質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

先日こちらで、質問したものですが、左下7番が抜歯、右上6番、右下4番抜歯で歯がありません。新しい歯科医院に治療の説明を聞いたのですが、右下4番の保険外の接着ブリッジは、「余りやってないけど、技工士に頼めばできるよ」通常は、針金がでちゃうタイプだそうです。
保険外、保険内に関わらず、削る量は同じとの事ですが、しろうとの私には、よく意味が解かりません。左上の親知らずが、半分虫歯ですが、根が使えるので、右上6番に移植をし、半年位根の治療をするそうです。移植の成功率は、どのくらいなのでしょうか?右下3番は、健康な歯です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足説明読みました。


色々説明もしてくださる先生らしいですが「良かったら、その技法の写真持って来てくれる?」の下りを読むとちょっと治療技法に対する研鑚が足りないように思います。

歯科技工士は歯科医師の指示で作業を行う立場の者ですから作れと指示すればどんな物でも作りますが、あくまでその物がもつもたないの判断や責任は歯科医師が負うべきものです。
写真を見てどうのというのは責任回避のようにもとれます。

もう一度説明を受けて明確な形成方法(どんな形に歯を削るか)等の提示がなければ転医をお勧めします。

この回答への補足

ご回答有難うございます。先日、歯科医院に行ったのですが、
「接着性ブリッジは保険外なのでなぜ?わざわざそんな高い治療するのかと思って...自分の所でやるブリッジは、支えの歯の上と下の部分に銀が見えるだけだよ。」
と写真見せてもらいましたけど、「自分がやるともっと銀が見えちゃうと思う、この写真はいい角度から撮っているから」との事。
その日は、まだ歯垢取りのみでしたが、不安です。歯垢取りの後、2日経ちますが、歯肉痛いです。歯垢取りも、痛かったです。口臭も出た様な...歯医者は、疲れます。

補足日時:2007/11/29 23:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろご説明ありがとう、ございました。とても参考になりました。

お礼日時:2007/12/04 01:05

ちょっと話がこんがらがってるみたいですね。


「余りやってないけど、技工士に頼めばできるよ」通常は、針金がでちゃうタイプ・・・は接着性ブリッジじゃなくてノンクラスプ義歯の説明だと思います。

「保険外、保険内に関わらず、削る量は同じ」というのはよくわかりません。
ただ実際処置するにあたっては事前に今の歯型を取ったりやレントゲン撮影をして歯並び、かみ合わせ、歯の長さや歯の傾きなどを診査した上でできる処置できない処置を決めます。
接着だけでは維持が期待できない場合はおのずと物理的維持力を大きくする必要があるので削る量が増えて表現としては「保険外、保険内に関わらず、削る量は同じ」という事はあるかもしれません。

移植については自家移植ですから成功率は高いですが異常経過を取る場合もあり長期的に経過観察が必要です。
左下7番が欠損なので左上8番は機能していないわけですから駄目元でチャレンジするのも悪くないと思います。
右上6番の前後の歯が健全歯なら尚更です。
ただし移植については保険適用ができないと思いますのでその後の処置は自費となりますので多少の出費は覚悟してください。

もう少し具体的に説明を求めてはいかがでしょうか。

この回答への補足

説明不足で、すみませんでした。右下4番欠損歯について「接着性ブリッジにしてください。」と希望を述べた所「どんなふうに、するの?裏で留めただけじゃすぐ外れちゃうよ。良かったら、その技法の写真持って来てくれる?」 私が「こちらでは、接着性ブリッジはしてないのですか?」と聞いた所、「通常、右下第3番に、金属が見えちゃうタイプなんだけど、技工士に頼めばできるよ」との会話でした。
色々説明もしてくださる先生ですので、これから詳しく、お聞きしてみます。

補足日時:2007/11/18 17:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接着ブリッジってなぜ一般的じゃないのですか?

接着ブリッジってなぜ一般的じゃないのですか?

接着ブリッジは、歯をあまり削らなくてすむと聞きます。

しかし、歯医者にいくと、ブリッジのことはよく聞きますが、接着ブリッジのことはあまり耳にしません。
やはり適応がかなり限定されるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.現状の接着技術では脱離しやすい。
2.歯を削る量が少ないため、金属の厚みが出てしまい
  感覚的に良くない事が多い
3.ブリッジの場合は保険診療では2年間保証しなさいとなって
  いるが2年持たないケースが多々あり、もともと利益がほとんど
  ない保険診療のためやり直せば赤字、つまり接着性ブリッジは
  歯科医院としてみれば利益の出ないボランティアの赤字診療
  (患者個人個人では長持ちする症例もあるだろうが提供者として
   グロスで考えると赤字)
4.症例が限られるためトレーニングが十分にならず技術的に
  自信がない
5.インプラントの予知性が高まり十分な治療ができるように
  なっため接着性ブリッジよりインプラントというより
  他の歯に負担のかからない(隣在歯だけでなく全体に対し)
  治療が存在することになり、接着性ブリッジの存在意義が
  薄れたため

以上五点の複合的要因ではないかと思います。

Q歯の治療で「接着性ブリッジ」ってどこの歯医者でも出来るのですか?前歯がなくて困っております。

前歯が1本なくてブリッジにした方がよいと言われましたが、
良く調べてみるとブリッジも長持ちしなかったり、支えの歯を抜かなければ
ならなくなったりとリスクもあるようです。

かと言ってインプラントもかなり多くの事故を耳にするし、費用もばかになりません。
ネットを見ていたら「接着性ブリッジ」と言う支えの歯を大きく削らなくて良い
ブリッジの方法があると書いてありました。

これって一般的な物なんですか?どこの歯医者でもやっている療法なのでしょうか?

また、他に良い方法や考えがありましたらお教えください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、
あくまでも参考意見としてください。



・接着性ブリッジについて

接着性ブリッジは、確かに保険適用です。
1歯欠損症例において支台歯(支えに使う歯)が
生活歯(神経をとっていない歯)を1本以上使用して、
切削をエナメル質にとどめて装着します。

このため、歯を削る量が少なくてよい方法に見えますが、
咬合圧によっては脱離しやすく、金属部分が見える可能性もあり、
補管(2年以内の不具合は医院の責任でやりかえる)の関係で
歯科医院のリスクがものすごく大きくなることから
積極的にされている歯科医は少ないと思います。



・他に良い方法や考えがありましたらお教えください

義歯に対して拒否感がなければ、まずは歯の切削がほとんどない
1本義歯から試みられてはいかがでしょうか。
お勧めするわけではありませんが、無鉤義歯という
歯を削らないで歯の間に差し込む義歯(自費になります)
もあります。

また、適切に作られたブリッジは長期に安定します。
長持ちしないのは歯周病や設計の不備です。
支えの歯を抜くことになるのは、歯を支える骨が不足するのに
固定源となる支台歯を無理やり1本にした場合などです。

ちなみに、ブリッジの場合は保険と自費では上物が違うだけで
基本的な設計は同じ。
むしろ自費のほうが切削量が多いなどの欠点もあります。
「保険は長持ちしないが自費だと長持ちする」という歯科医は、
「保険は儲からないから手抜きします」と告白しているので
ご注意ください。



お大事になさってください。

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、
あくまでも参考意見としてください。



・接着性ブリッジについて

接着性ブリッジは、確かに保険適用です。
1歯欠損症例において支台歯(支えに使う歯)が
生活歯(神経をとっていない歯)を1本以上使用して、
切削をエナメル質にとどめて装着します。

このため、歯を削る量が少なくてよい方法に見えますが、
咬合圧によっては脱離しやすく、金属部分が見える可能性もあり、
補管(2年以内の不具合は医院の責任でやりかえる)の関係で
歯科医院の...続きを読む

Q銀歯のブリッジは嫌、でもお金が無い

私はとても歯が悪いです。
3本の歯の真ん中の歯を抜いてしまって無い箇所があります。
何箇所かブリッジを入れないといけませんが、
前歯の近くにはどうしても銀歯は嫌なんです。
しかし保険がつかえる歯でブリッジだと銀歯しか無いと言われて困っています。
奥歯なら銀でもいいのですが・・・
普通に笑って銀が見えてしまうのは、ちょっと・・・

でもセラミックを入れるとすると1本8万で私の場合1箇所治すのに24万かかります。
なんと2箇所もあるので48万!そんなお金は無いんです。
保険が利いて白い歯でブリッジって出来ないんですか?
差し歯は白い歯で保険が使える歯があるのに・・・
本当にブリッジで保険が使えて白い歯は無いのでしょうか?

またそのような治療を行なっている歯医者さんがあれば教えて欲しいです。
千葉市内や近辺なら通えますので是非教えてください。

本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険のルールで、ブリッジの支台となる歯は犬歯から犬歯まで(3番から3番まで)は白い歯、それより奥の歯(4番から8番まで)は銀歯と決められております。単独の歯なら犬歯のすぐ奥ともう一つ奥まで(4番と5番)は白い歯でできることになっています。

ですから、全部をかぶせる場合は全て銀歯になってしまいます。

ひとつだけ方法があるとしたら、ブリッジの支台となる歯の全てを削らずに、唇側(頬側)を残しておける場合があります。その支台の状態や噛み合わせの状態によって可能か不可能か、担当の先生にお聞きになってはいかがでしょうか? 「5分の4CKブリッジ」と一般的には呼んでいますが・・・。

■3本ブリッジで24万円というのは妥当な額だと思います・
■歯の数え方、、、3番とか5番とかはわかりますか?下のURLでいうと犬歯が3番、第一大臼歯が6番ということになります。

参考URL:http://www.dental-saga.or.jp/happy/okosama/hasiki-zu.html

Q歯科医はブリッジをしない?

2週間ほど前、抜歯のあとに入れ歯、ブリッジ、インプラントのどれにするかを迷っているという質問に対して、歯科医はブリッジをしないという回答がありましたが、本当なのでしょうか。
実は私も最近抜歯をして(右下6番)、入れ歯、接着ブリッジ、インプラントのどれにしようか迷っています。
普通のブリッジは歯を削る量が半端でなさそうなので、あまり気乗りがしません。
歯科医がブリッジをしないなら、ブリッジは問題をかかえているのでしょうか。

Aベストアンサー

歯科医がブリッジをしないというのは根拠がありませんw
それぞれ一長一短ですし、治療を受ける人の体調、経済的環境、時間的状況に依るでしょうから。

ブリッジは勝負が早いです。
削って、型どりをして、次回か次々回には完成です。
おまけに保険適応なので安くつきます。
ただし両側の歯を削るというデメリットはあります。
両側の歯がもともと差し歯だとか、金属が入ってるのであれば、それをやり直してブリッジに利用するだけで済むのですが…

インプラントは削らなくて済みますし、自分の歯のように使え、上部構造も自費のきれいな義歯が入るので、再び歯が生えたかのような状態になります。
ブリッジや入れ歯は抜けた歯のところの顎骨が長期にわたって吸収していきますが、インプラントは悪くならない限り、骨吸収がほとんどありません。
もちろん手術の必要がありますので、他の二つより、それなりに高いリスクはあります。
手術やその後の経過がうまくいかなければ、痛い思いをしただけで終わってしまうこともあります。
また手術直後から使えるわけではなく、インプラントが骨に定着するまで経過観察が必要ですし、手術してから使えるようになるまで約半年~1年くらいはかかります。
あと自由診療なので価格は病院によって異なりますし、高価です。

着脱可能な入れ歯は削る量はほとんどありません。
保険適応なので安価に作れます。
上記二つは普通の歯のように歯ブラシできますが、これはコンタクトレンズのようにいちいち外して手入れする必要があります。
若い人がこれを選択することはほとんどないかと思います。
また、バネで両側の歯にひっかける必要があるので、チラリとバネが見えてしまう可能性もあります。
もっとも、歯科業界の人以外は他人の口元をマジマジみることなど無いでしょうが・・・

歯科医がブリッジをしないというのは根拠がありませんw
それぞれ一長一短ですし、治療を受ける人の体調、経済的環境、時間的状況に依るでしょうから。

ブリッジは勝負が早いです。
削って、型どりをして、次回か次々回には完成です。
おまけに保険適応なので安くつきます。
ただし両側の歯を削るというデメリットはあります。
両側の歯がもともと差し歯だとか、金属が入ってるのであれば、それをやり直してブリッジに利用するだけで済むのですが…

インプラントは削らなくて済みますし、自分の歯のように使え、...続きを読む

Q抜歯したところには必ず歯を入れなければなりませんか?

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありません。

私としては、笑ったときに銀歯がキラリ…となるくらいなら
多少不便でも一本だけ義歯にするか、歯が一本ないままにしておいたほうが良いくらいなのですが、
上顎6番が欠損したままだとかみ合わせにかなり不調がでるものでしょうか?
また抜歯後に歯を入れないでいると、そこに向かって周りの歯が傾いてくると聞いたことがあるのですが本当でしょうか。

抜歯後に歯を入れずにそのままにしている方もいらっしゃるようですが、
私の場合はそうもいかないのでしょうか。
どんな場合だと歯を入れずそのままにしても平気なんですか?
それとも平気じゃないのでしょうか。

歯医者通いを避けてきたことを本当に後悔しています…。

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありませ...続きを読む

Aベストアンサー

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い場合というのはあまり無いように思いますが、無いことはありません。

ただ、この場合は歯を増やさなくても大丈夫というように断定するのは非常に難しいです。

元々、そこに歯がない人などは何もしなくても大丈夫な場合があります。

しかし、抜いた場合は、抜いた歯が両隣の歯やかみ合わせている歯を抑える役目も果たしていたと考えられます。

それが無くなれば動いてしまう可能性は高いでしょう。

つまり、通常の場合は増やした方が良いでしょう。

no,1さんの場合は時間が経ってしまっていて、プラス要素よりもマイナス要素の方が多いと担当の先生が判断したためでしょう。

マイナス要素とは歯が傾きすぎていて削ってブリッジをかける場合、神経を取らなければならない、矯正をしなければならない、かみ合わせている歯が空いているスペースに飛び出してきてしまっているなどです。

また、歯を増やす方法としては、下記のものなどが考えられます。

1、ブリッジ
両隣の歯を削り、つながっているかぶせ物を入れます。
保険外治療なら、白いものを入れることができます。

2、入れ歯
場合によりますが最低でも両隣の歯に金属の留め金をかけることになります。
少し留め金が目立つかもしれません。
保険外なら留め金をかけずに済むシリコンデンチャー(場合にもよりますが2~3本分までが適応)といったものもありますが、取り扱っている医院はかなり少ないです。

3、インプラント
歯を支える骨に穴をあけて、そこに頭が歯の形をしたネジを埋め込みます。
完全な保険外治療です。

4、移植
質問者さんの場合、左上6との事なので、左上の親知らずが残っている場合、それを移植してくることが可能かも知れません。
予後が良くない場合が少なくありません。
保険外です。

以上の様なことが考えられます。
どれが1番のお勧めかといわれると困ってしまいますが、恐らく、保険外の白いブリッジが一番妥当なのではないでしょうか。

質問者さんの状態などが分からないので、当てはまるかどうかは分かりませんが、はじめに保険のブリッジで歯が寄ってきてしまう等の弊害を抑制してから、お金が溜まるのを待って白いものにするというのが私の一番のお勧めです。

もう一度担当の先生と相談してみてはいかがでしょうか。

長くなってしまってすいません。
良い結果が得られるといいですね。

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い...続きを読む

Q抜歯しました。移植・ブリッジ・部分入れ歯どれが最適ですか?

現在29歳です。1ヶ月前子供を出産しました。
歯周炎で口臭が気になるので、歯科に行きレントゲンをとったところ、歯石の治療などよりも先に、5番目の右下の奥歯を抜歯しました。
この歯は大昔に神経をぬいていて、今までかぶせ物をしていました。
歯茎が黒ずんでいます。4番は健康な歯で6番は小さく丈夫にかぶせ物をしています。
1 お医者さんにはブリッジをすると言われていますがブリッジだと健康な4番の歯を削ることになり抵抗がある。
2 口臭が気になって歯科にいったのに、ブリッジは口臭の原因になりやすいので気になる。
3 右上の親知らずが虫歯になっているので、抜歯を薦められているので、この親知らずを移植したいが、移植の処置は普通の町の歯医者で出来るのか? また、ブラックマージになっているほど弱っている歯茎の部分に移植は可能なのか?
4 ブリッジよりは部分入れ歯のほうが、手入れさえすれば歯を健康に保てるのかどうか?(かぶせ物>ブリッジ>入れ歯という印象)
5 乳幼児がいるので、あまり歯の治療に時間をかけたくない。

正直、抜歯は大変後悔しています。が、悔やんでもどうにもならないので、最善をつくしたいと思っています。
月曜日に歯医者にいくので、時間もなく大変困っています。よければアドバイスください。よろしくお願い致します。

現在29歳です。1ヶ月前子供を出産しました。
歯周炎で口臭が気になるので、歯科に行きレントゲンをとったところ、歯石の治療などよりも先に、5番目の右下の奥歯を抜歯しました。
この歯は大昔に神経をぬいていて、今までかぶせ物をしていました。
歯茎が黒ずんでいます。4番は健康な歯で6番は小さく丈夫にかぶせ物をしています。
1 お医者さんにはブリッジをすると言われていますがブリッジだと健康な4番の歯を削ることになり抵抗がある。
2 口臭が気になって歯科にいったのに、ブリッジは口臭の原...続きを読む

Aベストアンサー

aki~様が何を一番大切に考えられるかによって方法も決まると思います。

○入れ歯
歯に対するリスクは一番少ないです。
健康な歯をたくさん削る必要はほ有りませんし、上手く使えなかった場合、いつでも他の方法に移行できます。
ただし、毎日のメインテナンスや装着感では他の方法に劣るかも知れません。入れ歯と自分の歯の2重の手入れが必要になります。
正しく使用しないと、他の歯をだめにしたり、口臭、更なる歯周病の原因にもなりますし、入れ歯そのものも雑菌が着き易くなります。
また、一本だけの入れ歯は小さな物ですので、誤飲や紛失の危険も無いとは言えません。

○移植
町の歯医者さんレベルでも十分対応が可能ですが、積極的に行う先生とそうでない先生があります。
複数の歯医者さんでの相談が必要かも知れません。
移植の成否は親知らずの根の発達状態や移植部分の歯茎や骨の状態等色々な条件によって左右されます。
歯の大きさや形が上手く合わなかった場合、移植した歯に冠を被せ形を調整する場合も有ります。そうしないと汚れが溜まり易くやはり虫歯や歯周病、口臭の原因になります。
それらがクリア出来ていたとしてもやはり寿命は有る様で、なかなか一生物と言う訳には行かない様です。
試してみて駄目になったら他の方法に移行することももちろん可能です。

○ブリッジ
この場合の最も一般的な方法かと思います。
ほとんど自分の歯と同じように使え、適切な治療、良好なメインテナンスが行われれば、長期にわたっての使用が可能です。
ブリッジを入れた事が直接的に口臭につながることは余りありません。場合によっては、やや汚れが溜まり易く成りますが、丁寧な歯磨きで十分対応できます。
ただし、健康な歯を削らなければいけない場合、その犠牲、リスクは大きな物があります。


治療期間は大差は有りません。速ければ1ヶ月程度で終わる物と思います。
リスクの点で最も良いのは「入れ歯」、長期的安定性、使用感、メインテナンスの容易さでは「ブリッジ」、すべての条件が上手く行った場合は「移植」と言ったところでしょうか。

今回抜歯しなければいけなくなった事は大変残念なことですね。
おそらく歯周病が原因であった事と思います。
出産期に歯周病になってしまうケースは良くありますが、ひょっとしたらそれ以前から有る程度進行していたのかもしれませんね。
歯周病には多くの原因が有りますが、自分自身の適切なメインテナンスでその進行を止められる場合も多い様です。
ぜひその点の指導も十分に受けられて実行して下さい。そうしないとすぐまた他の歯も抜歯、と言う事態に成りかねません。
歯周病は、口の中全体がばい菌の巣窟のようになった状態です。お子さんにも良く有りません。

