「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

「じ」と「ぢ」、「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」の発音の違いについて教えてください。本で四国の土佐の方では比較的昔の発音が残っていたと書いてありましたが、ご存知の方、文字では表現しにくいと思いますがお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

またkimosabeです。


少し補足いたします。

前にも申しましたとおり、
(1)平安初期は、
ア行の「え」
ヤ行の「江」
ワ行の「ゑ」
はそれぞれ別の音でした。

(2)10世紀なかばごろには、
「え」と「江」の音の区別がなくなり、
ともに[je](イェ)と発音されるようになります。
「江」の仮名も使われなくなっていきます。

(3)鎌倉時代ごろには、
「え」と「ゑ」との音の区別がなくなり、
ともに[je](イェ)と発音されるようになります。
そしてこの状態が18世紀中ごろまで続きます。

No.6のbewitchedさんが紹介してくださった、
「絵本」の発音は、上記(3)の状態を残しているわけです。

No.8のhajime40さんのご回答は貴重ですね。どちらの地方でしょうか。

No.7の方が使っていらっしゃる、
「閉擦音」とはなんでしょう。「破擦音」のことでしょうか。
「閉摩音(破裂音)」というのもわかりません。

いずれにしても現代共通語の「じ」「ぢ」の子音は、
語頭では破擦音の[dろ]、
語頭以外では、摩擦音の[z]、
「ず」「ぢ」の子音は、
語頭では破擦音の[dz]、
語頭以外では、摩擦音の[z]、
と言う傾向があります。ただし個人差もあります。

なお、「じ」「ぢ」「ず」「づ」を国語学(日本語学)では[四つ仮名」と呼んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。今までの皆様からのご指摘で少しずつ答えが見えてきた気がします。

お礼日時:2002/09/12 23:32

ちょっと自信がないので間違っているかもしれませんが、お話ししたいと思います。



まずは、「じ」と「ぢ」についての発音です。
「ざ」「じ」「ず」「ぜ」「ぞ」は、鼻にかからないように濁らせます。
「ぢ」「づ」は、鼻にかかるように発音します。
普通、鼻濁音は「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」に限られているはずなのですが、「ぢ」「づ」にも、鼻濁音が発生するようです。(間違っていたらごめんなさい。)

この鼻濁音についてですが、西日本の方々はできない(発音することが難しい?)そうですね。
「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」の例で言うと、
中学校(ちゅうがっこう)と高等学校(こうとうがっこう)の「が」の発音が違います。(極端に言えばちゅぅがっこうと発音します。)

ただ、「ぢ」「づ」は、「ぅぢ」「ぅづ」とは言いませんが、鼻をつまむとうまく発音ができないと思いますよ。(本当からすれば、鼻濁音ではなく、鼻にかかった発音とだけ言った方が正しいのかもしれませんが・・・。)

「ゐ」「ゑ」「を」の発音は、下唇を軽くかむようして発音します。
まぁ、そのようにして、「wa」「wi」「wu」「we」「wo」と発音するとよく分かると思いますよ。

では、参考にしてみてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私も西日本の人間ですので鼻濁音は極めて難しく、意識しないと出来ません。他人の鼻濁音も意識しないと気づきません。

お礼日時:2002/09/12 23:41

 


「じ」と「ぢ」は、元々別の音で、平安時代には、違う音だったでしょう。しかし、現代では、ある例外を除いて、「音」は、区別がないと考えられます。

英語で、she に当たる、「シー」の「シ」の音の有声音が「じ」であり「ぢ」です。

しかし、本来、「ぢ」は、「ち」の有声音としてあったもので、「ち」とは、英語だと、cheak などの「チー」の「チ」が大体その音です。

「し」は、舌の先中ほどを平たくして口蓋と摩擦させて出る音で、「摩擦音」です。それに対し、「ち」は、chi で表現できるように、舌の位置や調音の口蓋部分は同じですが、実は、「閉擦音」です。

「し」は、発音するのに、舌の中先と硬口蓋のあいだの隙間を摩擦させながら空気を振動させて出すと出てきますが、「ち」の場合は、一旦、舌先と硬口蓋を接触させ、それを離すとき、空気を破裂させて出します。

「し」と「ち」の有声音は現代では、ほとんど同じ音になりましたが、無理に発音すれば、閉擦音としての「ぢ」の発音も可能です。

また、意図しなくとも、発音の自然な流れとして、「しじん(詩人)」という場合の「じ」は、「し」の有声音ですが、「ちぢむ(縮む)」という時の「ぢ」は、「し」の有声音ではなく、「ち」の有声音です。

実際に発音してみると分かります。「ちぢむ」の場合は、「ち」で一度破裂させ、「ぢ」でもう一度破裂させます。

「じ」と「ぢ」の音の違いが上の例で出てくるのは、現代人にとって、意図しなくとも、舌の位置や音の調整で、自然にこういう音になるからです。逆に、「しぢん」だとか「ちじむ」と発音しようとすると、特に「ちじむ」の場合、難しいです。

音素の区別ではなく、実際の発音される「音」からすると、「ちぢむ」の「ぢ」は、「しじん」の「じ」とは違う音なのです。

しかし、「ぢしん(地震)だ」と「じしん(自信)がある」では、「ぢしん」の「ぢ」と、「じしん」の「じ」は事実上同じ音です。

「い」と「ゐ」は現代では区別されません。eat などの「イー]の音に近いです。「ゐ」は、we のような「ウィー」だったのですが、「ゐる(居る)」「をる(居る)」も。「いる」「おる」と発音して区別がありません。

「え」と「ゑ」も同じような感じです。「ゑ」は way などの「ウェイ」の「ウェ」だったのですが、現在では、「え」も「ゑ」も「A」の「エイ」で使う「エ」になっています。

現代でも、短歌・和歌だと、「乙女(をとめ)」とか「香る(かをる)」「亥(ゐ)」などと発音することがありますが、これは意識してのことです。

自然に発音した場合、「い・ゐ」「え・ゑ」の区別はないと思います。

ただ、先に上げた、「ぢ」と「じ」の音の区別は、「自然に発音」すると出てきます。「ちぢむ」を「ちじむ」と発音するのは、難しいです。滑らかに発音すると、自然に、「chijimu」になっています。(英語の「J」の子音は、「ヂャ・ヂ・ヂュ・ヂェ・ヂョ」の音に近く、「ジャ・ジ・ジュ・ジェ・ジョ」の音ではありません。それは、子音が閉摩音(破裂音)だからです。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。ご指摘を読みながら「こんな音かナ」と試しておりますが本当の音を平安時代にタイムスリップして聞いてみたいものです。

お礼日時:2002/09/12 23:37

私は子供の頃、五十音表の中に「ゑ」というのを見つけて以来「実際に昔はその発音で話してたわよ」


と言う母によく同じ質問をしたものです。
私自身、未だに子供の時の教育がしっかり身についちゃってて「を」と「お」を区別して発音してます。
いつの間にか、世の中が同じで済ませる様になっちゃたんですけど。(……そう言えば「やいゆえよ」の行があって、それも微妙に発音が違っていた記憶が出てきましたよ???)
でも母には、私は「ぎ」と「に」の区別が出来てないと言われて練習中です(笑)。
「それじゃ『鍵』と『蟹』が同じになっちゃうじゃない」だそうです。;;
因みに私の年齢は30+αです。

さて、その母から直接聞いてきた発音と照らし合わせると、前述のkimosabeさんのご説明通りだったので、私はそこから一部、発音の例えを出来る限り実際の発音に近づけるつもりで書いてみようと思います。
(う~ん音を字に書くのは難しいですよねー)

「絵本 (ゑほん)」・・・ぃえほん
「井戸 (ゐど)」・・・・ぅいど

「じ」と「ぢ」の例えは、浮かび次第、またお邪魔しますね。



ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そういえばニッカウヰスキーは「ぅい」と発音すると、それらしいですね。
ぜひお母様からいろいろ伺ってください。

お礼日時:2002/09/09 22:33

私は子供の頃、五十音表の中に「ゑ」というのを見つけて以来「実際に昔はその発音で話してたわよ」


と言う母によく同じ質問をしたものです。
私自身、未だに子供の時の教育がしっかり身についちゃってて「を」と「お」を区別して発音してます。
いつの間にか、世の中が同じで済ませる様になっちゃたんですけど。(……そう言えば「やいゆえよ」の行があって、それも微妙に発音が違っていた記憶が出てきましたよ???)
でも母には、私は「ぎ」と「に」の区別が出来てないと言われて練習中です(笑)。
「それじゃ『鍵』と『蟹』が同じになっちゃうじゃない」だそうです。;;
因みに私の年齢は30+αです。

さて、その母から直接聞いてきた発音と照らし合わせると、前述のkimosabeさんのご説明通りだったので、私はそこから一部、発音の例えを出来る限り実際の発音に近づけるつもりで書いてみようと思います。
(う~ん音を字に書くのは難しいですよねー)

「絵本 (ゑほん)」・・・ぃえほん
「井戸 (ゐど)」・・・・ぅいど

「じ」と「ぢ」の例えは、浮かび次第、またお邪魔しますね。



ご参考までに。
    • good
    • 0

No3のkimosabeです。

やはりなるだけ音声記号を使います。
わかりにくいと思いますが、英語の発音記号をイメージしてみてください。

平安初期の
「じ」は、[ひらがなの「ろ」に似た記号+i]。以下「ろ」を代用します。
「ず」は、[zu]

現代共通語の
「じ」「づ」はともに、語頭では[dろi]、語中では[ろi]
「ず」「づ」はともに、語頭では[dzu]、語中では[zu]
になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。先日、東京の新マルビルが完成しましたが古い言い方の
「丸の内ビルヂング」というのはモダンな言い方だったのですね。

お礼日時:2002/09/09 22:25

音声記号が使えないので、一部カタカナを使います。



「ひらがな」成立当時(平安時代初期)は、

ア行の「い」は[i]
ア行の「え」は[e]
ヤ行の「え」は[je](イェ)
ワ行の「ゐ」は[wi]
ワ行の「ゑ」は[we]

「じ」は[ジ]
「ぢ」は[di](ディ)
「ず」は[ズ]
「づ」は[du](ドゥ)

です。これがさまざまな音韻変化を経て、現在では、
  
「い」「ゐ」ともに[i]
「え」「ゑ」ともに[e]
  
「じ」「ぢ」ともに[ジ]
「ず」「づ」ともに[ズ]

という発音になりました。

高知県、九州南西部あたりでは、
「じ」と「ぢ」の区別、
「ず」と「づ」の区別
が比較的よく保たれているいると言われています。

なお、10世紀の中頃までは、
ヤ行の「え」を表す「ひらがな」として、
万葉仮名の「江」から生じものが使われていたようです。
    • good
    • 0

 この問題に関しては、単に発音の違いというよりは体系的に捉える必要があります。

現代人はすでに区別できなくなっていますし、土佐の人がどの程度保存しているのか分かりません。

 とりあえず、英語の judge の dg と vision の si くらいの違いかと?

 母音は

 i  wi

 e  we

 と理解されて一応よろしかろうと?詳しくは、

 参考文献:

 「古代国語の音韻について」 橋本進吉 岩波文庫
 「日本語の起源」 大野晋 岩波新書(旧版) その他
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。たいへん参考になりました。

お礼日時:2002/09/09 22:28

参考までに・・・・



「え」と「ゑ」の読み方の違いですが
「え」:え  :e
「ゑ」:イェ :ye
「ゑびすびーる」で使用しているので、ヱビスビールで検索してみてください(何かヒントがあるかも)ちなみに「ヱ」はかぎのある「エ」といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご返答いただきましてありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/09/09 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「い」は「ゐ」。「え」は「ゑ」。では「う」は?

子ども用五十音表(あかさたなはまやらわん)では、「わ」の列では「い」の代わりに「ゐ」が書いてあり、「え」の代わりに「ゑ」が書いてあります。では、「う」の代わりはないかと探すと、何も書いてありません。「う」に代わる文字は何なのか?教えて戴ければ幸いです。・・・我が子(幼稚園生)から質問されました。

Aベストアンサー

結論としては、読みが同じでも文字が違うと言うことは、
「元々は、発音が違っていたのだけれど、時代と共に発音が同じになってしまったので、一緒になってしまった文字があるんだよ」
と、お子さんに教えてあげると良いと思います。
「ゐ」と「い」、「ゑ」と「え」、それぞれが違った発音だったので、文字も違っていたのです。
そして、これは発音されなくなるとともに、使われなくなった古い文字で「旧仮名遣い」の中にだけ残っている文字なのです。
「い」や「え」の代わりの文字ではありません。
私は子供の頃、そう教えられて納得できました。

そして、「う」は「う」しかありません。
ただ歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)だと、「ふ」は「う」と読まれることがありました。
「いろは歌」もそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF%E6%AD%8C
http://www.h3.dion.ne.jp/~takekosi/IROHA/one/one.htm

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならん
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

