なぜ最近は小中高生などにSFが流行らないのですか?
昔は、眉村卓や豊田有恒などが流行っていたのに。
最近は、魔法と剣パターンのファンタジーばかりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

最近のライトノベルのファンタジーはヒロイックファンタジーが多いからある意味SFなんだけどね。


元々、ファンタジーとSFは近いジャンルですからね。

第一、宇宙船が出てくればSFってわけでは有りませんし、魔法が出てくるからファンタジーってわけでも有りません。

そういう意味では「グラマリエの魔法家族」や「ダークソード」あるいは「火星シリーズ」とかはいい例だと思います。
    • good
    • 0

昔SFが流行っていたのは、やはりスターウォーズの影響が大きかったのではないかと思います。

一つ流行るとそれに追随してそのジャンル自体流行ったりしますが、近頃ではSFよりもハリーポッターなどが流行っているので、剣と魔法ばかり…と思ってしまうのではないでしょうか。
一つ何かSFが大流行すればまた流行るかもしれません。
    • good
    • 0

あまり本を読みなれない人やラノベ専門の人には軽いSF(SFテイストのファンタジー)位なら読めても、そこから先に進むには「SF」は重いんじゃないでしょうか。


ハードSFは有る程度の科学知識が必要ですし、本格的なSFは読みながらまずその作品の世界観を頭の中で構築する所から始めなければいけませんから、ちょっと読み方に経験やコツがいるというか、慣れないと取っ付きにくいですよね。
    • good
    • 0

多分読むのが面倒なんでしょうね(笑)。


数十年前は軽いスペースオペラで知識をつけてから本格SFに流れたものですが、ゲームやら携帯やらで「お手軽・頭を使わない」に慣れた世代には物理学、天文学用語が多用されている話は敬遠され、ラノベやファンタジーで止まってしまうのでしょう。

ちなみに「本格SF好きは知能が高い」そうですよ。
    • good
    • 0

  別の回答でも有りましたが、小中高生向けの小説であるライトノベルではちらほら見かけます。


 これらのSFはライトSFと言われ、SFのテイストが素材ではなく調味料的に使われることが多く、これらのラノベに慣れた最近の読者には、純SFとも呼ばれる昔ながらのSF作品は、正直重たすぎて敬遠してしまいます。
 ちなみにSFと剣と魔法のファンタジーを合わせた作品も有ります。「されど罪人は竜と踊る」と言うのですが、ラノベらしかなぬ膨大な科学知識と、ダークで不条理なストーリーの大人の鑑賞に堪える作品(というか2巻辺りから子供に見せて良いのか?ってくらい強烈)ですので一度読んでみては?。
    • good
    • 0

高校生です。


私は本がすごく好きで毎日読んでいます。
が、SFは読んだことがありません。
私の周りの友達は本を読んでいない人がほとんどな様な気がします。
本を読まないって言うこともかなり影響している気がしますね。
    • good
    • 1

どの世代も、本自体を読まなくなっているので、


流行ることは無理です。
有名タレントが番組で紹介すれば変わるかもしれません。
    • good
    • 1

昔もそんなに流行っていたという記憶は全く無いんですが・・・


まぁ今でも電撃文庫を代表する所謂ラノベにはSF色の強い作品は幾つもありますよ。今の時代はそういうのでもSFと言わずにラノベと言うだけのことです。これがちょっと前ならミステリーと言っていたわけで。でそれがさらに前ならSF。
    • good
    • 0

何もかも科学で解明されたように思い込み、SFが白々しく感じられるのでしょう。


有る意味夢が無くなったのか。
魔法などは初めからあり得ないことを前提で、割り切って難しく考えなくて良いのかも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSF小説(海外)の邦訳について、それとお勧めのSF,ファンタジーを教えてください。

オースン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」を読んでSFに興味を持ちました。
内容はとても面白かったのですが、文章の邦訳が気になるところが多数ありました。
例として「エンダーのゲーム」から一つのやり取りを書きます。

「きみは、この戦闘スケジュールについて、真面目であるはずがない」
「いいえ、それがあるんです」

これは自然なやりとりとは思えなくて、読んでいて気になってしまいます。
「いいえ、至って真面目です」
と訳したほうが自然、言い方を変えれば読みやすいと思います。

この小説に限らず、昔から海外の小説の邦訳が気になって二の足を踏むことが多々あります。
なので、読んでいて気にならないくらいの邦訳をしている小説、または邦訳家の方を知っていましたら教えてください。
もしくは、日本人の書いているSFを読んだことがないので、お勧めの小説がありましたら教えてください。

またいろいろなジャンルの小説(特にファンタジー)を読んでみたいと思っていますので、SF以外でも自然な邦訳をしている方を知っていましたら教えてください。
それと、もしかしたら創刊が古い小説は全部このような感じなのでしょうか?

