最近どうも気分が落ち込み気味なので、
面白い話で自分を景気づけたいなぁと思っております。
わくわくする、興奮する、痛快なストーリーを味わいたいです!
おすすめの小説、あるいは漫画、映画などありましたら
ぜひぜひ教えてください。お願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

小説・・・マルドゥック スクランブル/ウブカタトウ


     1~3巻あって、1・2巻はグロ描写があってものすごく読むのがつらいですが、3巻は本当に胸がすく思いでワクワクしますね。

マンガ・・・これは漫画カテゴリで以下の条件で聞いた方がいいです。
      かなり濃い内容の回答がもらえると思いますよ。
      ・求める巻数。これを指定しない場合、はじめの一歩(80巻)とかも薦められる恐れあり。気にしないのであればいいですが。
      ・自分がダメな要素(濃い絵等)を指定した方が良い。
      ・面白いと感じた漫画、面白くないと感じた漫画を挙げる。
    ひとまず自分からは、
     ・華の慶二
     ・幽遊白書
     ・鋼の錬金術師
    を挙げておきます。

映画も然り。映画カテゴリで聞いた方が良かろうです。
自分のお勧めは、
  ・ハドソン・ホーク
  ・バックトゥザフューチャー1~3
  ・宮崎アニメ全般
ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。
たくさん挙げていただいて嬉しいです!
参考にします、ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/08 21:00

ジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」はどうでしょう?


一時期落ち込むとこれを読んで、気分転換してましたので。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83 …

映画だと月並みですけど、「ショーシャンクの空に」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。
どちらも知らない作品だったので、興味しんしんです。
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/10/08 21:02

成田良悟さんをおすすめします。


「バッカーノ」シリーズはアニメにもなりました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E7%94%B0% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ラノベですね!テンポ良く読めそうで気になるなぁ。探してみますね!

お礼日時:2007/11/17 02:07

マンガでしたら、「スラムダンク」「BASARA」


小説でしたら、奥田英朗の空中ブランコなどが面白いと思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
スラムダンクのような名作はいいかもですね!BASARA…題名しか知らないので読んでみます。奥田英朗もチェックします〜

お礼日時:2007/11/17 02:04

ご存知かもしれませんが、


サブカルチャー小説の板谷家バカ三代はお勧めです。
エッセイなんで、すべて実話なのですが、その実話が本になるだけの内容です。

電車で読んでたんですが、笑いが止まらなくて、
もういいや!って笑いました。

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
電車内で思わず笑ってしまうエッセイ…気になります!

お礼日時:2007/11/17 02:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qおすすめ面白エッセイを教えてください!

面白いエッセイを探しています。

原田宗典さん、さくらももこさんのような
おもわず吹き出してしまうような笑いポイントがありながら生活のぬくもりの気配のするものや、

中村うさぎさん、田口ランディさんのような
すこし毒をふくみつつブラックユーモアのような笑いがこみあげてくる、でもどっか「うーん、大手をあげてそうはいえんけどなんかわかるとこもある…もしくはカッコイイ…」とおもってしまうようなものを読みたいです。


つきましては、

●原田宗典さん、さくらももこさん、中村うさぎさん、内田春菊さん、江國香織さん、山本文緒さん、宮本輝さん、田辺聖子さん、小林よしのりさんの著作以外

●田口ランディさんについては「もう消費すら快楽でない彼女へ」以外

●笑いながら読めるところもあり、しかしときには
「うーん」と考えさせられるもの

●テーマはなんでも可

●変人の作者歓迎(でも常識人すぎて世間にふりまわされて疲れ切ってもうついていけないわ、いやーん、状態になってる嘆きのエッセイも可(^^;))

●漫画は除外(ただし文章・漫画のミックス形式はおっけーです)


以上の条件を満たすおすすめエッセイを紹介してください。よろしくお願いします。

面白いエッセイを探しています。

原田宗典さん、さくらももこさんのような
おもわず吹き出してしまうような笑いポイントがありながら生活のぬくもりの気配のするものや、

中村うさぎさん、田口ランディさんのような
すこし毒をふくみつつブラックユーモアのような笑いがこみあげてくる、でもどっか「うーん、大手をあげてそうはいえんけどなんかわかるとこもある…もしくはカッコイイ…」とおもってしまうようなものを読みたいです。


つきましては、

●原田宗典さん、さくらももこさん、中村うさぎさ...続きを読む

Aベストアンサー

軽く読めるものをいくつか。

●壇ふみ、阿川佐和子
 この二人の共著もオススメ!
 分かり合えているもの同士ならではの、言い争い(?)が楽しいです。

●寺田寅彦
 ものすごく古くて、ご希望に沿わないかもしれません<(_ _)> あまり軽くもありません。
 天才的な科学者(物理学)として有名ですが、エッセイの名手でもあります。科学者の目から見た日常の生活を面白く描いています。
 タイトルを見て、興味を持てたら、読んでみてください(岩波文庫)。

●林望
 リンボウ先生です。この人も本職は学者です(書誌学)。イギリスの生活に興味があればどうぞ。

●清水義範&西原理恵子
 「おもしろくても理科」「どうころんでも社会科」
 清水義範の知的なエッセイに、西原ガハクがイチャモン入れまくり。知的なんだけど、爆笑。

Q『小説の書き方を教えて下さい』という質問について。

このサイトのような質問サイトや2chなどの電子掲示板において、
『小説の書き方が分からない』『小説の書き方を教えて下さい』
という質問がたびたび単発でなされますが、
実際の作家に「小説の書き方はインターネットで質問して知った」と公言している人はいるのでしょうか。
つまり、ネットで小説の書き方を質問した人が小説家になれた例はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとしなければ、無制限に自作を世界中に公表できます。
 ふつうの仕事をしないで文学だけに取りくむ作家よりも、現実生活の
あいまに書きつづける、アマチュア作家が主流となるでしょう。
 
