自分は20代の大学生なんですが最近の流行りのヒットチャート上位を賑わしているような曲はほとんどが自分の感性には合わず、生理的に受け付けないものばかりなんです。
それは今に始まったことではなくて90年代後半くらいから薄々感じ始めていました。

逆に自分の好きなアーティストは現在も活動中で限定してもサザンオールスターズ、松田聖子さん、中森明菜さん、岩崎宏美さん、玉置浩二さん、THE ALFEEなど昭和期にデビューしたアーティストばかりで好み的にもいわゆる歌謡曲が中心です。
この年でそういう嗜好はおかしいでしょうか…?

ちなみに自分の中の名曲は一部になりますがこんな感じです。
他にお奨めの曲などありましたらそれも教えていただけたら幸いです。

松田聖子「風立ちぬ」「瞳はダイアモンド」「天使のウィンク」
中森明菜「スローモーション」「北ウイング」「ジプシー・クイーン」
岩崎宏美「熱帯魚」「思秋期」「檸檬」
山口百恵「ちっぽけな感傷」「乙女座宮」「さよならの向う側」
安全地帯「悲しみにさよなら」「碧い瞳のエリス」
THE ALFEE「シンデレラは眠れない」「霧のソフィア」「SWEAT & TEARS」
松山千春「恋」「長い夜」
薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」「紳士同盟」
甲斐バンド「HERO」
いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」
河合奈保子「愛をください」
チェッカーズ「星屑のステージ」「あの娘とスキャンダル」
堀内孝雄「愛しき日々」
太田裕美「九月の雨」
かぐや姫「神田川」
石川ひとみ「まちぶせ」
渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」
村下孝蔵「初恋」
斉藤由貴「卒業」「白い炎」
菊池桃子「雪にかいたLOVE LETTER」
原田知世「時をかける少女」「天国にいちばん近い島」
小泉今日子「木枯しに抱かれて」
浅香唯「セシル」「TRUE LOVE」
南野陽子「風のマドリガル」「秋からも、そばにいて」
中村雅俊「ふれあい」「恋人も濡れる街角」
ちあきなおみ「喝采」
円広志「夢想花」
井上陽水「夢の中へ」
郷ひろみ「あなたがいたから僕がいた」「マイ レディー」
中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

時計 50代」に関するQ&A: 40〜50代の女性向きの、腕時計を探しています。フェイスが見やすくて、メッキがすぐに剥げたりしない、

A 回答 (22件中1~10件)

全然おかしく無いです


自分もそうですが、20~30年前の曲や歌手の方が個性があって良かったです。その人の色が出ると言うか…
最近似たり寄ったりの曲声なのでうんざりしています。
昔の曲って今聞いても良い曲ばかりですね
    • good
    • 2

アラフォーです。


多分、最近は大量に曲が出回ってるのと、生音をあまり生かさない歌も増えたので、
印象に残りにくくなったのかもしれません。
また、学生時代に軽音で工藤静香のVo.をしたことがあるのですが、
アイドルのバックバンドと楽曲は技術がすばらしいということで、他メンバーが嬉々としてプレイしてました…
シンガーソングライター系のDrs.も担当しましたが、こちらはといえばひまで…
歌の力によるものが大きいと思われます。
    • good
    • 0

