財政赤字が280億ドル
インフレ率が8.6%
民間によって保有された政府負債は4950億ドル

このとき,負債は,0.086×4950億ドル=430億ドルだけ過大であり,
インフレ修正すると,報告された280億ドルの財政赤字は150億ドルの財政黒字となる.
という問題で,どうして,150億ドルの財政黒字が生じるのか,わからなく困っています.
ご存知の方、ご回答くださいます様おねがいします.

A 回答 (1件)

インフレ率は、簡単に言うと物価等の上昇による貨幣価値の相対的な低下ですから、負債の、0.086×4950億ドル=430億ドルというのは、その分だけ借金の実価値が下がったということになり、430-280=150億ドルの黒字ということになる。

と思います。ちなみに、この4950億ドルが負債ではなく利益であり、財政黒字が280億ドルだとすれば、財政は逆に、 0.086×4950=430億ドルのインフレ修正により、280-430=-150億ドルと150億ドルの財政赤字となります。

何かややこしく書いてしまった感がありますが、現在までの経済活動によって生じた財政結果を現在の物価に合わせ直して実際の価値に修正した結果だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、たいへん有り難うございました。
私はインフレ=貨幣価値の下落というのが、理解不足であったということがこの質問・ご回答でよくわかりました。

お礼日時:2001/02/03 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の財政赤字

日本の財政赤字ってマスコミが言うほど深刻なのですか?

Aベストアンサー

一国の財政でみると大変深刻な状況です。

しかし、アメリカの財政が日本と同様に悲惨な悪さで、
また、ヨーロッパ、ユーロも、ギリシャ、スペイン等の
問題でこれまた非常に悪い。
相対的に日本売りにならない、円高のおかげて、生き延びて
いる状況です。
外貨を溜め込んだ中国がリスク分散の為に、アメリカ国債から、
日本国債に振り替えている程です。

国債は日本国内の金融で消化されいる状況です。
あと数年の余裕と言われる国内資産の置き換えですね。
では、国内資産で補えなくなった場合、外資消化できるのか?

基本的に、諸外国は人口増加があり、成長しています。
株価などの経済指標は成長見込みに対する数値です。
近年の投資資金はよりドラスチックに動きます。
成長見込みの乏しい日本国債を外資にまで依存する状況の
意味するところは、ですね。
しかし、国債を増やさないプライマリーバランス達成は完全に
手遅れの状況ですから、いかに外資消化するかを財務省を
考えている状況だと思いますよ。
所詮、ペーパーと組織利権で生き延びてきた発想だから、
この国の官僚の程度、になるでしょう。
つまり、絶対に何とかはなりません。
預貯金含めて、国内金融は国債に多くがまわり、自覚が
ないでしょうが、国債と一連托生になっています。
国債レートに振り回されることになるのです。

多分に、諸外国の経済状況次第ですが、国内企業の競争力が
低下して、円安状況に向かうなら、インフレとなります。

安易に増税しても不況で税収が低下する為、諸外国より低い
間接税の増税でも、アナリストが見積るほどに、改善効果の
余地は小さいと思われます。
歳出削減、高福祉を削減することが可能か。
昨今の情勢からも、国民は厳しい選択を受け入れない様なので、
覚悟と備えが必要なのかと思います。

一国の財政でみると大変深刻な状況です。

しかし、アメリカの財政が日本と同様に悲惨な悪さで、
また、ヨーロッパ、ユーロも、ギリシャ、スペイン等の
問題でこれまた非常に悪い。
相対的に日本売りにならない、円高のおかげて、生き延びて
いる状況です。
外貨を溜め込んだ中国がリスク分散の為に、アメリカ国債から、
日本国債に振り替えている程です。

国債は日本国内の金融で消化されいる状況です。
あと数年の余裕と言われる国内資産の置き換えですね。
では、国内資産で補えなくなった場合、外資消化でき...続きを読む

Q日本が対米経常収支が黒字であるから、円資産の予想収益率はドル資産の予想

日本が対米経常収支が黒字であるから、円資産の予想収益率はドル資産の予想収益率より低く、その利回り格差が米国債に対して付与されたリスクプレミアムだそうですが、わかりやすく説明お願いいたします

Aベストアンサー

対米経常収支が黒字ということは、それだけ見れば円資産の方が米資産よりも安全です。
同程度安全な資産で収益率も同じだと、安全な資産を選びますが需給のバランスで当然より安全な資産の収益率は低下します。
そこで生まれた収益率の乖離は、投資家がより安全な資産を選ばず、より危険な資産を選ぶことに対する収益率の上積分とも考えられます。

