まむしのような毒蛇を喰った鳥(カラスなど)は、蛇が持っている毒で死なないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

毒蛇の毒には、ヘビの種類によって、神経毒と血液毒がありますが、いずれも消化液で分解されるものですから、口内炎(鳥にはないですネ)や食道・胃に傷がない限り吸収されず、大丈夫ですネ。


毒蛇は獲物に毒を注入し、弱ったところで飲み込みますネ。でも、自分の毒にやられることはありません。ところが、毒蛇同士でも噛まれるとやられます。
ヒキガエルの毒(ブフォステロイド)やフグの毒(テトロドトキシン)のように吸収されてしまうタイプの毒は食べることによって命を落とすのですが、ヘビ毒は大丈夫です。
蛇足まで。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 22:32

直接的な回答ではありませんが、以下のサイトは如何でしょうか?


1.http://www.habi.ne.jp/yamamoto/kawano/pro001.html
(ヘビの毒が心臓発作の特効薬)
2.http://www.nih.go.jp/niid/reports/repo_99_2.html
(蛇毒の出血活性を抑止する物質)
3.http://japan-golf.com/essiac91.html
(ヒメスイバ(SHEEP SORREL))
更に、
-------------------------------
毒をもつ動物/ティリーザ・グリーナ…[他]/丸善/1998.7 
ふしぎいっぱい毒をもつ動物/アレクサンドラ・パー…[他]/ブックローン出版/1996.10 
図解猛毒動物マニュアル/同文書院/1996.6 
-------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

okayadokariさんがおっしゃるとおりだと思います。


マムシなどの毒は、もともと唾液の消化酵素ですね。(そのほかの成分もあるけど)
食べてしまえば消化されてしまいます。虫歯とか口内の傷があったときは知りません。
マムシ酒は何度も飲んだけど大丈夫ですよ。
    • good
    • 0

素人考えですが…



まむしなどの蛇の毒は、血管内等に入ったら効くのではないでしょうか。したがって蛇にかまれて毒牙から体内に毒液が注入されたら死んだりするでしょうが、口から食べて胃にはいると、たぶん普通の食べ物と同じように、消化されてしまうのでは。
だから、口の中や、胃の中に傷などがあるとそこから毒液が入って死んだりするかもしれません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカラスの撃退法

カラスの撃退法

最近 通る道でカラスの攻撃を受けて困っています。
その道を通らなければならないのですが、どうやら私だけ狙われています。
頭に激突してきて危ないです。
帽子をかぶっているのでケガをしないでいますが 追い払ってもまた襲ってきます。

カラスの嫌いなものとかを持っていれば大丈夫でしょうか?それは何でしょうか?
どなたか撃退法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

近くにカラスの巣があり、ヒナが育ちつつあるのでしょう。カラスの親は必死です。今のままでは怪我人が出る恐れがありますので、その通りを管轄する市区町村に連絡して巣を見つけてもらって駆除してもらいましょう。

子供を必死で守る親の心でカラスは突っ込んできます。たとえ、突っ込んだら死ぬんじゃないかとカラスに思わせるようなものを持っていてもカラスは突っ込んでくるかもしれません。したがって親ガラスが守るべきものを最初に除去するのが良いのです。

Q毒を持ってる生物って自分と同じ毒を体に注入されたらで死にますか?それと

毒を持ってる生物って自分と同じ毒を体に注入されたらで死にますか?それとも毒の抗体のようなものがあって毒が体に回っても死なないんでしょうか?
無知ですみません

Aベストアンサー

種類によるでしょうね。
毒にもいくつか意味があると思います。

まず消化液の発展系のようなもので、毒で相手を溶かして吸収してしまうようなタイプのもの、毒蛇や蜘蛛のようなタイプですね。
この手のものは基本的に自分を含めてどんな生き物でも溶かします。
抗体があれば防げますが、蜘蛛や毒蛇は平気で共食いして同種を食べてしまうことを考えると、多くの場合で抗体はなさそうです。

次に捕食や天敵撃退のために毒を打ち込むタイプですね。
サソリや蜂ですね。この生き物も同種が天敵となったとき相手を毒で攻撃するところを見ると、効果がありそうです。

最後に天敵に捕食されることを防ぐために毒を身に蓄積するタイプですね。
河豚やヤドクガエル等ですね。
こいつらは体の多くの部分に毒が散在しているものが多いです。
となると、おそらく体内に同種の毒が入ったとしても、おそらく影響は無い(あるいは少ないのでは)可能性が高いと思います。

Qカラス撃退法

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?
ご多分に漏れず、カラスがごみ置き場をあらしています。
これはよいというカラス撃退法を教えてください。
お願いいたします。
まだアイデアだけのものでも結構です。
今、私は、黒い布(タオルを黒く染めたもの)を植木鉢の棒にたてております。

Aベストアンサー

母が賃貸マンションを経営してます。ハトが巣を作って困ったことがあり、対策を探しました。臭いや風車などは根本解決にならず、ネットを張りました。カラスも同様です。ネットを張ることと、悪臭が出ないよう袋をしっかり結ぶことが大切です。

Q毒蛇をまねる蛇

昔のことで細かい名前や地名は覚えていないのですが、
ある蛇は、自分は無毒のくせに、ほかの毒蛇の姿形にそっくりに擬態して
身を守っているものがいます。

このことを考えているといくつかの疑問がわいてきます。
1 その蛇はなぜ、真似している蛇が毒蛇だと知っているのか?
2 毒蛇ということを知らなくても、天敵が少ないということを知っている理由は?
3 姿形をどうやって獲得したのか?

さらに、私の素人考えでは、擬態することがいとも簡単のように思われます。
たとえば頭の方はうまくいったがしっぽがちょっとまずかったから次回で修正
しよう、とかいうのではなく、いきなり完成品になってしまうのです。

進化についてはまだ解明されていないことが多いと聞きますが、考えれば
考えるほど自然は不思議です。考え方の指針など教えていただけると
ありがたいです。

Aベストアンサー

進化論の大御所(というか教祖?)ダーウィンも、「クジャクの羽を見るとめまいがする」と言っていました。
あの羽根の目玉模様も、羽根にびろんと目玉が描かれているのならまだわかるのですが、実際には羽根は細かく枝分かれし、その細い一本一本が別々の色に塗り分けられ、その集合が「目玉」に見える。非常に複雑で、どうやってそれが発生し、どうやって遺伝子に固定されたのかわかりません。
キリンの首についても、「高いところのものを食べるためには長いほうが有利だから、淘汰の結果、長いものが生き残った」と言われていますが、進化の途中の「中くらいの長さのキリン」の存在は確認されていません。(半分だけそっくり、といった毒蛇が見つかっていないように‥)
生命の「発生」については、まだまだ謎が多いのです。進化論はその意味で、机上のものと言ってもいいでしょう(もちろん、立派な机上です)。

有り体に言ってしまえば、「進化」「自然淘汰」だけでは現状は説明できないことの方が多いのです。それらはある程度、生命の向かっていく方向を示してはいますが、すべての原因でも指針でもないようです。
‥‥ではなぜ??ほかになにが、その蛇が毒蛇にそっくりになるのか?
という答えについては、私の方が知りたいです(笑)。

蜂の姿をそっくりに真似る蘭もあります。それをメス蜂とかんちがいしたオスが交尾しようとすると、花が受粉するのです。
進化論では「受粉に有利だから、そのすがたになった」で説明されますが、ほかにも同じ地域の蘭で、べつに蜂の姿を真似ずとも受粉して生きのびている蘭もあります。つまり、「蜂の姿を真似る」は、その地域で生き残る(=淘汰に勝つ)絶対条件ではない。でもその花は、なぜかその道をえらんだ。そこにはなんらかの秩序があるのでしょうが、未解明です。