ちなみに、「エンダーのゲーム」の邦訳は「野口 幸夫」
ほかに気になった人は、ロバート・マキャモン著「少年時代」の邦訳、「二宮 磬」

逆に読みやすいと思ったのは、クライブ・パーカー著「アバラット」の邦訳、「池 央耿」などです。

よろしくお願いします。

オースン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」を読んでSFに興味を持ちました。
内容はとても面白かったのですが、文章の邦訳が気になるところが多数ありました。
例として「エンダーのゲーム」から一つのやり取りを書きます。

「きみは、この戦闘スケジュールについて、真面目であるはずがない」
「いいえ、それがあるんです」

これは自然なやりとりとは思えなくて、読んでいて気になってしまいます。
「いいえ、至って真面目です」
と訳したほうが自然、言い方を変えれば読みやすいと思います...続きを読む

Aベストアンサー

 初めまして。
 翻訳って日本語の技術がちゃんとある人の手でないと、どうも直訳調になって読みにくくなりますよね。SFなどでは、特に最近の翻訳作品に直訳調が多くて、閉口することが結構あります。

 その中でも、個人的見解としては、福島正実(以下敬称略、夏への扉、鋼鉄都市など)、矢野徹(宇宙の戦士、砂の惑星など)、浅倉久志(アンドロメダ病原体、スランなど)は選んで間違いの少ないところと思われます。また、小尾芙佐、平井イサク、伊藤典夫、山岸真、南山宏、小隅黎、内田昌之、深町真理子、野田昌宏、松谷健二と言ったところも十分訳が日本語としてこなれていると思います。山高昭、酒井昭伸、池央耿は上手な翻訳家ですが、個人的には外れを引いたことがあります。黒丸尚は、翻訳文がかっこいいのですが、日本語的にはこれでいいのかという部分もあるような気がします。そのほかに、大沢在昌(バスカビル家の犬)、逢坂剛(奇巌城)、菊池秀行(吸血鬼ドラキュラ)は本職が小説家な為か、非常に自然な日本語に仕上がっていました。以上の翻訳家の皆さんは、SFだけでなく、推理小説や普通小説も手がけている方が多いです。
 「ハリー・ポッター」シリーズは、私は直接読んだことはありませんが、本が苦手だった姪が喜々として読破したほどですから、読みやすいのだろうと思います。「ゲド戦記」「ナルニア国物語」の翻訳は知人の間で評判がよいです。(私は読んでいません。)これに対して、「指輪物語」は非常にあくが強い訳文となっています。(私はまともに読めませんでした。)

 日本人作家による小説としては、小松左京も良いですが、個人的には、(ジュブナイルが多いですが、)光瀬龍、星新一と言ったところは間違いないと思われます。最近の作家としては、野尻抱介(太陽の簒奪者など)、飛浩隆(象られた力)、藤崎慎吾(クリスタルサイレンス)、林穣治(ウロボロスの波動)はおすすめと思われます。平井和正(幻魔大戦、ウルフガイシリーズなど)、栗本薫(グインサーガシリーズ)、田中芳樹(銀河英雄伝説シリーズ)、神林長平(雪風シリーズ)、高千穂遙(ダーティーペアシリーズなど)と言ったところは、非常に長編で読み応えがあり、はまる人はずっぽりはまりますが、はまらない人は一切はまらないという特徴があります。

 かなりとっちらかりましたが、ご参考になれば幸いです。

 初めまして。
 翻訳って日本語の技術がちゃんとある人の手でないと、どうも直訳調になって読みにくくなりますよね。SFなどでは、特に最近の翻訳作品に直訳調が多くて、閉口することが結構あります。

 その中でも、個人的見解としては、福島正実(以下敬称略、夏への扉、鋼鉄都市など)、矢野徹(宇宙の戦士、砂の惑星など)、浅倉久志(アンドロメダ病原体、スランなど)は選んで間違いの少ないところと思われます。また、小尾芙佐、平井イサク、伊藤典夫、山岸真、南山宏、小隅黎、内田昌之、深町真理子、野田...続きを読む

QSF ファンタジー映画

さっき、ネバーエンディングストーリーの話をしていて
懐かしい映画の話になりました。
映画の名前も、登場人物の名前も、俳優さんも分からないのですがネバーエンディングストーリーと同じく古い映画だと思うのです
もし、アレではないか?と思う物があれば教えて欲しいです。気になって気になって仕方ありません!!

洋画のファンタジー映画で少年と あと、4、5匹?の なんとも言えない可愛いクマのようなキャラの妖精なのか?と森で、協力しながら冒険している映画なのです。
ストーリーは、ネバーエンディングストーリーほど壮大なストーリーではない気がするのですが似たような森とか着ぐるみの古い感じの作りの映画です。
思い当たる映画があれば、是非 教えて下さい!お願いします!!

Aベストアンサー

「エンドア 映画」

で、検索してみて下さい。
「スター・ウォーズ」のオマケの作品です。

貧乏暇なしなもんで、簡単失礼いたします。
・・・お昼ご飯が・・・。

あってて、すっきりできるといいですネ。

QSFとファンタジーについて。

SFとファンタジーの境目が曖昧になってきていると聞きました。
私の中では、SFは科学がメインであって、
例えるなら鉄腕アトムとかドラえもんみたいなイメージです。
ファンタジーは魔法と中世ヨーロッパのイメージです。
例えるなら、ジブリの魔女の宅急便やハウルの動く城のような世界観でしょうか。

私はSFとファンタジーは違うものと捉えています。
SFとはあくまで科学と結び付けられ、
ファンタジーは(物語の中で科学的説明がなされない)魔法などが出てきて、
SFのSであるサイエンスと結び付けられないからです。

余り、詳しく調べたわけではないのでわかりませんが・・・
皆さんはSFとファンタジーについてどう思いますか?

Aベストアンサー

魔法か科学か・・・ってよりも、過去か未来か・・・ってイメージですね。
たとえば過去のお話のゾンビは魔法で・・・かも知れませんが
未来のゾンビは薬品で・・・って感じですかね?
過去がファンタジーで未来がSF、まあSFのFはファンタジーのFのだと思っていますので
そう考えればまあ一緒だとは思いますけどね。

垣根が無くなってきた・・・ってのはもしかしたら、ストーリー展開の一つとして
過去の方がいわゆる文明の度合いが高く、なんかしらの理由でその文明が失われている
てな感じの構成がちらほら出てきたからでは無いですかね?ゲームなんかじゃ最近ありがちな
パターンの一つかなと。たとえば、表向きファンタジーな古代中世みたいな世界観なのに
そんな世界の遺跡の奥深くには、まるで秘密基地みたいな施設が・・・とかね。

まあ、一つの表現方法としては科学と魔法がごっちゃになっているのは嫌いじゃないです。

QファンタジーとSFの違い

違いが分からないのですが、もしよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

現在ではSFとファンタジーの間の区別は無くなってきています。
実際、SF、ファンタジーではなく、まとめてSci-Fi と呼ばれます。
(賛否両論あるんですが、、、)

科学のルーツが錬金術や占星術にあるように
SFやファンタジーのルーツに神話や民話があります。
不思議と驚きに満ちた話が、どのような手法で描かれるか?
それだけの違いのようです。

SF作家A・C・クラーク氏の言葉ですが
「十分に進歩した科学技術は魔法と区別が付かない」というのがあります。
SFとファンタジーは本質的な差が無いということです。

QSFファンタジー映画について

何年か前に(結構前)見たSF映画にモンスター(怪物)が出てて、内容は忘れてしまったのですが、顔がかなりごついのですが、優しい心を持っていて主人公を助けてあげてたような気がするのですが、そのモンスターの名前が全然出てきません。(映画名も)どうしても思い出したいので、皆さん心優しいモンスター(有名でも有名じゃなくても)分かるだけ教えてく出しい。

Aベストアンサー

ライラの羅針盤の北極クマ。白クマのイオレク・バーニソン。
ナルニア国物語のライオンのアスラン。
ネバーエンディング物語の石の巨人。

ファンタジー系だと、後、ハリーポッターシリーズ。ロードオブザリングなどがありますが、モンスターと一口にいっても様々なモンスターがいるので、せめて、どんなモンスターなのか分かればより確実に回答できると思います。


おすすめ情報