ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

アメリカの大学に在学中の20歳(女)です。
学部は工学部です。

小さい頃から医者になるのが夢で、
日本の大学の医学部に進もうと考えていました。
しかし、父親の海外転勤でアメリカの学校に転校。
そのままこっちの大学に進みました。
理系だったこともあり、就職面で有利ということで工学部に入りました。
(アメリカでは学部レベルでは医学部というものはありません)

工学部に入って最初の頃は張り切っていたのですが、
春頃から、どうもしっくり来ない感じなのに気がつきました。
いろいろ考えた結果
「やっぱり自分が医学部への道をあきらめきれないんだ。」
ということに気がつきました。

しかし、今更そんなこと言ったってもう遅いし、親にもそんなことは言えません。
とは言うものの、医学部への想いは日々強くなるばかり。
だんだん今自分が勉強していることも、おもしろくなくなってきた気がします。
でも親に学費を出してもらっている以上、「今の学部が不満」だなんて言えません。

親にはまだ言っていませんが、
日本の大学の医学部に受験しようかな・・・とも思っています。
財政上の理由で国公立大学しか無理ですし、予備校に通う余裕もありません。
自分で勉強(独学)になると思います。

”海外の大学に在学中で、それを切り上げて日本の医学部に入りなおす”
というのは現実的に、無理なことなのでしょうか?
「大学をやめて受験生になった、しかし不合格になった」
ということを考えるとなかなか決心がつかないのも事実です。
多分、両親に相談しても「リスクが大きすぎる」と言われ反対されると思います。
(何気なく日本の大学の医学部に入りなおしたいと言ってみたら、何馬鹿なことを、と言われました。)
日本の進学校や予備校で必死に勉強をしている人達でさえ難しい医学部受験。
まともに日本での教育を受けていない者にとっては絶望的でしょうか?

ちなみにアメリカのメディカルスクールを目指すという事も考えましたが、
州立大学でさえ学費だけで300万以上かかるので、無理だと判断しました。

それとも”学部を卒業してから、医学部編入”
という方法のほうがいいのでしょうか?

長々と失礼いたしました。
どうにもこうにも自分の中で納得のいく答えが見つかりません。
何で日本の大学を受けなかったのだろう?
私はここで何をしているんだろう?
と毎日悩むようになってしまいました。
どうかアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

的外れかもしれませんが、一つだけ。


ポーランドの医学部は四年制もあります。
これはアメリカと同様大卒者で化学、生物を履修した
プリメド課程の人を対象としています。

今二年生でしたら、後二年工学部を卒業して、
プリメド課程をとって、ポーランドの四年制を卒業すれば、
日本で六年制の医学部に通うのと変わりません。

ポーランドは学費もそんなに高くなく、
アメリカの医学部、カリブ海の医学部にも行けない人が
行くところです。しかしながら、卒業生はアメリカに戻って
医師になれるように教育体系が組まれているそうです。
    • good
    • 1

今日本で問題になっているのは医療、医師の質の低下です。

特に地方では医師不足による荒廃が進行しており社会問題化しています。また小児科や産婦人科医の不足も深刻化しております。いろいろな点から考えますと、日本の医師はアメリカの医師と比較して決して恵まれてはいないような気がいたします。また、これから重要なのは再生医療の分野ではないかと思っています。つまり臨床医より、基礎研究の分野こそが重要であるのではないでしょうか?現在勉強されている大学のバイオ分野にメジャーを変更されるのが最善だという気がいたします。またアメリカにはMD/Ph.Dというコースがありますが、これは全額奨学金支給のはずです。難関ではあるようですが、チャレンジされてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1

こんにちは。


ご質問拝見しました。心情お察し致します。

まず、
仮に医師になったとして日本で働きたいのですか?それともアメリカで?
これが重要だと思います。
日本で働くには基本的に日本の医師国家試験に合格する必要があると思います。それには日本国内の医大・医学部で勉強して卒業するのが第一条件でしょう。
ご存知の様に私立は莫大な学費がかかります。国公立ならば確か前期後期合わせて年間50万程度だったと思います。が、しかし偏差値はいずれも高く、特に国公立は概ね東大の易しい学部に入れる位の学力が必要で、センター試験では8割~9割の得点が必要です。(勿論、二次試験もかなり高いレベル)

もし、将来そのままアメリカでの就職を希望しているのなら、現在の学部を卒業してから医学部編入という方法がいいのでは?と思います。
あと、東欧ハンガリーの医学部などは卒後、資格を取得しても日本で医師として働くことは出来ません。アメリカ国内ではどうかは分かりませんが。

とりあえず、ご自分の学力レベル(偏差値)を知る意味でもそちらから日本の大学受験のプロである予備校に問い合わせをされて模試や家庭添削を受けてみられてはいかがでしょうか?
その結果から漠然と医学部へ行きたい(夢・希望・憧れ)~現実的に行ける可能性といったものも具体的に見えてくると思います。その時点でそれらデータをもとに少しでもご両親を説得出来るのでは?と思いますが。
    • good
    • 1

まずはですね、「本当に医者としてやっていきたいのか?」を考えてみましょう。

医者の書いた本を読んでみたり、ネットで調べたりいまならいろいろ可能だと思います。医者という仕事は聞けば聞くほど楽な仕事ではありませんし、わりに合わないといわれます。そして、それを目指すことによるリスクもちろん受験で失敗する可能性やお金のことなども同時に挙げてみるのです。

以上の作業を自分の中でおこなった上で、それでも医者としてやっていきたい、すべてのリスクを負ってもやっぱり医者を目指したいとおもうのでしたら、その気持ちをきちんと親に伝えるべきです。親はもちろん反対するでしょうが、あなたの人生はあなたのものです。お金をだすことやリスクに対しては親は反対するでしょうが、あなたがやりたいことをやらせないために否定する親はいないはずです。たとえば、お金の問題なら「奨学金で生活費は何とかする」とか、どうしてもというのであれば、「何年やってだめならあきらめる」などはっきりとコミットメントを示せば親は納得してくれるかもしれません。

ここまでやって、やっと親を納得させたのであれば、おそらくそれだけ勉強する覚悟もできるはずです。中途半端に保険をとったりするとどうしても人間甘えができます。将来医者になって人の命を救うんだという強い意志が、たとえあこがれであっても強ければ、それだけがんばれると思うんですよね。仮にそれでだめだったとしても、やるだけやってだめだったなら、やらずにいるより得られるものはあると思います。

ただ、とりあえず大学を卒業してから考えるのか、今からやめてかんがえるのか、あるいは休学するのか、この辺の事情に関しては最終的には親の意見もきちんと聞いて考えましょう。衝動で辞めたはいいが、どうしても落ちる可能性というのはあるので、その時に高卒になってしまうというリスクを負ってまで自分を追い詰める必要があるかといわれると賢い選択とは思いません。リスクを減らせるならリスクは少ない方がいいです。その分覚悟が足りなくなる、という意見もありますがそれならその分保険があっても自分をコントロールして没頭できるように努力することに費やした方がいいと思います。模試を定期的に受ける、とか個の参考書をいつまでに絶対にやる、とかむしろそういうものをしっかりやりましょう。

そういう意味で、やっぱりそれなりの覚悟が必要だと思います。その覚悟はやっぱりそれだけ「医者になりたい」という思いが煮詰められているかどうかが重要になってくると思いますので、目指すこととそれによるデメリットを自分のなかで今一度考えてみることをお勧めします。
    • good
    • 0

親を説得できないのに、医学部受験を合格まで、耐えられるか疑問です。


病気の人を助けたいのであれば、医者、看護師、ケースワーカー、ソーシャルワーカー、医療事務、たくさんの人のチームワークです。
NHKドラマ「チャングムの誓い」を見てください。
貧困や、悩める人々を救うのは、政治家、宗教家の仕事です。
アメリカにもゴッドハンドと呼ばれる優秀な脳外科医がいます。その医者に手紙を書いてみますか?日本人ですよ。
NHKプロジェクトXで見ました。チェルノブイリで、甲状腺の手術をするために、日本の病院をやめて、自費で単身チェルノブイリに住み、研修医からはじめて、実際に手術をさせてもらえるまで、がんばりぬいた医師の話でした。実は、その医師は、世界的な甲状腺手術のプロだったのです。現在、長野県の市長をしています。
私の知っている医者は、アメリカ留学を自費で2年経験しています。研修医のころは、殺人的な勤務時間でしたね。毎日の睡眠は2,3時間。休みはなし。夜中に帰って食事をして寝たかと思うと呼び出しの電話。最近の日本では、過労死の医師、産婦人科、小児科の医師不足、地方の病院の閉鎖。
医学部をめざして、地方の大学で、診療所勤務を拒否しなければ、学費免除
地元推薦など、医師養成のための医学部定員が増設されます。当地の医学部も女性が過半数に達するのは2,3年後です。
30歳、40歳、50歳になって、医師をめざす人がいます。それなら、今挑戦してください。ガンの治療では、アメリカがすすんでいます。そちらで医師になって、日本の大学で学位をとるとか、道はひらけると思います。
相談できる大人が必要ですね。
    • good
    • 1

何を目指すかによって変わってくると思います。


日本で医師として働きたいのであれば日本の大学を卒業しなければ
なりませんが、そうでないのなら日本にこだわる必要はないと
思います。
学費の問題というのであれば、東欧ハンガリーの医学部を目指す
のも一つの方法かもしれません。
EUの医師免許だけでなく、試験を受ければアメリカの医師免許も
取れるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答を頂いて、大変感謝しております。
将来は日本に住む・・・と考えているので
それを踏まえると、日本で医師になるのが一番いいのでは、と考えています。
東欧ハンガリーの医学部・・・学費面ではとても魅力的ですね。
授業は英語で行われるとのことで、その点では少し安心しました。
そういうオプションもあるんですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/13 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の大学卒業後(文系)、アメリカの医学部大学院へ

日本の大学卒業後(文系)、アメリカに留学、大学に編入して文系専攻で学んでいる者です。しかし、思うところあって、アメリカで医学を学びたいと考えるようになりました。簡単な道ではないのは承知していますが、どのような可能性があるのかをとにかくまず知りたく、情報収集しています。しかし、なかなか全体像がつかめず、難儀しています。年齢も年齢なので、できるだけ確実・着実な方法を探しています。

学部と医学部大学院が直結したBS-MDプログラムの学生でない限り、私のようなケースでは学士号に加えてpre-medコースを取ることが必要だということは分かりました。しかし、pre-medというのは、意外とどこの大学にも置いているようです。pre-medの後、確実にメディカルスクールに入学するためには、pre-medを学ぶ大学はどんな基準で選んだらいいのでしょうか? また、メディカルスクールの場合、留学生を取らないところが多いということも分かりましたが、pre-medの段階でも留学生を取らないところが多いのでしょうか?

あれこれ書きましたが、日本の文系学士号を持っていて、アメリカのメディカルスクールにつながるための情報であれば、どんなことでも結構です。同じような状況からメディカルスクールに進学した人や、全体像のつかみやすい情報ページなどもありましたら、ぜひお教え下さい。

よろしくお願い致します。

日本の大学卒業後(文系)、アメリカに留学、大学に編入して文系専攻で学んでいる者です。しかし、思うところあって、アメリカで医学を学びたいと考えるようになりました。簡単な道ではないのは承知していますが、どのような可能性があるのかをとにかくまず知りたく、情報収集しています。しかし、なかなか全体像がつかめず、難儀しています。年齢も年齢なので、できるだけ確実・着実な方法を探しています。

学部と医学部大学院が直結したBS-MDプログラムの学生でない限り、私のようなケースでは学士号に加えてpr...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカのメディカルスクールに通う日本人留学生です。高校卒業まで日本で過ごし(帰国子女ではありません)、大学からアメリカに来ました。

まず、Pre-medについてです。留学生であろうがなんであろうが、Pre-medはできます。要するに、メディカルスクールにApplyするためのRequirementsさえ取ればPre-medです。また、アメリカの4年制大学であれば、Pre-medの科目が取れますので、どこの大学でもOKです。Requirementsの科目はメディカルスクールによって微妙に異なりますが、大抵は

-Biology + Lab 1yr
-General Chemistry + Lab 1yr
-Organic Chemistry + Lab 1yr
-Physics + Lab 1yr
-English 1yr
-Calculus 1 semester / 1 yr (depend on school)
-Advanced level life science course (a few of them)

です。貴方はもうすでにアメリカの大学にいるのですよね?それならば、そこの大学で先述のRequirementsのクラスを取ってください。もし卒業までに取れないようでしたら、Post- Bacで取る必要があります。

メディカルスクールに必要なRequirements詳細については、AAMCが出版している Medical School Admission Requirements MSARに書いてあります。各メディカルスクールごとのデータも載ってます。どこの学校が留学生を受け入れているのかもわかります。受験生であれば皆持っているMed school 情報本なので、購入をオススメします。
https://www.aamc.org/students/applying/requirements/62892/msar/
アマゾンでも購入できます。

日本の文系学士号は特にメディカルスクール受験に有利にはならないと思います。おそらく、何の影響もないでしょう。

ところで、グリーンカードを持たない留学生がアメリカのメディカルスクールに入るのは至難の業です。確実に医者になりたいのでしたら、帰国して日本の医学部の編入試験を受けたほうがよいかもしれません。留学生にとって、アメリカのメディカルスクール受験は日本の医学部編入試験より合格するのが難しいのが現実です。確実な道はどこにもありません。が、努力次第でどうにでもなります。

ご存知だとは思いますが、Pre-medで取るクラスは全て良い成績を収めてください。GPAは最低でも3.5はないとダメです。MCATも30くらいないと厳しいです。

ボランティアや研究なども、今から始めるとよいでしょう。

私のブログ(まいぺーすde。~アメリカ医学部留学日記 http://hotarunokoya.blog92.fc2.com/ )にメディカルスクール受験方法を記しています。詳しくはそちらをごらんください。他にも質問がございましたら、ブログにあるメルフォより聞いてくださって結構です。私でよければ、相談にのりますよ。

がんばってください!