余談というか、蛇足になりますが。
遺伝子と自然淘汰だけで進化をかたるのは、たぶんまちがっている(というか足りない)と思うんですよね。科学的な根拠はなく、これは非常に個人的な考えですが。
私がそこで興味があるのは「形の共鳴」というものです。つまり「形が似ているもの同士は、共鳴する」というようなことですね。
たとえば、ちょっと前にイモを海で洗って食べるサルが有名になりましたが、あれも最初は一匹二匹だった。それが、だんだんふえて「一〇〇匹」目になった途端に、島中のサルにひろまり、それがなぜか海を渡った向かいのサルにもつたわり、あちこちにその習慣がたいへんな早さでひろまったそうです。べつにサルそのものがイモをもって伝導して歩いたわけでもないのですが、これは「形の共鳴」に近いものではないかと思われます。「一〇〇匹目」が臨界点になって、「サル」という「形」に「イモを洗う」という新しい能力が付加され、それが「形」を通じてひろまっていった‥という考えですね。
ほかにも、かつてニトログリセリンは「結晶化しない」と信じられていましたが、とある研究室で偶然結晶化に成功しました。で、その「種」をあちこちにおくって別の研究室でもニトロの結晶化をはじめたのですが、途端に世界中で、わけもなくニトロが結晶化しはじめた‥‥という話もあります。これも「形の共鳴」だと思われます。
「形」になんらかの力(ポテンシャル)があるとすると、「他人の形を真似る」擬態や、それを獲得する経過にも、べつの見方があるかもしれないですね。もちろんこれは仮定ですが(「形の共鳴」自体は立派な学問です)。

そういう、ちょっとふしぎな学問のエッジ(ソフトエッジ)についてはライアル・ワトソンやデズモンド・モリスの著作がたいへんおもしろいので、もしご興味がありましたらそちらをのぞいてみてください。私の下手な説明よりはるかにおもしろいです。

進化論の大御所(というか教祖?)ダーウィンも、「クジャクの羽を見るとめまいがする」と言っていました。
あの羽根の目玉模様も、羽根にびろんと目玉が描かれているのならまだわかるのですが、実際には羽根は細かく枝分かれし、その細い一本一本が別々の色に塗り分けられ、その集合が「目玉」に見える。非常に複雑で、どうやってそれが発生し、どうやって遺伝子に固定されたのかわかりません。
キリンの首についても、「高いところのものを食べるためには長いほうが有利だから、淘汰の結果、長いものが生き残...続きを読む

Qカラスの撃退法を教えてください。農家です。 毎年、今ごろになると、どこからともなく旅がらすの一団が現

カラスの撃退法を教えてください。農家です。
毎年、今ごろになると、どこからともなく旅がらすの一団が現れ、畑に甚大な被害をもたらします。周辺の農家も枝豆や枇杷を食い荒らされて、泣いています。
どなたか、ぜひ、お知恵を、お貸しください。

Aベストアンサー

ヒトデを入手することはできますか?
ヒトデが発する悪臭でカラスを撃退できます。
ヒトデ成分由来のカラス除けも販売されてますのでご検討ください。

Q毒蛇はなぜ自分の毒で中毒を起こさないのか?

毒蛇はなぜ自分の毒で中毒を起こさないんですか?

