痔になりやすい生活習慣とは?

先週買ったばかりのシクラメンが、花は次々咲いているものの、葉っぱがどんどん黄色くなっています。
日当たりが悪いせいでしょうか?
それとも何かの病気??
全くの素人なので、どうしていいかわかりません。
回復させる方法はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>先週買ったばかりのシクラメンが、・・・葉っぱがどんどん黄色くなっています。


シクラメンの開花時期の初期にこのようになるのは、肥料分とは思えません。
鉢物生産者は肥料分をあまり追加しないでも良いように、配合したり緩効性の肥料を使っています。

今の時点で考えられ事は
1.水
 水のやり過ぎで加湿になっていて、根が傷みかけている。
 鉢の種類はどんな物ですか?
 プラスチック鉢で底が二重になっていて、底に水を入れてスポンジが吸うタイプなら、底の水が無くなってから水を入れて下さい。
 上からやるタイプでは、土が乾いたのを確認してから、株元に水が掛からないようにしっかりやってください。
 その場合は表面が乾いてから1日後が良いと言われています。
 株元が湿ると、カビや病気が発生しやすくなり、これからの花芽や幼葉が傷んで、長期間花を楽しむ事ができなくなります。
2.部屋が暖かすぎる
 シクラメンは低温でじっくり育てる方が良く、暖房器具、特にストーブの暖気は良くないです。
 涼しい所に置いた方が長持ちします。
3.購入した鉢の品質
 言い難い事ですが、購入された鉢の品質があまり良くなかった事も考えられます。
 シクラメンを買う時には、花の色に目がいきがちですが、それより葉の状態を先に確認して下さい。
 葉が適度な大きさで多く、固くしまっている事が一番です。
 これは徒長にならないように、ゆっくりと、またしっかりと育てられてきた証拠で、言い換えれば長期間楽しめる可能性を示しています。
 一般に12月に入ってからしっかりした物が多く出回ります。

回復は加湿のようでしたら、乾くのを待つしかありません。
今の時期でしたら風がきつくなければ、外に時々出して葉や茎をしっかりさせる方法もあります。
園芸種ですと今期の葉数は、ほぼ決まっていて増える事は期待できませんので、これ以上傷まないようにして下さい。
    • good
    • 4

 液肥の千倍希釈液と木酢液の500倍希釈液を半月一度の割合でやると元気になります。


 
    • good
    • 0

自然に黄色くなって葉が枯れる場合もありますが、それはごく少数の葉です。


肥料不足が考えられます。花期が長いので開花中も肥料を与えます。
元肥として、マグァンプK(中粒)のような緩効性化成肥料。
追肥として、灰白色のパチンコ玉のような形状のIB化成肥料を月に一回、鉢の上に置き肥する。(肥効1ヶ月)
また週に一回、ハイポネックス原液などの液肥を1000倍に薄めて同じく追肥として施します。
元肥は土の中に混ぜるので植え替えが必要ですが、今回は省略して追肥だけでもよろしい。
鉢底に水を溜めて紐で水を吸い上げる「底面吸水法」の場合は、水や薄めた液肥を溜めておきますが、時々は底面をはずして上の鉢土から水遣りなどを行った方が良いでしょう。

なお枯れた葉は、指先で葉の茎をよじって引っ張り、根元から「ブツン」と除去するようにします。(枯れた花茎も同様です。)
日当たりは良いほうがいいですね。
室内に置いている場合でも、2~3日に一回は外で直射日光に当てるようにします。でないとしまいに花芽が出なくなるでしょう。
中央部の葉を外側へやり株元(球根)へ陽が当たるようにします。
このとき花茎やつぼみの茎を中央部へ寄せておくと良いでしょう。
これを「葉ぐみ作業」といいます。
http://www.engei-support.com/howto_cyclamen.html
(文中の「葉ぶみ」は誤り。「葉ぐみ」です。)

なお植え替えした場合は、すぐに直射日光に当てたり追肥を行わないようにしましょう。
いずれも植え替え後、20日ぐらい経って行います。直射日光には明るい日陰から序序に慣らしてゆきます。

最後に、シクラメンは過湿に弱いので気をつけましょう。
まず球根が1/2か1/3は土の上に出ているか確認しましょう。
球根が全部土に埋もれていると過湿になった場合、腐り易いのです。
この場合は植え替えが必要です。
なるべく水はけの良い土を使った方が無難でしょう。
これも葉が枯れる原因かもしれません。

http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html
http://www.mc-agri.co.jp/gijutu/ib_s1.html (製造元。販売元とは別。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシクラメンの葉が黄色くなってしまいました。。。

4週間前に買ってきたシクラメンを室内で育てています。

花芽は次から次と立ち上がって来ているのですが、
下の方の葉っぱがどんどん黄色くなって来てしまいました。

これはどうしてなのでしょうか?
また、対処法はどうしたら良いでしょうか?

ご存知の方に教えて頂ければと思いますので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

原因は光線不足にあると思います。
生育適温は15度以上ですが、花のついた株は10度前後までなら耐えられます。
シクラメンも植物ですので水と光線が不足すると自身を守るために、葉っぱからの水分の蒸発を抑えるために葉を落とすのでしょう。

方法として少し手間はかかりますが、日中、日が差しているときは外に出して水、または2000倍くらいの液肥を与えて夕方に取り込む。
などが考えられます。(鉢土がぬれているなら乾くまであげないで葉っぱがたれかかったら与える)

こちらは横浜ですが、だんだん冷え込んできて朝は8度くらいの気温になりましたが、まだ外に出しっぱなしでよく咲いています。

http://www.yasashi.info/shi_00017g.htm
http://www.komeri.com/howto/html/00850.html

Qシクラメンの葉がだんだん変色していて悩んでます。

先月花の咲いてないシクラメンを貰い受けました。
日の当たらない所に置いていたようです。
来年は花を咲かせたいと思っています。

今年の12月の始めから室内に入れています。
それまでは屋外の日の当たる所に置いていました。
シクラメンの置いた部屋は南側ですが、10時頃~13時頃まで日が当たります。
13時以降は別の日の当たる部屋に移動します。
しかし、だんだん黄色と茶色の葉になって、目立って来ました。
茶色くなり干からびた葉は、根元1.2センチくらいから剪定しました。
結構茂っていたのがスッキリした感じになりました。

水は下の受け皿のような所に入れています。

以下質問です。

1.茶色くなったのは日光が足りないのでしょうか?
それとも寒いのでしょうか?
普段置いている部屋も寝るまでは生活していて外に比べると温かいのですが、やっぱり寒いのでそれなら日中日が当たる良い屋外の場所に移した方がマシなのでしょうか?
緑の葉もあるのですがどうしたら良いのでしょうか?

2.根元から長さ3センチくらいの茎があり、その先に丸い蕾のようなのが、大量にあります。
蛇の頭のようです。
シクラメンの蕾で検索すると似た画像があったのですが、今年は日光が足りなくて成長の止まった蕾なのでしょうか?
まだ枯れてないのですが、切ったほうがよいのでしょうか?

3.茶色くなってきている葉は剪定した方が良いのでしょうか?
今は茶色く干乾びたのだけ切りました。

4.某掲示板で「弱っている時に活力剤を与えたらダメ」と書いていたのですが、私の場合でも与えない方が良いでしょうか?
前の持ち主はずっと活力剤を与え、水は定期的にあげていたようで黄色くなったことは無いそうです。
我が家に来てからは活力剤も与えず、水だけでした。

沢山質問してしまいましたが、よろしくお願いします。

先月花の咲いてないシクラメンを貰い受けました。
日の当たらない所に置いていたようです。
来年は花を咲かせたいと思っています。

今年の12月の始めから室内に入れています。
それまでは屋外の日の当たる所に置いていました。
シクラメンの置いた部屋は南側ですが、10時頃~13時頃まで日が当たります。
13時以降は別の日の当たる部屋に移動します。
しかし、だんだん黄色と茶色の葉になって、目立って来ました。
茶色くなり干からびた葉は、根元1.2センチくらいから剪定しました。
結構茂っていたのがスッキリし...続きを読む

Aベストアンサー

>水は下の受け皿のような所に入れています。

底面給水鉢のことですか? それなら最適です。塊根には水をやらないようにしましょう。


>1.茶色くなったのは日光が足りないのでしょうか?
それとも寒いのでしょうか?
普段置いている部屋も寝るまでは生活していて外に比べると温かいのですが、やっぱり寒いのでそれなら日中日が当たる良い屋外の場所に移した方がマシなのでしょうか?
緑の葉もあるのですがどうしたら良いのでしょうか?

葉の黄変の原因としては 寒さ、水不足あるいは高温(20℃以下に保つこと)が考えられます。

>2.根元から長さ3センチくらいの茎があり、その先に丸い蕾のようなのが、大量にあります。
蛇の頭のようです。
シクラメンの蕾で検索すると似た画像があったのですが、今年は日光が足りなくて成長の止まった蕾なのでしょうか?
まだ枯れてないのですが、切ったほうがよいのでしょうか?

たぶん花芽です。切らないほうがよいのでは?なお、シクラメンは枯れた葉も花柄もはさみでは切りません。根元からねじ切るように引っ張ります。

>3.茶色くなってきている葉は剪定した方が良いのでしょうか?
今は茶色く干乾びたのだけ切りました。

枯れた葉は根元からねじ切ります。

>4.某掲示板で「弱っている時に活力剤を与えたらダメ」と書いていたのですが、私の場合でも与えない方が良いでしょうか?

活力剤は不要です。 つぼみや花があるのなら液肥(ハイポネックス、花工場等)を週1回与えます。

シクラメンは寒さと日光が大好きです。暖房のある部屋にはおかないように。日中気温が上がる場合は戸外に出します。

15-20℃で日光が当たる室内で最も元気に育ちます。10-15℃でも成長は遅くなりますが元気に育ちます。20℃以上では葉や花が萎れます。是非温度計をそばに置いて厳密に温度管理してください。

私の場合は夜間は玄関に置き、昼間は戸外の日向に出しています。

>水は下の受け皿のような所に入れています。

底面給水鉢のことですか? それなら最適です。塊根には水をやらないようにしましょう。


>1.茶色くなったのは日光が足りないのでしょうか?
それとも寒いのでしょうか?
普段置いている部屋も寝るまでは生活していて外に比べると温かいのですが、やっぱり寒いのでそれなら日中日が当たる良い屋外の場所に移した方がマシなのでしょうか?
緑の葉もあるのですがどうしたら良いのでしょうか?

葉の黄変の原因としては 寒さ、水不足あるいは高温(20℃以下に保つこと)...続きを読む

Qシクラメンの花が咲かないで葉っぱが巨大です。

今まで植物を育てたことがなかったのですが
一昨年の冬にシクラメンを頂き、
これだけは来年も
花を咲かせたいと思い、水は十分に与え、
時には高価な肥料も与え続けて来ました。
あれから1年以上過ぎたのですが、
葉っぱはものすごく大きくて元気なのですが
肝心の花が咲きません。
枯れずに育ってくれただけでそれなりに嬉しいのですが
何故花が咲かないのか?とても疑問です。
シクラメンに詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが。

葉を成長させるのはチッソ分、花をつけさせるのはリンサンですので、使われた肥料がチッソが多かったのかも知れません。
ただ、自宅で咲かせると、市販より時期がかなり遅く咲きますので、今からかも・・でももう2月も下旬ですから厳しいかも知れませんね。

でも、枯らさずに葉っぱをそんなに元気に育てたなんて、すごいことだと思います。今年ダメでも来年楽しめるかも知れません。イキイキと美しい葉っぱなら、それまでは観葉植物のつもりで可愛がってあげてはいかがでしょう。

夏は、完全に水を切って休眠させるという方法の方が一般的なようです。そして九月頃からまた水をやるという方法て、私は2年目をクリアしましたよ。

これから、または来年咲くと良いですね!

Q元気がなくなってしまったシクラメンの復活方法

ひと月前程に購入したシクラメンが、画像の通り、すっかり元気がなくなってしまいました。
購入した時は葉の数も多く、蕾も沢山あり、花弁の色ももう少し濃いめでした。
最初は良かったのですが、やはり育て方が悪かったのか、葉っぱがすぐに黄色がかった黄緑色になってしまったり、花が枯れる前に落ちてしまったりと、トラブル続き。
咲き終わった物や枯れかけた葉っぱは、こまめに根元から引き抜いてあげたり、水やりにも気を配っていました。
水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげています。
液体肥料は、2度ほど与えました。

