追突事故で被害者となり約半年通院しました。鞭打ちの後遺症が認められるかどうか微妙なところだと医師にいわれました。加害者は誠意がなく保険会社に任せっきりです。気分が悪いので、とりあえず被害者請求でもらえる慰謝料や通院費を受け取りたいのですが治療費は病院から任意保険の会社へ請求しています。自賠責は別の会社ですので具体的にはこの会社の支店へ書類を出すことになりますか。この方法での不利益はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の内容を拝見した限りで考えるとやはり相手の任意保険の会社に対し一時払いの請求をするのが一番いいと思います


病院の治療費に関してすでに任意保険の会社を動かしているようですので事故処理の担当の窓口をその会社に一本化しておいた方が何かと好都合だと思います
それから一つだけ加害者の方の弁護をさせていただきますが余計なトラブルを防止するために保険会社の方からある程度保険金の支払いなどの目処が立つまで加害者の方に直接表に出ないようにお願いしているケースもありますので
あまりご立腹なされないであげてください
    • good
    • 0

大変でしたね。

お気持ちは痛いほど分かりますが、客観的な見方からお答え致します。

このケースですと「一括払い」と言う方法で保険会社が処理していると思われます。
お分かりかと思いますが、対人賠償は最初に自賠責保険からの支払で、その枠の120万円を使いきって始めて任意保険の対人賠償保険での支払となります。
「一括払い」だとこの作業を任意保険の保険会社が一貫して執り行います。その支払は自賠責から支払われるものを保険会社が立替払いしていますから、通常被害者が自賠責の保険会社に支払を請求しても支払いはしません。
ですから、自賠責保険の会社に被害者請求するのではなく任意保険の保険会社に一部支払請求する方がいいでしょう。

早くお怪我がよくなる事を願っています・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鞭打ちで通院 個人加入の保険会社からまだ通院中にもかかわらず、保険が支払われないかもしれないとの連絡が・・。

交通事故(追突)にあい、鞭打ちとなり通院中です。
※追突された側で、10-0で私が被害者です。
※追突の状況は停止中時速50~70kmのスピードでノーブレーキで
追突されました、相手は業務用バン、当方軽自動車。走行不能となり新車で80万程度しかしない車の修理代は50万と専門家の方はかなりのスピードでの衝突と言われています。
本題です。
先方の保険会社の方は、治癒するまで通院してくださいと言ってくださいます。
当方が個人的に入っている損害保険会社に事故の申請をし、通院を始めました。1ヶ月くらいたったころでしょうか。個人加入の保険会社より
・まだ通院しているか?・何日通ったか?週どれくらい通院しているかなど、記入、返送するよう封書が届きました。
なぜ、こんな質問があるのか不思議に思い、電話し確認すると、保険が
おりないケースがあると言われました。保険の約定をみても、鞭打ちで保険が支払われないケースは、入院疾病の場合に記載されてあり、私が加入している、普通傷害、交通傷害には記載されていません。
先方の保険会社が経過状況を気にされて連絡があるのはわかりますが、被害者側で個人加入の保険において、治癒報告もしていない段階でコンタクトがあり、保険が支払われない可能性があると予告めいた告知をするなんて、考えられません。
何年も保険料を支払い続け、万が一がおこったので、治癒後保険金を請求したいと考えておりましたが、腹が立ってしょうがありません。
※事故後の状況は以下の通りです。
非常に忙しい時期であり、毎晩深夜まで残業しているような状況
休むに休めず、通常通り勤務、病院に通院できる日は通院
また、多少の痛みは我慢する訓練を子供のころから受けており、24時間痛いわけではないので、勤務しているといった状況です。
今、通院はじめから2ヶ月目です。痛むときはかなり痛みます。
精神的にもつらいこともあります。
まだあと1ヶ月は様子をみながら通院したいと考えております。
保険はきちんと支払ってもらえないものなのでしょうか?
きちんと請求したとおり支払いを行ってもらう手段はありませんでしょうか?

交通事故(追突)にあい、鞭打ちとなり通院中です。
※追突された側で、10-0で私が被害者です。
※追突の状況は停止中時速50~70kmのスピードでノーブレーキで
追突されました、相手は業務用バン、当方軽自動車。走行不能となり新車で80万程度しかしない車の修理代は50万と専門家の方はかなりのスピードでの衝突と言われています。
本題です。
先方の保険会社の方は、治癒するまで通院してくださいと言ってくださいます。
当方が個人的に入っている損害保険会社に事故の申請をし、通院を始めま...続きを読む

Aベストアンサー

 「日常生活に著しい支障」があった期間は保険会社の担当者にて判断します。
 一般的には、保険金請求書類到着→書類を見て保険会社より支払保険金額の提示→合意が得られない場合、判断の参考にするために保険会社が主治医の先生へ訪問し治療内容や後遺障害の見込み等を聞いたり画像で受傷を確認する等行う→再度保険会社より金額提示という流れになります。
 