アメリカのメディカルスクールに通う日本人留学生です。高校卒業まで日本で過ごし(帰国子女ではありません)、大学からアメリカに来ました。

まず、Pre-medについてです。留学生であろうがなんであろうが、Pre-medはできます。要するに、メディカルスクールにApplyするためのRequirementsさえ取ればPre-medです。また、アメリカの4年制大学であれば、Pre-medの科目が取れますので、どこの大学でもOKです。Requirementsの科目はメディカルスクールによって微妙に異なりますが、大抵は

-Biology + Lab 1yr
...続きを読む

Qアメリカの医学部のランキング

アメリカの医学部のランキングを教えてください。
どの大学の医学部がトップなのかを知りたいです。
(自分が入学を考えているわけではないのですが、とある作品の中で使いたいのです。)

Aベストアンサー

 元米国在住です。#2さんがご紹介されたランキングとは別に、
大学ランキングで権威を持つ US NEWS & WORLD REPORTS 誌の
最新ランキングを紹介します。

1. ハーバード
2. ジョンズ・ホプキンス
3. ペンシルバニア
4. UCサンフランシスコ
4. ワシントン大学(セントルイス ※7位とは別の大学)
6. デューク
7. スタンフォード
7. ワシントン大学
9. イェール
10. ベイラー医科大学( ベイラー大学とは別枠扱い、日芸みたいなもの )

 なお米国の大学評価は日本とはかなり異なっていますので、
このランキングを額面どおり受け止めると、その小説などの
説得力が失われるということにご注意ください。

 たとえば日本では東大医学部が絶対的な頂点で、京大医学部と
慶應医学部が他を寄せ付けない2トップになっていますよね。
ところが米国ではハーバード医学部だからといってそのような
絶対的な地位をもっていません。

 たとえば、日本でも東京女子医大が心臓手術で有名なのと同様に、
「 ○○手術なら□□大学 」などと専門により評価が細かく分かれ
ていたりします。たとえば上記のランキングに載っていませんが、
イリノイ大学シカゴ校の医学部は予算規模では全米でも最大で、
米国第三の都市であるシカゴでの影響力は絶対的です。

 このように、全米の医学界に( 東大のような )絶対的な影響
力を持つ大学もありません。州ごとの地域性が高い米国では、
その州( もしくは近辺 )の医学部を出た人が影響力を持ちます。

 面白い例を挙げると、10 位のベイラー医科大学があるヒュース
トンの「 テキサスメディカルセンター( TMC )」には、テキサ
ス大学医学部やセントルーク医科大学( 聖路加の本部 )などが
集まっており、1万人もの研究者がいます。友人の研究医がベイ
ラーで働いているので訪れたことがありますが、通院者や付き添
い者のために大型ホテルがいくつもあるなど、度肝を抜かれる
規模です。ここにいると、ハーバードやスタンフォードの医学部
ですら、遠いどこかにある医学部でしかありません。

参考URL:http://www.usnews.com/usnews/edu/grad/rankings/med/brief/mdrrank_brief.php

 元米国在住です。#2さんがご紹介されたランキングとは別に、
大学ランキングで権威を持つ US NEWS & WORLD REPORTS 誌の
最新ランキングを紹介します。

1. ハーバード
2. ジョンズ・ホプキンス
3. ペンシルバニア
4. UCサンフランシスコ
4. ワシントン大学(セントルイス ※7位とは別の大学)
6. デューク
7. スタンフォード
7. ワシントン大学
9. イェール
10. ベイラー医科大学( ベイラー大学とは別枠扱い、日芸みたいなもの )

 なお米国の大学評価は日本とはかなり異なっていますの...続きを読む

Q海外医学大学の学費が無料のところがありますか?

はじめまして、ライアンと申します。

高校時代、医者になろうと思い、医学選考のグループに入りましたが、成績があまり理想ではなかったので、違う道に進んでいました。

今は、普通のサラリーマンで会社に務めていますが、夢をもう一度挑戦したくて、医学の道を進みたいですが、海外の医学大学にいこうと思いますが、いい大学を教えていただけませんか。特に、学費が無料の大学が(5)存じていらっしゃれば、是非教えていただきますようお願いいたします。大変な道を歩んでいこうと決意しましたので、いい情報をおしえていただければ幸いです。また、何がアドバイスがございましたら、是非コメントを頂いても結構です。ちなみに、私は今年28歳となりました。なにとぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

恐らく外国の医師免許はそのままでは日本で通用しないのでは?その辺を正確に調べられましたか? ドイツの州立大学(俗に言う国立)は従来は無料でした。 最近は所によって、有料になっていますが、日本に比べたら問題にならないくらい安いはずです。 ドイツの大学に外国人が入学するのには公的に認められるドイツ語力を要求されます。 それと、医学部は入学希望者が得意多いようなので、ドイツ人でも入学試験めいたものがあるようです。日本で医者としての資格を得る方が数十倍も容易でしょうね。
私の甥が薬学博士ですが、某国立の医科大に編入しました。しかも10月から来いとのことでした。

Q海外と国内の医学部

30歳の社会人をしている
従兄弟から、医学部に
どうしても医学部に
行きたいという相談を受けました。


国内でも、どの県の医学部でも構わないし、
海外の医学部でも、フィリピン等の物価の安い英語圏の医学部なら、
どの国でも行く気概はある男です。


それだけの根性はある男です。
彼の18歳の頃のセンター試験の得点率は83%くらいでした。


彼にそこそこの底力はあります。18時点の話ですが…


年齢が上がると、医学部再受験がなかなか難しいと聞きました。


筆記で試験管が何も文句が言えないほどの得点が取れれば、面接点が低くても大丈夫とは思いますが…


一方で海外の医学部では、入試はそこまで難しくないものの、卒業が難しいと聞きます。また英語による入試も気になります。


彼も本気で今から医学部を目指す気概を持っているので、
どうかご指導よろしくお願い致します。


彼は、国内の私立大学の医学部は考慮に入れておりません。

Aベストアンサー

 30歳を過ぎてから国公立の医学部に入る人はたまにいますよ。
他学部( 文系含む )を卒業して社会人を経験し、そこから転進
して医者になるというケースは決して皆無ではありません。経済
学部を出てから医者になったなんて人もけっこういます。

 また、医者不足が指摘されている現状もあり、医学部に関しては
多浪を排除することもありません。以前、某帝大医学部の合格者の
分布図を見たことがありますが、2浪が最多で1浪・現役・3浪が
続き、あとは10浪以上までなだらかに下がります。つまり多浪生は
少なからずいるのです。

 なお、合格した後も大学生でいるあいだは生活費が必要ですから、
その手当てだけは考えておく必要があるでしょう。お金の心配が
ないのであれば、あとは本人の努力次第です。

Q日本国籍の日本人がEUで医師になれるか…。

日本国籍の日本人がEUで医師になれるか…。

ハンガリーやチェコなどの大学の医学部への留学を斡旋する業者がたくさんありますが、
それらの大学を修了した後に EU市民ではない我々日本人でも
EU圏内でどこでも有効な医師免許(ドイツでいうApprobation)を得られるのでしょうか?

Aベストアンサー

”http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/medical5.html”を
読んでください。

Q医学部への編入学について教えてください

大学を卒業してから、医学部に編入学できるというのは本当ですか?
たとえば、国公立の大学で偏差値50弱の理系の学部から、大分大学の医学部へ編入学も
できますか?
もし可能なら、編入試験前の在学期間中に何か準備すべきことはありますか?

Aベストアンサー

元塾講師です。まやかしの言葉を書く方がよくないと思うので、私の知りうる限りの現実を書きます。

 あなたの状況からでは、おそらく編入学というのは現実的でありません。
 他の方がデータなどを挙げられているので今回は割愛しますが、国公立医学部の編入学試験かなりの高倍率です。また、その大学にふつうに入学する場合でもかなりの難関であり、その大学に一般試験を経ないで合格させるとなると「一般試験の学力以外でかなりの能力の持ち主」しか合格しません。社会人として取ることの(大学側のメリットは)「人の考えを理解できる医師」の発掘でありそこが、高校からそのまま大学に進学する学生の弱いところです。医師への道というのは「高校までひたすら勉強だけをし、大学入学後も勉強だけをし、その人が医師になる」というものでしたが、そうなると人の心を理解できない医師が誕生が誕生し、治療等の最も重要な部分で問題が起きてしまう可能性があります。こうした人間よりも多少人の心を理解できる人に門戸を広げようとする一つの試みが社会人入試(または編入学試試験)です。社会人を経験している場合にはこうした経験があることを聞かれることが多く、こうしたことがないと(理系を悪く言うつもりはありませんが、人の心を理解しない人は医学部に限らず理系には少なからずいます)大学側の目的にはかないません。

 また、高倍率も考えて、かなりの学力やそれらに見合うだけの能力が必要です。社会人入試としては、吉田小江子さんというタレントの方がいますが、彼女は京大卒です。また一般試験か社会人入試かは不明ですが、タレントの八田亜矢子さんの旦那さん(一般人なので名称不明)は東大の同窓生で、現在は京都府立大学の医大生です。二つの情報とも公にされている事実なのでネットで捜せばすぐに見つかります。このように、国公立の医学部に入学するには、先に挙げた「学力以外の能力」はもちろんですが、高倍率のために「以前の大学」もしっかり見られます。医大生の勉強は簡単ではなく、普通の学力ではおそらく脱落するでしょう。医大生を教育するのにはかなりのお金がかかりそれは国公立大の場合ほとんどが税金です。卒業・免許取得ができないような人間を大量発生するようなことは許されず、学力も求められます。失礼な書き方ですが、高校3年生時にその医学部に到底かなわないような人間を合格させるほど編入学は甘くありません。先に挙げた八田亜矢子さんの旦那さんのように「東大から公立大学の医学部」等のように、以前と同じか、多少下がるくらいが合格者の基準であり、。偏差値で10以上も上の大学を目指すことには無理があります。ちなみに、学部以前に大学の偏差値がモノを言います。

 それなら、私立の社会人入試などの方が現実的です。「そんなお金がないから…」と思われるかもしれませんが、国公立に入学するということは、そのお金を国が負担し(税金を使うということです)将来医師になって(金銭的だけではなく社会貢献も含めて)返してもらうことを期待しています(私立と国公立では授業料にはかなりの開きがありますが、あれは私立が利益を上乗せしているというより、医学部教育はかなりお金がかかるからであり、私立と国公立の差額の多くが税金投入されている額になります)。つまり、国公立に入学するということは、その税金を融資(実際に借りるわけではありませんが、国としてはその人に使います)するようなもので、それだけ融資させる人材かを考えるべきです。

