の製品として
医学英和大辞典や、25万語医学用語大辞典、理化学英和辞典が紹介されています。このシリーズのソフトは、PDAでも利用可能なようです。ただ、先に述べたように使い勝手が劣ること、さらにPDAの機種によっては動かない事があること、などに注意が必要です。ただ、PCでも辞書が使える点は魅力です。

なお、最近はPDAの新製品を作っているのは、ヒューレットパッカード(HP)ぐらいになってしまっています。HD辞典シリーズ動作確認済みで、新しい機種が欲しいということであれば、HPの製品ということになるのではないかと思います。

http://www.densijiten.co.jp/product/product.php?prd_type=1#senmon
http://h50146.www5.hp.com/products/handhelds/pocketpc/

 求めておられるのは、辞書のみを持ったものでしょうか、それともスケジュール管理などの手帳機能も有するものでしょうか?
 昔は、スケジュール管理などを主目的とした電子手帳という商品も売られており、その中に辞書機能をもった製品もありました。ただ、最近は電子手帳という名前ではほとんど売られておらず、電子メール機能なども付加したPDAとよばれる商品に置き換わっています。PDAではPCのように、自分で好きなソフトを入れることができ、その中に辞書ソフトもあります。したがって、スケジュール管理...続きを読む

Q科学技術の小論文

科学技術(クローンテクノロジーの是非)の小論文を書くことになったのですが、小論文の書き方がわかりません。
小論文の字数は800字以内なんですが、小論文の文章の構成の仕方・小論文を書くときの注意点などアドバイスをください。お願いします!

Aベストアンサー

もし起承転結の「転」で倫理観を論ずると,「結」は「クローンテクノロジーは非」に導かれてしまい易いですね。私は「クローンテクノロジーは是」となる流れの一例を紹介したいと思います。これで両論が出てバランスが取れますね。

起: 近年誕生したクローン技術は…という技術であり,将来の医療などへの期待が高まっている。
承: しかしクローン技術には負の面も付きまとう。特に人への応用には倫理的な問題が生じる。なぜなら…
転: 日本は科学技術立国といわれて久しいが,近年日本の技術力は低下の一途を辿っており,…
結: 日本はクローン技術にて再起を果たすべきである。まずは倫理的な問題を…のように解決し…

以降,私感を少し書かせて頂きますと,私は,日本国内において科学技術を「非」という評論家は国賊だと思っています(決して chicago911 さんを否定しているのではありませんよ)。日本の唯一の資源は「科学技術」であり,これを輸出しない限り豊かな国民生活は望めないのです。

黎明期の科学技術には必ず多くの問題が伴います。それを批判し,新しい根を摘み取るのはいとも簡単なことです。一方,問題の解決案を考え「技術を育てる」ことは,その何百倍も難しいことです。そこに専門家の努力があり,努力の結果として,これまでの豊かな「科学技術立国日本」があるのです。

学校の小論文レベルでしたら「非」と書く方が遥かに易しいでしょう。しかし,こういう現状が「理系離れ」を加速させる一因にもなっているのかなぁ,とも思います。もし risyu さんが理系を目指しているなら,是非,真剣に考えて欲しい問題です。

もし起承転結の「転」で倫理観を論ずると,「結」は「クローンテクノロジーは非」に導かれてしまい易いですね。私は「クローンテクノロジーは是」となる流れの一例を紹介したいと思います。これで両論が出てバランスが取れますね。

起: 近年誕生したクローン技術は…という技術であり,将来の医療などへの期待が高まっている。
承: しかしクローン技術には負の面も付きまとう。特に人への応用には倫理的な問題が生じる。なぜなら…
転: 日本は科学技術立国といわれて久しいが,近年日本の技術力は低下の一途...続きを読む

Q【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ

【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ。

人文科学・社会科学って何ですか?

工学も自然科学の1つ?

どういう細分化されているのか教えてください。

Aベストアンサー

自然科学は、自然を観察する事により得られる科学分野で、通常は物理学・科学・生物学・地学(地球科学)・天文学です。
自然科学で無いのは、数学・哲学などの抽象的学問ですね。
人文科学は、広義には、人間が為した文化等を研究する分野なので、社会科学を含みますが、社会のみを研究分野とする場合は、社会科学は人文科学と分離されます。
その場合の人文科学は、哲学(倫理学・論理学・数理哲学)・歴史学(考古学)・文学・芸術学(美学)・宗教学・文化人類学(民族学)・教育学・心理学などです。
社会科学は、政治学(政策科学)・経済学(経営学)・法学・社会学などです。
上記を見ると、数学が入る場所がありませんが、便宜上は形式科学ですが、大学などでは自然科学分野との関わりが強いので、自然科学の分野に加えられています。

Q英語で科学技術論文を書く際の参考書

英語で科学技術論文を書く際に有用な参考書があったら教えて下さい。
幾つかは見たのですが、これ、というものがありません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろありますが,木下 是雄「理科系の作文技術」(中公新書)は発刊当時から定評があるもので,辞書的な使い方はできませんが,基礎的参考書と思います。私も時々読み返しています。
日本物理学会「科学英語論文のすべて」(丸善)は辞書的に使えます。
酒井 聡樹「これから論文を書く若者のために」(共立出版)は英語論文に限らないのですが,こころ構えを鋭く指摘してます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報