 最終的には担当者の判断となるので、質問者さんの知人の方の搭乗者傷害の請求の件のように「一日2時間通院にかかったから4分の1・・・」などという、私個人的には言いがかりとしか思えないような理屈での日数提示も発生します。(他にちゃんと理由があったと思いたいですね)
 ですので、質問者さんのケースでどのくらいとは明言することは不可能です。すみません。

 ただ、あくまで「日常生活に著しい支障」が対象なので、どのように支障があったかをご本人や医師が、保険会社の担当者へ説明できると強いです。また、医師の当初の「全治~日」は「見込み診断」といって、あくまで診断した時点での判断ですのであまり参考にはしないので安心しても良いと思います。
 
 また、主治医へ確認した際に受傷部位に既往症があった場合、それによって治療期間がけがの内容に比して長期化したと思われるケースでは、今回の受傷に関する治療部分のみが支払いとなることがあります。ご参考まで。

 保険契約を代理店経由で加入した場合、その代理店に相談するのも一考です。

 「日常生活に著しい支障」があった期間は保険会社の担当者にて判断します。
 一般的には、保険金請求書類到着→書類を見て保険会社より支払保険金額の提示→合意が得られない場合、判断の参考にするために保険会社が主治医の先生へ訪問し治療内容や後遺障害の見込み等を聞いたり画像で受傷を確認する等行う→再度保険会社より金額提示という流れになります。
 
 最終的には担当者の判断となるので、質問者さんの知人の方の搭乗者傷害の請求の件のように「一日2時間通院にかかったから4分の1・・・」などとい...続きを読む

Q鞭打ち通院中の事故

去年の10月後半に信号待ち停車中に後方から時速50キロで追突され、現在通院2ヶ月の治療中です。やっと12月末に車も治ったばかりで首の痛みも取れず、今年もまだ引き続き通おうとしている矢先に、1月2日にまた助手席に同乗中に追突されました。車は若干へこんだ程度でそんなに衝撃は無かったのですが、首の痛みが増しました。
1.この場合、保険の対応(慰謝料処理)はどうなるんでしょうか?相手側は共に損○ジャパンです。

2.そして、前回の事故は自分が運転手。今回の事故は友人の車に同乗していました。搭乗者保険の扱いはどのようになりますか?

ちなみに今回の事故の相手は20歳前後の若者で、保険会社に連絡するように伝えても「忘れてた」とか何かしら言い訳をして一向に連絡する気配がありません・・・。この場合は相手の保険会社に直接被害者側から連絡しても構わないのでしょうか・・・。

長々とすみません・・・。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

  度重なる事故の遭遇でのお怪我にお見舞い申し上げます。
既に事故で受傷していて、再度事故で怪我をした場合は「異時共同不法行為」と云う事になります。受傷部位が同じ場合は後の事故から次の保険会社が対応する事に成ります。従って治療費・休業損害・通院交通費は後の保険会社が対応します、慰謝料は後の会社が最初の事故から通して計算します。・・・・・保険会社同士で調整しますので今迄の担当者と後の事故の担当者に連絡しておく必要が有ります。・・・・・相手の動きが悪ければあなたが連絡してもかまいません。もし相手が任意保険に入って居ない場合は、最初の保険会社の担当者に相談する事です、2台分の自賠責保険の傷害の限度額の240万円まで使う事が出来ます。
搭乗者傷害保険も同じ様な考え方ですが、契約の内容によって変りますので契約先に相談されるのが良いでしょう。

Q鞭打ち完治(?)後の休業補償と再通院について

鞭打ちで通院していたのですが、5日ほど前に体調がよくなったので(1週間ぐらい何の痛みも無かったので)、医師との相談の上に通院を止めました。そして昨日突然に事故後と同じような気持ち悪さとめまい、頭痛を感じ会社を休みました。今日もだいぶ良くなったのですが、気持ち悪さは残っており(昨日寝れなかった為か?)会社を休む予定です。
昨日今日と病院が休みなので行っていません。質問ですが、通院を打ち切ってしまったのですが、自賠責で再通院が出来るのでしょうか?(症状がよくならない時は)。また2日分の休業補償も請求できるのでしょうか?現在の症状のはっきリとした因果関係はわかりませんが、事故後の症状とは同じです。

示談は未だしていませんでした。また相手の保険屋にも通院を打ち切ったことは行っていません(でも病院側から連絡は行ってると思いますが)。

相手の保険屋も土日で休みだったので相談できませんでした。同じような事を経験なさった方いますか?
また再発したらと思う心配です。

Aベストアンサー

ご心配には及びません。

まだ、医師との相談で通院打ち切りの段階ですので、月曜日に病院に行って、症状を告げて治療を受けることは可能です。

一旦快復したかに見えて戻るなんて事は良くあることです。
人間の体は機械ではありませんので。

Q交通事故での鞭打ち。人身損害に対する承諾書がきてからの通院再開可能ですか?