 正直、一般試験で合格を目指す方が現実的だと思います。編入学して2年時次の授業では、周りはその一般試験を潜り抜けてきた精鋭です。授業も彼らを基準に進んでいきます。一般試験で歯が立たない人が(1年進んだ)2年次の授業に追いつけるか疑問です。
 現在医学部には「かなり優秀だが経済的には普通以下なので国公立」か「とにかく金持なので私立の医学部」しかなく「学力もお金もない人間は医師にはなれない」のが日本です。どちらかを身につけるしかありません(両方あれば金持ちで国公立の医学部というのもあり得ますが)。
ご参考までに

元塾講師です。まやかしの言葉を書く方がよくないと思うので、私の知りうる限りの現実を書きます。

 あなたの状況からでは、おそらく編入学というのは現実的でありません。
 他の方がデータなどを挙げられているので今回は割愛しますが、国公立医学部の編入学試験かなりの高倍率です。また、その大学にふつうに入学する場合でもかなりの難関であり、その大学に一般試験を経ないで合格させるとなると「一般試験の学力以外でかなりの能力の持ち主」しか合格しません。社会人として取ることの(大学側のメリッ...続きを読む

Q日本の研修を経ずアメリカで医師資格を取って働くのは可能ですか?

こんにちは。この度医師国家試験に合格した者です。しかし、日本での研修の実態を見てきて絶対自分には合わないと思い、どこにも就職しておりません。また昔からアメリカに憧れ、友人も多く、将来はアメリカで働きたいと思ってきました。最初は日本でなんとかいい研修先を見つけて、その後アメリカのの医師資格(USMLE)を取って移り住もうと思っていたのですが、様々な事情でできるだけ早くアメリカに行きたいのです。(できればここまでの部分に対する批判はさけて頂くと幸いです)
しかし、仮にアメリカの医師資格(USMLE)を取ったとしても、日本とアメリカでは医学部での臨床教育が違いすぎ、日本で医学部を出てもまだ何の手技も実際にはしたことがないのに対し、アメリカの医学部ではほぼ日本の研修医がこなすようなことをこなしてきています。
そこで、日本の医学部を出たものが日本での研修を経ずアメリカで医師をするのは可能なのか、このままでは無理との判断なら、私のような者への研修システムのようなものがあれば教えていただきたいのです。場合によっては(それが可能なのならば)もう一度向こうで大学に行きなおす、ということも考えております。
私の考え方にご批判のある方もいらっしゃいますでしょうが、是非よいアドバイスを頂きたく思います。よろしくお願いいたします。
また適切なカテゴリーがわからなかったので「医学留学」の検索で一番使われていたこのカテゴリーを使いましたが別のほうがよさそうならそれも教えていただけたら幸いです。

こんにちは。この度医師国家試験に合格した者です。しかし、日本での研修の実態を見てきて絶対自分には合わないと思い、どこにも就職しておりません。また昔からアメリカに憧れ、友人も多く、将来はアメリカで働きたいと思ってきました。最初は日本でなんとかいい研修先を見つけて、その後アメリカのの医師資格(USMLE)を取って移り住もうと思っていたのですが、様々な事情でできるだけ早くアメリカに行きたいのです。(できればここまでの部分に対する批判はさけて頂くと幸いです)
しかし、仮にアメリカの医師...続きを読む

Aベストアンサー

No.3で答えた runneです~♪

私はアメリカ生活が長く、日本から来た医師(留学とかで)とも話す機会がたまにあります。どの方をみても、来てから3年以上たっていても、英語がべらべらには見えませんよ~☆

では"writing"はというと、これは文法を間違えるなんてレベルの方はいないと推測しています。実際に英語でメールをやりとりしたことがある人(フルブライトスカラーで何十年前にアメリカに来て、某大学の医学部教授になった人)ですが、カジュアルな文章はおかたい感じで書くのですが、論文をたくさん発表しているようなので、仕事で使う英語に関しては、早くて確実に英文を書くんだろうと思います。

また、私の友達のことも次いでにお話します。

40過ぎで3人の子持ちの女性ですが、日本では英米科を卒業している彼女が、アメリカで医師になると計画し、日本でお金を貯めた後に、カリフォルニアにある州立の大学に"premed"という"medical school" や"dental school" などに将来進みたい人用のコースに入り、去年の夏に無事に某大学の"D.O."になることができる"medical school"に受け入れられました。

(ここで出た"D.O."ですが、"M.D."以外にもこのようなライセンスがあるのです。どちらも医師として日常的に患者としてみてもらっています。)

彼女の場合は、英米文学部で履修した単位に"MCAT"を受ける為に必要な単位("prerequisite for taking MCAT")を3年かけて修得したので、october1975さんの場合はアメリカの"medical school"に入るという所がスタート地点だったら、単位は大丈夫なんじゃないのでしょうか? 勘違いしていたら、ごめんなさい! 

