『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ばかばかしいタイトルに眼を留めていただいてありがとうございます。
先日テレビ番組で「坂本龍馬暗殺は江戸時代ではない」と知り,仰天して調べました。
時系列では,「大政奉還・龍馬暗殺・王政復古の大号令・明治改元」となります。江戸時代は大政奉還まで,明治時代は明治改元からだそうです。
なら,大政奉還から明治改元までは何時代と呼べばいいのでしょうか。

質問は2つあります。
1.江戸時代と明治時代の間を示す特別な呼び方があるのか。
2.「江戸時代」「明治時代」それぞれの呼び方は異なる時代の表記だと思いますが,元号で表記すれば慶応-明治。それに対応する「江戸時代-××時代」という一般的な時代区分があるのか。

特に,2点目について,ご存知の方は教えてください。私は「大正時代・昭和時代」などという呼び方に疑問を持っています。昭和の間に「被占領日本」をはさみ,戦前戦後で国の主権者が変わっています。大正から昭和に変わるよりも大きな変化が昭和の間に2回おこっているにもかかわらず「昭和時代」と呼ぶことにどのような意味があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1の者です。


明治天皇の詔が生きているのではありません。
旧皇室典範に明記されており、終戦後、日本国憲法の制定により
一度は全てがリセットされた状態でした。
が今後どうするか?
というような議論の中で
元号が生活に密着されたものであることなどから
元号法が制定されたようです。
現在の一世一元の原則はこの元号法によります。

それから学問上
これを利用する価値があるのかないのか?については議論の余地がありそうですが、
時代区分自体が学問上有益なものかどうか怪しいものです。
ある程度の目安であり
そこを厳密に分ける必要性はないでしょうし
歴史学において時代区分を重視する研究者の方もおられないと思います。
歴史において重要なのは分け方よりも事象であり、事象の流れだと思います。
なので
明治以降を今更細かく細分する必要はないように感じます。
常識的な範囲で昭和に太平洋戦争があり
その戦争に負けたっていう事実くらいは
この国の国民なら周知の事実なので
現行の分け方に馴染みのあるこの国では
かえって混乱を招くだけでしょう。

1945年は確かにこの国では大きな転換期であったことに疑問の余地はありませんが、ここで区分するならば
ペリー来航も大きな転換期であったと思います。
分けることが可能な点は歴史上いくつもあります。
なのでやはり
ある程度の目安にしかならないという程度でいいと思います。
昭和であれば
戦前とか戦後と高度経済成長期とか
そういった呼称もあるわけですから
やはり現行のままのほうがよいのではないでしょうか?
というのが私の意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どのような観点で時代を区分するのかによってさまざまな呼び方があるのは当然だろうと思います。
ただ、「今年は平成何年?」「昭和○年生まれは今年何歳?」など、たびたび周囲に聞いています。普通は「平成」を消して西暦を記入します。個人的には西暦一本にしてもらったほうが簡単でいいと思う毎日です。
ありがとうございました。元禄とかとか言われると、「あ、あの時代」とわかるように、「昭和」の呼び名にも価値があるかもしれませんね。

お礼日時:2007/11/15 19:45

すでに回答も出ていますが、「時代区分」とはあくまで「後世の人々が便宜上、区分したもの」に過ぎません。


大政奉還があったからといって「あぁ今日で江戸時代が終わった」と思った人がいたかどうか。
あくまで便宜上なので江戸時代の中にあっても「元禄時代」といった呼称もでてくるのです。
また「幕末時代」というのもありますが、これは「江戸幕府が終焉」が確定していないとつけられない呼称です。このことからも「便宜上の区分」であることがわかります。
質問文の「大政奉還から明治改元まで」ですが、この間はわずかに 3ヶ月弱なので「時代区分」をする必要はないというのが実態でしょう。

近代・現代という区分も回答されていますが、これは「時代区分」とはややことなります。この区分だと「原始・古代・中世・近世・近代・現代」で社会制度からの区分になるので、政治区分である室町時代・江戸時代とは別の時代区分になります。

近代以降に元号をもって時代区分するのは「現代に直接繋がる時代」であるため研究や学習も精緻になるので「その方が便利」ということだろうと思います。
日本史においては奈良時代以降は、「政治的中心地」を「時代区分名称」にしていますから将来的には明治時代以降は「東京時代」となることが予測できます。
あるいは戦前戦後で政体が異なるから憲法名称から「大日本帝国時代」「日本国時代」となるかもしれません。
あるいは「前東京時代」「後東京時代」という可能性も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。少しこだわりすぎていたのかもしれませんね。
それは逆に元号法に代表されるように元号の使用にこだわっている風潮に対する反感や警戒心もあったと思うのですが。
政権の主体で考えるなら,確かに大政奉還以降は新政府に移行していたでしょう。「江戸時代」をどこで区切るか異論があっても,「大政奉還」のあった日は動かせません。

お礼日時:2007/11/16 10:11

>(元号を)歴史学の時代区分に使う価値があるのでしょうか?



