有機ELディスプレイって次世代ディスプレイっていわれているけど、液晶に比べてどこがいいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

えぇっと、ちょっと補足(疑問)までに・・・。


OLEDは消費電力が少ないと言われますが、携帯電話の待ち受け画面って、バックライトついてないですよね?
待ち受けだけor反射光を使った液晶を考えると・・・
実はOLEDの方が電気を使う計算になります。
テレビとかには良いけど、モバイル機器には・・・どうなんだろう???
    • good
    • 0

一応、ちょっと昔(大学時代)この研究をやっていました。


簡単な特徴を以下に示します。

(1) コントラストが非常に高い。
透過型液晶ディスプレイではバックライトにより液晶パネルへ入射される光量でコントラストは決定されるが、有機EL(以後OEL)では電流によって輝度が制御できるため発光していない部分は完全に黒表示になりコントラストが非常に高い。
(2) 視野角が広い
偏光板と液晶の複屈折を利用する液晶ディスプレイと違い有機ELディスプレイ(以後OELD)は自発光タイプであるためCRT同様このような制限はない。
(3) 応答速度速い
液晶ディスプレイの応答速度は通常15msec程度と遅いため動画再生は困難であるが、OELDでは10μsecと高速であるため滑らかな動画再生が可能である。
(4) 低消費電力
透過型液晶ディスプレイではバックライトが消費電力の大半を占めているが、画像内容に左右されず一定値であるのに対し、OELDは発光していない部分(黒表示)は消費電力はほぼ0である。
(5)薄型・計量が可能
OELDは基本的にガラス一枚で良いので、薄型が可能である。

以上が主な特徴です。個人的に液晶との大きな違いだと思うのが、動画再生かな??。ちょっと前のノートPCで動画再生するととんでもなく動きがのろかったことはないですか??
    • good
    • 0

QPchanの指摘された消費電力以外にも、



・自発光なので視野角が広い
・応答速度が速く、動きの速い動画でも対応しやすい

などが挙げられます。
一方、最大の欠点は、有機物なので耐用年数が短い(短寿命)であることです。また、赤青緑の3原色のうち、赤色の発色性がネックになりやすく、純粋な赤色を出しにくいといわれていますが、これらの問題点も徐々に解決しつつあるようです。
(なお、3原色をそれぞれ別の色素が担うようにするほかにも、白色に発光させ、これをカラーフィルターで3原色に分ける方法もありますが、輝度が出難いという欠点があります。)
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


1.http://www.gijutu.co.jp/doc/0101ele/101415.htm
(有機ELディスプレイにおける材料の特性と技術開発動向)
2.http://pcweb.mycom.co.jp/column/report157.html
(レポート&解説)
3.http://ne.nikkeibp.co.jp/NMD/2000/1001/kaisetsu/ …

これら以外にも沢山HITするようですが・・・?

更に成書も、
------------------------
これでわかる有機EL素子/特許庁/2000.2 
有機EL素子とその工業化最前線/宮田清蔵/エヌ・ティー・エス/1998.11 
有機EL素子開発戦略/次世代表示デバイス研…/サイエンスフォーラム…/1992.6 
------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

一番の違いは消費電力でしょう。

。。
液晶はバックライトでかなり電力食ってます、一方ELは消費する電力は少ないです。

EL実際に見たことあるけど、凄い綺麗です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機ELの有機膜の構造について

有機ELについて勉強をしているのですが,わからないことがあったので質問させていただきます。

一般的に高分子系は単層構造で,低分子系では多層構造になるのですが,そのようになる理由がわかりません。

同じく一般的に,低分子系では真空蒸着法で,高分子系ではスピンコーティング法やインクジェット法が用いられているのですが,同じくそのようになる理由がわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高分子でも多層構造が望ましいのですが、層間の材料同士が溶解しやすいため、多層構造を作るのが困難なのだそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9
また、一般に高分子の真空蒸着は無理です。

一方、低分子の場合もスピンコーティングやインクジェット法で多層構造を作ってもよいのですが、低分子の場合は分子配列が規則正しくなければ十分な機能が発現しないため、真空蒸着が用いられているのだと思います。

Q有機EL素子に関する質問です

有機EL素子の評価の際によくでてくる、外部量子効率(%)と、発光効率(lm/W)の定義について教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「有機EL素子の用語の解説」
さらに以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
===================================
有機EL材料とディスプレイ/城戸淳二/シーエムシー/2001.2 
有機EL素子とその工業化最前線/宮田清蔵/エヌ・ティー・エス/1998.11 
有機EL素子開発戦略/次世代表示デバイス研…/サイエンスフォーラム…/1992.6 
==================================

ご参考まで。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/kagaku14/4/4-6.htm

Q有機EL素子の通電方法

現在、大学の研究室で有機EL素子を作成を始めた初心者です。
試しに僅かでも光ればよいと思い、ITO(20mm×20mm×200nm)/Alq3(10mm×10mm×60nm)/Al(5mm×5mm×200nm)という構成で素子を作成したのですが、直流電源装置からの供給方法は、
(1)「ITO部分をプラス極に繋がったワニ口クリップで挟む」
(2)「Al部分にマイナス極に繋がったワニ口クリップを接触させる」
で問題ないのでしょうか?
この方法は試したのですが、一瞬光って(極同士がショートしたときの火花の様にも見える)すぐに消えてしまいました。
EL素子の繋ぎ方の常識があるようでしたら教えていただけないでしょうか。また、この単純な素子構成でも目視できる程度で僅かにでも光るのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すなおにみて,クリップで触ったときにアルミ層やAlq3層をぶっ壊しそうですけどね.
アルミは蒸着してるんでしょ?その上に銀ペーストでも塗ってやるとか,もう一枚ITOを重ねてそっちにクリップを挟むとか?

Q有機ELに関する論文

有機ELに関する論文を読んでいます!発光層にアントラセン誘導体を用いて、それぞれの特性を比較していく内容です!基礎力不足のため、わからないところがあるので少しでもいいので手助けお願いします!

・「発光層にADO(アントラセンの9,10に酸素-アルキル基がついた分子)、ADS(ADOの酸素が硫黄に置き換わってる分子)、APrS(ADSよりアルキル基が短い分子)をそれぞれ用いたいのだが、それらは融点が低く、また、接近したπスタック(close π-stack solid state)のため、ホスト材料としてPVKを用いたドープ素子にした。それによって発光層の製膜製が改善された。」
と書いてあります。なぜ融点が低く、接近したπスタックなら、製膜性が悪いのでしょうか。

・「アントラセン誘導体において、アントラセンにつくカルコゲン原子が(周期表16族)重いほど、(Te>S>O)、カルコゲン原子からの電子非局在化のために、HOMO-LUMOバンドギャップが小さくなった。」
と書かれています。これはなぜなのでしょうか。

すみませんが、よろしくお願いします。

有機ELに関する論文を読んでいます!発光層にアントラセン誘導体を用いて、それぞれの特性を比較していく内容です!基礎力不足のため、わからないところがあるので少しでもいいので手助けお願いします!

・「発光層にADO(アントラセンの9,10に酸素-アルキル基がついた分子)、ADS(ADOの酸素が硫黄に置き換わってる分子)、APrS(ADSよりアルキル基が短い分子)をそれぞれ用いたいのだが、それらは融点が低く、また、接近したπスタック(close π-stack solid state)のため、ホスト材料としてPVKを用いたド...続きを読む

Aベストアンサー

前半の解答ですが一般的に有機ELに使用する有機薄膜はアモルファスであることが求められます。
πスタックしやすい分子は結晶性が高いと考えられます。
さらに、融点(やガラス転移点)が低いと有機ELの動作中などに
薄膜が結晶化してくると言うデメリットが考えられます。

アモルファスでないと結晶界面などがトラップになったり電流の集中する場所が出来てしまって
素子にはよろしくありません。
また、特に発光材料にとっては分子間の相互作用が大きくなると発光効率が
濃度消光やエキシマー、エキサイプレックスの発生によって下がってしまいます。
これを防止するためにホスト材料に発光材料を少量分散する手法が一般に普及しています。
当然結晶化しやすい分子同士は分散しますしホスト材料が十分にアモルファスな材料ならば
製膜性が改善します。

Q有機EL色素の導電率

 有機ELに用いられる色素は通常は絶縁性で、そのため発光層をなるべく均質に薄くすることが重要だと言われていますが、最近ある雑誌で「アントラセンの単分子ワイヤーの合成に成功し、その導電率を測定したところ結晶に比べておよそ10万倍となった。」という記事を読みました。
 そこで疑問に思ったのですが、それを集積しEL素子に用いた場合、ELは見られるのでしょうか?
 私は導電性が発現すると、ホール・電子の移動及び再結合が起こらず、励起されないと思うのですが・・・。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アントラセンの絶縁物としての抵抗値が10の16乗オームだったとすると10万倍でも10の10乗程度でしかありません。半導体の領域です。キャリアーは正孔か電子か不明ですのが、バイポーラではないでしょうからどちらかです。このアントラセンを例えば正孔輸送層として、バンドギャップの大きい絶縁物を挟んで電子輸送層を設定すれば=Pin接合のような状況です。=発光すると想像しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報