それから、"medical school"に願書を提出するのだったら、"MCAT"と推薦状となぜ自分が医師になりたいのかと書いた"essay"も必要だったと思います。

最後に、もしかしたらご存知かと思い、リンクを張らなかったのですが、"Best Hospitals" や"Best Medical School"という特集を"US News & World Report"という週刊誌で毎年やっています。

多分、今は情報をいろいろな情報を集めていらっしゃる段階かと推察していますが、これも良かったら目を通されたら良いように思います。ここで使われている英語はそんなに難しくないので、ある程度英語の読み書きが出来たら、ざっと斜め読みにできるかと思います。

全く医療とは関係のない私が投稿しても、参考にならない気もしますが、私の子持ちの友達のようにがんばっている日本人がアメリカにもいるので、計画をきちんと立てれば、何とかなるような気がしますよ~☆

No.3で答えた runneです~♪

私はアメリカ生活が長く、日本から来た医師(留学とかで)とも話す機会がたまにあります。どの方をみても、来てから3年以上たっていても、英語がべらべらには見えませんよ~☆

では"writing"はというと、これは文法を間違えるなんてレベルの方はいないと推測しています。実際に英語でメールをやりとりしたことがある人(フルブライトスカラーで何十年前にアメリカに来て、某大学の医学部教授になった人)ですが、カジュアルな文章はおかたい感じで書くのですが、論文をたくさん発...続きを読む

Q学位とか、学士とは(bachelor degree)

学位とか学士とよく聞きます。いったいどういうことを学位、学士と呼ぶのでしょうか。。。(ばかですみません、)
大学を卒業すれば学士なんでしょうか?それともなにか試験をうけて
合格する必要があるのでしょうか。
いま 外国人に、(Do you have bachelor degree or master?)
ときかれていて。私は短期大学を普通に卒業しただけなのですが。。
わかりやすく説明おねがいします・

Aベストアンサー

2年生の学校を卒業すると、準学士(Associate)の資格を得ることができます。
4年生では学士(Bachelor)、大学院に進学、卒業すると修士(Master)、さらにその上に博士(Doctor)と、資格を得ていきます。卒業さえ無事にできれば、誰でも学位を得られますよ。

Qアメリカへ高卒後大学からの留学か、日本の大学卒業後大学院からの留学か

私はアメリカの大学留学を目指しつつ日本の大学も受験しようと考えました。高校のコース分けで”文系”を選択したのですが、後から生物学を専攻したいと考え、文系でも受験が出来、尚且つ生物についても学べる慶応大環境情報学部を受験し合格しました。

しかし現在の心境としては生物学を深く専門的に学び、最終的には研究職に就きたいと強く思っています。(環境情報学部では浅く生物学を学ぶだけです)
渡米すれば勿論、生物学を専攻できますが、様々な情報を見ると研究職を目指す場合、日本の大卒→アメリカの大学院という進路が無難で適切であり、また学部生として学ぶのであればアメリカの研究重視の大学は学費が平均して高いので日本で十分(メリットなし)と書かれていました。
日本大卒→アメリカ大学院。アメリカ大卒→アメリカ大学院。どちらが良いでしょうか? 何かアドバイスをください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれますし、さらに、大学院に入る際にアメリカの大学からの推薦などももらえるので大学院への合格率もあがります。

そして、大学院から。大学院の合否に一番関係するのは実は研究。大学の卒業論文とか、何かの教授の元で研究をしているのならその成果など。日本の大学の制度がよくわからないのですけど、もし大学のうちに生物学の教授といっしょに何か研究などできたなら、編入よりかはかなり合格率が高かったりします。

さらに、無難なオプションが交換留学。慶応大学はけっこうアメリカの大学と提携がありますから、1年留学して、その大学の教授と仲良くなって、あらかじめ推薦状を書いてもらう。さらに交換留学中に生物の単位もとれますので便利だと思います。学費もかからないですし。

そうそう、学費のことですが、
最終目標は研究職、ということはポスドクをめざすってことになると思います。
普通に考えると、大学4年+マスター2年+PhD2年=8年後です。
留学するかどうかの前に8年分の海外学費が払えるか?って壁にもぶつかるかもしれません。
ただ、マスター以上の場合、TAや研究をすると学費がほぼ免除になります。
ですから、もし節約して留学したいのなら、大学卒業してから、の方がオススメです。

長くなってすみません。
私のオススメのオプションとしては、慶応入学→交換留学/編入→大学院です。
編入とか受からなくてもApplyするだけする価値はありますよね。

がんばれ!!

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれま...続きを読む

Q高学歴ではなく医学部再受験に成功された方、合格までの予備校選びや勉強法、大学選びを教えてください!!

