プロが教えるわが家の防犯対策術!

ある食玩にはn種類のおまけがついているとします。
一つを買うとそのどれかが入っています。
二つ目を買うと一つ目とダブっていたり、ダブっていなかったりします。
n種類を全部コンプリートしたいとします。

x個買ったところで、おまけがy種類そろう確率をp(y:x)と書くことにします。

p(1:1)=1, p(y:1)=0(yが1以外のとき)
p(1:x)=(1/n)^(x-1)
p(y:x)=p(y-1:x-1)*(n-y+1)/n + p(y:x-1)*y/n (for 2<=y<=n, x>=2)

となります。最後の漸化式は、x-1個買ったところでy-1種類そろっていたときと、x-1個買ったところでy種類そろっていたときに場合分けしたものです。

n個を買ったときに初めてコンプリートする確率は、n-1個買ったところでn-1種類そろっていて、n個目で最後の1個をそろえればよいから、
p(n-1:n-1)*1/n

n+1個を買ったときに初めてコンプリートする確率は、n個買ったところでn-1種類そろっていて、n+1個目で最後の1個をそろえればよいから、
p(n-1:n)*1/n

同様に次々と考えていく。n種類を全部コンプリートするとき平均の買う回数(期待値)E(n)は、「回数×確率」の和だから、

E(n)=Σ_(x>=n) x*{p(n-1:x-1)*1/n}

この後、式変形して、
E(n)=n(1/1+1/2+1/3+…+1/n) 

を導きたいのですが、どうすればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

具体的に確率p(y:x)から平均を求めようとすると、ちょっとわからなか


ったのですが、平均を求めるだけならば、確率関数が具体的に求められ
なくても導く方法はあります。
御参考として、それを書きます。
Nをn種類得るまでの必要な回数、Xiをi-1種類持っている状態で、次の
新しいi種類目を得るまでに要した回数とします。
すると、N=X1+X2+X3+…+Xnとなります。
i-1種類持っている状態で、次に買って新しいi種類目を得る確率は、
pi=(n-i+1)/nであり、従って、新しいi種類目を得るまでに要する
回数がk回である確率はP(Xi=k)=pi・(1-pi)^(k-1)(幾何分布)なの
で、
E(Xi)=Σ(k≧1)k・P(Xi=k)=Σ(k≧1)k・pi・(1-pi)^(k-1)
=pi・1/pi^2=1/pi=n/(n-i+1)
となります。
従って、
E(N)=E(X1)+E(X2)+E(X3)+…+E(Xn)
=n/n+n/(n-1)+n/(n-2)+…+n/1
=n(1/n+1/(n-1)+1/(n-2)+…+1/1)
が出ます。
このように、確率変数を分解して平均を求めることはよくやります。
特に、確率関数を求めることが難しい時や、求まっても複雑なとき
とか。
二項分布もベルヌーイ分布の和に分解できるのも似ていますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食玩をコンプリートするために必要な数量の確立

たとえば6種理の人形のどれかがはいっているお菓子を買うとして、6個すべて集めるためには何個買う必要があるのでしょうか。
コンプリートの確率(X)を人形の種類(A、この場合6)、買ったお菓子の個数(B)で表したいのですが。
B<Aでは確率はゼロ、

最終的には、50%の確率でコンプリートできるためには何個買う必要があるかが知りたいです。
 
A=6の場合だけでも結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

エクセルを用いた計算(の一例)ですが
A1のセルにAの値(この場合6)、
C1,D1,E1,... のセルに0,1,2,...,A、
B2,B3,B4,... のセルに0,1,2,.....
をまずいれます。
(0,1,2,.. にはオートフィルを利用)

あとは、C2,C3,...,D2,D3,..,というところ
(ここの値がP(B,C)になる)ですが、
C2: 1, C3,C4,...: 0, D2,E2,...: 0 として
おいて(初期条件)、D3のセルに数式を利用して
=($A$1-D$1+1)/$A$1*C2+D$1/$A$1*D2

あとはこのセルをコピーすればOKです。


人気Q&Aランキング