 歴史学では、明治以降は近代、現代ではないですか?

 明治時代、大正時代、昭和時代と使っている方もいるかもしれませんが、テレビや新聞は歴史の時代区分と区分して?「明治の時代、大正の時代、昭和の時代」と「の」をつけているように思います。
 歴史的時代区分は、将来つけられていくと思います。
 第二次世界大戦を境に区分される可能性は大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
学習指導要領を見ると「近世・開国・明治維新・近代」などの言葉がキーワードになっているようですね。
将来の歴史書に今の時代がどのように書かれるか見てみたいです。

お礼日時:2007/11/15 19:53

>江戸時代は大政奉還まで,明治時代は明治改元から・・・


というのは、どこから?

ちなみに『角川日本史辞典』によれば、江戸時代の定義は
「徳川家康が征夷大将軍になった時から徳川慶喜が大政奉還をした時まで」となっています。
イコール大政奉還の翌日から明治だという事だと思いますが・・・。

私、個人的には、江戸時代は
「大坂夏の陣の終結から、五箇条のご誓文の発表まで」
って思ってますが・・・・

ちなみに、こちらのサイトにも、その話題が載ってます↓
http://sans-culotte.seesaa.net/article/62081180. …

大正・昭和に関しては、明治に改元した時に「一世一元の制」を定めたからではないでしょうか?

ちなみに、輸出品などの「メイド・イン・ジャパン」の表記には、占領中が明記されているのを見た事があります。

答えになってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「大政奉還」で明治時代ですか。決まっていることなら仕方が無いですね。それを覆すほどの根性はありません。ありがとうございます。「狭義では明治改元」という記述がwikiにありました。

この質問をしたとき"MADE IN OCCUPIED JAPAN"のことを少し考えていました。

「一世一元の詔」,先ほど読みました。明治天皇の詔がいまでも生きているのでしょうか?「皇室典範」も見ましたがよくわかりません。「元号法」は昭和54年公布ですね。歴史学の時代区分に使う価値があるのでしょうか?

面白いサイトを紹介していただきありがとうございます。

お礼日時:2007/11/15 15:03

>1 特別な呼び方があるのか?


 みたこともきいたこともありません。
>2  
 明治以前の時代の名称は年号に由来するものではない。それから明治以降は年号に由来する。この原則があります。明治以前は一人の天皇の間で何度も元号は変わっていました。ゆえに逐一、たとえば慶応時代などとしていたらキリはありません。それから明治以降は皇室典範により一代の天皇で元号は一つであると取り決められました。ので、そこに時代名称が由来しています。よって明治以降は主権がどうだとかは関係ありません。日本が敗戦したからといって天皇が変わったわけではありません。
 それから時代区分は一概に主権による分け方ではありません。たとえば奈良時代と平安時代の間はどうでしょうか?単に都が変わっただけで、とくに王朝がかわったわけではありませんよね。ということからしても、江戸と明治の境は、明治に元号が変わった段階でそれ以後が明治、それ以前は江戸という区分でいいのだと思います。それに違和感があるのなら、そこのところを幕末という表現をすればいいのだと思います。
 日本の歴史区分については曖昧なところも多々あります。たとえば、戦国時代は室町時代の一部であると表現したりもしますよね。また研究途上な部分もあり、時代の境目が変わることも多々あります。余り詳しくないのですが、たとえば有名な1192年の鎌倉幕府成立による鎌倉時代の開始は、どうもそれ以前でもいいのじゃないだろうか?ということが定説になるつつあるらしいです。よって、今後この幕末のあたりの定義も変わることもありえるかもしれません。
 ただ確かなのは時代区分は単に便宜上の分け方にすぎず、そこに厳密な定義を持ち込むことに無理があるのかもしれないとは、個人的に思います。とくに日本のように島国で、おおよそ単一の民族構成で、同一民族が主権を形成していった国においては困難は伴うと思われます。
 以上のことから、竜馬暗殺は慶応3年のことであり、単に大政奉還のみを時代区分にもってきてしまったTVの間違いであり、慶応3年は現在のところ江戸時代であると考えた方が賢明だと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>日本の歴史区分については曖昧なところも多々あります。
確かにそう思います。古墳時代と飛鳥時代を線を引くように区別することもできないでしょう。大学の一般教養で「現代史」の試験に,「いつから現代か」と問われたことがあります。何かの出来事を持って時代を区分する場合,江戸時代の終わりをどこに持ってくるのかという定説は何でしょう。

ありがとうございます。上野に彰義隊がこもったのはやはり江戸時代と考えたいような気がします。(でもwikipediaには彰義隊は明治初期になっていますね)

憲法による天皇の位置づけも変化していますが,同一人物が引き続き在位しているため,ますます違いが不明瞭になっている気もします。

お礼日時:2007/11/15 14:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」

「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか?

