プロが教えるわが家の防犯対策術!

寄棟の屋根面積の計算方法を教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ピタゴラスの定理とは、三平方の定理のことです。


直角三角形の直角を挟む2辺abと直角の対線cの関係は、
aの2乗+bの2乗=cの2乗

5m×9mの寄棟で勾配が3寸の場合
・底辺2.5mの3寸勾配の勾配長さ×2=底辺5mの3寸勾配の勾配長さ
・底辺5mに対する3寸の長さ=1.5m

√(5×5+1.5×1.5)=5.22 (←ここでピタゴラスの定理をといた)
5.22m×9m=46.98m2

この計算が理解できなかったら、これを使ってみれば?
http://www.murae.co.jp/benri/yane.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど! 良く分かりました

とても親切にして頂きありがとうございます。

お礼日時:2007/11/21 19:23

回答No.2の数字を当てはめれば


√2.5x2.5+0.75x0.75=2.6100
5.00x2.61÷2x2=13.05
(9.00+4.00)x2.61÷2x2=33.93
13.05+33.93=46.98→屋根葺き面積

2.61:2.50を使って
9.00x5.00x2.61/2.50=46.98m2ってのも有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。

ありがとうございます

お礼日時:2007/11/21 19:25

単純に面積を計算したいのであれば、軒先の線を下辺に棟の線を上辺にした台形の面積が二枚、軒先の線を底辺とした三角形の面積が二枚の合計ですね。


三角形、台形の高さに当たる部分は屋根の水平投影面の軒先から棟への距離と勾配によって求めればいいんですね。ピタゴラスの定理で。
いかがですか?これで。

この回答への補足

もう一度簡単に説明してくれませんか?

例)5m×9mの寄棟で勾配が3寸の場合はどうなりますか?

お願いします

補足日時:2007/11/20 17:16
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出する方法

寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出する簡単な方法を教えてください。
「立面図」は、勾配の分、「高さ」が短くなっていますよね。
切妻屋根なら、隣合わさった立面図の「流れ」を測れば、わかるのですが・・
知りたい目的は、屋根に何枚ソーラーパネルが載るのか
自分で調べたいからです。

Aベストアンサー

No4です
立面図東の斜Aの長さと、平面図のAを屋根に登って測った長さは同じ長さになる。
立面図南の斜Bの長さと、平面図のBを屋根に登って測った長さは同じ長さになる。

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q平面図の平米と坪の出し方がわかりません

タテが9849mmでヨコが14803mmです。

Aベストアンサー

タテ:9849mm = 9.849m
ヨコ:14803mm = 14.803m
9.849m × 14.803m = 145.794747m2 ≒ 145.8平米

1坪 = 3.30578512m2
145.794747m2 ÷ 3.30578512m2 = 44.10291102042349 ≒ 44.1坪

Q外壁面積・屋根面積の求め方

延べ床面積からの外壁面積と屋根面積の求め方を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ

屋根と外壁の塗装リフォームですか?^^

#1のご経験者さんが語ってくださってる通り、結構大変です。

継ぎ足しでもう少しポイントをいいますと…

屋根について=床面積が同じでも、屋根の勾配が強かったり弱かったりで、
屋根の面積、瓦の数はドーん!と変化してしまいます。
学校で習った「直角三角形の斜辺」を考えてみてください^^
さらにお屋根の場合、「軒の出」がおまけとして必ずついていますので、これを足してあげないとこれまた何割か誤算が生じてしまいます。
ふだんは「こんなもん、屋根のうちに入らない」と思っているような小さな「軒の出」や、「霧よけ」と言われるプチ屋根もどきがあちこちにありますので気をつけてチェックしてみてください。
もらった図面がお手元にあるようでしたら、これらはまず、「間取り図」ではなくて
「立面図」を見て屋根の勾配にあわせて軒の出まで含めてモノサシを当ててみると素人でもわかりやすいですので試してみてください。
それに隠れた「プチ軒」になる部分がどれぐらいあるか、お家の回りをぐるっと外から見てチェックしてみてください。
(結構、設計屋さんからもらっている図面と、実際建っている自分の家とが細かい所で違ってる!なんてことがよくありますので)
さっきの「立面図」で勾配の具合をチェックしたら、こんどは「屋根伏せ図」で平面的なサイズを見ます。「屋根伏せ図」という図面は省略されてしまっているかも知れませんが、「二階平面図」を見るとかならず一階の軒にあたる屋根が描かれていますのでチェックしてみてください。
二階の屋根伏せは完全に省略されてるかもしれませんので、それは「二階平面図」の大きさプラス「軒の出」で直角三角形の底面を求めて、これに最初に「立面図」でたしかめた「屋根勾配」で直角三角形の斜面の大きさを出せばよいことになります。


外壁の面積は、ペンキ塗り替え工事の場合でしたら、窓ガラスの分を引き算するのを忘れずに!
(南側などはかなり引き算の面積が大きくなりますので)

うまくいくといいですね!

こんにちわ

屋根と外壁の塗装リフォームですか?^^

#1のご経験者さんが語ってくださってる通り、結構大変です。

継ぎ足しでもう少しポイントをいいますと…

屋根について=床面積が同じでも、屋根の勾配が強かったり弱かったりで、
屋根の面積、瓦の数はドーん!と変化してしまいます。
学校で習った「直角三角形の斜辺」を考えてみてください^^
さらにお屋根の場合、「軒の出」がおまけとして必ずついていますので、これを足してあげないとこれまた何割か誤算が生じてしまいます。
ふだんは「こ...続きを読む

Qm2から坪への計算方法

質問します。

m2から坪への計算をする場合、m2÷3.3124だと思っていましたが違うんですか?
色々調べると0.3025と出てくるんですが、実際はどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3.3124 は 18.2 の2乗でしょうか。
もう少し厳密に計算すると、No.2、No.3さんの通り3.305785...となります。

つまり、
(平米)=(坪)× 3.305785...
(坪)=(平米)÷ 3.305785...
で良いです。

ただ、割り算は計算が面倒になりやすいのと、
3600/1089 は割り切れずに誤差が出てしまうので、より簡単かつ正確に計算できるよう、
(坪)=(平米)÷ 3.305785... =(平米)× 0.3025
と逆数の掛け算にするのが一般的なようです。
数値が似ているので少し紛らわしいですね。

かなり大雑把で良いのなら、質問者様のやり方でも間違いではありません。
ただ、3.31 より下のケタはすでに意味がなくなっているので、そこは切り捨てた方が良いとは思いますが。

Q屋根工事の積算方法(業者向け)

建築関係の仕事をしています。
具体的な屋根工事の積算の仕方を教えて頂きたいので宜しくお願い致します。

(1)材料は屋根材、下地材と他に何が必要でしょうか? 特に副資材関係について知りたいです。

(2)積算方法はm2計算で加算していけばよろしいのでしょうか?あとは職人さんの手間代、諸経費等を加算すればいいのでしょうか?

(3)積算に必要な図面は平面図、立面図、屋根伏せ図があれば足りますでしょうか?仮にm2計算とすると平面でのm2数ではなく立面と組み合わせた実質の貼るm2の計算でよろしいのでしょうか?

(4)コロニアル、シングル、瓦の違い、特徴を簡単でいいので教えて下さい。また基本的な納まりは全部同じでしょうか?

(5)建築会社に提示する場合の基準はm2いくらでよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

地域によって積算方法が異なるので一概にはいえませんが、私の積算方法は次の通りです。

(1)全ての屋根材は、緊結用の釘が必要です。下地材を留めるためのタッカー針も要ります。瓦だったら、緊結用の銅線、ステンレス線が要る場合もあります。
コロニアル、シングルなら要りませんが、瓦の場合は、瓦の剣(爪)を引っ掛けて止めるための瓦桟が必要で、下地材の種類によっては、瓦桟を浮かす(雨水を下にスムーズに流す)ための縦桟が要る場合があります。これらを留める釘、タッカー針も要りますね。
(2)積算方法は、m2計算が基本です。職人の手間はm2単価に込みで計算しますが、諸経費は別途が多いと思います。
(3)図面は平面、立面、屋根伏せの各図があれば十分です。m2計算も、おっしゃる通り平面ではなく、立面と組み合わせた実質のm2で計算します。
(4)コロニアル、シングルは安価で軽量ですが、野路(屋根)板が痛み易く、コロニアルは退色、シングルは防火性に問題ありです。
瓦は重量が嵩みますが、バラエティに富んだ色や形が選択できます。
各屋根材で、納まりはまるで違います。軒先、雨樋、棟等、同じ納まりにはなりません。
(5)私は常時部位別計算をしていて、一般的な工事業者と単価が違い過ぎていますので、公表は控えさせて下さい。
最近、瓦や副資材の値上がりもあり、なるべく単価を上げたいのが我々工事業者の本音ではありますが・・・。

地域によって積算方法が異なるので一概にはいえませんが、私の積算方法は次の通りです。

(1)全ての屋根材は、緊結用の釘が必要です。下地材を留めるためのタッカー針も要ります。瓦だったら、緊結用の銅線、ステンレス線が要る場合もあります。
コロニアル、シングルなら要りませんが、瓦の場合は、瓦の剣(爪)を引っ掛けて止めるための瓦桟が必要で、下地材の種類によっては、瓦桟を浮かす(雨水を下にスムーズに流す)ための縦桟が要る場合があります。これらを留める釘、タッカー針も要りますね。
(...続きを読む

Q建築面積、延べ面積の計算方法について

建築面積、延べ面積の計算方法について教えてください。
住宅が四角形(2階)だと仮定して、

建築面積は 柱芯×柱芯+庇などの突起したものの投影面積

延べ床面積は 1階の柱芯×柱芯+2階の柱芯×柱芯
(庇などは含めない)

で宜しいのでしょうか?
柱芯と壁芯とでどちらを計算に使うのか解らない時もあるのですが、なにか定義ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されるとみなされるからです。
greensnakeさんの言われるように庇先端より2mを超える部分が床面積に計算されるのもその為です。
玄関ポーチや、ピロティー、ロフト等などにもそれぞれ床面積に算入するかどうかの基準があります。

駐車場(屋内)は延べ床面積には算入されますが、容積率の計算に1/5までは算入しなくてもよいという緩和をしてもらえます。

敷地に余裕があれば細かいことを考えなくて良いのですが、ぎりぎりの敷地ですと、確認申請時にいつも行政庁との攻防(相互の見解の主張)が起こります。まあそれは設計士の仕事ですが。

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されると...続きを読む

Q隅木の長さの出し方

こんばんは、ご覧頂きありがとうござ今s。

質問ですが、図面から隅木の長さを出す計算方法を教えてください。
(√2+軒の出の長さ)×屋根勾配だと思っていたのですが、それでは違うと言われたので…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追加回答します。
計算例
軒の出45cm、屋根勾配2寸勾配、桁から棟までの距離270cmの場合
1)底辺の長さ=45+270=315cm
2)高さ=315×0.2=63cm
3)隅木長さ=√(315^2+63^2)×√2=454.27cm
この計算例で分かりましたか!

Q雨樋の工事費について

築20年の家ですが、雨樋の全面取り替え工事をする事にしたのですが、工事料金の見積もりが適正か価格なのかよくわかりません。
軒樋48.5m、エルボ21個、上合7個、曲り金物9個
竪樋35m、軒金物60個、控え金物44個、撤去費および処分費83.5m
諸経費
合計・・・・・・・・・・・・\355,450(消費税別)
足場は組まないで工事をするそうでが、妥当な金額でしょうか。

Aベストアンサー

20万だろうが50万だろうが
あなたが妥当だと思う金額が妥当なんです。
10万でもお粗末な仕事では高いでしょうし、
50万でもあなたがその価値を認めれば安いでしょう。
こう言う場所で文面だけで妥当性を問うのはナンセンスです。
回答する方も回答する方です。
現場も見ずに状況も条件もわからずにどうして
評価できましょう。
ましてや直接専門業者の価格と工務店の価格と同じ土俵で評価させてどうするんですか?
もしこの現場でこの金額がもっともな価格で質問者さんにとって非常にベストで良心的な工務店さんだったら、
ここで文面だけで10万高いと言われた質問者さんはもうこの業者はボッタクリ業者のイメージしか残りません。
あと、こう言うネット上で妥当性を問う質問をする場合、
高い側の評価をする人が回答をつけたがるパターンが多いかと思います。特に同業者。
10万高いと回答された方、じゃこの工事をお宅に頼みますと言われれば、現場も見ずにその10万引きの金額で請けますか?
無責任な回答はしない方がいいと思います。

Q垂木の長さを出す計算方法

ご覧頂ありがとうございます。

隅木の長さを出す方法で質問しましたが、今度は垂木の長さを出す方法を教えてください。
棟木に当たる垂木の長さと、隅木に当たる垂木の長さの出し方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回のお礼がありませんが!
困っていると思い質問に答えてあげているのに!

No.1の計算方法は、正式のものです。
階段の手すりの長さを図面に明記する時もピタゴラスの定理を使わなくては、誤差が生じて設計事務所の信用問題に発展することがしばしばです。

お悩みのようなので垂木の長さを出す概算式を教えてあげます。
垂木長さ=底辺長さ×屋根勾配斜辺比率
この計算式では、正確な長さにはなりません。
積算・見積で材料長さを出す時に用いる計算式です。
以上


人気Q&Aランキング