ノビル(ネギみたいなやつ)の2倍体について誰か情報知りませんか?
4,5,6倍体は日本で普通に見られるみたいなんですけど・・・。

A 回答 (3件)

sakana21さん、あのサイトを見て一瞬その可能性があるなと思い、補足要求だしました。



専門ではありませんので、論文検索はしてませんが、当然された上での質問と推察いたします。
    • good
    • 0

追加情報です。


以下のサイトは如何でしょうか?
1.http://sci.ed.okayama-u.ac.jp/sci/plant/kenkyu.htm
(平成12年度 研究題目および その内容)

ご参考まで。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは如何でしょうか?


補足お願いします。

参考URL:http://sci.ed.okayama-u.ac.jp/sci/plant/member/a …

この回答への補足

検索していただいてありがとう。
実はこれ僕のHPです(笑)。
ずっと過去に2倍体の報告があるんですが現在はないんです。
で、どうかなあと思っているわけなのです。

補足日時:2001/02/01 20:10
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1倍体、2倍体、3倍体の区別

半倍数性のハチでは、2倍体や3倍体の雄が発生することが知られていますが、2倍体や3倍体の雄を区別するときはどのようにしているのでしょうか?いちいちプレパラートを作って染色体数を確かめていたら手間がかかりますよね?
あと、ショウジョウバエなんかでも3倍体の個体がいるそうですが、どのように区別しているのでしょうか?

Aベストアンサー

興味があったものですから,玉川大学に問い合わせてみました。次のような回答をいただきましたので参考にしてください。

『suiran 様
お問い合わせありがとうございます.
ミツバチで倍数体の雄ができることは理論的には知られていますが,巣の中では働き蜂によって幼虫の初期段階までに処理(排除)されてしまいます.倍数体の可能性は,親の性決定遺伝子に同じ対立遺伝子が含まれるかどうかを知るか,女王蜂の卵の2型(女王蜂は雌ですから必ずヘテロ接合)と,貯精嚢中の精子に見られる対立遺伝子とに同じものがあるかどうかで見当は付けられます.ただし特定の個体(卵や孵化直後の幼虫)でそれが倍数体かどうかの確率的な問題は上記の方法でよいとして,実際を確認する方法は殺さないでという条件では難しいでしょう.成虫にさえできれば,生存には必須ではない肢の先端節を切除してDNAを取り出すというようなことは可能です.
マルハナバチでは,働き蜂による排除がなく,近親交配で倍数性の雄(2倍体)を作り出すこと,またこの雄を使って3倍体のマルハナバチを作出することは実験的には可能です.この場合雌雄両性とも3倍体となり,いずれも不妊のようです(不妊であることについては実験数が少ないので確実かどうかは検証できていません.産卵はしますが,産まれた卵は孵化しません).こちらでの研究では染色体観察ですので,生かしたままのというわけにはいきませんが,上記同様に生存に不可欠ではない部分からDNAを採取して,実際に性決定遺伝子の組み合わせがどうであるかを確認することは可能でしょう.』

***********************************
○○○〈回答してくださった方のお名前は伏せます。〉
玉川大学ミツバチ科学研究施設
194-8610 町田市玉川学園6-1-1
電話(FAXとも) 042-739-8685
URL http://www.tamagawa.ac.jp/HSRC/

ショウジョウバエでは,倍数性の卵を生む単為生殖の系統が作出されているようです。これに一般雄を交配しますと,20~30%の確率で3倍体のショウジョウバエが作出出来るようです。しかし,これも簡単に区別する方法は無いようですが…

専門家の回答をお待ちください。

興味があったものですから,玉川大学に問い合わせてみました。次のような回答をいただきましたので参考にしてください。

『suiran 様
お問い合わせありがとうございます.
ミツバチで倍数体の雄ができることは理論的には知られていますが,巣の中では働き蜂によって幼虫の初期段階までに処理(排除)されてしまいます.倍数体の可能性は,親の性決定遺伝子に同じ対立遺伝子が含まれるかどうかを知るか,女王蜂の卵の2型(女王蜂は雌ですから必ずヘテロ接合)と,貯精嚢中の精子に見られる対立遺伝子とに同...続きを読む

Q染色体の3倍体のこと

魚で、染色体(2n)を3倍体(3n)にして、食用に適した大きな魚を作るという話を聞いたことがあります。
しかし、ヒトでは3倍体はほとんどが重度の先天奇形を生じてむしろ小さく、生命予後も不良です。