先日、土が痩せて来ているのが気になって、土を買って来て植え替えをしました。
鉢の1/3程、土の袋に指定されてあった石を敷き、その上に土を入れてあります。

ネットで調べてみたところ、水やりは、下から吸わせるだけでなく、花や葉に直接触れない様にすれば、土に直接与えても良いとありました。
そちらの方が良いのでしょうか。
それから、液体肥料も1000倍液というものが良いとありましたが、そういった物が市販されているのでしょうか?
普通の液体肥料では駄目なのでしょうか。

少し前までは、元気がないながらに蕾も結構しかりしていたのですが、ここ数日は蕾が小さい内(茎が伸び切らない内)に枯れてしまったり、茎自体がしなしなになってしまったりと、元気のなさに拍車がかかっています。

日中、晴れている時は日光の当たる窓越しに置いたり、温度にも一応気を配っているつもりですが、夜などは、暖房の効いた部屋に置いておくよりも、廊下などに出す方が良いのでしょうか。

元々、濃すぎる色ではありませんでしたが、淡い感じの綺麗なピンク色だった花弁が、限りなく白に近い薄ピンクになってしまっています。
今の所、葉にカビが生えていたり、アブラムシがついていたりといった事はなさそうです。

ネットで調べた方法で、現在は新聞紙で囲う様に覆っており、丁度24時間位経ちますが、あまり変化は見られません。
この新聞紙に囲う行為は、どの位続ければ良いのでしょうか。

小さな事でも構いません、アドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

ひと月前程に購入したシクラメンが、画像の通り、すっかり元気がなくなってしまいました。
購入した時は葉の数も多く、蕾も沢山あり、花弁の色ももう少し濃いめでした。
最初は良かったのですが、やはり育て方が悪かったのか、葉っぱがすぐに黄色がかった黄緑色になってしまったり、花が枯れる前に落ちてしまったりと、トラブル続き。
咲き終わった物や枯れかけた葉っぱは、こまめに根元から引き抜いてあげたり、水やりにも気を配っていました。
水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげてい...続きを読む

Aベストアンサー

>水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげています。
まずこれを止めましょう。過湿を引き起こし、根腐れや球根腐れの原因になります。葉が枯れる病気も促進します。
根腐れは本来は鉢土の空気の通気性が悪い、つまり根に供給される酸素不足から起こるのが原因です。通気は鉢の上部からもありますが、鉢底からの通気も大事です。ゆえに鉢底を水で塞ぐのは良くありません。
下部から給水させる底面給水法もありますが、これは布や紐を使ってその毛管現象で水を吸い上げるやり方で、底に水を溜めるだけのやり方とはまた違います。
また底面給水法も時々は底蓋をはずして、鉢土の上から水遣りや液肥遣りを行います。
一応、鉢土の表面1cmぐらいが乾いたら底穴から流れ出るまでしっかり水遣りや液肥遣りをしましょう。(4~5号鉢基準)
水遣りは葉や花や蕾に出来るだけかからないように鉢土に流し込むようにします、球根にかかってしまうのは、実際には、ある程度はやむをえないところでしょう。

画像からはハッキリ見えませんが、植え付け時は球根を1/3から1/2は地上に露出させて植え付けます。シクラメンは過湿と高温を苦手とします。
まあ球根の上部が鉢土の表面ギリギリぐらいならば大丈夫かもしれません、土もゴールデン粒状培養土という通気性の良い土でシクラメン向きです。
しかしそれ以上深めに球根を植え込むと球根が腐りやすくなりますから、その場合は再度植え替えた方が無難でしょう。

特にプラ鉢が悪いという事はありませんが、鉢の側面からも通気性があるのは「素焼き鉢」と「駄温鉢」です。
通気性の良さから順にいえば、素焼き鉢>駄温鉢>プラ鉢です。
また植え付け時に元肥として、マグァンプKの中粒を土に混ぜ込んでおくと良いです。4~5号鉢でティースプーン2~3杯ぐらいの量です。1年の肥効があり、リン酸成分の多い緩効性化学肥料で花付きが良くなります。
またシクラメンは毎年9月あたりで植え替えします。

>それから、液体肥料も1000倍液というものが良いとありましたが、そういった物が市販されているのでしょうか?普通の液体肥料では駄目なのでしょうか。
液肥や置き肥は「追肥」と言います。シクラメンは花期が長いので咲き疲れさせない為にも、花期は追肥を与えます。
1000倍液というのは、原液タイプのものを自分で水で1000倍に希釈します。
具体的にはハイポネックス(原液)や花工場(原液)などがあります。
水で薄めないタイプの「ストレート液肥」でも構いません。シクラメン用と銘打ったものもあります。
拙宅では原液タイプを使いますが、これは拙宅では春~秋にかけて、他の植物も含めて、1回の液肥遣りで40Lの量を必要とするからで、経済的な理由に基づきます。頻度は週一ですね、大体日曜日と決めています。ストレート液肥では小遣いが無くなりそうです。(笑)もっとも今の時期では液肥の量は半分以下に減っています。
液肥は速効性で、原液タイプはいいかげんな希釈ではいけません。あまりシビアになる必要もありませんが、一応キャップ半分で水10L、キャップ4分目で水8Lなどの基準をつくります。希釈には目盛りつきのバケツを使います、バケツに注ぎ口があった方が、ジョウロなどに移しかえる際に具合が良いでしょう。
1000倍希釈は標準ですが、植物によっては500倍から2000倍希釈まで使い分けします。シクラメンは1000倍希釈でよろしいです。

置き肥は緩効性の化成肥料がよろしいでしょう。鉢の隅に必要量を置き肥し、肥効が切れたら取替えます。
なおこれら追肥は、植え替え後約2週間ぐらい経ってから与えます。
また植え替え後は、2週間ぐらいかけて日照の慣らしを入れます。最初1週間は日陰に置き、後の1週間は明るい日陰に置きます。そうしておいてから、日光に当てるようにします。

>日中、晴れている時は日光の当たる窓越しに置いたり、温度にも一応気を配っているつもりですが、夜などは、暖房の効いた部屋に置いておくよりも、廊下などに出す方が良いのでしょうか。
シクラメンは暑いのが苦手で、寒いのを好む植物です。0℃ぐらいまでは耐えます。暖地や温暖地あたりでしたら、雪や霜を被らない日当たりの良い軒下などの屋外の方が良いぐらいです。(必要日照時間は3時間以上)生育適正気温も15℃前後ぐらいが良いでしょう。
従って室内では0℃以下にならない限り無暖房の状態が良いです。20℃を超える室温は苦手とします。新聞紙囲いも必要ではありません。
とりあえずは早く元気にして葉をワサワサにする事です。まだ完全にダメになったわけではありません。
元気にするコツは、鉢土が乾く~湿る~乾く~湿る~の間隔を短してやる事です。長く鉢土が湿っている状態はよろしくないです。今拙宅での水遣り頻度は3日に1回ですね。春までこのような感じでしょう。
あと葉がワサワサになれば、「葉組み」なども検索して調べておきましょう。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html(いろいろな植物用。置き肥)
http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide04.html

>水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげています。
まずこれを止めましょう。過湿を引き起こし、根腐れや球根腐れの原因になります。葉が枯れる病気も促進します。
根腐れは本来は鉢土の空気の通気性が悪い、つまり根に供給される酸素不足から起こるのが原因です。通気は鉢の上部からもありますが、鉢底からの通気も大事です。ゆえに鉢底を水で塞ぐのは良くありません。
下部から給水させる底面給水法もありますが、これは布や紐を使ってその毛管現象で水を吸い上げるやり方で、底に水を溜...続きを読む

Q朝顔の葉っぱが黄色くなるのは?

朝顔の根元(下の方から)葉っぱが黄色くなるのは、その葉っぱの寿命ですか?

何か原因がありますか?

黄色くなりかけた葉っぱや枯れかけた葉っぱは除去していまいが問題はないですか?

Aベストアンサー

葉が黄色くなる原因は勿論、寿命もありますが日光に当てすぎたり水不足や水の遣りすぎ、土が固く根詰まりしている、強い風に当てた、光不足など色々考えられます。
ただ窒素肥料が欠乏すると葉緑素が減少して光合成を行う能力が衰えて成長が悪くなり、その症状は古い組織つまり下葉から現れ黄色くなりますが、遣りすぎても葉ばかり繁ることになりますのでとりあえず液体肥料を遣ってみましょう。
勿論、黄色くなりかけた葉や枯れかけた葉は光合成が出来ないだけでなく病気の原因にも成りますのですぐ除去しましょう。
下記参考URLもご参照下さい。

参考URL:http://www.gardeningshop.co.jp/basics/ferti1.html, http://heboen.hp.infoseek.co.jp/kiso1.html


人気Q&Aランキング