「エアサス」はサスペンションの事だと知ってるんですけど
どう言う仕組みになっているのか解らないんです。
誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

文字通り、空気圧によって支えるものです。

一般的にはベローズと言う空気を入れる丈夫な袋に、圧縮空気をいれその上に支えたいものを乗せると言うものです。身近なところでは電車の台車や自動車に使われています。現物を見ると言うことであれば電車の台車に付いている物が剥き出しですので観察しやすいでしょう。車輪と車輪の中央あたりについているゴムの袋がそれです。

エアサスペンションには金属バネにはない、いくつかの優れた点があります。例えば、サスペンションに掛かる加重が変化しても、空気圧を変化させることで常に一定の高さを保つことができる。これは逆にいえば空気圧を変化させれば高さを自由に変えられると言う事でもあり、状況に応じた自由度が高いことになります。また、金属バネではレートは一定(一定の加重を懸けた時に縮む量は加重が倍なら縮む量も2倍)ですが、エアサスペンションではレートが等比級数的に大きくなるライジングレート(例えば最初の1CM縮めるのは10Kgの力で縮み、2CM縮めるには25Kgの力でと言う具合)の特性をもっているので、変移が小さなときは極柔らかな動作を変移が大きいときはレートの大きなバネのような動作が可能な点です。欠点としてはベローズに空気を供給するコンプレッサー・変移を検知するセンサー・空気の供給/排気を行うバルブなど多数の部品を要し機構が複雑になる点です。自動車においては、大型車や高級車にしか採用されない理由がここにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。「エアサス」の事を質問していた“takashi”です。
かなり詳しく教えていただいてありがとうございます。m(__)m
ずいぶん勉強になりました。

お礼日時:2001/02/02 21:24

エアサスとは、サスペンションのバネに、


金属のコイルスプリングの代わりに
空気バネを使っているものだったと思います。
ホースの先を塞いだ空気ポンプを想像してみると
判りやすいかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。「エアサス」の事を質問していた“takashi”です。
何となくわかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 21:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHONDAヴェゼルは、 安くてカスタムもさまざまで カッコよくてイィんだけど、 コンパクトだから煽ら

HONDAヴェゼルは、
安くてカスタムもさまざまで
カッコよくてイィんだけど、
コンパクトだから煽られますよね?

Aベストアンサー

他人の車を煽る人はHONDAヴェゼルに限らず、自分より小さい車や法定速度で走っている車等を煽るのではないでしょうか?
車種ではなく煽る人の人間性の問題だと思います。
あなたは自信を持ってHONDAヴェゼルを運転すれば良いと思います。

Q「この車ATかと思ってたけどMTだったんだ」?

私はスポーツMT車に乗っている。
先日親戚を後部座席に乗せ混みあった街中を走った。
信号や車通りが多く加減速ストップアンドゴーも多く、
当然シフトアップダウンを多く繰り返すものであった。
2、30分程走ったところ後部座席の親戚が、
「この車ATかと思ってたけどMTだったんだ」と言った
つまりシフトチェンジにおいて極めてシフトショックが少なく、
まるでAT車のようにスムーズに感じたというのだ。
20年弱もMT車に乗ればそれくらい容易いのではないかと個人的には思うのだが、
私は車マニアであるため一般的なレベルとは違うのだろうか?
ちなみに半クラッチを使ってショックを誤魔化すような方法でなく、
回転差を合わせてクラッチをつなぐことによるシフトチェンジによるものである。
MT車でATのように極めてショックレススムーズに走ることについて伺いたい。

Aベストアンサー

物理的に難しく言えば、上下のギア比の違いによるトルクの変化が起き難い回転数で、シフトチェンジを行っているという事でしょうね。
分かり易く言えば、回転数が高くも無く、低くも無く、次のギア比との兼ね合いを感じつつ、ギア変更を行っているのものと思われます。
これには、アクセルワーク、クラッチワークも含まれますので、容易に行えるものでもないでしょう。

実際、運転者は自分で操作するので、車の挙動を予測できます。
その為、同乗者としては不用意なショックでも、運転者にはそうなって当たり前と感じてしまいます。
これが、乱暴な運転を生むのだと思います。
質問者様のように、車のあらゆる挙動を感じて運転すれば、今回のように褒められるような運転になるのではないでしょうか。

Q4WDの仕組み 4WHEELS DRIVEの仕組み

センターディファレンシャル式 ビスカス式といった仕組みがどのような仕組みなのかご教授願います。
2014/3/23

Aベストアンサー

こんばんは。

4WDって色々システム有るんですが、古典的なのがセンターデフを持ったパートタイムの4WD。なので前後含めてデフは3つになります。今は無きジープやランクル、ジムニーなどのクロカン系はハイ&ローの切り替えのトランスファーを持った本格的な4WD。エンジンの駆動はセンターデフに入ってから前後のデフに配分。2WD時は片方のデフへの駆動をスイッチやレバーで断続します。なので2WD時のシャフト空回りの無駄をカットする為にハブロックのオンオフがある訳です。

このシステムはガチでエンジンと4輪が直結となるので、タイトなカーブでは内輪差によるブレーキング現象が起きますし高速での使用には機械抵抗が有りすぎて現実的とは言えない代物。とは言え悪路での走破性は一番高いです。

このデメリットをなくした4WDが一般的に言われる生活4WDと言う奴ですが、e-4WDとかビスカス4WDとかリアルタイム4WDなどがそうです。

これらは普通の走行時にはほぼ2WDなのですが、前後輪の回転差を感知してから駆動輪以外の車軸を各々のシステムで駆動配分を変えて4WDにするシステムです。e-4WDは電気モーターアシスト、ビスカスは多板クラッチによる機械制御、リアルタイム式は油圧によって制御するタイプでそれぞれ一長一短あります。この中でフルタイム4WDと謳ってるものも有りますが、基本普通走行時はほぼ2WDです。

残る4WDはスポーツ系でインプやエボ、GTRとかいったコンピューター制御のハイテク4WDになります。これらは任意にトルク配分を制御できるので、車の特性に合った設定が出来やすく走るためのトラクションを理想に出来るのがメリットですが、一般的な使用では宝の持ち腐れ的な存在?と自分では解釈・・・。

車の走りの嗜好性を求めればクロカンではトランスファー式4WD、ハイスピードのロードやグラベルでのハイテク4WDは楽しいアイテムになりますが、雪国でも通勤やドライブなどの一般使用ではいわゆる生活4WDで全く問題ないですよ。

こんばんは。

4WDって色々システム有るんですが、古典的なのがセンターデフを持ったパートタイムの4WD。なので前後含めてデフは3つになります。今は無きジープやランクル、ジムニーなどのクロカン系はハイ&ローの切り替えのトランスファーを持った本格的な4WD。エンジンの駆動はセンターデフに入ってから前後のデフに配分。2WD時は片方のデフへの駆動をスイッチやレバーで断続します。なので2WD時のシャフト空回りの無駄をカットする為にハブロックのオンオフがある訳です。

このシステムはガ...続きを読む

Qエアサスの寿命

こんばんは!
エアサス車の購入を考えているのですがエアサスの寿命はどの位なのでしょうか?
また悪くなったらどの様になって来るのでしょうか?
今考えているのは20後期セルシオなのですが、この時代のエアサスはどんな感じなのでしょうか?
10はもう10年以上経ち、下手したら傾いているものすらありますよね。。。

Aベストアンサー

エアサス自体はホースやパッキンなどを4から5年ごとに換えてあげればエアサスの本体は10年くらいは持つと思います。(走行条件にかなり左右されます)しかしながら20後期セルシオを購入という事は中古だと思いますが、前のオーナーがエアサスコントローラーを付けて車高短にしていた場合はぐっと耐久性が落ちて、もって2年くらいで完全に駄目になると思います。
ですから、エアサス車を購入されるのなら、前のオーナーが、コントローラなどを付けて車高短にして無い車にした方が良いです。前のオーナーがおじさんなら最高ですが。。まず前のオーナーなんてどんな人か分からないと思いますので、エアサスの車高がスイッチで切り替わるか?時間が掛かり過ぎないか?傾いていないか?などを購入時にチェックしてみてください。

Qエアサスの取り付けについて

ACC スリムボンバーを手に入れました。
取り付けについてなのですが、エアーホースはどのように配管すれば良いのでしょうか?
簡単に言ってしまえば走行中にタイヤや等に干渉しなければどこでもいいと思うのですが、一般的にはどこをどう通して配管するのでしょうか?
車内の事は大体分かるのでショックから車内に引き込むまでの道のりを教えて下さい。
フロント、リア共にお願いします。
車はラパンです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的なのはフロントはブレーキパイプの穴から入れます。それをエンジンルーム内の熱干渉がない部分を通し、ワイヤーハーネスなどが入り込んでいるグロメットを介して室内に入れます。リアはブレーキ系の穴が無いのでフェンダー内部の「室内との堺になっている部分」に穴を空け室内に入れます。ホースと鉄板の接触部には補強を入れホースの損傷を防ぎ、さらにシールで固定します。タンクは後部座席後ろに置くでしょうからOKだとし、後はスイッチをどこに付けるかで室内の取り回しが異なります。スイッチ部が結構面倒な作業ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報