難関高校・大学卒や医療系大学卒ではなく医学部再受験に成功された方、合格までの予備校選びや勉強法、大学選びを教えてください!!
私は都内在住の27歳で高校卒業後サラリーマンをしておりましたが、医学部受験をすることを決め先日会社を退職しました。
とはいえ、学生時代は「どうせ自分には無理だろう」と思い特に医学部を目指した勉強などの経験は全くありません。
それどころか大学受験の経験も無く、学校の成績が良かったわけでもありません。
一流の高校や大学に進学し基礎的な学力(地頭というのでしょうか?)がある方と違い、中学数学レベルからスタートしなくてはならない状態です。
そして特に親や親戚が医者であるとかコネがあるとかいう訳でもありません。
こんな現状で医学部受験などと言って無謀だとは思います。
医学部の方や医学部受験の勉強をしている方に笑われてしまうかもしれません。
でもそれもこれも承知の上で精一杯頑張りたいと思っています。
高校に行き直したつもりで、出来れば2~3年以内(30歳まで)に合格するつもりで勉強の予定を組みたいと考えています。
そこで私と同じ条件とまではいかなくても、社会人で高学歴では無く再受験成功を勝ち取った方、私の質問に是非アドバイスをお願いします!!
<質問>
・ 最終的には予備校に通うつもりですが、現段階では予備校の授業についていけるか不安です。すぐに予備校へ通った方が良いか、それとも何か別の方法で勉強した方が良いか教えて下さい。オススメの学校や教材があればそちらも教えて下さい。
・ 少しでも早く医師になることが最優先なので大学はどこでも良いと考えております。もちろん国立に行ければ一番良いのですが、現状を踏まえ私立でも大丈夫なよう当面の学費などは準備しました。主人の仕事の関係上、関東を離れずに済むのがベストですがそんなことも言ってられないので、今の私のような状況での大学選びのアドバイスをお願いします。受験科目が少ない、再受験者でもチャレンジし易い等オススメの大学があれば教えて下さい。

難関高校・大学卒や医療系大学卒ではなく医学部再受験に成功された方、合格までの予備校選びや勉強法、大学選びを教えてください!!
私は都内在住の27歳で高校卒業後サラリーマンをしておりましたが、医学部受験をすることを決め先日会社を退職しました。
とはいえ、学生時代は「どうせ自分には無理だろう」と思い特に医学部を目指した勉強などの経験は全くありません。
それどころか大学受験の経験も無く、学校の成績が良かったわけでもありません。
一流の高校や大学に進学し基礎的な学力(地頭というので...続きを読む

Aベストアンサー

 No.2です。再度、蛇足かもしれませんが受験校選び及び、気が早いですが少し卒後の事について参考意見を述べさせていただきたいと思います。
 
 質問者さんが都内で暮らしている方であればやはり都内の大学が良いと思います。それでできたら歴史のある大学の方が系列の病院などが多くて後々就職などで楽でしょう。地方の国立でも都内に結局戻って来る時、私立大学の医局に入る場合はやっぱりちょっと肩身が狭そうです。都立病院なんかに流れるケースが多いですが院はどうするんでしょう?

 注意すべきは順天・昭和は一年目に寮生活をさせられるので結婚されている方には障害になり得ます(多浪・再受に厳し目の採点かも)。東京医科はコネ度が高い大学だと言われてます。そうなると日医・慈恵とかをチャレンジ校にしてみたらいかがでしょうか?医学部受験は受験生が各大学を回遊しています。上・中・下というランクの中から日程と合格確率とを相談しながらチャレンジ・順当・滑り止めという感じで受験して回ります。できたら来年から場の空気を見る為に受験してみると良いと思います。

 私は苦手科目と得意科目の差が激しかったので、表示される偏差値より実質的に受かりにくかったように思います。得意科目は英語・生物で、これは旧帝系の実戦模試でもベスト10に入ったりしてました。数学がすごく苦手で、総合偏差値が河合でだいたい67,8といったところで運が良ければ国立に受かるかな?という感じでした。確かに数学は積み重ねが重要かもしれません。

 医学は正直、才能より努力な学問だと思います。私の親戚にも東京大(法と医それぞれ)、京都大、芸大の出身者がいますが、いかにも天才という感じはしないです。確かにgeneralに優秀です。中には白鳥のような経歴をもっている方もいますが、芸術やスポーツの世界と違って医者は毎年かなりの数が誕生します。学力で全国でtop100は超優秀ですが、スポーツの世界でtop100は意味がありません。私自身、中高通して年間40日は休んでいた“不登校児”でした。高校の進級すら危うかった事もあります。それで高二の秋くらいから勉強を始めて一年浪人しました。二~三年という数字を出したのは自身の経験からです。

 長々と失礼しました。いつか合格報告をお待ちしてます。質問じゃないと削除されるかもしれませんが(^^;

 No.2です。再度、蛇足かもしれませんが受験校選び及び、気が早いですが少し卒後の事について参考意見を述べさせていただきたいと思います。
 
 質問者さんが都内で暮らしている方であればやはり都内の大学が良いと思います。それでできたら歴史のある大学の方が系列の病院などが多くて後々就職などで楽でしょう。地方の国立でも都内に結局戻って来る時、私立大学の医局に入る場合はやっぱりちょっと肩身が狭そうです。都立病院なんかに流れるケースが多いですが院はどうするんでしょう?

 注意すべきは...続きを読む


人気Q&Aランキング