未熟な学生の意見なので他の専門家の意見が出ればそちらを参考にして下さい。

Q日本は金融・財政問題で解決策はありますか

日本は赤字国債が累積して財政出動も首が回らず、世界金融危機で外需も内需も落ち込んで、今後2年間は回復の目処が立たない状況にあると言われます。小泉改革も問題解決にはならず、社保庁不正事件、厚労省問題など、官僚の腐敗が財政悪化の原因と批判され、肝心の金融や財政は立て直せないまま終わり、空白の20年と呼ばれる深刻な雇用危機の中でフリーターやニートなど、生活が破綻する人が急増し、うつ病患者や自殺者が高水準で増え続け、高齢化が急激に進み、少子化問題が深刻化し、世界一を競っていた教育水準は世界14位に転落し、殺人事件や大事故が毎日のように起こる国になりましたが、全ての問題を解決出来る抜本的で具体的な方策はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1,2の方が詳しく回答していますが、少々補足を。

>赤字国債の償還費を繰り延べして財政出動にまわすという苦肉の策でしたが、来年以降はどうするのでしょうか。

現在、先進国で財政赤字がない国はありません。
どの国も、新しい国債を発行して、古い国債の償還にあてています。

経営でいえば、キャッシュフローがある限り、企業は倒産しません。
国家財政も同じこと。財政赤字がなくならなくても、国の運営はできます。


>全ての問題を解決出来る抜本的で具体的な方策はあるのでしょうか。

神ならぬ人のすることですから、何事にも限界はあります。
今は世界的に経済が収縮する方向に向かっているので、国家が財政出動で経済を下支えしなければ、景気は急速に悪化するでしょう。

早い話が、20世紀初頭の世界大恐慌が再現するのです。
それだけは避けなければならないと、主要な国の首脳は意見が一致しており、もはや民間まかせにできないので、財政支出を増やしているのです。

今となっては、経済が自律回復に向かうまでは、財政支出でもって景気を維持していくしかないでしょう。
後は景気が回復して税収が増してきたときに、今は大盤振る舞いの財政支出を、スパーンと緊縮方向に切り替えることができるかです。
とても難しいとは思いますが、20世紀末の民主党政権ではそれに成功し、財政赤字の問題を解決しました。

景気が良くても悪くても、地方の公共支出の圧力に弱い自民党政権では難しいかもしれませんが、今の民主党のていたらくを見る限りでは民主党に政権が変わっても難しそうですね。

No.1,2の方が詳しく回答していますが、少々補足を。

>赤字国債の償還費を繰り延べして財政出動にまわすという苦肉の策でしたが、来年以降はどうするのでしょうか。

現在、先進国で財政赤字がない国はありません。
どの国も、新しい国債を発行して、古い国債の償還にあてています。

経営でいえば、キャッシュフローがある限り、企業は倒産しません。
国家財政も同じこと。財政赤字がなくならなくても、国の運営はできます。


>全ての問題を解決出来る抜本的で具体的な方策はあるのでしょうか。

...続きを読む

Qマクロ経済から見れば国の赤字は民間企業の黒字であると聞きました。

マクロ経済から見れば国の赤字は民間企業の黒字であると聞きました。

どうしてそうなるのでしょうか?
マクロ経済についてはまだ勉強し始めたばかりでよく分からないので誰か教えてください

Aベストアンサー

閉鎖経済モデル(他の国々との物やカネの移動が無い経済)の場合、そうなります。

例えば、世界に国がたった1つ、日本しか無いと考えます。

政府が財政赤字を出して財政支出をするには、民間(企業なり個人なり)がお金を貯めて国債を買って
あげなければいけませんよね。
このような表裏の関係を指して、「政府の赤字は民間の黒字」と言っています。

Q完全雇用財政赤字って何ですか?

質問そのままなんですが、完全雇用財政赤字とは何なのでしょうか?関連しているかどうか分かりませんが、完全雇用財政余剰なら分かりました。ある本によると「完全雇用財政余剰とは、完全雇用の所得水準、すなわち潜在生産量における財政余剰を測定する」と書いてあります。この完全雇用財政余剰の説明から推測すると、完全雇用財政余剰とは、「完全雇用の所得水準、すなわち潜在生産量における財政赤字を測定する」ということかと思ったのですが、違いますか?もし正しいとしても良く意味が分かりません・・・。どなたか、完全雇用財政赤字とは何なのか教えてください。yahooで検索したのですが、8件しかヒットしなかったもので。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 仮に、失業している方の雇用が完全に実現した場合には、国への税金は現在よりも増えることになります。仕事があれば収入がありますので所得税が発生し、会社としても納める税金がふえて国への税金が増えることになります。そうなった場合に、現在の国の財政赤字額が解消されるかどうかを推計した結果が、さきまURLの表になっています。結局は、現在失業している人が、政府の政策で完全に雇用されたとしても、国の財政赤字は解消されない、という結論です。

Q国富と財政赤字

国富という考え方では、国内の金融資産については相殺されるということですが、そうすると財政赤字/黒字とかは関係ないことになるのでしょうか?
言い方を変えますと赤字国債発行派の論拠となるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

国冨といえば、海外資産も含まれます。日本は海外資産も世界一だそうです。
赤字国債発行派の論拠と言えばこれだって使えます。
なんだって理屈に組み込もうと思えば可能なのです。
でもすぐに金になるかどうかといえば疑問です。
国内同士で貸し借りしているから安定しているというのはそのとおりかもしれませんが、要は信用の問題で、
国債があぶない、という噂が広がったら、日本人だって買わなくなるだろうし取り付けが絶対起こらないとは誰も言えません。
愛国精神よりも目先の利益にとらわれるのは誰も同じですから。
赤字国債を際限なく大きくしていいというしっかりした論拠は誰も持っていないと思います。税金が少ないから景気が続いたのかもしれませんが、現在の国家赤字をそれで正当化はできません。借金返済ばかりで思い切った前向きの投資ができない分、国家は確実に破滅に向かっています。

Q日本の財政破綻に関する対立する意見を教えて下さい

1 日本が近く財政破綻するという意見と、それはありえないという反対の意見があるようです。
 双方どのような理由(論拠)があるのでしょうか?以下のように箇条書きで教えていただけませんでしょうか?

(1)  主張している人(報道機関等でも結構です)

(2)   (財政破綻派・財政破綻しない派)の別
    財政破綻派・財政破綻しない派

(3)  (財政破綻する・財政破綻しない)という理由
  例:  ○○なので(財政破綻する・財政破綻しない)
  ア  
  イ  
  ウ  
  …
(4) 反対の意見に対する反論
  例:  (財政破綻する・財政破綻しない)という意見は○○なので間違えている。
  ア  
  イ  
  ウ  
  …

2 財政破綻派・財政破綻しない派が「直接」議論やディベートをしているサイトや本、動画はありますでしょうか?ありましたら紹介していただけませんでしょうか?

以上、よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

たかじんNOマネー 竹中平蔵 三橋貴明 9月17日
http://www.pideo.net/video/pandora/73173f55f1432340/

こちらの動画がオススメです。

竹中平蔵=破綻する派 三橋貴明=破綻しない派

です。

竹中平蔵は小泉内閣で政権の中枢を担った、超有名な経済スペシャリスト(皮肉)です。
さて。この動画を見て、あなたはどう思うでしょうか。^^

どちらの意見を正しく感じるのか、それはswanpmanさんの感性にお任せします。

財政が破綻しない理由は、4つ・・・でしょうか。

1.日本の国債の金利は1%強で、世界で最も低い利回りであるにもかかわらず、販売した
ら即効で売り切れている(無茶苦茶信頼されている)

2.日本の国債を保有しているのは94%が日本人(もしくは日本企業)である。外国人投
資家たちによって市場を荒らされずに済む。

3.日本の国債は100%円建てで発行されており、仮に債務不履行に陥りそうな事体が発生
したとしても、日銀が紙幣を発行し、市場から債務不履行に陥りそうな国債を買い取ればリ
スクを回避することができる。

4.仮に新規発行国債が売れない(売り抜けができない)事体が発生したとしても、国会で
承認を得た上で、その範囲内において日銀が国債を直接買い取れば売り抜けを達成すること
ができる。

これに対抗する意見として、
1番。2番であれば、
A.今は売れているかもしれないが、近い将来売り切れなくなるのではないか。

3番、4番に対しては、
B.そんなことをすればハイパーインフレが発生して大変なことになる。

という意見でしょうか。

これに対する意見として、Aであれば、
α だから売り切れなくなるんだったら日銀に買ってもらえばいい、っていってるじゃん。

Bに対しては、
β そうなる前に買取をやめればいいだけの話でしょ。そもそも今はデフレで困ってんだよ。

です。動画では、そんなことが話されています。多分。んで、見事竹中平蔵が論破され、挙
句の果てに、「そんなに言うんだったら、どんどん国債を発行すればいいんですよ。5,000
兆円くらい」って、その場にいる人全員が目玉を丸くしてびっくりするようなトンデモ論を
言い放ちます。

面白いですよ。

たかじんNOマネー 竹中平蔵 三橋貴明 9月17日
http://www.pideo.net/video/pandora/73173f55f1432340/

こちらの動画がオススメです。

竹中平蔵=破綻する派 三橋貴明=破綻しない派

です。

竹中平蔵は小泉内閣で政権の中枢を担った、超有名な経済スペシャリスト(皮肉)です。
さて。この動画を見て、あなたはどう思うでしょうか。^^

どちらの意見を正しく感じるのか、それはswanpmanさんの感性にお任せします。

財政が破綻しない理由は、4つ・・・でしょうか。

1.日本の国債の金利は1%強で、世...続きを読む

Q財政赤字の問題について

私は今財政学に興味があり調べていますが、財政赤字が問題になる理由について色々と検索してみるのですがなかなか見つける事ができずに困っています(--:
参考になる文献や意見をどうぞよろしくお願いします
m(_ _)m

Aベストアンサー

 経済学素人である小生の意見です。(あてにしないで下さい・・・)

 世界各国の借金の山、つまり膨大な国債発行残高が意味することは場合によっては資本主義システムそのものの弱体化をあらわしているのはないのでしょうか。

 1930年代以降のケインズ政策では、景気の後退局面では、財政が出動して有効需要を創出することが、景気対策として奨励されてきたと思います。そのため国家の借金、つまり国債の発行もやむをえずとされてきたのではないのでしょうか。赤字財政による景気対策がそれといえます。

 赤字財政による景気対策は、病気の患者に痛み止めとして麻薬のモルヒネを注射することに似ていると思います。とりあえず痛みを止めないと、病気の治療が出来ないので、モルヒネを患者に注射します。モルヒネは麻薬特有の効果を発揮し、患者は痛みが緩和され、よい気分を味わいます。

 問題は、患者が病気の治療という肝心な点を忘れて、モルヒネの効果だけを追い求める傾向にあることです。患者は次第にモルヒネ中毒になり、幸福感をたっぷりと味わいますが、痛みをもたらした病気そのものは、その間も密かに進行してゆきます。
 
 日本経済はまさに、モルヒネ中毒に陥って肝心の治療を忘れた患者と同じ状態にあるといえませんか。橋本政権は財政の建て直しに注力しましたが環境(広義の意味)とタイミングの問題で失敗し、現在も小泉政権が手をつけかけてますが・・・。経済を強化するための根本の治療をしないままに、赤字国債で資金を調達し、それによる景気てこ入れを求めてきたのが、1980年代以降の世界経済でした。借金で景気は回復したものの、資本主義という経済システムの病気は進行する一方だったように思います。

 よく知られるように、モルヒネは常用すれば効果が薄れます。使用を始めたころと同じ効果を得るためには、何倍もの量を使わないと鎮痛効果が現れなくなります。財政出動も似ていませんか。

 赤字財政による景気対策をやろうとしても、これまでの何倍もの借金をして、財政投資をしなければ効果があがりません。体力の落ちている病人は、普通の健康体なら仕事を二、三日休めば治ってしまうような、ちょっとした風邪によってすら生命を奪われます。同様に弱体化した経済システムでは・・・。

 1973年のオイルショック時はエネルギー資源の根本である石油の価格が4倍になり資本主義経済の根幹を直撃しました。世界の景気は大幅に後退し、それを反映して株式市場も全面的に暴落しました。それでも、資本主義は持ちこたえました。世界各国の政府は赤字国債を大量に発行し、それによって積極的な景気対策を展開することができ、オイルショックは克服されてきました。このときは、モルヒネが劇的な効果を発揮したわけですね。資本主義というシステムにまだ体力があったのです。

 今はどうでしょう?すでに増えすぎた財政赤字。経済にオイルショック時の体力はありません。また、残念ながら官僚の問題先送り的政策、国会議員の政策立案力不足・行動力不足、日本人の保守的性格文化(とりあえず蓄える=使わない)等々

 さて、ご存知の通り財政赤字を解消するためには、経済の活性化による税収増、あるいはマネーサプライを増やしますか?(まさか・・・)インフレには出来ませんし・・・。とりあえず、現状では行き詰まりです。民間格付け機関が日本の格付けを下げるのも苦汁を飲む思いです。

 結論としては(1)適切なところに適切な財政出動(利益誘導型・官僚支配型の政治下では困難)(2)規制緩和(官僚の規制を極力なくす、官主導から民主導へ)(3)減税(減税された分が消費へ回ればよいのですが、日本人の気質では預貯金に回りそうです・・・)

 やわらかいところでは「みんなでお金を使おう!お金はある。ただ、先行き景気に関し不安だから使わないだけ・・・」極論をいえば、預貯金に課税してしまえ!お金を使かわざろう得ない状況にしてしまう。日本人は預貯金好きだから・・・。預貯金していると税金とられるなんて超逆転の爆発的発想(^^;マクロ的には意外と良いかも・・・(実行ベースでは非難轟々・・・)でも、やはりマクロで考えなくてはね!だれかがドロをかぶる覚悟くらいで経済を立て直さないと・・・

 なんか、最後は素人ながらの極論が爆発しました。
 とりとめのない話を書きこみました・・・

 経済学素人である小生の意見です。(あてにしないで下さい・・・)

 世界各国の借金の山、つまり膨大な国債発行残高が意味することは場合によっては資本主義システムそのものの弱体化をあらわしているのはないのでしょうか。

 1930年代以降のケインズ政策では、景気の後退局面では、財政が出動して有効需要を創出することが、景気対策として奨励されてきたと思います。そのため国家の借金、つまり国債の発行もやむをえずとされてきたのではないのでしょうか。赤字財政による景気対策がそれといえま...続きを読む

Q財政拡大 一方で金利上昇・通貨高・輸出減

「開放経済の下では財政拡大は大きな効果を持たないことが知られてきた。財政で内需を増やしても、一方で金利上昇・通貨高・輸出減というメカニズムが働き、財政の効果がキャンセルアウトされるためだ。その中で日本は、ロジック(論理)を無視して常に財政拡大を指向してきた数少ない国だった。」
と財政出動の批判と財政出動は無意味である事の解説がなされているのですが、 日本では
「財政で内需を増やしても、一方で金利上昇・通貨高・輸出減」
とはなりませんでした。
これはなぜなのでしょうか?

経済にお詳しい方、ご解説をお願いします。

Aベストアンサー

バブル経済の崩壊、革命による社会の混乱などのパニックは、
経済学や金融理論では説明できません。アダム・スミス以来、
単純に考えると、経済学が平和な国や地域で発展してきたから
です。経済の抱える問題を経済学で解決できなくなったら、戦争
をしたのです。そして、リセットしてきた。

これは、ウエストファリア条約からの戦争の歴史を振り返れば、
よく分かります。ここでの説明を割愛します。勉強してみて下さい。
戦争が経済問題を解決してきたのです。

経済危機を経済学では説明できません。だから、経済学者は
経済危機を克服するための処方箋を持っていないのです。
だから、経済危機なのです。

経済危機は、経済額のロジック通りに動いていないのです。
質問の答えにならないかもしれません。何かの参考になれば、
幸いです。

Q日本の国家財政の赤字

●日本の国家財政は、何百兆円の赤字ですが、これは誰から借りたことになっているのですか?

●誰が、もしくはどこの国が返すように要求するのですか? それとも、そんな者は存在しないのですか?

●国がかってに、お札を発行して使った結果でしょうか?

●その場合は、無理に返す相手がいないので、国がチャラにしてしまえば、赤字はゼロになりますか?

●そうすると、どういうふうに困ることになるのでしょうか? 例えばインフレになるとか、金の価値が下がるとか。

基礎的な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国は国債を発行して金を借りています。つまり国債の購入者から金を借りている訳です。

期限が来たら金を返します。返す金がなければまた国債を発行します。

国債の発行は国会の予算審議で決められますから、国民の総意であると言えます。もしも国債を発行せず緊縮財政にしていたら、税金で食べてる企業は非常に多いので、倒産する会社が多数出ていたでしょうね。それに反対したのは国民、野党、族議員ですね。

国債を紙くずにするということはできなくはありません。そのかわり一切の信用をなくしますので、その後の活動に大きな支障を生じます。

超インフレになり、円安になりますね。アルゼンチンがそのような状況になりました。アルゼンチンも日本と同じ官僚社会主義国でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報