質問でーす。金融機関は個人が他の金融機関から借入れていた場合その情報を知ることが出来るのでしょうか?もし知ることが出来るとしたら、消費者金融やその他クレジット会社の借入額も把握しているのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

知りうる立場にありますが、本人の意志(同意)無くしては知ることができません。



例えば、Aという金融期間から借入がある状態で、Bという組織に借入を申し込めば、
Bという組織は、あなたの状況を把握しようとします。
その一巻で、あなたから情報機関を参照する旨の同意書をとります。
これにより、信用情報機関を通じて、Aという金融機関での借入を把握することができます。

実際には、信用情報機関が幾つかあり、金融業者によって参照する信用情報機関が違うので
把握しきれない場合もあります。

もし、把握されたくないなら、同意しなければ良い話です。
(結果的に、審査に通らないとは思いますが、少なくとも不本意な情報利用はされません)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2007/11/30 12:34

契約時(クレジット等を組んだときやカードを作成したとき)は信用情報機関で借入を調べる義務があります。

なので、契約している金融機関(カード会社等)は当然借入状況をしっています。
また、定期的に借入状況を確認する義務もあります。

まったく申込もしてない金融機関が、勝手に無関係の人の借入状況を調べるのは法律で禁止されているためできません。もし、そういうことをしたのがばれたら懲戒等が発生するようなっている業者が多いと思います。
    • good
    • 0

借り入れた年月日も借入額も返済状況(延滞、代理返済、破産)まで全て判ります。

    • good
    • 0

ローンとかの借入のことでしょうか?


金融機関自身は、さほど情報を持っていないのですが、ローンの場合、大抵が、金融機関独自の商品ではなく、保証会社と提携しています。
その、保証会社が結構、いろんな情報を持っています。
貴方だけでは無く、ご家族の情報まで、持っていることもありますよ。
把握されていると思ったほうが賢明です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローンの借入れで、不要になった書類は、金融機関で勝手に処分できる?

先月、教育ローンを組みました。

1.保証人を立てる場合は、保証人の所得証明他の書類が必要だけど、利息が安い。
2.保証人は要らないが、保証基金を利用すると利息が必要。

上記の二通りの選択があり、親が保証人になってくれることなり、1.を選び書類を揃え銀行に渡しましたが、1週間くらいしてから銀行から、2.の保証協会を利用したものでお願いしますと言われ、仕方なく利息のかかる2.の方にしました。

2.の場合は、先に提出した親の所得証明などの書類は、必要なくなるわけだから当然返してもらえますよね? 3週間待ちましたが返却無いので、行員さんに聞いてみたら「えっ!返して無かったですか?調べます」という返事で、先日みえて罰が悪そうに、「処分してしまったらしい」という返事でした。
お客様の書類を必要ないからと勝手に処分できるのですか?私としては、まだまだ使うかも知れないし、再度親に頼むのも悪いから保管しておきたかったのでが・・・
どこの銀行でもそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

行員のミスですね
私の勤めていた銀行ではちゃんと返してましたよ

Q住宅金融公庫の借入日は?

金融公庫で借入れをした場合、どの日が借入日になるのでしょうか?
1.マンション契約日
2.公庫申込み日
3.支払い開始日
4.その他

つまり、いつから利息が発生するのか、いつから返済できるのかが知りたいのです。
マンション取得を検討しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公庫の借り入れ日については、zawayoshiさんも答えておられますが、
4.その他 です。

具体的にマンション引き渡しからの流れを書くと次のようになります。

(1)引き渡し
(2)住民票移動、住民票・印鑑証明書の提出
(3)登記申請
(4)登記済証・謄本の提出(司法書士が提出)
(5)資金実行
(6)返済開始

実際に融資が実行されるのは(5)の時点なのですが、契約書や登記簿にのる金銭消費貸借契約日は(3)の登記申請の日になります(休日の関係で数日ずれることもある)

なお、この登記申請の日は月の始めと半ばの月2回に決まっていますので、締め切りに一日でも遅れると半月実行が遅れることになり、つなぎ融資の金利がその分余分にかかってしまうことになります。
引き渡しを受けたらなるべく早く住民票・印鑑証明書を提出するようにした方がいいですよ。

Q国民生活金融の個人信用状況把握について

銀行とか金融機関に、借金を申し込むとき、その金融機関は、その個人の、銀行、クレジット会社、消費者金融などでの、信用状況を把握したりしていますよね。
国民生活金融公庫も、このような信用状況を把握する立場にあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」についてのみ担当したことがある者です。
金融機関を通じて「国の教育ローン」等、国民生活金融公庫の融資を受ける場合は、窓口となった金融機関においても個人信用情報を調べますが、国民生活金融公庫本体も個人信用情報を照会できる立場にありますよ。
国民生活金融公庫は、「全国銀行個人信用情報センター(http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html)」の加盟会員ですから(←ページの「センター会員一覧」をご覧ください)。

なお、ご質問の件については、一般の方でも明らかに分かる方法がありますよ。

なぜならば、現在、個人情報保護法の施行により各金融機関等では、「プライバシーステートメント」や「プライバシーポリシー」という形で、自身のウェブサイト上などに、個人情報の取扱いに対する企業の姿勢等を常時掲載しておかなければならないからです。
そして、その中に必ず「個人信用情報機関およびその加盟会員による個人情報の利用・提供」という項目があります(試しに他の金融機関でも探してみてください)。

国民生活金融公庫の場合、「プライバシーステートメント」のページにあります。
http://www.kokukin.go.jp/topiprivacy/index.html
「個人の信用状況の把握公庫が加盟する個人信用情報機関」の4-(1)に、「公庫が加盟する個人信用情報機関」として、「全国銀行個人信用情報センター」が揚げられています。
これに基づき、国民生活金融公庫は、借入申込者から
・事前に
・書面による方法で
・同意を得た場合
には、同意を得た本人の個人信用情報を照会・提供することができます(借入申込があった場合には、個人信用情報を照会すると共に、「申込があった」という情報を提供しなければなりませんので)。

金融機関に勤務しており、以前、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」についてのみ担当したことがある者です。
金融機関を通じて「国の教育ローン」等、国民生活金融公庫の融資を受ける場合は、窓口となった金融機関においても個人信用情報を調べますが、国民生活金融公庫本体も個人信用情報を照会できる立場にありますよ。
国民生活金融公庫は、「全国銀行個人信用情報センター(http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html)」の加盟会員ですから(←ページの「センター会員一覧」をご覧ください)。

なお、...続きを読む

Qクレジットカード・金融機関の未支払い

タイトルの通りクレジットカード・消費者金融に未支払いがあります。
まあ父親の迂闊で支払いが出来なかったのですが・・・
理由はどうであれ、期間的にかなりたっていて、通称ブラックリストに載せられてると思います。
払う意思はあるのですが、一括払いはちょっと今の状態出来ないです。
そこで皆さんに質問なのですが
1.期間がかなりたっていても分割支払いに応じてくれるのでしょうか?
2.その場合支払い途中でもまたカードを使えますか?
3.カードで事故扱いされ、その後支払い終わった場合すぐ利用再開出来ますか?

詳しい方教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 信用情報に既に傷がついていることを前提として書きますが、しばらくクレジットカードの申込は行わない方がよいと思います(具体的には完済後最低7年位だったかと)
 さらに、申し込むにしても延滞を行ったカード会社およびその系列
で申し込むのはやめておく(これはいらない情報かな・・・)

どうしてもクレジットカードが必要になってしまった場合は、改めてこういう場で、事故歴(延滞した時期や完済・整理等が完了した時期等を個人を特定できない程度の内容にして書き込んだ上で)質問されるとよいでしょう。

Qみなと銀行の金融機関番号について

みなと銀行の金融機関番号をご存知の方がおられましたら教えていただけませんでしょうか。
【さくら銀行だったら(0002)とかの、4桁のアレです】
不動産会社に提出する書類に記入しなければならないのですが、通帳・カード及びネットで調べてみても見つけられませんでした。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっと補足。

このページでも、0562 となってます。
信用しても良いかも。

もちろん確実を期すのであれば、銀行自体か第二地方銀行協会に
問い合わせることです。

参考URL:http://eule00.hoops.ne.jp/zencodes0.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報