Aベストアンサー

血管経由で毒性を発揮する神経毒だから、飲み込んても胃で消化されるだけで無害。

 同種の蛇に噛まれるケースですが、若干の耐性があって、ギリギリ助かるパターンが多いようですが、毒の効き目絶大でほぼ即死のパターンもあるようです。だから、蛇同士で咬み合う争いはしない。。

Qカラス撃退法

教えてください。
カラスが悪さをして大変困ってます。
いろいろと試してみたのですが、全く効果がありません。

以前テレビで見たのですが、ある並木道に鳥が大量に住み着き
その鳥の糞による”糞害”に困った行政がその鳥の
警戒してる「鳴き声」をテープに撮りその鳴き声をスピーカーで
流した所、全く鳥がいなくなった。
・・と言う、テレビニュースを見たことがあります。

私も、カラスを生け捕りにして「警戒してる鳴き声」を録音しようと
思ったのですが、カラスはいっこうに鳴いてくれませんでした。

どなたか、効果的なカラスの撃退法をご存知ないでしょうか?
もしくは「警戒してる鳴き声」をテープに録音されてる方はいらっしゃいませんか?

何卒、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 全国で唯一、役所にカラス係長がいて、カラス退治を担当しているユニークな町がありますので、照会してみてはいかがでしょうか。

 〒089-8650
 北海道中川郡池田町字西1条7丁目
 池田町役場 
 電話01557-2-3111

参考URL:http://www.tokachi-ikeda.or.jp/karasu.html

Qまむしがまむしに噛まれたら?

変な質問で失礼します。
子どもがきいています。

仮に、まむしがまむしに噛まれたらどうなるのですか?
先に噛まれた方が死にますか?
そもそもまむし同士でケンカをしますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

マムシは体内にマムシ毒に対する免疫成分を持っているので、マムシがマムシに咬まれても死なないそうです。
コブラ同士だとコブラの毒が強すぎて死ぬんですって。

ケンカはしないと思います。メスを奪うために争うことはあっても絡みあう程度かと。

参考URL:http://www.elrosa.com/tisen/60/60785.html

Qカラスの撃退法おしえて!

1年前から隣りが空き家になっているのですが、最近カラスが屋根に群がっていてひどいんです。今朝も洗濯物を干そうとしてベランダに出たら、カラスが10数羽いて、えさの取り合いをしていました。思わず怖くなって洗濯物を室内に干してしまいました。鳴き声とかも気持ち悪くて・・・
以前、100円SHOPで「ビニールカラス」というのが売られていて本物のカラスの死骸みたいで効果があるというのをこのサイト内でみましたが、これには抵抗があるのでこれ以外の良い方法を知っていらっしゃる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

  こんばんは。
カラス嫌ですね。撃退法では、ビニールカラスはかなり効果がありますが、嫌であれば、水にトウガラシを入れてカラスに掛けて追い払うという方法はどうでしょうか。ただの水よりも効果があります。

 カラスも野鳥で法律的には鳥獣保護法で守られている鳥です。ただ、あまりに多く増えて、農作物や日々の生活が脅かされているとなると、役所などに届け、専門の野鳥駆除の業者が許可を得て、駆除することになります。

 カラスと言えども、勝手には退治することはできいのですが、迷惑していて追い払うの程度でしたら問題ないと思います。

 あと、カラスの天敵は、トンビやワシ、タカなどですが、トンビ以外はほとんど都会にはいないようです。ネコはカラスよりも強いような感じがしますが、そこは悪知恵の働くので、数羽のカラスがネコの尻尾などを噛みついたり、突っついたりして時間差集団攻撃するので、ネコも負けて退散してしまいます。

Qよく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すこと

よく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すことができたのですか?
自然選択によって毒を持つ個体が生き残ってきた事は知っていますが、1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのかを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのか
共進化の一例ですが、初めの個体は非常に弱い毒しか持たなかった、それも他の機能の副作用として偶然現れた。いかに弱い毒でも生存競争の中で他の個体より有利な群れが出来た、群れが出来ると交配でかなり取食者が嫌う毒の遺伝子を複数持った個体が出来る、理由は染色体の交差による。ここまででやっと一段昇った、次の変異が起きるまで待たねばならない、それは木村資生先生の中立説が主張するところで、様々な弱毒植物ができるがほとんどが脱落する。だから猛毒に至るまでにはとてつもない時間がかかった筈だ。


人気Q&Aランキング