 平成17年9月に事故にあい、鞭打ちになりました。過失割合は1対9で相手方が車から後方を見ずにドアを開け、私がバイクでそのドアにぶつかりました。
 半年ほど通院をし、MRIをうけ、悪いところはなにもないと言われました。担当医に「鞭打ちはだいたい半年ほどで治療は打ち切るものだよ。二年以上通っている人もいるけどね。」と言われ、実際まだ痛みはあったのですがこれ以上長く続けて、相手の保険屋に慰謝料をたかってるのか、など言われるのがしゃくだったので治療を打ち切りということで相手方の保険会社にも通知しました。
 その後、平成18年6月に人身損害に対する承諾書が保険屋からきました。内容はこの慰謝料を振り込んだらもう今後一切関わりませんのようなことが書いてありました。
 平成19年4月、今現在まだ承諾書の返事は書いておらず、慰謝料もいただいてません。
 鞭打ちは自覚障害であり、気分で変わったりするものであると思い一年ほどしたらすぐ直ってしまうと思っていましたが、症状はまったくといっていいほど変わりません・・。
 この症状を抱えたままであると辛いです。完全に治るまで通院を再開したいと思っております。承諾書がきてから期間が経っていますが、今からまた通院を再開し通院費や治療費を保険屋に払っていただけるのでしょうか?
よろしくお願いします。

 平成17年9月に事故にあい、鞭打ちになりました。過失割合は1対9で相手方が車から後方を見ずにドアを開け、私がバイクでそのドアにぶつかりました。
 半年ほど通院をし、MRIをうけ、悪いところはなにもないと言われました。担当医に「鞭打ちはだいたい半年ほどで治療は打ち切るものだよ。二年以上通っている人もいるけどね。」と言われ、実際まだ痛みはあったのですがこれ以上長く続けて、相手の保険屋に慰謝料をたかってるのか、など言われるのがしゃくだったので治療を打ち切りということで相手方の保険...続きを読む

Aベストアンサー

先ず別の傷病が有るのではないかを疑うべきです。
ただの鞭打ちだけではそんなに長く症状が続くとは考えられません。
一度大学病院等の専門科へ行かれたほうが良いと思いますよ。

承諾書が送られてきたと言うことは、既に症状固定をされていると言う事です。
症状固定後は治療費が出ませんので自腹と言う事になります。
ただ、症状が未だ続いているのですから、保険会社に今の現状を説明し、相談されれば良いと思います。
保険会社の考えは平成18年6月からかなり期間が過ぎていますので、
因果関係を認めず、拒否するかもしれません。
その場合は、自腹で検査することになります。

Q事故で通院中の通院費と慰謝料??

現在事故で通院を終了して、示談の話になってますが、通院費と慰謝料とききますが、二つとも同じ意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

通院費とは
実際に病院に通う際にかかった交通費のことです。
けがの程度などによりタクシー通院が認められることもありますが領収証を提出することが必要です
通常、バス、電車利用の場合、明細書に記入の上、提出することで受け取り可能です

慰謝料とは
[「精神的・肉体的苦痛による損害の賠償のことを慰謝料といいます。」
読んで字のごとく「慰め(なぐさめ)、謝る(あやまる)」「料(お金)」のことです

 傷害による慰謝料は、入院・通院の月数に基づいて、ほぼ定額化されています。
●強制保険の基準
 ケガの程度に関係なく1日4200円ですが、限度額が120万円なので治療関係費や
休業補償等と合わせてこの限度内しか出ません。
●任意保険の基準
 ケガの程度によって慰謝料が算定され、以下の3段階に分かれています。
 ・軽症: 打撲・挫傷・擦過傷・捻挫等
 ・通常: 前腕骨折・膝関節脱臼等
 ・重傷: 頭蓋骨複雑骨折・脳挫傷・腹部損傷破裂等 
 ※基準額は軽症をベースとし、通院1ヶ月12万3000円、入院1ヶ月24万6000円で
  す。
  通常はこの10%増し、重傷は25%増しです。

通院費とは
実際に病院に通う際にかかった交通費のことです。
けがの程度などによりタクシー通院が認められることもありますが領収証を提出することが必要です
通常、バス、電車利用の場合、明細書に記入の上、提出することで受け取り可能です

慰謝料とは
[「精神的・肉体的苦痛による損害の賠償のことを慰謝料といいます。」
読んで字のごとく「慰め(なぐさめ)、謝る(あやまる)」「料(お金)」のことです

 傷害による慰謝料は、入院・通院の月数に基づいて、ほぼ定額化されています。
●強制保...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報