 むかし書いて売れた人や、これから小説を書きたい人、いま書いても
出版できない人などが、小説家を名乗っても、なんら差支えありません。
 名刺に「writer」の肩書を付けても、どこからも非難されません。
 
 タウンページの「著述業」に載せることも可能です。
http://members.at.infoseek.co.jp/nk5wada/chiteki20000421/00675_00000/00211_00000.html
 職業分類体系 19991210 知的財産権判決速報
 
 よく当る宝くじ売り場について質問した人が高額当選する可能性は、
ゼロではないにしても、聞かなかった人より多くはならないでしょう。
 ただし、パソコンの情報なしに生きる現代人は、絶滅するはずです。
 

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとし...続きを読む

Q東野圭吾さんの作品で余談(本題に関係のない文章)が少なく読みやすく面白

東野圭吾さんの作品で余談(本題に関係のない文章)が少なく読みやすく面白いものを教えて下さい。

Aベストアンサー

余談ばかりと見せかけて
余談ではない
新参者
はいかがでしょうか?

面白かったし、章立てが比較的短いので
読みやすいと思います。

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q☆こんな痛快物語探してます☆

こんな痛快本を探してます!!♪アナウンサーから作家になった男性の著書♪背中に入れ墨のあるやくざの親分が町内水泳大会へ出場するという痛快な物語。一度読んでみたいと思いながら、作家名。書籍タイトル忘れてしまいました。どなたかお教え下さいませ!!!

Aベストアンサー

これですよね?
菊池幸見『泳げ、唐獅子牡丹』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4396334303.html

ついでに、余計なお世話で同じような面白い本を紹介します。
今野敏『とせい』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122049393.html

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Qホラー小説ではないのにすごく怖い小説があったら……。

ホラー小説で書かれたものではないのに、すごく怖い小説があったら教えてください。(例:小林多喜二「蟹工船」などはすごく怖かったです。)

Aベストアンサー

参加させてください。
本邦の短編小説の中から、思い出したものをいくつか。
古めかしいものばかりだし、既読の可能性大だし、参考になりますかどうか。

・武田泰淳「ひかりごけ」
いわゆる人肉食を扱った小説の中で、もっとも有名なものの一つでしょう。みずからの罪を忘れかけている現代への警告とも取れそうです。

・坂口安吾「桜の森の満開の下」
満開の桜(山桜でしょう)の下には狂気が宿る、桜鬼がいる、といった民俗信仰を題材にした一種凄絶な物語です。

・夢野久作「瓶詰地獄」「死後の恋」
この二編、怖いというよりはまがまがしい、と言ったほうがいいのかもしれません。

「瓶詰地獄」は三つの手紙から構成された作品。最後の(実は最初の)手紙が実に効果的。

「死後の恋」はアナスタシア内親王伝説を扱った、映画的な手法が印象的な、奇妙でグロテスクなお話。
ご存知と思いますが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世の一家はロシア革命で惨殺されましたが、この皇女の遺体だけ出てこなかったので、のちにさまざまな憶測が生まれました。これは、その一つ。

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Q恋い慕う…?こんなラブストーリーさがしてます

相手には彼女(彼氏)・妻(夫)や婚約者がいるのに

盲目的に愛している

といった切ないラブストーリーを探しています。


現代小説に限らせていただきます。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 私がついこの間読み終えた作品ですが。
 鎌田敏夫氏の『世界で一番ロマンティックな海』という短編集の中の表題作です。
 このお話は高校生の時に出会った男女が別れを繰り返しては愛を深めていくんですが、別れを繰り返していくその途中に彼(彼女)はお互い一度はそれぞれ違う異性と結婚します。ですがお互いに相手を忘れられず逢い引きを続けずにはいられない関係に陥っていく・・・というストーリーでした。
 これはある意味両想いなので質問者様が挙げておられるような条件を満たしてはいないかもしれませんね(汗

 でも、折角なので条件を満たしていない小説をもう一つ(ぇ
 それは北村薫氏の『スキップ』
 この小説の最後のほうで夫と娘がいる高校の国語教師(主人公)に、主人公が担任しているクラスの男子が告白をするというシーンがあります。
 まぁ、それがその小説のメインというわけではないんですが(というよりも小説のジャンル自体恋愛小説とは違うんですが)光景を簡単に想像できました。
 これもある意味ラブストーリー? と納得できるのならどうぞこの作品を一度お読みになってください。きっと満足なさると思いますから。
 そして出来得るなら上記に挙げた作品も。




 あと忘れてましたが、かの村山由佳氏の『天使の卵』もある意味そういうストーリーといえるのではないでしょうか。
 予備校生の主人公は、ある美しい女性と出会う。しかしその女性は夫を自殺で亡くした未亡人で彼女はそれ以来愛だの恋だのを封印(?)している。
 みたいなことが書かれていたような気がしますから。まぁ、結局二人は結ばれるんですけどね(苦笑
 詳しくは今秋映画化されるのでそちらで確かめてみて頂いてもいいのではないかと・・・。

 私がついこの間読み終えた作品ですが。
 鎌田敏夫氏の『世界で一番ロマンティックな海』という短編集の中の表題作です。
 このお話は高校生の時に出会った男女が別れを繰り返しては愛を深めていくんですが、別れを繰り返していくその途中に彼(彼女)はお互い一度はそれぞれ違う異性と結婚します。ですがお互いに相手を忘れられず逢い引きを続けずにはいられない関係に陥っていく・・・というストーリーでした。
 これはある意味両想いなので質問者様が挙げておられるような条件を満たしてはいないかもしれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報