お子さんに、一度に色々教えても混乱するかも知れませんが、もし、旧仮名遣いに感心があるのなら、
「けふ」と書いて「きょう」
「てふてふ」と書いて「ちょうちょう」
という様に読まれていたということも、順を追って教えてあげるのも良
いかも知れないですね。
リンク先には、歴史的仮名遣いの背景や「てふてふ」の名前の由来、また、こういった書き方が残されていた理由など興味深い話が載っています。
ご関心があれば、ご覧になって見て下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa488611.html
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kenji99/b007.htm

私も、いろは歌を教えておいても損はないと思います。
小さいお子さんには、まだ早いかなぁとは思いますが、意味までは理解できなくても、お子さんが、いろは歌にご関心を持てば、「あいうえお」は文字を覚えるために規則正しく並べられた文字の羅列であって、わ行に「う」しかないのも感覚的に理解できると思います。

*  *  *  *  *

「ゐ」と「ゑ」発音の変化を以下にまとめてみました。

《発音の変化》

【奈良時代】
・ゐ [wi] = ウィ
・い [i] = イ
・ゑ [we] = ウェ
・え [e] = エ
・や行の「え」 [je] = イェ

【平安時代】
・あ行の「え」[e]とや行の「え」[je]が合流した。
・「ゐ」と「ゑ」は、それぞれ独立し、区別されていた。
 (この時代に成立したとされる、
         冒頭の「いろは歌」にも表記が残されている。)
          
【鎌倉時代】
・「ゐ」と「い」の混同が顕著となる、13世紀に統合された。
         ([wi] → [i] 、「ゐ」 「い」 = イ)
・「え」と「ゑ」の混同が顕著となり、13世紀に統合された。
           ([we] → [je] 、「ゑ」 「え」 = イェ)

【室町時代】
・「ゐ」 「い」どちらも[i](イ)と発音された
・「ゑ」、あ行の「え」、や行の「え」は全て[je](イェ)と発音された。

【江戸時代】
・18世紀中頃には、「え」や「ゑ」の発音が[e]に変化し現代と同じになった。

【明治時代以降】
1946年(昭和21年)には表音式を基本とした『現代かなづかい』が公布され、現代の発音を反映した仮名遣いが採用された。
これにより、歴史的仮名遣いにおける「ゐ」は全て「い」に書き換えられ、同様に「ゑ」も全て「え」に書き換えられた。
現代では、「ゐ」も「ゑ」も一般に使われなくなった。

《参考資料》
・【ゐ】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%90
・【ゑ】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%91

あと、こちらもご質問の参考になると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa352817.html

結論としては、読みが同じでも文字が違うと言うことは、
「元々は、発音が違っていたのだけれど、時代と共に発音が同じになってしまったので、一緒になってしまった文字があるんだよ」
と、お子さんに教えてあげると良いと思います。
「ゐ」と「い」、「ゑ」と「え」、それぞれが違った発音だったので、文字も違っていたのです。
そして、これは発音されなくなるとともに、使われなくなった古い文字で「旧仮名遣い」の中にだけ残っている文字なのです。
「い」や「え」の代わりの文字ではありません。
私は...続きを読む

Q「を」の発音は?

今の正しい日本語として、「を」はどのように発音すべきなのでしょうか。
私は今でも「ウォ」に近いというか、英語の「wo」のように発音しています。
ところがある教育関係の書籍には、「『お』と『を』は同じ発音であるから、その使い方を教えるのが難しい…」という記述がありました。
私はこれを読んだ時、愕然としました。
50年ほど前までは、「学校」を「グヮッコウ」とよんでいたはずですね。
それと同じように今でも「を」を「ウォ」と呼んでいるのは私だけ?と思ったのです。

このことに関して、どうか情報をお寄せください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.14です。

No.15さんへのお礼でのご疑問、3が正解です。
国では何も決めていません。
書き言葉に関しては指針を出していますが、話し言葉に関しては何もないはずです。

ただ、日本語教育業界では、「を」と「お」は同じ発音であるとされていることが多いです。
日本語教師用参考書には
「『を』と『お』はまったく同じ音である。ただし、人や場面により違う。地方差もある。地方によっては学校で違う発音として教えているところもある。また、『本を読む』『リボンをつける』など撥音のあとの『を』は『ウォ』となりやすい。」
などと解説してあることが多いです。

