『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

敬語についての質問です。
「システムご利用のご案内」は正しいでしょうか。
二重敬語になるのでしょうか。
また、「あ」「お」から始まる言葉には「ご」や「お」をつけてはいけないといくつかのサイトで見たのですが、「ご案内」という言葉はいたるところで見ますがいかがでしょうか。
教えてください(><)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

正しい敬語です。

しかし、ややくどいので「システム利用のご案内」「システムのご利用案内」などとしたほうが落ち着きます。

二重敬語は、1つの語に対して同じ種類(尊敬語、謙譲語)の敬語化を二重にしてしまうことで、「お書きになられる」「おっしゃられる」などのようなものです。「ご利用のご案内」はそれぞれの語が敬語化されているだけで、二重敬語ではありません。

「システムご利用のご案内」は、意味としては「(私どもの)システム(をお客様が)ご利用(になるために私どもから)ご案内(します)」で、「ご利用」は尊敬語、ご案内は謙譲語です。敬語文法的には間違いはありません(なお、自分側のことに「お・ご」を付けるのはおかしいという俗説があるようですが、「ご案内」は動作が向かう先の人物を高める「謙譲語 I」であり、全くの正用です。下記「敬語の指針」P.39参照)。

ただ、「ご利用」「ご案内」が続いて、ややしつこくなっています。敬語には、敬語が続く場合には前を略して後ろの語を敬語化するという原則(あるいは作法)があります。「ご家族でご一緒にお楽しみになれるお席」は、「家族で一緒に楽しめるお席」としても、最後の「お席」で敬意は十分に表せるのです。それに従えば、「システム利用のご案内」が適切になります。また、高めたい相手の動作である「利用」に尊敬語が使われていないのを敬意が足りないとすれば、こちらを優先して「システムご利用の案内」「システムご利用案内」としてもよいと思います。個人的には先の「システム利用のご案内」が落ち着きます。そもそも「システム利用案内」でも失礼だとは感じません。

もう一点、
>「あ」「お」から始まる言葉には「ご」や「お」をつけてはいけない
というのは、「お」から始まる語に「お」を付けてはいけない、「ご」から始まる語には「ご」を付けてはいけない、ということではないかと思います。どちらにしても俗説で、「付けてはいけない」などというルールはなく、「お起きになる」「お置きになる」「お押しになる」など普通に使われます(「あ」で始まる語も「おありになる」「お洗いになる」など、問題ありません)。ただし、「ご」で始まる語については言いにくいせいか、「ご号泣なさる」「ご合格なさる」「ご合意なさる」など、あまり使われない傾向にあるようです。とはいえ、使ってはいけないルールなどなく、ただ語感的に避けられているということです。

参考文献
『敬語』菊地康人著 講談社学術文庫

文化庁 文化審議会『敬語の指針』
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin. …
    • good
    • 5

間違いではないが、稚拙です。

やっぱり敬語は「身軽」なほうが良い。
    • good
    • 0

先にお答えできるご質問にお答えしてしまうと、二重敬語というのはひとつの動詞に2つの敬語を重ねることを言うはずですので、ふたつの名詞にそれぞれ「ご」を付けるのは二重敬語ではありません。



次に「あ」「お」から始まる言葉には「ご」や「お」をつけてはいけないという約束事は私も知りませんでした。音読みする名詞に「ご」を使うと教わった記憶がありますし、そういうことが多いように思うのですが、例外があるところを見るとそう決まったものでもないようです。
慣用として定着したものに後から理屈を付けるので例外が出てしまうものなのかもしれないと勝手に解釈しています。

さて、肝心の「システムご利用のご案内」についてですが、他の皆さんほど自信が持てません。微妙な問題だと思います。「ご」を外して平文にしてみると、

「システム利用の案内」

になります。個人的にはこの言葉自体がちょっとだけ変だと思います。
本来の形は「システムの利用の案内」だと思うのですが、これを省略するのであれば

・「システムの利用案内」
・「システム利用案内」

の方が自然ではないでしょうか?これらを丁寧に言い換えて

・「システムのご利用案内」
・「システムご利用案内」

の方が妥当ではないかと思います。(個人的には前者の方が好きです)

「システムご利用のご案内」はありふれた表記のような気がして「間違い」と言い切る自信はありませんが、「ご」が2回重なるのは確かにたどたどしい感じがします。

尊敬語は難しいと思いますが、嫌いではないです。丁寧な言葉で話しかけられるといい気持ちがしますので、自分もできるだけ丁寧な言葉で話したいと思います。ですからyukonyさんのように正しい敬語を使おうとされている方を見るとうれしいです。
    • good
    • 1

ついでに、



「システムご利用案内」でもお客様に対して敬意を表明するに足りる立派な表現です。「ご」&「ご」とこの様に短い語句の中に放り込むのは尻ッペタが図痒くなって敵わん、という超個人的感想も込めましての連続回答で誠に相済まんこってして。(古い浪速言葉)

デパート地下食料品売り場で、売り子のオッさんが「お客様の、ご利用を、ご案内、致します!」とヤタラ叫んでおりますが、笑止千万、噴飯モノじゃ、マー、これと五十歩百歩じゃな!と素直に思う! 「極論一発」→「ご」は一回で必要にして充分也、「ご」の大安売りは安モンのデパート地下食料品だけに、、、、
    • good
    • 0

「当システム利用のご案内」で普通の日本語です。



「当」で自らのことを若干へりくだって、無くても可也!
「ご案内」で相手に対する敬語表現、
「ご利用」の「ご」は不要だと、馬鹿丁寧すぎる!
    • good
    • 0

(1)「システムのご利用」+(2)「(1)についてのご案内」の2つの文章構成なので、おかしくはない。



「システム利用」という1つの単語にした方が、きれいにまとまりますが。
→「システム利用」のご案内
    • good
    • 0

>「システムご利用のご案内」は正しいでしょうか。


正しいと思います。
逆にどこが気に入らないのか不思議です。
    • good
    • 0

ご案内します、、などと使うときには自分につけるのはおかしいという意見もあるが聞く分にはさほど気になりません。

相手も丁寧な言い方しようとしているのがわかるからです。

わたしは敬語という言い方は嫌いでできれば使いたくありません。しかしまぁ、社会生活のプロトコルで「朝起きたら顔洗うみたいなもの」と割り切ります。
ていねい、柔らかな言い方、相手に敬意示すあたりはいいが「尊敬」「謙譲」など身分制度の国じゃあるまいしまっぴらです。

質問は案内板やチラシに書くなら「システム利用のご案内」「システムご利用のお知らせ」などと言い換えた方が違和感が少ない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご」は「紹介」に対しての、
「いただく」は動作に対しての敬語のように思うのですが、
おかしいと指摘されました。

敬語やマナーに詳しい方、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案内していただいた。」は,「先生が私を
案内する」ことを謙譲語I「御案内する」で述べているため,「私」を立てることになる点が不適切
であり,結果として「御案内してくださる」あるいは「御案内していただく」全体も不適切である。
「して」を削除して「御案内くださる」「御案内いただく」とすれば,「お(ご)……くださる」「お(ご)
……いただく」という適切な敬語のパターンを満たすため[本節の1の(1)(1),及び2の(1)(1)
を参照(24ページ及び26ページ)。],適切な敬語となる。「……ください」の場合についても同様
である。)
(注) ただし,この場合についても,例えば,次のような限られた場合には,問題のない使い方となる。
事情は,先の「伺ってくださる・伺っていただく」の場合と同様である。
(1)「田中さんが先生を御案内してくださいました。」,「田中さんに先生を御案内していただきました。」
(2)「鈴木さん,すみませんが,先生を御案内してくださいませんか。」<<

二重敬語というのは「いらっしゃられる」のように、一語に二つの敬語を使うことをいいます。この場合は「行く」に、「いらっしゃる」という敬語動詞と「れる」という尊敬の助動詞を使っていますね。

先日(本年二月二日)、文化審議会から答申された「敬語の指針」(全文は下記URLをご参照ください。)から、ご質問に該当する部分をコピーしておきます。参考になさってください。

>>2 謙譲語I
(1)動詞の謙譲語I
(1) 動詞の謙譲語Iの形
「訪ねる→伺う」のように特定の語形(特定形)による場合と,「お(ご)……す
る」(例:届ける→お届けする,案内する→御案内する)のように広くいろいろな
語に適用できる一般的な語形(一般形)を使う場合とがある。
【特定形の主な例】
・伺う(←訪ねる・尋ねる・聞く)
・申し上げる(←言う)
・存じ上げる(←知る)
(注) 「存じ上げる」は,「存じ上げている(います,おります)」の形で,「知っている」の謙譲語I
として使う。ただし,否定の場合は,「存じ上げていない(いません,おりません)」とともに,
「存じ上げない」「存じ上げません」も使われる。
・差し上げる(←上げる)
・頂く(←もらう)
・お目に掛かる(←会う)
・お目に掛ける,御覧に入れる(←見せる)
・拝見する(←見る)
・拝借する(←借りる)

【一般形の主な例】
・お(ご)……する(後掲【補足イ】参照。)
・お(ご)……申し上げる(後掲【補足イ】参照。)
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく(例:読む→お読みいただく,指導する→御指導いただく)
(注) 「お(ご)……いただく」を作る上では,前掲「1(1)(1)」の【補足ア:「お(ご)……になる」
を作る上での留意点】(25ページ)に準じる留意が必要である。<<

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案...続きを読む

Q丁寧語の「御(ご)」の使い方

知人がこんなメールを送ってきました。

「丁寧語の「御(ご)」の使い方で、ちょっと疑問があります。
職場の後輩が電話で「○○さんと御連絡をとりたいのですが」と言ってたので、『自分に「御」をつけるな』と指摘しました。「○○さんの御連絡をお待ちします」とか、「○○さんと連絡を取らせていただきたいのですが」が正解と思っています。
ところが、上司へのメモ書きの最後に、「取り急ぎ御報告まで」と書いていることに気づきました。
私はどうしたらいいのでしょうか?」

みなさんのご意見、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国語大辞典より抜粋

ご【御】?《接頭》?他人の行為、持ち物などを表す語について、それをする人、それを持つ人に対して尊敬の意を加える。「御本」「御出勤」など。
?他人に対する行為を表す漢語名詞の上に付けて、その行為の及ぶ相手を敬う。「御説明しましょう」「御案内します」など。

お尋ねの件は上記の?に相当しますので、過った用法ではないと思います。(ちなみにこの場合の「御」は丁寧語ではありません)

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q「~頂けますようお願いします」はおかしくない?

よく「お申し込み頂けますようお願いいたします」という表現を目にしますが、このときに使う「頂けます」は誤用ではないでしょうか?
「頂けます」とは、私の知る限り、可能の意味を表す謙譲語だと思っています。
これをいうなら「頂きます」を使って、「お申し込み頂きますようお願いいたします」と思うのですがどうでしょう?
文法的に上手に説明して頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、
「お申し込み頂きますようお願いいたします」
としなければなりません。
これが本来の表現でしょう。
ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。

そこで、
「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」
という意図で、
「お申し込み頂けますようお願いいたします」
という文が作られたのではないか、と推測します。
この意味で、おっしゃるように可能の用法のつもりで使っているのでしょう。
この場合、「申し込む」の主語と「いただく」の主語は異なることになります。
しかし、この「いただく」は「お申し込み」の補助動詞として使われているため「お申し込みいただく」は一つの動詞とみなされるべきです。
つまり、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることになり、それが違和感の原因であり誤用たる理由にもなるのでしょう。

こういった文を作ってしまう方は多いですが、「強制的ニュアンスを消したい、薄めたい」という意図を表わすためには、「お申し込みを賜りますようお願いいたします」などとすれば効果が多少は出るように思います。
  
  

「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、
「お申し込み頂きますようお願いいたします」
としなければなりません。
これが本来の表現でしょう。
ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。

そこで、
「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」
という意図で、
...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング