宗教と科学、一見矛盾するように見えますが、神父で科学者という人も実際にいます。両者の関係とは一体どのようなものなのでしょうか?

 長くなっても構いませんので、どなたか御回答下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 宗教と科学が矛盾する…と断定はしません。


キリスト教圏でガリレオの地動説に宗教裁判が行われたのは有名ですが、当時の化学さえも、天動説を支持しており、権威主義に対する反省として、科学を志すものへの教訓となっている気がします。

 宗教は、もともと、法律や科学、倫理、社会的通念が確立していないなかで、カオス的に、善行、悪行などを整理区分し、自尊心を持ちつつ、奢ることのないよう、訓辞を示したものように思います。

 だから、部分的には科学的根拠のないところや、真実みに欠けるところがあるとがありますが、「当時は」説得力があったんだと思います。

 宗教は、わからないながら、独自の解釈で説明した。
 科学は、実験やその再現性で、確かさを実証した。

 と、立場を違い、細部に矛盾があるかも知れませんが、あらゆる点で矛盾しているとまでは、いえない気がしています。

 ちなみに、無神論者であったアインシュタインでさえ、量子力学の確立理論に「神はさいころを振らない」と捨て台詞を残したとか。

 未知なるものへのアプローチ…という点では、似ている気がしますし、それを、仮説のみで終わらせる宗教論と実証できなければ納得しない科学の差かな…という気はしています。

 ま、より整理して、どなたか補足いただけることを期待しつつ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 非常に分かりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 00:54

 まず、私は無心論者でかつ科学者(のはしくれ)です。


 科学と宗教、どのあたりを矛盾すると考えておられるかはわかりませんが、現在においてはほとんどの場合に矛盾していないはずです。すぐれた多くの科学者を輩出している合衆国を見てください。彼らのうちの多くが洗礼を受けているキリスト教徒ですが、世界のトップの研究を日夜遂行しています。
 要するに科学と宗教は現在ではほぼ無関係ということです。かつて、科学が宗教の支配下だった時期がありましたが、もはやそのような時代ではありません。現在でも懐古主義者の中には、科学を宗教の力でねじ曲げようとする動きはありますが、すでにその程度のもので制御しきれる規模のものではありません。科学は現実世界を見つめるもの、宗教は虚構または精神世界を支配するものです。全く別個のものと考えてさしつかえありません。
 ただ、わずかですが科学と宗教の間で戦闘の生じる場所は残っています。現在の科学ではまだ解決のついていない問題に関してです。そんな場所には宗教の入り込む余地が残されていて幅をきかせているのです。しかし、心配はいりません。我々科学者はそのような未開の地を開拓すべく日夜努力しています。すべての事象を科学によって明らかにするその日まで。

 ということで、どうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。なるほど、それぞれの扱う領域が違うということですか・・・。一学生に過ぎない私に対して、専門家の御回答をいただき光栄です。

お礼日時:2001/02/02 00:46

私は、宗教と科学は「真理の探求」という同じ目的を持っている本質的には変わらないものだと思います。

なんか天才と奇人は紙一重なのと似てますよね。
それに科学が発達したのはある意味、宗教(特にキリスト教)があったからなんです。それは「この世の地球含むすべてのものは、神が創造した。だからこの自然の相互関係にはある定まった法則があるのではないか?」ということで科学がはじまったんです。初期のころに科学の発端が西欧諸国なのは、東洋の宗教の思想にそういうのが無かったからですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かにキリスト教の存在はいろいろな意味で大きいですよね。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 00:50

西欧の科学って、もともとは神の御わざを賛美する方法のひとつです。



おお、なんと旨く創造されたことか!

その精緻さ、巧みさをよく味わうには、やっぱりしっかり観察、研究しなくちゃ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 00:57

ブルーバックス『科学者とキリスト教-ガリレオから現代ま


で-』,講談社などを読まれてはいかがでしょうか。

ガリレオが宗教裁判にかけられた背景やダーウィンの苦悩(?)などが解説されていて興味深かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。読んでみます。

お礼日時:2001/02/02 00:53

矛盾していないと思います。

私は、キリスト信者で大学は化学を専攻していました。他の宗教はどうなのかわかりませんが、聖書は科学的だと思います。化学を勉強していて、自分の信じているものに矛盾を感じたことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 あなたのような人にお答えいただき大変嬉しく思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ

【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ。

人文科学・社会科学って何ですか?

工学も自然科学の1つ?

どういう細分化されているのか教えてください。

Aベストアンサー

自然科学は、自然を観察する事により得られる科学分野で、通常は物理学・科学・生物学・地学(地球科学)・天文学です。
自然科学で無いのは、数学・哲学などの抽象的学問ですね。
人文科学は、広義には、人間が為した文化等を研究する分野なので、社会科学を含みますが、社会のみを研究分野とする場合は、社会科学は人文科学と分離されます。
その場合の人文科学は、哲学(倫理学・論理学・数理哲学)・歴史学(考古学)・文学・芸術学(美学)・宗教学・文化人類学(民族学)・教育学・心理学などです。
社会科学は、政治学(政策科学)・経済学(経営学)・法学・社会学などです。
上記を見ると、数学が入る場所がありませんが、便宜上は形式科学ですが、大学などでは自然科学分野との関わりが強いので、自然科学の分野に加えられています。

Q科学を万能とおもっている似非科学者たちへ~科学不万能論~ 人間の意志を科学的に証明してください。幽霊の科学的意義 

人間が豊かになったのは科学のおかげでもあります。科学の功績は偉大?なんでしょう。

しかし、幽霊の存在を全く無視する科学者の皆様に意義を唱えたいのであります。

そもそも人間自体も科学で分析すれば単なる物質および原子の集まりに過ぎないと科学万能論科学者はいうでしょう。しかし、人間には意思がありこれは魂でもあると昔の人は考えました。意思の存在が科学的に解明されていないのに、幽霊の存在は全く無であるとなぜ科学者は豪語するのでしょうか?そこまで豪語するならば、科学者自身が、人間の意志はどうしてあるのか?を科学的に立証してほしいものです。科学者の考えだけで人間を考えると、単なる原子・分子・物質のあつまりであり、意思などないはずです。その辺の石と同じ存在となるはずです。しかし、人間には欲望もあれば意思もあり思惑もあります。この存在は霊とイコールといってもいいような気がします。植物にも意思があるかもしれません。

そんなことも解明できていない人間は、クローン生物だの遺伝子組み換え生物(植物)などをつくり、食用にまでしようとおもっています。神への冒涜と訴えられてもしょうがない気がします。

世の中のことを科学(あるいは他の分野)がすべて解明しなければ、それらへの手はとるべきではないとおもいます。

いったい、科学者は何を考えているのか!私のもやもやをとってください。

人間が豊かになったのは科学のおかげでもあります。科学の功績は偉大?なんでしょう。

しかし、幽霊の存在を全く無視する科学者の皆様に意義を唱えたいのであります。

そもそも人間自体も科学で分析すれば単なる物質および原子の集まりに過ぎないと科学万能論科学者はいうでしょう。しかし、人間には意思がありこれは魂でもあると昔の人は考えました。意思の存在が科学的に解明されていないのに、幽霊の存在は全く無であるとなぜ科学者は豪語するのでしょうか?そこまで豪語するならば、科学者自身が、人間...続きを読む

Aベストアンサー

科学者は何を考えているのか?

それを端的に理解できる方法は、あなたが科学者に比するほど科学を研究することでしょうね。
それでなければ水掛け論。
科学者は霊の存在を疑わない者の心境がわからないし、霊の存在を疑わない者は、科学者の心境がわからない。

ちなみに僕は科学者ではありませんが、霊の存在を客観的に証明出来ないので、霊は存在しないと決めています。
その存在が客観的に証明出来れば、霊は存在するのでしょう。
ぼくにもその存在を証明してほしいなぁ

Q「科学には国境は無いが、科学者には国境がある」これは誰の(科学者)名言でしょうか?

「科学には国境は無いが、科学者には国境がある」これは誰の(科学者)名言でしょうか?
 何かのセミナーで聴講した記憶があるのですが、あまりに内容が一般的すぎて対象を特定できません。どうかご存知でしたら、誰の名言かその科学者の名前を教えて下さい。何とぞ宜しくお願い致します。
 こういうのは検索エンジンでは、調べられないのですよね。
 Wikipediaでも調べられない!! どうかお助けをお願いします。
 あまりにも有名な科学者だったことは覚えているのですが。

Aベストアンサー

科学者には「祖国」がある・・・

この科学者はパスツール。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB

Q科学的な見地からの宗教

 日ごろから不思議に思っていたことなのですが、日本人は「宗教は非科学的だ」という言葉を耳にすることがあります。これは日本人が無宗教でいる一つの要因であると思います。日本人にとって「非科学的だね」といわれるのは、現代においては非常に侮辱的な言葉であると思います。では本当に宗教は非科学的なのでしょうか??

(1)宗教のどういった部分が非科学的なのでしょうか??

(2)私はここで言う「非科学的」というときの科学は「自然科学」を基準にしていると考えます。宗教(宗教学)は人文科学に属するわけですが、自然科学の視点から人文科学の研究成果を「非科学的」と判断できるものなのでしょうか??

(3)科学に無知な私が思い浮かべる科学は「実験により証明された事実(データ)を基に、そうした事実の間に法則を見出す営み」と考えています。このように、宗教は非科学的であることを、どなたか実験から証明された事実に基づいて、非科学的であることを立証した研究者をご存知なら教えていただけないでしょうか??またその科学的な実験方法や、その人の著作をご存知であれば教えてください。

どうぞ教えてください。よろしくお願いします。

 日ごろから不思議に思っていたことなのですが、日本人は「宗教は非科学的だ」という言葉を耳にすることがあります。これは日本人が無宗教でいる一つの要因であると思います。日本人にとって「非科学的だね」といわれるのは、現代においては非常に侮辱的な言葉であると思います。では本当に宗教は非科学的なのでしょうか??

(1)宗教のどういった部分が非科学的なのでしょうか??

(2)私はここで言う「非科学的」というときの科学は「自然科学」を基準にしていると考えます。宗教(宗教学)は人文科...続きを読む

Aベストアンサー

 宗教が非科学的、といわれる理由の最たるものは、相互検証の否定です。
 むしろ、反科学的、といったほうが正確なのかもしれません。
 ほぼすべての宗教は唱える教義の絶対性を謳っており、それは他の宗教や哲学もちろん科学であっても揺るがされることはない、としているのが一般的です。──キリスト教原理主義者が『化石は神がその深遠な意思によって地面に埋め給うたもので、創世以前に生物など存在しなかったのだ』なんてな説を唱えているように、気の毒なほどに頑なな立場を取る向きが少なくないのです。
 そんな訳で、より多くの検証に耐えうるものとして在るべくした結果、科学というものは時折パラダイム・シフトを起こしてしまうのです。
 そこが余計に宗教(こと一神教的な視点を持つ)の立場からは、散々っぱら信じてたのに、それがある日ひっくり返るなんてことが耐え難い、という側面もあります。
 とはいえ、案外多くの人々が、『科学は神の代わりに絶対的な真実を保証するものである』という勘違いをしているという側面もあり、新しい発見によっていままで定説であったものがたやすく否定されて(完全に棄却されるわけではないのですが、一般的な人からはそう見えるようです)しまうような世界のありようはなかなか受け入れがたい、という面もあるようです。
 むしろ、おおよその人は反科学的な感覚を持ち、宗教の立場にある人はことのその傾向が強い。もしくは、強く反科学的な感覚を持つ人は宗教的な世界観に強く共感を覚える、というところでしょうか。
 そして、宗教を実験的に非科学的であると証明しようとした試みについては寡聞にも存じあげませんが、キリスト教原理主義者たちと古生物学者たちとの間で『進化論を科学の教科書に載せるべきかどうか』という裁判は行われたことがあります(詳しくはスティーヴン・ジェイ・グールドの著作を)。
 実験的な手法ではありませんが、数学者のクルト・ゲーデルが、無矛盾な公理系の存在…粗雑極まりない要約ですが『この世界が完璧な神に作られたものであるならこの世界には論理的なほころびはどこにもない』ことを証明するつもりが、『この世界からこの世界を見る限りはそれを証明できない』、ということを証明してしまった、ということがあります。つまり『絶対神の不在を数学的に証明してしまった』のです(とはいえ、後年はそれを本人が否定したがっていたようですが)。
 また、近年、宗教の側から『科学的であるから自分たちの教義がよりもっともである』という科学への擦りよりや、科学による一層の権威づけが顕著になっているようです。
 そのうち、「あなたに神と科学のお恵みあれ」なんて宗教がでてくるかもしれませんね(笑)。

 宗教が非科学的、といわれる理由の最たるものは、相互検証の否定です。
 むしろ、反科学的、といったほうが正確なのかもしれません。
 ほぼすべての宗教は唱える教義の絶対性を謳っており、それは他の宗教や哲学もちろん科学であっても揺るがされることはない、としているのが一般的です。──キリスト教原理主義者が『化石は神がその深遠な意思によって地面に埋め給うたもので、創世以前に生物など存在しなかったのだ』なんてな説を唱えているように、気の毒なほどに頑なな立場を取る向きが少なくないのです...続きを読む

Q科学と宗教の違いは何ですか。

タイトル通りです。

Aベストアンサー

 真実の追究といった見方からすれば、大乗的な宗教に限って言えば宗教も科学も方向は同じともいえますが、宗教はそれによって得たものを精神論的に応用してきたのに対して、科学は文明の発展の足がかりとして応用してきたものです。ここに大きな違いがあります。

 ただし、今日の科学は宗教的な活動にその原点を見ることが出来ます。曼荼羅に見る世界構造の模索をはじめ、のちの舎密、あるいは西欧で行われていた錬金術なども当時は宗教活動のひとつであったものです。

 そして今日、高度な科学の分野の最先端に位置する著名な科学者たちが異口同音に言うのは、純粋に科学的な方法で真実を追究していると、どうしてもそこに神の存在を見てしまう・・・という言葉です。

 また、たとえば旧約聖書のような宗教の経典、あるいはインドや南米などに残る宗教的な伝承などでは、その中におそらく有史以前に何者かによって教えられ伝えられた、今日の水準で計っても先進科学の粋?といわざるを得ない記述が多く見られます。
 ことに旧約聖書などは、これを純粋にユダヤ系民族の国家的な伝承資料と受け止めると、そこには驚くべきことが書かれていることに気付きます。これを単に宗教的な作り事としてとらえるか、あるいはかなり詳しい科学的な伝承記述として見るか、こんなところに科学と宗教の違いと類似性がともに見えるような気がします。 

 真実の追究といった見方からすれば、大乗的な宗教に限って言えば宗教も科学も方向は同じともいえますが、宗教はそれによって得たものを精神論的に応用してきたのに対して、科学は文明の発展の足がかりとして応用してきたものです。ここに大きな違いがあります。

 ただし、今日の科学は宗教的な活動にその原点を見ることが出来ます。曼荼羅に見る世界構造の模索をはじめ、のちの舎密、あるいは西欧で行われていた錬金術なども当時は宗教活動のひとつであったものです。

 そして今日、高度な科学の分野の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報