なぜ魚では3倍体でも奇形が生じないのでしょうか。

Aベストアンサー

「ヒトでは3倍体はほとんどが重度の先天奇形を生じてむしろ小さく,生命予後も不良です。」

ヒトの3倍体が存在することを初めて知りました。ネツトで見ることができるものがあるようでしたら是非教えてください。

魚の3倍体は,一般に卵が第二極体を放出する際に加圧しまして,卵に戻した2倍体のものを受精に使用します。3倍体は不稔ですので一代限りです。

ご質問の本題については知りません。

Q三倍体とか倍数体がよくわかりません。

よろしくお願いいたします。
人の核相は2n=46ですよね。

倍数体はこれが3nになったりするということですか?
人がもしこうなれば体細胞分裂も減数分裂もどうなるの?
という感じですが、種無しスイカやパン小麦がなどの植物が
普通に生きているのが不思議です。
なぜでしょうか?

長い期間悩んでいます。
わかりやすい詳しいご解説やサイトを紹介してください
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、倍数性とか倍数体といったときに、核相のこと(複相、二倍体の2nに対して配偶子のように単相、半数体のn、など)と、小麦や花卉などの場合のようなゲノムの倍化をさすをさす場合があるので、それを区別する必要があります。後者の場合は、たとえば小麦は6倍体ですが6nとは書かずに6xと書きます(高校生物程度の教科書では6nと表現されている場合もあるかもしれませんが、間違いであって、混乱のもとです)。6倍体であっても、複相の2nと単相(配偶子)のnがあります。6倍体小麦は染色体数が42本です。42本の染色体が、3種類の由来二倍体植物の染色体(それぞれ7対、14本からなる)からなっているので6xとなります。
つまり、2n=6x=42です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8D%E6%95%B0%E6%80%A7

>倍数体はこれが3nになったりするということですか?
ありえますが、両性生殖する生物にはないと考えてください。理由は他の方が書かれているように、奇数なので減数分裂がうまくいかないからです。植物、とくに品種改良された作物や観賞用の花などは倍数性が多く、奇数倍数性で配偶子ができないものが多いです。接木、挿し木、球根などの栄養生殖で継代します。

しかし、奇数倍数性でも全く配偶子ができないというわけではありません。種なしスイカ(私が子供のころには、まだ出回っていました)でも、一個の中に何個かは種があったものです。
3倍体なので、減数分裂でそれぞれの染色体について2対1で分かれるか、1対2で分かれるかがランダムです。ある染色体は1本だけれどある染色体は2本あるとか、染色体ごとに倍数性がことなると正常に発生しません。しかし、たまたますべての染色体が一本ずつあるいは二本ずつに分かれれば、配偶子ができます。

まず、倍数性とか倍数体といったときに、核相のこと(複相、二倍体の2nに対して配偶子のように単相、半数体のn、など)と、小麦や花卉などの場合のようなゲノムの倍化をさすをさす場合があるので、それを区別する必要があります。後者の場合は、たとえば小麦は6倍体ですが6nとは書かずに6xと書きます(高校生物程度の教科書では6nと表現されている場合もあるかもしれませんが、間違いであって、混乱のもとです)。6倍体であっても、複相の2nと単相(配偶子)のnがあります。6倍体小麦は染色体数が42本です。42本の...続きを読む

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。

Q3倍体胚の作成

アフリカツメガエルを用いて低温処理による3倍体胚を作成しました。
その時の条件としては、媒精後10、15、20、30分から、それぞれ2℃の水を加え15分間氷上に置きました。
結果では媒精後の時間が長いほど、その後の発生率が高かったのですが、これはなぜなんでしょう?そもそもこの実験結果は正しいのでしょうか?
第2極体放出阻止によって3倍体を作成できるということは理解できているのですが、時間との関係性がわかりません。
ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

参考までに
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003331478/

>結果では媒精後の時間が長いほど、その後の発生率が高かったのですが、これはなぜなんでしょう?

例えば、ジャガイモを煮ているときに、長い時間煮たらより柔らかくなると思います。それと同じではないでしょうか。

>そもそもこの実験結果は正しいのでしょうか?

研究室のボスとかと話しあうことが賢明です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報