私は高校2年生です^^


私も今の歌よりも昔の歌の方が好きです!!
なんか、暖かみがありますよね
それじゃあいくつか書かせて頂きますね!
河合奈保子「Invitation」「けんかをやめて」
岩崎宏美「あざやかな場面」「想いでの樹の下で」
高田みづえ「潮騒のメロディー」「私はピアノ」
石川優子「涙のソリティア」
わらべ「時計をとめて」
長山洋子「春はSA・RA SA・RA」
倉田まり子「グラジュエイション」
林寛子「ほほえみ」
小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」
石野真子「彼が初恋」「春ららら」
太田裕美「雨だれ」「木綿のハンカチーフ」
加山雄三「君といつまでも」「旅人」
キャンディーズ「あなたに夢中」
テレサテン「時の流れに身をまかせ」
チェリッシュ「てんとう虫のサンバ」
天地真理「想い出のセレナーデ」
麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」
桜田淳子「わたしの青い鳥」「17の夏」
山口百恵「乙女座宮」「さよならの向こう側」
あべ静江「みずいろの手紙」
浅田美代子「赤い風船」
八神純子「みずいろの雨」
伊藤咲子「ひまわり娘」「乙女のワルツ」
トワエモワ「空よ」「或る日突然」「虹と雪のバラード」
ジャッキー吉川とブルーコメッツ「ブルーシャトウ」
千賀かほる「真夜中のギター」
久保田早紀「異邦人」
ペドロアンドカプリシャス「五番街のマリーへ」
吉永小百合「いつでも夢を」
かぐや姫「ささやかなこの人生」
まだまだありますが字数オーバーしてしまうので・・・終わりにしますね^^
youtubeで聴いていると関連で色々出てきますよ!
    • good
    • 1

一昔の音楽と今の音楽と比べると、感じが違いますね。


今の音楽は、どちらかと言うと、インディーズ系やドラマで流れるような
音楽が流行っている感じですね。一昔の邦楽は、メロディが覚えやす
く、演歌(極端に言うと)よりの音楽が多かったですよね。

逆に、今の若い人にしても、一昔の(80年代ぐらいの)邦楽の方が
いいと言う人が多くてもおかしくないんですけどね。

上記の好みからしてお勧めしたいアーティストのアルバムは、

富田靖子の「少女譜」は、お勧めです。
洋楽では、アラベスク(70年代後半に流行っていた3人組のアイドル
は、いいですよ。

覚えやすい曲が好みであれば、いいと言うかもしれません。
(ひょとして、知っているかもしれない?)

安全地帯、アルフィー、中森明菜、岡村孝子は、10年ほど前までは、
よくきいていたけど、もう飽きて、ほとんど聞かないですね。

ただ、唯一、邦楽で聞いていると言えば、Winkです。なぜか、
Winkだけは、飽きないでいます。(アラベスクの影響がおおきいのかも)

自分も、基本的に、アイドルが好きでいます。
    • good
    • 1

えー、71年生まれですが、


皆さんから大体出てしまっているので、

これらの曲調で、現在活動している人だと、
TM NETWORKの木根尚登がいいと思います。

いろんな人に曲を提供しています。

それらを集めたベストが一つ出ているので、
それを聴いてみて、

よかったら、ソロの木根尚登も聴いてみてもいいかもですね。

※誰かも言っていた「オフコース」は絶対はまると思いますよ。
僕は図書館でCD全部借りました。
オフコースを買うなら
普通のCDプレイヤーでも聴けるハイクォリティフォーマット版が最近出たので、
そちらを買うとよいですよ。
    • good
    • 0

全然、おかしくなんてないですよ!


松山千春さんの歌はいい歌ばかりですよ!
特に、いいと思ったのは
「ピエロ」
「銀の雨」
ぜひ、聴いてみてください!
    • good
    • 1

往年の百恵ファンです。

「ちっぽけな感傷」なんてどこで知ったの?
リメイクもされてないのに、ちょっとうれしいです。
redpaperさんは、聴いていて情景の広がる歌、言葉と言葉の間に主人公の心の襞みたいなものが少しだけ見え隠れする、そんなちょっぴり切ない詩が好きなんですね。(とカッテに決め付けてるけど)
今の歌には「僕が」「君は」という単語が林立しすぎて自己主張ばかり、「思いやりの心」がかけてると思います。
百恵の曲で何曲かご紹介します。
「ささやかな欲望」(ちっぽけな~~の2曲後の歌)、「賭け」(プレイバックのB面)、「視線上のアリア」(乙女座宮のB面)
    • good
    • 0

菊池桃子のSAY!YES!とかは?


あと夏色片思いとかあとアルバム「アドベンチャー」収録されている
ナイトクルージンって曲も個人的に好きです
    • good
    • 1

男子高校生ですが僕も全くあなたと同じ傾向です。


最近の歌は滅多なコトがない限り聴きません。
ただし僕は小田さんやYASSさんやTHE ALFEEが好きなので、これ等の新譜は聴きます。

自分がよく聴くアーティストは

オフコース・THE ALFEE・小田和正・鈴木康博・井上陽水・吉田拓郎・太田裕美・松田聖子・中森明菜・Winkですかね。

周りからはよくからかわれます。自分は、本にもこういう傾向があって最近の本、恋愛小説とか携帯小説とかは全く読みません。逆に昔の本はよく読みます。信用できないというか、何故なら10年、30年経った時残ってるとは思えないからです。
    • good
    • 0

昭和30年代半ば生まれのおやじです。



>この年でそういう嗜好はおかしいでしょうか…?
全然おかしくないと思います。redpaperさんが好きな曲は、その曲がはやっていた時代の若い人に熱烈に支持されていたのですから。そして、その時代から歌い続けているアーティストやいわゆる「歌謡曲」が好きなのは当然ですよね。自分の心に響く感性をもっておられることはすばらしいと思います。

私の心に残っている曲をご紹介します。

真夏の出来事/平山三紀
真夜中のギター/千賀かほる
結婚するって本当ですか/ダ・カーポ
白い色は恋人の色/ベッツィ&クリス
白い蝶のサンバ/森山加代子
太陽がくれた季節/青い三角定規
人形の家/弘田三枝子
ひまわり娘/伊藤咲子
上を向いて歩こう 見上げてごらん夜の星を/坂本九
時の過ぎゆくままに 危険なふたり/沢田研二
ジョニーへの伝言 五番街のマリーへ/ペドロ&カプリシャス
青春時代/森田公一とトップ・ギャラン
知床旅情/加藤登紀子
グッド・ナイト・ベイビー/ザ・キングトーンズ
恋人もいないのに/シモンズ
いつでも夢を/橋幸夫・吉永小百合
天使の誘惑/黛ジュン
花嫁/はしだのりひことクライマックス
あの素晴らしい愛をもう一度/加藤和彦と北山修
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の松田聖子と中森明菜の魅力を具体的に教えてください。

昔の松田聖子と中森明菜の魅力を具体的に教えてください。

よく女性の歌手やアイドルの方が、憧れや好きな歌手でこの二人の名前を挙げられますが
どのようなところが魅力で絶大な支持を受けていたのでしょう?
他の普通のアイドル達との違いは何ですか?

私は若いので二人がどのような人だったのかよく知らないのです。
曲はよく流れますし知っているのですが・・・。

あと、ついでに山口百恵という人に魅力についても教えてください。
この人も人気でよく耳にしますよね。

Aベストアンサー

松田聖子
・少女漫画系
・優等生
・女の子らしい声
・キラキラしたポジティブな歌が多い

中森明菜
・少年漫画系
・ちょっと不良っぽい雰囲気
・低めのハスキーボイス
・背伸びした女の子や失恋・挑発的なものの歌が多い

比較するとこんな感じでしょうか。
他のアイドルは基本的に松田聖子路線だと思います。
ちょっと違っていたのは小泉今日子?
松田聖子はどんなところでもグイグイと割り込むタイプで、中森明菜は一歩下がって見ていて周囲から引っ張られて出てくるタイプでしょうか。
その性格の差もそれぞれの魅力です。
高いトーンの声できゃらきゃら歌っているアイドルが多い中、低めのハスキーボイスでロックテイストの歌をガンガン歌った中森明菜のインパクトは強かったです。
彼女独特の節回し(明菜ビブラート)とロックテイストの歌の相性が良くて、アイドル(彼女の場合はアイドルソングじゃなくて歌謡曲寄りですが)から歌姫になったと思います。
松田聖子はどんなに頑張ってもアイドルの域を超えていない、と思ってしまうのは明菜ファンだからかもしれません(笑)
中森明菜のポジションを引き継いだのは中山美穂ですね。
彼女もちょっと不良っぽい歌を歌っていましたから。

山口百恵の魅力は陰のある美しさでしょうか。
彼女の時代もわりときゃらきゃらしたようなアイドルが主流で、低音ボイスで涼しげな雰囲気が際立っていたと思います。
この時代にはまだ生まれていなかったので、懐かしの番組を見た中での印象ですが。
結婚後、一切芸能界に顔を出さない徹底振りが彼女の若い時代を崩さず、今でも人気なのだと思いますよ。

松田聖子
・少女漫画系
・優等生
・女の子らしい声
・キラキラしたポジティブな歌が多い

中森明菜
・少年漫画系
・ちょっと不良っぽい雰囲気
・低めのハスキーボイス
・背伸びした女の子や失恋・挑発的なものの歌が多い

比較するとこんな感じでしょうか。
他のアイドルは基本的に松田聖子路線だと思います。
ちょっと違っていたのは小泉今日子?
松田聖子はどんなところでもグイグイと割り込むタイプで、中森明菜は一歩下がって見ていて周囲から引っ張られて出てくるタイプでしょうか。
その性...続きを読む

Qラジオ番組「中森明菜 ひとつめのさよなら」のテーマ曲は?

80年代のラジオ深夜番組「中森明菜 ひとつめのさよなら」のテーマ曲のタイトルをご存知の方がおられましたら、教えていただきたいです。久しぶりに聞きたくなったもので・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。
2年前の質問ですが、まだ見てますか?
それとも解決済みでしょうか。
今その番組を聞いてみました。
Bob JamesのHands Down というアルバムの
6曲目It's Only Me という曲でした。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/Hands-Down-Bob-James/dp/B000FUF77G/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=music&qid=1198117761&sr=1-7

Q中森明菜の曲について

中森明菜の曲の歌詞の一部に
「軽くウェーブしてる前髪がとても素敵」
と入ってる曲はありませんか?
ご存知でしたら教えてください

Aベストアンサー

「あなたのポートレート」って曲かな

Q中森明菜が「禁区」を歌わない?

2年位前のコンサートで「禁区」(「1/2の神話」だったかも)を歌った時に「これでもうこの曲を歌うことはありません。今日来た人はラッキーでしたね」と言っていましたが何でもう歌わないのですか?なにかあったのでしょうか?
お客さんの反応も「え~」とかなかったし、私が何か意味をはきちがえて捉えてしまったのでしょうか?
お隣の見ず知らずの人に声をかけましたが「古い曲だからじゃない?」って言っていました。その程度のことなんでしょうか?
好きな曲だし、また生で聞きたいです。
気になったまま2年が経ってしまいました(>_<)どうぞお答えをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この曲は個性が強すぎて、ほかの曲とあわせづらい、だから、コンサートのプログラムにはもういれたくない・・・みたいなことを言ってました。
嫌いなわけでも、何かあったわけでもないと思いますよ。

今年のコンサートでは、観客のリクエストに答えてアカペラで歌ってくれましたよ。
なのでまだ生で聴けるチャンスはあると思います♪

Q「はーどっこい!」…中森明菜・DESIREについて

最近、中森明菜さんの曲を聴きだしたのですが、「DESIRE」の歌詞中
「夢中になれないなんてね」と「寂しい」の間に「はーどっこい!」という合いの手が入るというのは
どういう過程で生まれたものなんでしょうか?

この曲がヒットしてた頃はまだ幼稚園児ぐらいだったんでよくわからないのですが
「はーどっこい!」は常識ですか?

Aベストアンサー

カラオケの合いの手が全盛で何かにつけて盛り上げるのに使ってました。
今考えると変な合いの手ですねぇ。
かなり忘れてしまいましたが、アンルイスの「六本木心中」にも変な合いの手ありました。

で、返事なのですが私たちの世代(40代前半)には普通ですね。
課程はノリだと思うのですが、唄のフリで斜めに倒れ込んで起き上がってくるところからイメージされたのでは?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報