プロが教えるわが家の防犯対策術!

セットポジションで静止してから最長何秒まで球を持っていてもOKでしょうか?
受け取ってから20秒なのでそこから自分で数えていくということでいいのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします・

A 回答 (3件)

他の方の回答どおり、いわゆる「20秒ルール(現在の規則では12秒)」は野球規則8・04の規定によるものです。


この規定は走者がいない場合のみ適用され、走者がいる場合は審判員が不必要な遅延を意図していると判断したらボークを宣告されます【規則8・05(h)】が、秒数制限によるペナルティを受ける事はありません。

秒数の計測は「投手がボールを所持し、打者がバッターボックスに入り投手に面したとき」から開始し、「ボールが投手の手から離れたとき」までと明確に規定されています。つまり「打者が打撃姿勢をとったとき」からカウントを開始すると言う事です。
「投手がセットポジションを取った」時ではありませんから、サインの交換が長引けばセットポジションを取ってから静止状態を保っていられる状態を続けられる時間は当然短くなっていきます。もたもたしているとセットポジションを取った瞬間に「12秒ルールによるペナルティ」を宣告される、という事ですね。
また秒数の計測は審判員(球審)が行います。投手の勝手な判断で「自分はちゃんと12秒以内に投げた」と抗議しても認められません。

打者のタイミングを狂わせるために時間を使う事は作戦の一つですが、ルール違反があってはいけませんし、かといって常に制限時間いっぱいのタイミングで投げていては逆に打者の方に有利に働きます。
投手と捕手はテンポよく、しかしながら打者にタイミングを合わせられにくいペースで投球を組み立てていく必要があるのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。色々ためになりました!

お礼日時:2007/11/24 21:34

公認野球規則では



8・04  塁に走者がいないとき、投手はボールを受けた後12秒以内に
打者に投球しなければならない。
投手がこの規則に違反して試合を長引かせた場合には、球審はボールを宣告する。

が有るだけで、走者がいる時やセットに入ってからの決まりは有りませんので
セットに入ってから何秒でも静止する事が出来ます。
当然の事ですが、セットに入った状態で、投球や牽制とは関係なく
首から下が動けばボークです。

また、余りにも静止時間が長い時は、審判の判断で「タイム」を掛ける事も出来ます。
(打者がタイムを掛ける事は出来ません。)

個人的な見方ですが、20秒静止する前に審判がタイムを掛ける可能性が
高い様に思います。(目安として10秒~15秒位かな?)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長くとって走者をじらす投手がいたもので、
聞きたかったのです。ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/24 21:32

簡単に言えば審判が許すまでです。


所謂20秒ルールというのは遅延行為を規制し
試合が円滑に進むようにするためのルールです。

ですので審判が遅延行為と判断したら
ボークになったり警告が与えられたりします。

原則としてはボールを返されたら
すみやかに投球動作に入ることが求められます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2007/11/24 21:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボールを投げると肩が痛い・・・

年に数回、遊びの草野球に参加しているのですがボールを投げると肩に激痛が走り、キャッチボールもままなりません。遠投なんてもってのほかです。

10年ぐらい前、部活などでバリバリ野球をやっている時は、肩の痛みなど当然ありませんでした。部活引退の時まで痛みなどは全く無かったので、ブランクが長いからだと思います(ここ数年は、何の運動もしていなかったので)。

現在28才ですが、昔の様にとはいかないまでも、痛み無く野球できるようになりたいです。

これは一種の病気なのでしょうか?そともトレーニング次第では克服できるのでしょうか?

アドバイス御願い致します。

Aベストアンサー

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)

この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました
また、この2週間は1球もボールを投げませんでした

そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え
短い距離でじっくり、フォームを気にしながら
キャッチボールを行いました
全く肩に違和感はありませんでした

その後も柔軟はなるべく続け
キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが
いまだに肩が痛くなったことはありません

この方法が確実にいいとは言えませんが
良かったら試してみてください

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)
...続きを読む

Qプロがピッチャーマウンドから投げて、キャッチャーに届くまでの時間

確認のような質問なのですが、プロがピッチャーマウンドから投げて、
キャッチャーに届くまでの時間を教えてください。
単純に計算すれば、距離は18Mほどですから、時速150キロの球として、
0、4秒ほどですよね?その計算でいいのでしょうか?

また、これは本当に単純な質問なのですが、観客席で、「ここまで飛ばせ!」とか
書いたものをよくお客さんが持っているじゃないですか?あれはなんと呼べばいいのですか?普通に「看板」とかでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

プレートから本塁までは18.44mです。
時速150kmのスピードであれば、計算すると0.4426・・・秒ですね。
投手の実際のリリースポイントとキャッチャーが捕球する位置は少し異なりますけど、誤差の範囲内だと思います。
良いと思います。とても短い時間ですね。

その間に、打者は投球を見極め、ストライクかボールか、打つか打たないかを判断し、実際に打たなければなりません。
いかに打者の集中力が大切であるかが数値でもわかると思います。本当はゴルフと同じように観客に静かにしてもらった方が打ちやすいのです。
そして日頃から練習し、反射的に動くように体に覚え込ませることも必要です。そして時には相手の配球を読むことも必要となることを理解できると思います。
また、捕手も、球種にサインミスがあったら捕るのが困難なことも理解できると思います。

二つ目のご質問ですが、特に名前はないと思いますが、「応援ボード」等の表現でいいのではないでしょうか。「看板」は少し違うと思います。

Q雨天コールドゲームは何回で成立する?

野球の雨天コールドは5回を終わっていれば成立すると一般的に理解されていると思いますが、では5回表終了時あるいは5回裏途中で後攻チームが勝っていた場合はどうなるのでしょう?
もしかしたら組織によって異なるのかもしれませんが、最もポピュラーな野球規則に基づいたもので結構ですので教えてください。
甲子園で雨天順延が続いたので、ふと気になりました。

Aベストアンサー

公認野球規則4.10正式試合
(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が
次に該当する場合、正式試合となる。
(1)五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。
(両チームの得点の数には関係がない)
(2)五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、
ホームチーム(後攻)の得点がビジティングチーム(先攻)の得点より多いとき。
(3)五回裏の攻撃中にホームチーム(後攻)が得点して、
ビジティングチーム(先攻)の得点と
等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で
後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4.10(c)(2)により
試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。

Q走塁妨害?守備妨害?判定は?

無死、2塁に走者が居ました。打者の強いショートゴロでショートの守備が前進して打球を捕球しようとしたとき2塁の走者と軽く接触したため、守備の選手は前にボールを落としチョット前によろめきボールが捕球できず1塁に送球出来ませんでした。2塁ランナーはあわてて2塁に戻りました。
従って、打者も走者(2塁にもどった)もセーフの判定でした。
走者と守備が接触したところは、2塁と3塁の走者のほぼライン上で、走者は3塁に走塁しかけたところで、前進してきたショートの守備に自然と接触したと見えました。どう見ても故意の接触でなく自然の成り行きでしたが・・。
この場合の判定は?

Aベストアンサー

この場合、接触したランナーは、アウトになり、審判の判断で、一塁に投げたらアウトになると判断したら、一塁もアウトのダブルプレイになることがあります。
要は、インフィールドにおいて、守備者はルールで守られており、その守備者を邪魔した場合は、厳罰を処します。
そうでないと、守備者は、非常に危険な状態になり、怪我人が続出します。
もし監督者でしたら、チーム員に教えて下さい。
この場合、守備者を避ける為に、3フィート以上等回りしても、3フィートラインアウトにはなりません。そこの、避けたラインから、新たな3フィートラインが発生します。

Q1アウトで3塁ランナーがホームスチール!

下記のような時、1~4のどれになるのか、少し解説をつけて教えていただけたらと思います。
よろしく、お願いします。

1アウトで3塁ランナーがホームスチール!ピッチャーはピッチャープレートをはずして、キャッチャーへ
ボールを投げました。バッターはこの球を打ってしまって、打球はセンター前へぬけて行きました。
バッターが打ったあたりは、ヒットになるのですか?3塁ランナーのホームインは認められるのでしょうか?

 1.守備妨害でバッターアウト、ランナーは3塁にもどる
 2.守備妨害で3塁ランナーアウト、バッターはそのまま
 3.ヒットで一点追加
 4.守備妨害でバッターも3塁ランナーもアウト

Aベストアンサー

投手が正規にプレートから軸足を外してセットポジションを外したのならば本塁への送球なので、守備妨害で三塁走者がアウトです。

投手が正規にセットポジションを外したのなければ(足を外す前に身体が動いたり、足をホーム側に外したり・・・・・)、その時点でボークなので三塁走者はホームインです。

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

QG-SHOCKの時刻修正

G-SHOCKの時刻修正するにはどのようにしたらいいですか?
早く進んでいるので、今の時刻に直したいのですか。。。
教えて頂けますか?よろしくお願い致します。
CASIOのG-COOLという時計です。

Aベストアンサー

私、G-COOLを持っていますよ

時刻の設定についてはNo.1のかたがかかれているので大体OKだと思います。

解り難いかなと書かれているので、私は分かりやすく書けるよう努めますね。

ADJUSTを押しつづける(ピッと音がします。)

秒が点滅するので、時報の00秒に合わせてSTART/STOPを押す。

MODEを押す。

時が点滅するので、START/STOPとSPLIT/RESETを押して合わせる。
(時が狂ってることはないと思うけど。)

