フランスは美術で有名であるようなきがしますが、
その理由がしりたいです。
その歴史的背景事情、地理的特性との関連について詳しいかたがいたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は経済の本を読んでてこれに符合するものを見つけましたので、少し書きます。

17世紀頃、経済という概念が発見されたあと、国が経済政策に積極的に口を出す国となるべく出さず市場にまかせることにする国に分かれましたが、フランスは国が積極的にに口を出す方の代表格でした。それで国を挙げてマニュファクチュアを導入し、きびしい商品の品質向上の為の決まりを作ったため、フランスは贅沢品の生産国になることに成功しました。このため贅沢な王政も維持され、贅沢文化が花開いたといえます。このあたりがフランスが質の高い美術または文化の中心になり得た理由のひとつではないでしょうか。しかしこの結果、国王の贅沢は続き、また規制の多さが障害となり新たな経済の発展に遅れをとり、重税感も重なり、後にフランス革命につながるとは皮肉なことです。
    • good
    • 1

ずばり「美術史における近代はフランスから始まった」からです。


ルイ・ダヴィッドを中心とする「新古典主義」を持って近代美術の始まりとされますが、その後興るドラクロワの「ロマン主義」クールベの「自然主義」そして大御所の「印象主義」など主立った近代美術がフランスから発せられているのです。

更に「美術史における現代もフランスから始まった」りします。
1905年のサロン・ドートンヌに発表された「フォーヴィズム」から現代とされますが、こいつもフランスです。
その後ピカソやブラックの「キュビズム」、マグリット、ダリなどの「シュールレアリズム」なんていう運動が雨後の竹のように興りますが、その中心・源は殆どフランスでした。

んで、第二次世界大戦を機会に美術の中心地がアメリカに移っていったわけです。
そこで始まったのがウォーホルやリキテンシュタインのポップアートだったりします。

美術史においてフランスは確かに最重要地域の一つではありますが、飛びぬけて「美術といえばフランス!」という印象を受けるのは、明治維新後の日本人が美術の勉強のために留学した国が、当時印象派で大盛り上がりのフランスだったってことが大きいのかもしれません。(刷り込みってやつですか)
あとはやっぱり印象派の画家や作品のメジャーさでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、日本人の主観も入っているというのは気ずかなかったですが言われてみるとなるほどと思いました。
とても勉強になりました。

お礼日時:2001/02/03 12:24

 フランスは地理的にはヨーロッパの中心でもあり、ルイ14~16世の時代から権力と莫大な経済力とにより、多くの美術品が流入しているが、最初は必ずしも作品の制作とか発信基地ではなかったとも言える。



 これより先、フィレンツェ、ローマで花開いたルネッサンス期のエネルギーが、メディチ家を中心とする周辺から王妃の輿入れと共にフランスに流れており、その伝統がバロック後の、ロココ的なるサロンの形成を助けていたと考えられる。

 収集するだけならその後の帝政ロシヤのコレクションも有名であったが、地理的には辺鄙な東方で気象条件も悪く中心にはなりえなかった。

 また音楽に目を転じると、ハプスブルグ家支配下のオーストリア地方がパリを凌いでいた部分もあるが、フランスの総合的サロンには、リストあり、ショパンあり、ジョルジュサンドありと多士多才で華やかさで勝っていたのである。

 以後フランスは文化の中心を他国に譲ることなく、今日に至っているのだが、最近についてはアメリカを中心とする説を言いたがる人もいるようだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ルネサンスの影響があったとはとても新鮮です。
現在アメリカの文化的地位が向上しているというのはあまり気ずきませんでした

お礼日時:2001/02/03 12:19

フランスに限らず、ヨーロッパでは、(1)キリスト教が盛んでしたから、教会の啓蒙運動布教のためにまず、宗教画が発展したこと、(2)その後の絶対王政の時代に、自分の権力を誇示するために、君主が競って自分の肖像画を描かせるため、画家のパトロンになった(経済的援助をした)ことなどが、きっかけいわゆる美術がさかんになったのではと思います。

また、他の国では、美術が工芸品としての歴史を長くもっていたのに対して、フランスでは、サロンといって絵画のコンクールが行われたりしたのもきっかけかもしれません。フランスは絶対王政の時にいろんな国からもってきた宝物もたくさんあるし(ルーブルに)また、パリの町並み(ユトリロなんて町並みしか描かなかったし)やフランスの片田舎のおおらかさ(セザンヌは素敵)は芸術家にとっては、創造力をかきたてられる要素には十分なのかもしれませんね。素敵な映画が撮られているのもまたしかりでは。
専門的な意見ではありませんが、参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通りパトロンの存在は大きいんでしょうね。(^ー^)

お礼日時:2001/02/03 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPower書院プラチナパックを入手したい。

シャープのワープロソフトPower書院のユーザーでした。多くの文書・表を保存していましたが、WindowsXP対応のPower書院プラチナパックを購入しないまま発売中止になってしまったために、パソコンをWindowsXPにバージョンアップすることができず困っています。発売中止になってしまったPower書院プラチナパックをどこかで入手できるでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO.1064983と同じ質問ではないですか。そちらも生きてますが。
Power書院プラチナパックでWEB照会すれば数十件出てきますし、照会先電話も載ってました。特定のソフトに付いては、該当ユザーがOKWEB回答者におれば良いですが、
ワープロ使用者層と違うような気がします。
製造元に中止になっても、在庫がないか照会されたのでしょうか。

Qルーブル美術館の歴史的意義

ルーブル美術館は
市民に開かれた近代美術館としての
歴史的意義があると思いますが、
「市民に開かれた」という意味では最古の
ローマのカピトリーノ美術館があると聞きました。

何故、カピトリーノ美術館はそれ程注目されず
ルーブル美術館ばかりが
「近代美術館」の先駆けのように言及されるのでしょうか・・・。

その辺りの事情に詳しい方、Wikipedia以外の有効なソース
(サイトや参考文献)も合わせて教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

端的にいえば以下の3つがポイントかと。
1.フランス革命を契機として
2.王侯貴族の権威の象徴ともいえる宮殿を開放して
3.王侯貴族の所有する宝物、コレクションが公共の財産となり、市民に公開

君主主権から国民主権へと大きく社会が転換するなかで誕生した美術館であるから注目されるのでしょう。
王侯貴族のコレクションは権力者に代々受け継がれるものですから、市民に受け継がれた、というのは権力が市民に移ったことを意味する大変意義のあることです。

ゆえに、フランス革命に影響を受けた諸外国に多大なる影響を与え、多くの追随を生むこととなりました。

美術品を公開する背景に、革命を経て市民の共有するコレクションとなったことが重要視される所以でしょう。

ちょっと専門とずれる分野なので、うろ覚えなのはご容赦ください。
url左側コンテンツ3番目あたりが参考になるかと思われます。
参考文献も載っているようなので、よろしかったらどうぞ。

参考URL:http://tenplusone.inax.co.jp/hen_muse/

Q90年代の書院→XPパソコン

95年頃のモデルの書院(SHARPのワープロ)のなかの
テキスト変換機能を用いて
書院で作成した文章をXPパソコンで読み出そうとしていますが、うまくいきません。
そもそもこういうことは出来るのでしょうか?
またやり方がなにかまちがっているのでしょうか?

書院の中の、フロッピーをMSDOS化する機能によって新しいフロッピーを初期化する。
そこの中に、書院の機能で、MSDODファイルとして書き込む。
それをXPパソコンで読み取る。


そうすると、『フォーマットされていません』という警告がXP上で出ます。

Aベストアンサー

 一般に95年ごろのワープロ専用機のFDDだと、2HDフロッピーの場合MSDOSフォーマットは、1.25MBフォーマットになってると思われます。
 今の一般的なPCは、1.44MBなので、1.25MBのフロッピーは読めないので「フォーマットされていません」というメッセージが出ていると思います。
2DDのフロッピーは、ワープロも今のPCも対応しているので、2DDのフロッピーを使えばPCでも読めるはずです。

Q藝大の受験科目の「地歴」は「地理と歴史」なのか?

藝大の受験科目の「地歴」は「地理と歴史」なのか?
本屋で受験の本をなんとなくパラパラ見ていて有名大学を見ていたのですが、藝大の受験科目に「地歴」と載っていたのがとても気になりました。他の大学の受験科目は「地理」「歴史」と分けられているのに。「地歴」と合わせて言っているのは、「地理と歴史」を合わせて受験科目1つにしているからなのでしょうか?そしたらかなり範囲が広いことになりますよね?そしたら選択したひとはかなり大変ですね。2つで1つの科目にするとか、そんなことをしてもいいものなんでしょうか?歴史には確かAとかB(?)があった気がするんですが(とっくに卒業してるので……なんだったっけ。Aは縄文時代とかでBは現代寄りでしたっけ?その境目はなにで、なんでそんな風に分けられて、なにを基準にそのラインを分目にしたんでしょうか?)、歴史の範囲はAなんでしょうか?Bなんでしょうか?それとも全部でしょうか??とても気になってます。

Aベストアンサー

地歴 世界史A,世界史B,日本史A,日本史B,地理A,地理B から1


http://www.geidai.ac.jp/enter/pdf/senbatsu-H23.pdf

http://www.geidai.ac.jp/index.html

募集要項見れ\(^^;)

ちなみに、今の高校では

社会科が
地歴科(地理・世界史・日本史)と
公民科(公民・倫理・現代社会)に
分かれている

歴史Aは、歴史Bを、専門科目多いので授業時間少ない職業高校用に
内容をコンパクトに整理したもの。年代に違いはない。

Qpower書院のカルクをPCへ持ってきたい。

Power書院プラチナパックは、もう販売していません。ページを検索したのですが、在庫のある所も見つけられません。Power書院があれば、カルクが、SYLKへ移行できるようです。ヤフオクにも出品なし。何か良い方法ないでしょうか?

Aベストアンサー

的外れでしたらごめんなさい。

データコンバートソフトで書院形式を他の形式に変更するというのではだめでしょうか?
・リッチテキストコンバータ
http://www.antenna.co.jp/RTC/RTC2005R2/
・コンバートスター
http://www.systemport.co.jp/product/cs16/index.html

※あちこちの掲示板にPower書院プラチナパックを探していることを書かれている人物ですよね?>bb2005さん

参考URL:http://www.antenna.co.jp/RTC/RTC2005R2/

Q体系的に美術を勉強(技術的な部分も)したいのですが。

 美術鑑賞が趣味(特に現代美術)で、公募展に稚拙な作品を出品したりなどしていました。
 
 技術的な部分、知識的な部分等、あらゆる面で不足部分が多いなと感じています。
 
 また、自分が何を表現したいのか、どんな手法を使って表現したいのかも漠然として定まっていません。
 
 デッサン教室に通いましたが、花や果物など同じ様な課題のデッサンが続き、単調さを感じ、辞めてしまいました。

 体系的に、色々と学習するには通信大学に入学するのが一番良いのかなとも考えていますが、他に手段はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