「を」と「お」は同じ発音であると考えられているケースをもう一つ。
昭和61年内閣告示「現代仮名遣い」では、書き言葉は基本的に「現代語の音韻に従う」となっています。つまり、発音の通りに書きましょうというわけです。
ただ「表記の慣習を尊重して一定の特例を設ける」としていて、「を」も特例になっています。(URLをご参照ください。)
これが何を意味するかと言うと、内閣告示「現代仮名遣い」では「を」と「お」は同じ発音であるという前提に立っているということです。
少なくとも、昭和61年の学者や役人は、同じ発音が一般的であると思っていたわけですね。

ここでちょっと確認ですが、質問者さんがお書きの「標準語」とは全国どこでも通じる「全国共通語」とはまた違うものですよね?
規範となるべき話し言葉のことをおっしゃっているんですよね?

そういう意味なら、現代日本の「標準語」があるとしたら、それはNHKの言葉だと思います。

書き言葉の標準語は、明治時代に全国的な学校教育が行なわれるようになったのをきっかけに、誕生しました。

話し言葉に関しては、「全国共通語」としては、これも明治時代に全国的な軍隊を組織した際、各地方出身者が意思の疎通をはかるために「軍隊共通語」が作られたのが始まりだと言われています。(それ以前の「郭言葉」なんかも、一種の「共通語」かもしれませんが。)
ただ、軍隊にせよ郭にせよ、便宜上の「共通語」であり、規範と言えるものではありません。
規範となる最初のものを作ったのは、初めてラジオの全国放送を行なった日本放送協会でしょう。
その後の民放も話し方はNHKに右へならえをしているわけですから、やはり規範としての標準語というものがあるとするなら、NHKの言葉でしょう。

NHKのアクセント辞典は話すお仕事の人の必携の書ですし。

以上、回答になっているのかなっていないのかわかりませんが…。

参考URL:http://www.cc.mie-u.ac.jp/~la20100/genkana1986.htm

No.14です。

No.15さんへのお礼でのご疑問、3が正解です。
国では何も決めていません。
書き言葉に関しては指針を出していますが、話し言葉に関しては何もないはずです。

ただ、日本語教育業界では、「を」と「お」は同じ発音であるとされていることが多いです。
日本語教師用参考書には
「『を』と『お』はまったく同じ音である。ただし、人や場面により違う。地方差もある。地方によっては学校で違う発音として教えているところもある。また、『本を読む』『リボンをつける』など撥音のあとの『を』...続きを読む

Qえ、ゑ、ヱの発音について

現代仮名遣いには見られない旧仮名遣いの「ゑ」はわ行に属していて、
敢えて現代風に表記するならば「うぇ」となると思います。
従ってこれの片仮名である「ヱ」も同様「うぇ」の発音と思われます。

一方、旧仮名遣いでも、や行のえ段「YE、いぇ」に相当するする文字は
見当たりません。これは日本には古来から「YE」の発音が存在していな
いからだ、と聞いたことがあります。

しかし、恵比寿(ヱビス)ビールをローマ字表記すると「YEBISU」とさ
れており、この「YE」は「いぇ」と発音されるものかと思われ、や行に
属すべき物と思われます。ということは「ヱ」には二通りの発音があるということなのでしょうか?。

さらに、「江戸」は外国の古い文書などでは「YEDO」と表記されたり、
明治時代?に制定された単位「円」も「YEN」と表記されたりなど、日
本にはかつて「YE」の発音が存在していたかのようにも思えます。

質問したいことは
(1)「ヱ」は、「いぇ」と発音されることがあったのか
(2)「YE、いぇ」に相当する仮名がもっと昔には存在していたのか
(3)仮にこれらがどちらもなかったとしたらなぜ「YE」の表記が見られるのか。
です。ほんとにどうでもいいことなんですが、分かる方おしゑてください。

現代仮名遣いには見られない旧仮名遣いの「ゑ」はわ行に属していて、
敢えて現代風に表記するならば「うぇ」となると思います。
従ってこれの片仮名である「ヱ」も同様「うぇ」の発音と思われます。

一方、旧仮名遣いでも、や行のえ段「YE、いぇ」に相当するする文字は
見当たりません。これは日本には古来から「YE」の発音が存在していな
いからだ、と聞いたことがあります。

しかし、恵比寿(ヱビス)ビールをローマ字表記すると「YEBISU」とさ
れており、この「YE」は「いぇ」と発音されるものかと...続きを読む

Aベストアンサー

──────-900年頃─1000年頃─1100年頃─1700年頃
へら(篦)──fe────fe────fe────he──
いへ(家)──fe────we────je────e──
えのき(榎)─e────je────je────e──
えだ(枝)───je────je────je────e──
ゑさ(餌)──we────we────je────e──
こゑ(声)──we────we────je────e──

feフェ eエ jeイェ weウェ heヘ     

Q「ゑ」 「ゐ」のつく言葉

「ゑ」 「ゐ」のつく言葉を探しています。
どういう言葉がありますか?教えてください。

Aベストアンサー

他にも色々あるかとは思いますが、とりあえず思いつくままに。
「ゐ」
ゐる(居る)、ゐど(井戸)、くれなゐ(紅)
「ゑ」
ゑ(絵)、こゑ(声)、すゑ(末)、ゆゑ(故)、ゑふ(酔ふ)、ゑむ(笑む)

Q横文字としての「エ」と「ヱ」の違い

戦後間もないの本を読んでいたら、同じページ内にあるのにも関わらず、同じ外国人の名前に「エ」を「ヱ」と置き換えられていたり、その逆だったりと実に曖昧な使い方をしていました。
当時の活字だと「エ」と「ヱ」がほぼ同じ字形なので判断しづらいのもそうなんですが、当時は特に区別せずに使っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

ご承知とは思いますが、「エ」はア行、「ヱ」はワ行です。

戦後は、国語改革などで、かつて使われていたワ行の「ヰ(ゐ)、ヱ(ゑ)」は使わないようになりましたが、戦前の教育を受けていた人たちにとっては、使ってしまうこともありました。

また、戦後で、国語改革以前であっても、多くの人にはすでに同じ発音になっているので、混同している人がいたようです。

また、手書きの原稿では「ヱ」と「エ」は判別しづらくて、活字工が間違えているケースもあったでしょう。

戦後のどさくさで、活字工の腕や編集者の校正能力、校正の回数や時間にも問題があったかもしれません。

要するに、「ヱとエ」、「ゑとえ」の混同は、区別していないのではなく、間違って使っていたのだと思います。

Q「てふてふ」と「ちょうちょう」

旧かなつかいては「てふてふ」と書いてちょうちょうと読みますね。
いまのかなつかいでも「私はアホです」と書いて私わアホです、と読みます。
どういう理由で発音と表記が変わってしまったんですか?
アホみたいな質問ですいませんがぜひお答えお願いします。

Aベストアンサー

「アホ」なご質問どころか、これは大変なご質問です。それで回答が長くなってしまいました。お許しを。

まず、「てふ」と書いて「チョー」と読むことから。

平仮名ができた平安時代初期では、文字通り「てふ」は「テフ」と発音されていました。

11世紀ごろになると、「ハ行転呼」(はぎょうてんこ=文節の頭以外に位置するハ行音がワ行音に発音される現象)が一般化して「テフ」は「テウ」と発音されるようになります。日本語の[wu]は母音の[u]とほとんど同じですから、「テウ」は[teu]のように二重母音「エウ」を含むことになります。

鎌倉・室町時代には、二重母音が融合して長音化するという現象がひろく行われるようになります。「エウ」は長音化すると「ヨー」になります。したがって「テウ」は、「チョー」になるわけです。

もちろん、「エウ」がいきなり「ヨー」になるのではなく、いくつかの段階を経て「ヨー」になるのですが、これは話がややこしくなるので割愛します。
また長音化した「ヨー」も、実際は「合音」(ごうおん)と呼ばれるものですが、これも話がややこしくなるので割愛します。

こんな発音の変化を反映して、旧かなづかい「てふてふ」は、「チョーチョー」と読まれるわけです。「けふ(今日)」と書いて「キョー」と読むのも同じ理屈です。

「旧かなづかい」は、発音と文字がかけ離れすぎていて不便だろうというので、昭和21年に「現代かなづかい」が制定され、以後「蝶々」も実際の発音にあわせて「ちょうちょう」と書かれるようになります。