じっくりお考えになって、また歯医者さんとも良くご相談になって結論を出してください。
(当方は歯科医では有りません、以上一般論としてご理解下さい。)

aki~様が何を一番大切に考えられるかによって方法も決まると思います。

○入れ歯
歯に対するリスクは一番少ないです。
健康な歯をたくさん削る必要はほ有りませんし、上手く使えなかった場合、いつでも他の方法に移行できます。
ただし、毎日のメインテナンスや装着感では他の方法に劣るかも知れません。入れ歯と自分の歯の2重の手入れが必要になります。
正しく使用しないと、他の歯をだめにしたり、口臭、更なる歯周病の原因にもなりますし、入れ歯そのものも雑菌が着き易くなります。
また、一本だけの...続きを読む

Qブリッジした部分の歯が痛んでいます。

去年の2月に上の歯の奥から2番目がひどい虫歯になり(すでに神経はとってあるところ)、抜歯して、その前後の歯でブリッジをしました。ちなみに、その前後の歯が神経を残したまた、ブリッジしています。
その半年後に、冷たいものがしみるようになり、固いものを噛むと痛いので、医者に診てもらったところ、虫歯ではないので、「ブリッジした前後の歯をけずったので、その部分がしみたりなど敏感になっている可能性がある、ずっと痛みがあって全く噛めなくなったりしたら、もう一度来てください。」と言われました。その後も何もしなくても、時々歯がうずくような痛みがあったりして、気にはなっていたのですが、全く痛くないときもあったりして、少しがまんしていました。ところが、先週、かなりの痛みがあり、大丈夫な片方の歯でも噛めなくなり、ついにまた歯医者に行きました。そうすると、少し削って、状態を診て、「神経がほとんど死んでいて、少し生き残っている神経が痛みを引き起こしている」ということで、「神経を殺して、ホルマリン漬けにするような薬を入れましょう」と言われてて、処置をしてもらったところ、ほとんど痛みが消えた。その薬が強いため、あまり入れておくことができないため、2日後にまたクリニックに行って、その強い薬をとって、もう少し弱い薬を入れたところ、また激痛。 再度昨日、歯医者に行って、別の薬を入れてもらったが、今、別の側の歯で噛んでも、かなりの痛みがある。先生としては、せっかく作ったブリッジを全部はずして、また作り代えるのが不本意らしく、何とかはずさないまま、直そうとしているようだが、もし神経が死んでいるのなら、そのまま取り除かないで、ふさいでしまってもいいものか、素人ながら心配です。
ぜひ専門家の意見をお聞きしたいです。

去年の2月に上の歯の奥から2番目がひどい虫歯になり(すでに神経はとってあるところ)、抜歯して、その前後の歯でブリッジをしました。ちなみに、その前後の歯が神経を残したまた、ブリッジしています。
その半年後に、冷たいものがしみるようになり、固いものを噛むと痛いので、医者に診てもらったところ、虫歯ではないので、「ブリッジした前後の歯をけずったので、その部分がしみたりなど敏感になっている可能性がある、ずっと痛みがあって全く噛めなくなったりしたら、もう一度来てください。」と言われまし...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

ケースバイケースですが、技術的には被せ物を外さずに神経を抜くことは可能です。

外した方が治療しやすいですが、其の侭でも非常に困難と言う訳ではありません。

高額な自費治療が行われている歯や、つい最近被せたばかりで中が虫歯にはなっていないと確信できる場合などは

外さずに神経を抜いて、根管治療終了後、開けた穴は埋め戻します。

Q初めて部分入れ歯にします。いろいろ種類があるようで、教えてください!

初めて部分入れ歯にします。いろいろ種類があるようで、教えてください!
(場所は下の奥2本)
 
今の歯医者さんはソフトアタッチメント(前の歯2本に茶筒状にはめ込むタイプの自費のもの)を進めてくれていますが、ネットで見ると保険対象のものから、自費でもスマイルデンチャーとかエステデンチャーと、なんだかいろいろあるようです。
なんせ初めてなものですから、それぞれの違いや長所・短所がわからなくて・・・

見た目や噛み心地・付け心地・ケアの仕方・長持ちするか・作り直しができるのか・歯槽骨への影響など、出来るだけ詳しく、どれが一番お勧めか教えてください!


※ちなみにインプラントは、私は歯ぎしりや噛みしめの癖があって向かないと言われたので考えていません。
 

Aベストアンサー

スマイルデンチャーもエステデンチャーも基本的には同類です。
要は、留め金(バネ、クラスプ、鉤)の部分を金属にするか、歯肉や歯と同じ色のプラスチック(レジン)にするかの違いです。
A)金属性鉤:○バネ性が高く保持がしっかりしている。壊れにくい。x目立つ。
A-1鋳造鉤:金属を鋳造して造る。○デザインが自由でフィットできる。強固。△調整が困難。x尤も目立つ。
A-2線鉤:既成の専用ハリガネを折り曲げて作る。○鋳造より細く目立ちにくい。保持が緩く歯の負担が少ない。調整が楽。△フィットしにくい

Bレジン鉤:義歯の歯肉部と同じ色のレジンを使用するが、実際はバネ性が高い別の素材。
○歯と歯肉全体を面で支えるので、バネとしての保持力は弱いが、面を広く取って補っている。
△歯の根元部分を覆うので、若干歯が小さく見える。
△バネ性が少ないので、強い保持を求める場合は不適。奥歯がある場合、前歯をレジン鉤、奥歯に金属鉤を用いて補う事がある。
△弾性が小さいので深いところまでは入れられない。無理がかかると折れ易い。

いずれも調整修理は出来ますが、作り直しの方がしっかりします。レジンも次第に劣化しますから。
一部の鉤が破損した場合、金属鉤では鉤だけを作って入れ替える事も可能ですが、レジン鉤では義歯ごと預かって修理をしなければ成りません。そのため前歯の義歯では一時的に即時的に保険義歯を作って入れて頂く事もあります。

ケアもいずれも、緩んだら調整してもらい、何もなくて6~12ヶ月毎の定期点検をお勧めします。

個人差が大きいですが、義歯は僅かずつ歯槽骨を吸収させていきます。圧力による生理現象なのでどうしようもありません

スマイルデンチャーもエステデンチャーも基本的には同類です。
要は、留め金(バネ、クラスプ、鉤)の部分を金属にするか、歯肉や歯と同じ色のプラスチック(レジン)にするかの違いです。
A)金属性鉤:○バネ性が高く保持がしっかりしている。壊れにくい。x目立つ。
A-1鋳造鉤:金属を鋳造して造る。○デザインが自由でフィットできる。強固。△調整が困難。x尤も目立つ。
A-2線鉤:既成の専用ハリガネを折り曲げて作る。○鋳造より細く目立ちにくい。保持が緩く歯の負担が少ない。調整が楽。△フィットしにくい...続きを読む

Qブリッジしていた土台の歯が折れました。

何年か前に歯が1本折れてしまいその歯を抜歯しました。(前から3本目の歯)
両脇の歯を削って3本でブリッジしたのですが、その両脇の歯が今日折れてしまいました。
ブリッジした時点で一つの歯は既に虫歯だった様な記憶もあります。
結構根元の方まで折れてしまっているので、この様な場合もうインプラントにするほか方法はないのでしょうか?
今、お金がなくてとてもインプラントなど出来る余裕はありません。
応急処置的に低料金で出来る治療はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

前から3番目の歯と言うことは犬歯ですね。
犬歯はとても大きな力がかかる歯で、平成4年の4月から健康保険では
両脇の歯だけを支台とするブリッジは認められません。
前2本と後ろ1本支台のブリッジにするしか保険では認められません。
前1本と後ろ2本でもダメです。
この場合おそらく両脇の歯が支台としてまだ使えると思いますが、
その場合でも上記の様になります。
自費で前と同じように作ったとしても長くは持たないでしょう。
それがわかっているから保険適応にならないのです。
それと見た目と違和感の問題はありますが
部分入れ歯であればたとえ3本全部抜かなくてはならなくても保険治療は可能です。

Q仮歯のまま数年持たせるって・・???