知識に関してなら放送大学などを履修するのが良いと思います。
あと作家や美術館主宰の講義やワークショップなどがあります。
技術面で申し上げるのなら、さまざま表現の作品を描きたいのであれば絵画教室に通うか独学で学ばれるほうがいいと思います。
良くある絵画教室は初心者向けの教室がほとんどで、デッサンと軽いスケッチを行うのがほとんどですが、大学受験の研究所などで一般人
向けのコースを設けていたり、わざわざ受験の夏期講習などを一般の人が講習を受けたりする人もいるそうです。
そういうところは塑像やデザインなどさまざまな事柄を教える教室も
あります。
美術教室にもさまざまあって、版画教室もあれば古典絵画技法の教室も
都内であれば見つけることが出来ます。
独学でも最近はさまざまな技法書が売っていますし、私個人では油絵の模写をかなり多くやりました。画集と絵画技法書を片手にです。
構図を学ぶのに一番の近道は模写ととにかく描くことです。
構図の感覚は学校に行ったからといってすぐに身に付けられることではないですし、学校で教えてくれるのはほんの入り口に過ぎません。
ただ学校でないとやりづらいものも有ります。
写真と印刷と大型の彫刻などの専門の技術が必要なものは、学校などで
学ばないと意味がありません。
まず、自分がどんな表現をしたいかよく調査をしてそれから学校か、
絵画教室か、独学か選ばれたほうが良いでしょう。
表現方法や手法、作品制作の意図などは美術史や作家の手記、作品集
展覧会などに触れて興味を持つ人もいますし、作家の作業に直接触れ
て興味を持つ人もいます。作家の作業に触れるなら美術館や大学主宰の
ワークショップや作家のアトリエでの体験教室を利用してはいかがでしょうか。
あと知識に関してはインターネットのサイトにはかなりの数の情報が閲覧できます。
ほとんど大学などで教えてくれるものと大差ない知識のものです。
どんどん利用しましょう。

知識に関してなら放送大学などを履修するのが良いと思います。
あと作家や美術館主宰の講義やワークショップなどがあります。
技術面で申し上げるのなら、さまざま表現の作品を描きたいのであれば絵画教室に通うか独学で学ばれるほうがいいと思います。
良くある絵画教室は初心者向けの教室がほとんどで、デッサンと軽いスケッチを行うのがほとんどですが、大学受験の研究所などで一般人
向けのコースを設けていたり、わざわざ受験の夏期講習などを一般の人が講習を受けたりする人もいるそうです。
そういう...続きを読む

Q書院造と西洋建築、近代建築について

書院造と西洋建築、近代建築を比較してどのような点が違うのか具体的に教えてください
また、書院造は日本的であるがなぜそうなのかも教えてください

Aベストアンサー

 根本的な違いは、家に自然を取り入れるもしくは家ごと自然の中に居るのが日本建築。

 自然を排除して、自然と人間の支配領域を截然と区別するのが、西洋建築だと思っています。


 日本人にとっての家は、夏を旨とするべきもので、冬はどんな格好をしても住むことができるもの(兼好法師)。

 そのような文化的背景からして、日本建築は元来木造であり、引き戸であけっぴろげであり、明かりは障子戸を通して取り入れ、池や築山などとともに、自然の一部としておかしくないように建てられます。

 庭は、自然の池や海をイメージした不定形なもので、樹木は、自然の中の年数などを誇張はしていても、あり得ない形にはならない。

 その典型が書院造りですね。

 それに対して、西洋建築は自然を排除します。

 ガッチリと窓にはガラスが入っていて風を拒絶し、扉はドアで基本的に閉まる物だったりしますし、家は角張っていて、材料は石材など硬い物を使用します。

 付属する庭は、カクカクしたシンメトリーな形状。あんな形状は自然の中にはありえず、人間による「自然支配」の象徴です。


 質問者さんの言われる近代建築というのがナニを指すのか、いまいちわかりませんが、私にいわせると、複数の日本の有名建築家などが設計した建物、その環境のような、自然と人間の(一体化ではなく)調和した建築が「近代建築」と呼ぶに値すると思います。

 自然と人間、別な物は別なんだけど、一緒に仲良く存在します、的な、和風と西洋建築の良さを取り入れたようなもの。

 だれのどこの建築がいいか、ちょっと名前が出てきませんが、何度か「これぞ近代建築」というふうに思ったことがありますね。


> 書院造は日本的であるがなぜそうなのか

 一つにはハッキリした四季があることと、もう一つは八百万の神々への信仰が原因ではないかと思います。

 季節の移り変わりは美しいから、当然、それを眺めたい、壊したくないという気持ちになりますし、シンメトリーなものは自然にはありえないのに、あえてそのようなものを作るような、畏れ多いことはできないし、すべきでない。

 寺院なども、中国や朝鮮半島などのような、伽藍(建物)と塔を左右対称に作ったのは最初だけ。すぐ、片方にだけ塔を建てるようなアシンメトリーな形状に行き着きました。

 陶器などの好みも同様で、朝鮮の陶工などがキッチリとできあがった作品を王家から求められたのに反して、日本ではいびつな、一見失敗作のようなものが好まれたのもまた同じ。

 完璧な形なんて自然にはありえない!あってはならない!

 それらの思いを追求し、追究し、突き詰めたところあるのが、書院造りではないでしょうか。
 

 根本的な違いは、家に自然を取り入れるもしくは家ごと自然の中に居るのが日本建築。

 自然を排除して、自然と人間の支配領域を截然と区別するのが、西洋建築だと思っています。


 日本人にとっての家は、夏を旨とするべきもので、冬はどんな格好をしても住むことができるもの(兼好法師)。

 そのような文化的背景からして、日本建築は元来木造であり、引き戸であけっぴろげであり、明かりは障子戸を通して取り入れ、池や築山などとともに、自然の一部としておかしくないように建てられます。

 庭は、自...続きを読む

Qアジアの美術事情について

こんにちは。

現代美術に興味がある者です。
(専門的に学んでいたわけではありません)

現在、現代アートが比較的盛んなのは、アメリカや
イギリスであるということはよく耳にするのですが、
(間違っていたら、訂正お願いします)

アジアの最近の美術事情はどのような状態なのでしょうか?

もし、アジア圏でも現代アートが盛んな国はあるのでしょうか?

知識をお持ちの方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

中国では今現代アートが盛んです。
http://www.tagboat.com/contents/select/vol88_china.htm

韓国でも日本よりも現代アートが盛んですよ。
特にメディアアートにおいてはナムジュン・パイクを輩出した国だけにずっと盛んですが、近年は中国のアートバブルの影響かペインティングも盛んになってきているようです。
http://media-arts.cocolog-nifty.com/festival2008/2008/06/post_847a.html

Q帝国書院の地理の教科書、気候区分の間違い?

最初にkabo-cha さん。帝国書院の間違いでした。
すいません。

ふと気になって帝国書院の地理の教科書を見てたら、温帯気候の分類がありました。
そこには
温暖湿潤気候
地中海性気候
西海岸性気候
の3つが色分けしてありました。
なのに、北陸から東北にかけての日本側は白く何もぬられてないんですよ。
帝国書院では北海道も塗られてなかったので同じ亜寒帯と思っているのでしょうか。
私と同じく変だと思った方はいないのでしょうか。

写真がないので信じててもらえるか不安です。


それと、帝国書院に苦言を言った方がいいですかね。

Aベストアンサー

たぶん図の精度が低い(小さい)のではありませんか?
世界地図の気候区分で日本だけ見ているとか。
おそらくケッペンの気候区分図が見にくくて勘違いしているかもしれません。

岐阜から青森までの山岳地帯は亜寒帯(灰色)が点在しています。
図が小さいとこれがべた塗り(細かくて色分けできない)になります。
そして亜寒帯以外の場所も灰色になります。
秋田~富山あたりまで灰色にみえたりします。

もし帝国書院の地図をお持ちなら日本の気候のところを見てみましょう。
中学生用だとケッペンの分類が載ってないかもしれませんが
高校生用ならDfaとDfbも見分けられるくらい細かく書いてあるでしょう。
もしかしたらケッペン以外の気候区分例も載ってるかもしれません。
私が今使ってるのにはケッペン以外に2つの区分図が載ってます。
用途に応じて分類の仕方も変わる。
地図が何種類かあるのと同じですね。

ちなみに「日本、ケッペン、気候区分」で検索するとケッペンの分類の修正をあつかった
論文が見つかると思います。
外国の分類では日本の気候の分析が不十分なので見直し作業をしてるんですね。
将来教科書の区分図が変わるかもしれません。

それにしても質問が高度ですね。
大学受験でもここまで細かいことはなかなか調べられませんけど。
勉強頑張って下さい。

たぶん図の精度が低い(小さい)のではありませんか?
世界地図の気候区分で日本だけ見ているとか。
おそらくケッペンの気候区分図が見にくくて勘違いしているかもしれません。

岐阜から青森までの山岳地帯は亜寒帯(灰色)が点在しています。
図が小さいとこれがべた塗り(細かくて色分けできない)になります。
そして亜寒帯以外の場所も灰色になります。
秋田~富山あたりまで灰色にみえたりします。

もし帝国書院の地図をお持ちなら日本の気候のところを見てみましょう。
中学生用だとケッペンの分類が載っ...続きを読む

Q私立の美術関連の大学について

進路希望で馬鹿正直に国公立の美術大学を書いて
「学力たりないからー」
といわれました。勉強もしてるのですが、私立も視野にいれたいとおもいます。自分なりに調べてみたのですがどこも高いし数が何より多いので良し悪しがさっぱりわかりません……。

地元の私立というので絞ってみたら下記のものがありました。
金城大学短期大学部 デザイン・映像コース
国際デザインカレッジ金沢

自分はイラストレーターになりたいのでどちらかというとデザインの分野になります。ちなみに学力足りないからで一喝されたのは
金沢美術工芸大学のデザインです。

地元固定とは言いませんがココがお勧めというところを教えていただきたいです。
友人に相談を煽り進められたところが問題ばかりのところで疑心暗鬼にとらわれています……。
アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

つづきです。

「デザイナーではなくてイラストレーターです。
高校では美術週6単元あり2年からは8単元になり選科がわかれる」
高校の美術は基本をクリアしてないのに絵の具を使うので
ゆるい趣味でしかなく(小学生がピアノを練習するのでも
基本から順を追って週20時間とかあります)職業技能を磨く意味は
ありません。授業とは別に基礎練習を行いましょう。
イラストレーターになるには基本的な画力が必要なので
デザインではなく絵を描く学校に入るべきです。

たとえば看護士の学校を優秀な成績で卒業すれば
ほぼ確実に看護師になれるでしょうが、
絵の学校を出てもイラストレーターになれる可能性は低い。
複製産業のオリジナルを描くのだから求人がひどく少ないからです。
したがって、イラストレーターになれなかったらどうするか
考えねばなりません。職種の第二志望というわけです。
それはたとえば漫画家の高級アシスタント(指定された絵を下書きから独自に描く)とかCGアニメの動画描きとか、食品サンプルのロウ細工職人とかお化け屋敷のお化けを作るとか店外装飾の造形とか、
いろいろあるわけですが、
二次志望をどうするかによって学校の選択が変わります。
学校を出てすぐイラストレーターになれるわけがないのだから、なんらかの仕事をしながらイラストを描くことになるのであって、
二次志望をそれに当てるのが順当です。職種として重なる部分が
あれば効率が高いからです。

エリート的な仕事は良い学校に入ればあとは
学校におまかせというものではなく
独自に賢く行動しなければならない。
普通の高校生が進学校を選ぶのとは違います。
絵の学校を出た後どうするかを今からよく考えないと
人生がグダグダに貧しくなってしまいます。
上記の★二次志望をよく考えて決めることが先決★です。
たとえば二次志望がグラフィックデザイン系なら
グラフィックデザインの学校に入るのがよい。
グラフィックデザインのセンスはイラストに大いに
役立つし、写実的な絵の修業は学校とは別にもできるからです。

つづきです。

「デザイナーではなくてイラストレーターです。
高校では美術週6単元あり2年からは8単元になり選科がわかれる」
高校の美術は基本をクリアしてないのに絵の具を使うので
ゆるい趣味でしかなく(小学生がピアノを練習するのでも
基本から順を追って週20時間とかあります)職業技能を磨く意味は
ありません。授業とは別に基礎練習を行いましょう。
イラストレーターになるには基本的な画力が必要なので
デザインではなく絵を描く学校に入るべきです。

たとえば看護士の学校を優秀な成績で卒...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報