辞書で調べると、「物事の筋道」とかなっていましたが、物事の筋道って何??って感じです。

Aベストアンサー

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。

「おまえは物事を頭の中だけで操作、処理してこねくり回しすぎる。もうすこし現実に沿って簡単に考えられないのか!」というような意味でしょう。この言葉自体は中間的な可もなく不可もないもの(発言者が悪いのか言われたものが悪いのか、これだけでは判断できない)です。

>「理屈で物を語るな」

これも上記と同様でしょう。理屈というのは言葉の世界ですから、物とは相容れないところがあるのは当然です。しかし、物はあくまで物に過ぎません。これをうまく転がし処理するのに言葉は不可欠のツールです。これがわかっていない、頭の固い、言葉を扱うのが不得意なひとが連発する苛立ち、悲鳴のような言葉である場合もよくある事例です。

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。...続きを読む

Q娘の頭が異常に大きい・・気が狂いそうです。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
母子手帳で見ると標準よりも大きいくらいかもしれませんが、見た目は小学校の中学年くらいはあります。
実際に、小学生よりも大きいことはざらで、娘よりも大きい頭の年長児を見たことが無いです。
頭の形も見たことが無いような感じで、とにかく頭の天辺が平らで物を置いてもなかなか落ちないい平らです。両親にも形は全く似ていなくてそれも不安です。どこまで大きくなるのでしょうか・・
本当に不安で怖くて夜中にうなされます。
全身が毛深くて、二の腕は男性のすね毛程濃くて、ホルモン異常かと思い病院には何度も連れて行きましたが、特別おかしな数値では無いと言われました。
肌も両親とも白いほうですが、娘はなぜか色素沈着をおこしたような黒さで病気が隠れていないか不安です。
今は通園の時にいぶかしげに見られるのが堪らないです。悲しいです。
年少にあがるのが怖いです。
どんなことでも構いませんのでご意見ください。

娘は産まれたときは33cmと標準でした。
しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。
1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。
現在は51cmです(3歳半)。
毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。
身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。
「え?」という顔をされて2度見3度見されます。
...続きを読む

Aベストアンサー

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症 頭囲” で検索するとかなりの数でヒットしますから、頭囲の大きさで発達の仕方の傾向を見極めるというのは以前からあったし、根拠あってのことだと思います。

トゥレット障害も頭囲が大きめであることも、体毛が濃いのも、広汎性発達障害の特徴の一部である、そうとらえたとき、それらが独立した特徴ではなくて、一つの連続体に属する特徴なんだと理解できると思います。
娘さんには複数の障害があると考えるよりも、全ては広汎性発達障害というカテゴリー内に収まる特徴であり、発達のバランスとは、そういう風に一見 無関係に思えるようなことにも影響が出るものと受け入れると、心に掛かる負担が軽減できると思います。そして、水頭症でない以上は、心配なさっているほどにアンバランスにはならないと思いますし、成長すればレーザー脱毛という手段もあります。

ともかく、親が気にしなければ子供はあまり気にしないし、親がいつでも平気だという顔をしていると子供も安心します。
だから、お母さんは例え演技であってもお子さんの前では平気だと振舞っていて下さい。トゥレット障害も、親があまり気にすると、それがお子さんにはストレスになって症状が重くなることがありますので、これに関しても、お母さんが止めようにも止められないことですから、それはお子さんの特徴なんだと、それ以上は考えず受け入れてあげてください。無理に症状を抑えようとか、自分が悪いと思わない、その方が子供の症状は軽減するものだそうです。
______

下記の1は、個人のブログなので直リンクを避けるため “h” を外しての紹介になります。タイトルはアスペルガー症候群になっていますが、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)について書かれたもので、文章の真ん中あたりに、ちょうど ご質問者が疑問に思っていた娘さんの特徴と符合することが書かれています。
2と3は主に行動上の特徴について書かれていて、3ではトゥレット障害(トゥーレット症候群)が広汎性発達障害に分類される症状であると書かれています。
発達障害全般が未だ研究途上ですが、1~3のどれも参考になると思います。

1)【アスペルガー症候群】ttp://igagami-takeshi.net/document/2011.12.26.html

2)【手をつないで・・・ 自閉症親子のノンビリ成長記録/高機能自閉症とアスペルガー症候群】    
            http://www7a.biglobe.ne.jp/~poyosuke/1koukinou.html

3)【広汎性発達障害とは】http://dditoguchi.jp/b01what-pdd.html
    

障害と考えると辛くなると思いますが、概念に縛られずに生まれつき発達の仕方が定型発達とは違うということ、発達の仕方が違っていても伸びしろもちゃんと存在しているということ、そのことを受け入れ、早期から療育することで当人が社会に適応できる力や可能性がぐっと高まること、このことを信じて娘さんたちに温かく接し、親子の信頼関係を深めて行ってください。

今は下の娘さんのことが気掛かりだと思いますが、上の娘さんも悩んでいるお母さんのことを心配したり不安になったりしていると思います。
同じ経験のない者が言っても心に響かないかもしれませんが、ご質問者が下のお子さんのことで悲しめば、上の娘さんも悲しむし、お母さんの気持ちが解っていても、上のお子さんは愛情が下のお子さんにばかり向かっているような寂しさを持つものなのです。親が、どんなに愛していても。
子供って親が悲しんでいると直ぐに察してしまうもので、辛いけれど、いま出来ることを考えて、気持ちを切り替えて行くことだと思います。
______

発達障害という響きは重い十字架のようで辛いですが、脳を含めた身体上の設計図は親には書き換えは出来ません。設計図の書き換えはできなくても、子供の心の中を豊かにしたり、周りの偏見を取り除けるように働き掛けたりは親にも出来ます。
先の回答では発達障害にまつわる暗く重たいことばかり書いて申し訳なかったと思いますが、当事者の家族である以上、綺麗ごとばかりは書けませんでした。
けれども、出来る努力をすることで報われたこともたくさんあります。
完璧を目指せば辛いことばかりですが、出来ることを一つ一つやっていくことで得られることは必ずあります。

私は息子の幼稚園でも、小・中学校、高校と、どの担任にも必ず息子が過去に髄膜脳炎に罹ったこと、その影響で脳波に乱れが生じ抗てんかん薬を飲まなければならなくなったこと、ADHDとLDを合併するに至ったこと、全てを話しました。今は脳波が正常になり、抗てんかん薬のお世話になっていませんが、小学生の頃は抗てんかん薬の影響で眠気が強く、動作も緩慢になりやすいということを先生に説明して、理解を得るようにしました。

一般の子からみたら どんくさくて、虐めに遭うこともありましたが、ちゃんと仲の良い友達も出来て、「○○君て、面白いね」と慕ってくれる子もいました。
学校を休みがちだった息子を心配して「○○君が、学校に来ないと寂しいねと生徒が言っていましたよ。私も調子が出なくて寂しいです」と言ってくださる先生もいました。「それって、本当のことでしょうか? 気を遣って言ってくださっているのでは…」と、こちらから尋ねましたら「いえ、本当なんです。○○君はムードメーカーなんで、その場が明るくなるんです」と、息子のことをそんな風に温かな思いで見てくださっていたのです。

息子は人生のスタートを切って直ぐに大病をし障害も負いましたから、だからこそ人に優しくできる子なんです。一度友達になった子はずっと友達でいてくれるし、虐めに遭えば助けてもくれるし、虐めをした子もちゃんと謝ってくれました。
手が掛かるし、馬鹿な子ほど可愛いに近い感覚なのかもしれませんが、「先生、お疲れ様ですと言ってくれるのは○○君だけです。○○君にはいつも癒されています」と息子を褒めてくださる先生もいらっしゃって、転校の時は寂しがって別れを惜しんでくださいました。

そんな風に、障害のことをこちらからきちんと話すと、どの先生も理解を示してくださって協力的でした。障害があるからこそ、良いところを見つけよう、伸ばそうとしてくださる先生方がたくさんいて、息子が周りに溶け込めるよう、仲間外れにならないように心配りしてくださいました。

だから、ご質問者も娘さんのことで心配なこと、気掛かりなことは先生たちにどんどん仰って、心を開いて行ってください。応対に疑問があれば、そのこともちゃんと伝えてください。
医療の場でも教育の場でもです。
こちらが真剣であれば、先生たちは熱意をもって応えてくださりますよ。

何度もすみません、No.20,21です。
ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。
今回は別視点から回答させていただきます…。

ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。

頭囲と広汎性発達障害に関した記述は、この質問サイトにも載っていますし、グーグルなどで検索しても“自閉症...続きを読む


人気Q&Aランキング