ご質問の第二点は、なぜ「あほ」が文字通り「アホ」と発音されるのか、つまり「あほ」の「ほ」はなぜ「ハ行転呼」を起こさないのかということでしょうか。

現代語で「ハ行転呼」にならないケースを上げてみます。
1、複合語の場合 
  山肌 やま+はだ→やまはだ(ヤマワダとはならない)
2、漢字熟語・漢語複合語
  毛筆 もう+ひつ→もうひつ(モウイツとはならない)
  郵便配達 ゆうびん+はいたつ→ゆうびんはいたつ(ユウビンワイタツとはならない)
3、過去に「ハ行転呼」を起こしたもので、後に本来のハ行音に戻ってしまったもの。
  母 ハハ→ハワ→ハハ
  頬 ホホ→ホヲ→ホホ
  甚 ハナハダ→ハナワダ→ハナハダ
4、「ハ行転呼」の嵐が過ぎ去った後に使われ始めた新しい言葉。
  あひる(アイルとはならない)

「あほ」「あほう」は、語源がわかりませんのでなんとも言えませんが、可能性としては上の4ではないかと感じています。

助詞の「は」「へ」「を」を除いて、「ハ行転呼」を起こしている「は・ひ・ふ・へ・ほ」を、実際の発音にしたがって「わ・い・う・え・お」と書くようにしたのが、例の「現代かなづかい」です。逆に「あほ」は「アホ」と発音するので「あほ」と書くわけです。

最後にキーワードをあげておきます。さらに資料などお調べになる時にお使いください。
ハ行転呼(音)・オ段長音・開音・合音・歴史的かなづかい・現代かなづかい

「アホ」なご質問どころか、これは大変なご質問です。それで回答が長くなってしまいました。お許しを。

まず、「てふ」と書いて「チョー」と読むことから。

平仮名ができた平安時代初期では、文字通り「てふ」は「テフ」と発音されていました。

11世紀ごろになると、「ハ行転呼」(はぎょうてんこ=文節の頭以外に位置するハ行音がワ行音に発音される現象)が一般化して「テフ」は「テウ」と発音されるようになります。日本語の[wu]は母音の[u]とほとんど同じですから、「テウ」は[teu]のように二...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qいろはにほへと・・・の意味を教えて

「いろはにほへと・・・あさきゆめみしえいもせす」
にはきっと意味があると思うのですが。
何を詠っている不明なので教えて下さい。

Aベストアンサー

昔は学校で習ったり、本を読んだりして「知っていて当たり前」だった「いろは」です。(ちなみに私は60代)

「色は匂へど散りぬるを 我が世誰そ常ならむ 有為の奥山今日越えて 浅き夢見し酔ひもせす」

これは、48文字すべての仮名を一度だけ使って詠んだ歌で、これには感心しますよね・・・

意味は「すべてのものは一瞬光り輝くが やがては散ってしまう 私が住むこの世界もいつまでもあると誰が言い切れるだろうか いろいろある世間を今日も越えて行く 浅くはかない夢を見まい それに酔いしれもしまい」
と言う事ではないでしょうか・・・

人生を達観した人の歌だと思います。
我流です。他の人の解説も参考にして私も改めて勉強したいと思います。
 

Q50音表は いつ頃・誰の 発案でしょうか?

 今まで何気なく当たり前と思っていた50音表なのですが、最近4歳の子供が「あいえうおかき・・・」と始め出したので気になってきました。
 
 あれは一体いつ頃、誰が発案したのもなのでしょうか?

「色は匂へど散りぬるを・・・」のように意味のある配列とも思えませんし、「あいうえお」が「いえおうあ」でないのにはやはり理由があるのでしょうか?同じく「あかさたな」も「あはまたさ」ではいけなかったのでしょうか?

 どうかよろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

再びkimosabeです。


「反切(法)」というのは中国で行われていた漢字音を示す方法で、例えば、「凍」とい漢字の音を示したいときは、
  多貢反  多貢切
といった形で注をつけます。反切上字「多」で頭子音を示し、反切下字「貢」が頭子音以外の部分つまり韻を示し、上下組み合わせて「凍」全体の音を知るという方法です。

この反切を日本化した漢字音にひきあてて理解するために五十音図が利用されたというわけです。具体的には、「多(タ)」の初めの仮名タと同じ行(縦の並び)にあって、しかも「貢(コウ)」の初めの仮名コと同じ段(横の並び)にある仮名トを求めます。そのトを「貢(コウ)」のコに置き換えれば、「凍」の音であるトウが得られるということです。

五十音図が、本来このような目的のために利用されたとすれば、
同じ子音を持つものが縦一列に並んでいて、同じ母音を持つものが横一列に並んでさえいれば十分だったはずです(追記=逆にいえば母音・子音の認識が無ければneil_2112さんのおっしゃる「五音」さえ成立しえないはずです)。だからこそ行の排列順序、段の排列順序は比較的自由だったのでしょう。

沖森卓也編「日本語史」によれば、アイウエオ順に段が固定するのが12世紀初めごろからであり、行のアカサタナハマヤラワ順は13世紀後半からやや多くなり、ほぼそれに固定するのは17世紀に入ってからとのことです。やはり梵字の一覧表である「悉曇章」の母音の排列、子音の排列に倣ったのでしょう。

なお、11世紀あたりから「オ」と「ヲ」は音声的な区別を失っていき、仮名遣いも混乱していきます。、それに伴って、鎌倉時代ごろから五十音図における「お」と「を」の入れ違いが起こったようですが、この誤りを正したのが富士谷成章(ふじたになりあきら、「あゆひ抄」1778年刊)、本居宣長(もとおりのりなが、「字音仮字用格〈じおんかなづかい〉」、1776年)です。

参考文献
「国語学研究事典」(明治書院)
古田東朔・築島裕著「国語学史」(東京大学出版会)
馬渕和夫・出雲朝子著「国語学史」(笠間書院)
田辺正男著「国語学史 三訂版」(おうふう)
沖森卓也編「日本語史」(おうふう)
沖森卓也編「資料日本語史」(おうふう)
福島邦道著「国語学要論」(笠間書院)
「日本語の歴史4」(平凡社、昭和39年、第2章「五十音図といろは歌の文化」)

追記

資料の成立年等は「国語学研究事典」の年表によるものです。

私は、五十音図の歴史の中で、明覚や契沖の果たした大きな役割を否定する気はまったくありません。しかし五十音図の歴史のどの段階をその起源とみるかという点が、neil_2112さんとは異なっているのですから話はかみ合わないでしょう。

ちなみに、馬渕和夫・出雲朝子著「国語学史」では、

明覚は、漢字音にも造詣が深く、漢字音研究の分野で行われていた仮名による反切の法と、悉曇の分野で行われていた音韻組織図を綜合して五十音図を作成し、

とありますが、「作成する」の意味がいささか曖昧であるように感じます。それ以外で五十音図の製作者が明覚であるとする文献は、少なくとも上に挙げた文献のなかには見られないようです。

明覚の残した各種音図も、
 反音作法(1093)  アカヤサタナラハマワ
 同         カサタナラハマワヤ(「委音」に関する部分でアはなし)
 梵字形音義(1098) アカサタナラハマワヤ
 悉曇要訣(1101以降)アヤカサタナラハマワ
のように行の排列順序が必ずしも一定ではないことも付け加えておきましょう。もちろん明覚の学識を否定するつもりで付け加えるのではありません。むしろ反音作法は調音位置の移動に即して整然と並んでいると評してよいでしょう。

さらに、1075年の成立とされる寛智の「悉曇要集記」にあげてある、
 アカサタナハマヤラワ 一韻
 イキシチニヒミリヰ  一韻
 ウクスツヌフムユル  一韻
 オコソトノホモヨロ  一韻
 エケセテネヘメレヱ  一韻
は、行と段が逆転してはいるものの、これもりっぱな五十音図でしょう。むしろ当時の音韻状況を反映している(イとヰ、エとヱが区別され、オとヲの区別が失われている)という意味では、こちらのほうが音節表としての純度は高いと思うのですが。

再びkimosabeです。


「反切(法)」というのは中国で行われていた漢字音を示す方法で、例えば、「凍」とい漢字の音を示したいときは、
  多貢反  多貢切
といった形で注をつけます。反切上字「多」で頭子音を示し、反切下字「貢」が頭子音以外の部分つまり韻を示し、上下組み合わせて「凍」全体の音を知るという方法です。

この反切を日本化した漢字音にひきあてて理解するために五十音図が利用されたというわけです。具体的には、「多(タ)」の初めの仮名タと同じ行(縦の並び)にあって、しかも...続きを読む

Qたらしめるの意味を教えて下さい!

国語の教科書で見たんですけど、「たらしめる」ってどういう意味ですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

「たる」(たり)+「しめる」で「たらしめる」です。

「~たる」は、「~である」の意味。
「~しめる」は、「~させる」の意味。

つまり、
「たる」+「しめる」で
「そのようなこと(存在)にさせる」という意味になります。

たとえば、

「わが社を世界のトップたらしめる。」
 =(わが社を世界のトップ企業にする)

というような使い方があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング