近頃、私に合いそうな作家がなかなか見つからなくなってきました。その私に、皆さんのお勧めの作家の本を紹介してください。
 やや古典寄りで、海外作家に食指がのびやすいです。特にジャンルにはこだわりません。
 好きな作家を挙げると、
□国内 水上勉、吉行淳之介、宮澤賢治
□国外 アーネスト・ヘミングウェイ(もっとも好きな作家です)、トルーマン・カポーティ
      ガブリエル・ガルシア=マルケス、ウラジーミル・ナボコフ
      フランツ・カフカ、ジュール・ヴェルヌ
 あたりが好きです。今のところ、興味を持っている作家は、
□国内 谷崎純一郎、吉村昭、安部公房(未読)
□国外 ジョン・スタインベック、ジョン・アーヴィング(未読)
      サマセット・モーム(未読)、パール・バック(未読)
      マルセス・プルースト(未読)、ヘルマン・ヘッセ(未読)
 以上の通りです。
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

骨格のしっかりしたキャラクターを書く作家とか、


奇想・幻想しかしファンタジーまではちょっとという感じでしょうか。

翻訳物という事では、翻訳者で選ぶというのはどうでしょう、
村上春樹の小説はちょっと苦手なところもあるんですが、
翻訳になるとがらっと良くなる人だと思います、
ジョンアービング、レイモンドチャンドラー、レイモンドカーヴァー、等を手がけています。

翻訳というか、オリジナルから離れてしまっているので超訳とでもいいましょうか、多分人物を描くための方便なのだと思っていますが。
北方謙三の中国物がいいです。三国志、楊家将、水滸伝、どれも有名なお話ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

翻訳になると作風(?)が一転するというのも、なかなか面白い話ですね。
村上春樹、北方謙三共にチェックしてみます。ご紹介ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/13 23:00

私もヘミングウェイ好きです^^



ディーノ・ブッツァーティはいかがでしょう。
カフカがお好きなら…と思ったので。
イタリアの幻想文学で、イタロ・カルヴィーノの後継に当たるらしいのですが私はブッツァーティの方が好きです。
短編が多いのでちょっと物足りなく思われるかもしれませんが。
今なら短編集『神を見た犬』が光文社古典新訳文庫で最近出たばかりなので手に入りやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イタリアのカフカと称されている方ですね。是非とも読んでみたいと思います。
ご紹介ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/13 22:55

谷崎潤一郎「細雪」は大阪の商家に生まれ育った四人姉妹の物語です。

ストーリー以外にも当時の大阪の風俗や四季の行事・着物・文化など知ることができて楽しめました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

舞台の背景にも精密な描写をしているようで、なかなか興味深い内容のようですね。
ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/13 22:50

スコット・フィッツジェラルド、ジョン・アップダイク、ティム・オブライエン辺りは僕は大好きで読んでいます☆

    • good
    • 0
この回答へのお礼

フィッツジェラルドも興味があります。短編集を買ってみる予定です。
他にも色々とあげていただきありがとうございます。

お礼日時:2007/11/13 22:44

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