今、上の5番をクラウンにすべく治療中です。
やっと仮歯が入りました!!
しばらく削った小さい歯で過ごしていたので、仮歯が入ってすごく快適です。
私はきれいなポーセレンにするつもりなんで、先生も仮歯なのに銀ではなく白いものを(内側が銀)入れてくださいました。
でも、仮歯なのにすごくぴったりフィットしてて気に入ってます。
先生が上手なのかな??って思うと本物のポーセレンにも期待がもてるような気がします。
そこで先生が「仮歯っていってもこんなに白くていい歯だからこのまま喜んで数年仮歯のままにしちゃう人もいるんです・・」
とのこと。
ちょっとびっくりしました。
そこで、質問ですが仮歯で白いもの(私が払ったのは1500円くらい)っていうのはよくあることですか?
5番だから白い仮歯がいれられたのですか?

それと、仮歯で「さようなら」はいけないことですか?
たとえば、先生にとっては儲けなしでかわいそうな感じがしますし詐欺っぽい気もします。
私はもともとはポーセレンでやるってことで先生にいってあるので自分は最後まできっちり治療は受けるつもりです。

でも仮歯で気に入ったからって言われたら先生としてはどうなんでしょうか・・・?

今、上の5番をクラウンにすべく治療中です。
やっと仮歯が入りました!!
しばらく削った小さい歯で過ごしていたので、仮歯が入ってすごく快適です。
私はきれいなポーセレンにするつもりなんで、先生も仮歯なのに銀ではなく白いものを(内側が銀)入れてくださいました。
でも、仮歯なのにすごくぴったりフィットしてて気に入ってます。
先生が上手なのかな??って思うと本物のポーセレンにも期待がもてるような気がします。
そこで先生が「仮歯っていってもこんなに白くていい歯だからこのまま喜んで数...続きを読む

Aベストアンサー

内側が銀で出来ているような仮歯を入れることは余りありません。しっかりとした良心的な治療をされる歯科医院ですね。

仮歯が本物と違う第一の点は、使用する材料です。

例えば、第一小臼歯の場合保険でもプラスチックの白い歯を入れることが可能ですが、これに使われる材料は「硬質レジン」と言う、硬くて有る程度の耐久性がある材料です。
何種類もの色の層に分けて作り、歯の自然感を表現します。
自費で使われる材料は、セラミックやハイブリットレジン等、それよりもさらに耐久性の有る、そして美しい歯を表現できる材料です。

これに対し、仮歯に使われる材料は、軟らかい単色のプラスチックです。
たとえ見た目が満足できても、耐久性は全く有りません。
短期間のうちに磨り減り、また吸水性もあるため着色したり、匂いを吸着してしまったりします。

歯、そのものの材料以外にも、接着材料にも違いがあります。
仮歯を付ける材料は外すことが前提の物ですので、長くはもちません。

次に違う点は、作った物の精度です。

仮歯は、あくまでも仮の状態を仮定して作られます。
特に、歯に対する適合精度は本物と比べかなり劣る場合が有ります。
優秀な術者による本物の歯の適合精度は、数十ミクロン以下のオーダーですが、さすがに仮の物ではそこまで求められません。

と言うことで、仮歯をそのまま使用すると、耐久性の点でも、衛生的にも問題があり、さらに最悪再び虫歯に成る可能性もあります。
決してよく有りません。

仮歯が気に入って頂けることはうれしいことですし、事実そのまま居なくなってしまう患者さんも有ります。
しかし、いくら気に入って頂いても上記の点を正しく説明してご理解頂くしかしようがありません。
仮歯はあくまで「仮」の物です。

内側が銀で出来ているような仮歯を入れることは余りありません。しっかりとした良心的な治療をされる歯科医院ですね。

仮歯が本物と違う第一の点は、使用する材料です。

例えば、第一小臼歯の場合保険でもプラスチックの白い歯を入れることが可能ですが、これに使われる材料は「硬質レジン」と言う、硬くて有る程度の耐久性がある材料です。
何種類もの色の層に分けて作り、歯の自然感を表現します。
自費で使われる材料は、セラミックやハイブリットレジン等、それよりもさらに耐久性の有る、そして美し...続きを読む


人気Q&Aランキング