1. ボーンアイデンティティにはじまる三部作は最初から三部作で制作されることが既定路線といいますか、決まっていたのでしょうか?

2. マットデイモンはアクション畑ではないと思っていたのですが、今回の映画にどうしてキャスティングされたのでしょうか?素養があったんでしょうか?また、この映画をとるにあたって、どれくらい訓練したかわかるHP等あるでしょうか?どんな訓練したかしりたいもので

3. 三部作のつづきは、スポーツ紙で読んだんですが、作られる公算があるんでしょうか?

4.さいごに、今年の10月に日本でのプレミアできてたみたいですが、最近のシーエム以外ではまったくそのことを知りませんでした。マスコミにでてました?このこと。

-------------------------
以上のことで、ひとつでもいいのでご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いします。このシリーズおもしれーよー。ひさびさにビデオ屋いったわ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どうもこんにちは!




1.元々ロバート・ラドラムの長編小説『暗殺者』The Bourne Identity (1980年)、『殺戮のオデッセイ』The Bourne Supremacy (1986年)、『最後の暗殺者』The Bourne Ultimatum (1990年)のボーン3部作を原作としていますので、ハズレがなければ3部作として映画化する予定だったと思います。
(結果としては全て大ヒットとなったわけですが、個人的には『ボーン・アルティメイタム』が一番面白かったです)

2.これについては分かりませんが、3部作を観なおすだけでもマット・デイモンが1作ごとに逞しくなっているのが判りますので、かなりのトレーニングをしたんだと思います。

3.原作の3部作で脚本が終了していますから、余程のことがない限り続編は製作されないのでは、と思われます。
主演のマット・デイモンも安易な続編を好まない人物として知られていて、今年5月のカンヌ国際映画祭でも「ボーン・シリーズは3作目でラスト」とコメントしているようです。
記者会見での続編の可能性に関する発言は、半分はリップサービスかと思われます。
勿論、もし実現すればファンとしては嬉しいですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83% …
http://eiga.com/buzz/show/9111

4.公式記者会見やジャパンプレミアの模様が報道されてましたし、偶々観た「学校へ行こう!MAX」にも出演していました。(日本人の口笛世界チャンピオンと口笛で『We Are The World』を競演)


ご参考まで
    • good
    • 0

A1. ロバート・ラドラムの原作小説が三部作です。

マット・デイモンへの出演依頼では3作まとめての話でしたが、マット・デイモンはそれを断り1作だけの出演契約を結びました。

A2. キャスティングは1作目の監督ダグ・リーマンの意向です。当時マット・デイモンは主演に抜擢されるようになったものの、「バガー・ヴァンスの伝説」「すべての美しい馬」が興行的に失敗し、出演依頼がなく暇だったため、訓練にかなりの時間をさいて撮影に臨んだそうです。たしか半年間。

A3. ロバート・ラドラムの小説は3作ですが、他の作家がその後を描いた小説The Bourne Legacy(2004年)The Bourne Betrayal(2007年)があります。しかし、マット・デイモンは否定しています。自分が何者なのかボーンが探す旅は完結したためです。ただし、2作目3作目を監督したポール・グリーングラスが引き受けたら考え直すかもと答えています。
http://eiga.com/buzz/show/9111

A4. ジャパンプレミアですが、たいてい大きな会場で行われます。関係者やマスコミ、その他有名人などを呼んでも席は埋まりきりません。このため他の試写会と同じように観客を募集したり、先行上映としてチケットが売り出されたりします。ただ、こまめにチェックしないと気づきにくいですね。
http://www.tohotheater.jp/reporter/bourne3.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング