硝酸銀水溶液と塩化水素(塩酸)の反応式を教えて下さい!

A 回答 (5件)

既に間違えていた(-_-;


AgNO3が正解……


AgNO3 + HCl ⇒ AgCl(↓) + H+(aq) + NO3-(aq)
    • good
    • 0

高校の教科書に載ってますよね


実験でもよくでてくるし

参考URL:http://www.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter4/lec …
    • good
    • 0

AgNO3 + HCl → AgCl + HNO3


硝酸銀     塩酸    塩化銀    硝酸
             (白色沈殿)

こんな感じでいいのでしょうか?
なんか、単純すぎるようなのですが?
    • good
    • 0

学生さんでしょうか? 教科書に載っていませんか!?



古ぼけた頭で……
えぇっと……
Ag2NO3 + HCl ⇒ AgCl(↓) + H+(aq) + NO3-(aq)

間違ってたらごめんなさい~~
    • good
    • 0

質問の意図がわかりませんが・・・???


高校の教科書にかいてあるのでは・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸銀水溶液による塩化銀の沈殿

河川の水質を調べるというテーマの過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定の問題で、
滴定をする前に河川の試料に水、硫酸、硝酸銀水溶液を加えるとあるのですが、その理由を答えよ、というのが設問(1)で、答えは

試料水溶液中の塩化物イオンを塩化銀として沈殿させて除去する

とあります。

解説には

この実験では試料水溶液中に含まれる有機物を過マンガン酸カリウムで酸化分解するので
還元性のある塩化物イオンなどをあらかじめ除去する必要があり、そのために硝酸銀水溶液を
加えている。

とあります。

疑問点は

なぜ塩化物イオンだけなのか。ほかの含まれるイオンは沈殿しないのか。
塩素は陰イオンになりやすく塩化物イオンのままでいようとすると思っていたのに
なぜ塩化物イオンが還元性を持ち塩素になろうとするのか。

また、硝酸銀水溶液はこのように使用することはよくあることか。調べてもあまり見当たらない。
定番の知識ではなくその場で考えさせる設問なのか。

などです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硝酸銀は塩化物イオンと沈殿する性質を持つので、
塩化物イオンの検出に使われますので、このように使うことはよくあることと言って良いです。
(というかこの手段の時はやるべきことなのですが、その場で考えられることでもありますね)

銀イオンと結合して沈殿する陰イオンにはクロム酸イオンがありますが、通常環境中にはほとんど含まれていません。
また、フッ化物イオンを除くハロゲン化物イオンも塩化物イオン同様に沈殿します。
しかしこれら臭化物イオンやヨウ化物イオンは塩化物イオンに比べて量が少ないですし、
塩化物イオン同様に過マンガン酸カリウムと反応してしまうので除去したいイオンのうちの一つです。

塩化物イオンにはそれほど強い還元力はないのですが、相手が強烈な酸化剤の過マンガン酸カリウムなので、塩化物イオンが酸化されてしまうのです。
Cl2よりもCl^-が安定なのは通常環境下の話であり、過マンガン酸カリウム共存時の話ではないですから。

Q塩化亜鉛水溶液と塩酸希釈液を混ぜると水素は発生しますでしょうか。

塩化亜鉛水溶液と塩酸希釈液を混ぜると水素は発生しますでしょうか。
ある文献でそのような記述を見つけましたが、本当に発生するのか確認できなかったため、
教えていただけると助かります。

また、英語でhydrated zincはどのように訳すべきか教えてください。
「亜鉛の水和物」または「水和された亜鉛」でよろしいでしょうか。
そもそも亜鉛が水和するのか分からず困っています。


教えていただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム NaOH は sodium hydroxide です。
水酸化物にはすべて後ろに hydroxide が付きます。
水酸化亜鉛 Zn(OH)2 であればzinc hydroxideになります。

水和はhydrationと言います。

水和されているイオンは hydratede ion ですから
hydrated zincはhydrated zinc ionのことではないでしょうか。
(原子状の亜鉛であれば金属(固体)ですから水和を考えることはできません。)

水溶液中にあるイオンは普通水和されています。
銅イオンの場合は [Cu^(2+)(H2O)4] がよく出てきますが亜鉛イオンも水和しています。

塩化亜鉛の結晶の中にも結晶水という形で水和水が含まれています。
ただ水分子の数は温度条件によって変わるようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E4%BA%9C%E9%89%9B

Q高1です。化学の沈殿反応についてです。硝酸銀水溶液と水道水の化学反応式を教えてください。わから

高1です。
化学の沈殿反応についてです。
硝酸銀水溶液と水道水の化学反応式を教えてください。
わからなくて困っています。
お願いします。

Aベストアンサー

AgNO3+HCl→AgCl+HNO3

Q塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式

塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式は????

イオン反応式まではできましたが・・・全反応式が・・・

Aベストアンサー

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3SnCl2+K2Cr2O7+7H2SO4→3Sn(SO4)2+3CrCl3+K2SO4+7H2O

でもかまいません。コレも数合わせです。すっきりしているということで言えばこちらの方です。
溶解度についての議論をした結果ではありません。
SnCl2SO4を考えるのであればクロムミョウバンCrK(SO4)2を考える方が現実味があります。

オレンジ色の溶液が青緑色の溶液に変わったという事だけははっきりしています。

全反応式を求めよという問題は設定に無理があります。

前の質問の#3に書いたことをもう一度読んでみてください。

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3...続きを読む

Q水酸化ナトリウム水溶液と塩化水素の反応

0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液に塩化水素を吸収させた水溶液の塩化物イオンの濃度の測定方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 いろいろな方法が可能です。
 比色/イオンクロマトグラフ/イオン電極/沈殿滴定/・・・ 測定目的濃度と所有する道具立てで選びます。
 濃度が低いなら、比色/イオンクロマトグラフ、
 濃度が中程度なら、イオン電極/沈殿滴定、
 濃度が高いなら、沈殿滴定、などでしょうか。

 この場合の状況は、塩化物イオン濃度が高いと思われるので、沈殿滴定が適当ではないでしょうか。
・アルカリ吸収液の適当量を採って、(1+3)くらいの硝酸で酸性にする。
・0.1mol/Lくらいの硝酸銀水溶液で滴定する。
 終点検出法は、目視と電位差法が有ります。
 しかし、目視法は熟練を要す(攪拌して沈殿を成長させるとか、色めの微妙な判定とか)ので、電位差検知がお奨めです。 指示電極には銀電極を使います。
 しかし、希釈してイオンクロマトグラフで分析するのも、操作が簡単で捨てがたい。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報