MODEを押す。

分が点滅するので、時と同じようにSTART/STOPとSPLIT/RESETを
押して合わせる。

このあとは、MODEをおすたびに、年、月、日、秒、時、分・・・
と変わっていくので、必要ならばMODEで点滅個所を変えて
START/STOPとSPLIT/RESETで合わせる。

全部合わせたら、最後にADJUSTを押す。(時報に合わせなくてもいいです)

ちなみに、30秒以内の誤差なら、普通の状態での
START/STOPとSPLIT/RESETの同時押しで00秒に合わせられます。

私、G-COOLを持っていますよ

時刻の設定についてはNo.1のかたがかかれているので大体OKだと思います。

解り難いかなと書かれているので、私は分かりやすく書けるよう努めますね。

ADJUSTを押しつづける(ピッと音がします。)

秒が点滅するので、時報の00秒に合わせてSTART/STOPを押す。

MODEを押す。

時が点滅するので、START/STOPとSPLIT/RESETを押して合わせる。
(時が狂ってることはないと思うけど。)

MODEを押す。

分が点滅するので、時と同じようにSTART/STOPとSPLIT/RESET...続きを読む

Qスローボールの打ち方

軟式野球をやっている社会人です。
中学・高校野球経験者であっても「おっさんスローボール(90~100KM位でしょうか)」投手がたまに試合で出てくると打てずに苦戦する場合があります。
そこで、スローボール投手の攻略法を教えて頂きたいです。
ランナーが出てからのかき回しではなく、純粋に安打の打ち方です。
「センター返し」と言われますが、なかなかそうないかないものです。
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。

わたしからはそれ以外の点を...

まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。
一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。
これを他の側面から説明すると、後ろ足(軸足)に体重が乗らず、
前足(踏み込む足)に体重が乗ってしまっています。
前足に回転軸がありませんか?
こんな時はほぼ間違いなく、インパクトの時にヘッドスピードが落ちてしまっています。
自分でボールをヒットするポイントが予想に反してピッチャーよりに動いてしまってるわけです。
そうすると、本来トップスピードで当たるべきところが、力が抜けて遅くなってるわけです。
しかも速い球は打てる目をもってるので、悪いことに当てに行って、運悪く当たる訳です。(笑)
こんな時は空振りの方がいいのに...(笑)

スイングの回転軸を頭のてっぺんから軸足の膝まで、一直線において、
これで回るように出来れば、後は引き付けて打つだけです。(後ろ足の膝は曲げて下さい)
基本は、速球も遅い球も、ポイントが同じということです。
勿論、コースや高さによってポイントが違うことは充分に認識しないといけませんが。
この形を崩されて、自分のポイントで打とうと思ったらボールが来ていない為、
体が耐え切れず、重心を前足に動かしてバットで当てに行くというパターンですネ。
これで打ち取られてしまってるわけです。
当たる頃には力のないスイングになってます。

少々振り遅れるぐらいの方が、いいかも知れませんよ。
ポイントが差し込まれてもその時はファールになりやすいですから。
反対に突っ込みすぎると、当てることの技術が災いして力のないスイングで打ってしまうわけです。

頑張って下さい!

既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。

わたしからはそれ以外の点を...

まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。
一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。
これを他の側面から説明すると、後ろ足(軸足)に体重が乗らず、
前足(踏み込む足)に体重が乗ってしまっています。
前足に回転軸がありませんか?
こんな時はほぼ間違いなく、インパクトの時にヘッドスピードが落ちてしまっています。
自分でボールをヒットするポ...続きを読む

Qセットアッパーとは?

プロ野球の中継を聞いていると、アナウンサーや評論家がセットアッパーがどうのこうのといってますが、セットアッパーてなんですか。

アメリカにいる友人に聞いたら、プロ野球では長期シーズンを乗り切るため、ピッチャーはスターター、ストッパーそしてクローザーと三つのスタッフを持っている。セットアッパーはストッパーの聞き違えじゃないかといってます。

試合の最後を締めくくるのはストッパーでなくてクローザーだ。日本からも西海岸のチームにいいクローザーがいたが、彼はどうしてるかといってました。

Aベストアンサー

一般的に使われているのは、
クローザーにつなぐ、中継ぎ投手の意味です。
勝ち試合の7回、8回をしっかり抑えて、
最後の1回をクローザーと呼ばれる絶対的な守護神がおさえる、
と考えていただいていいと思います。

↓のページに、こんな説明がありました。

a setup man
 A relief pitcher who tries to hold the lead, usually in the
seventh or eighth innings, before turning the game over
to the closer.
 〔チームのリードを保つために、通常7回か8回くらいに投入される
  リリーフ投手で、試合をthe closerに託す前に登板する 〕

ご参考まで。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/america/back023.html

Q打者が構える前の投球動作が反則かどうか。

大学で野球をやっている者です!

試合でときどきテンポの速い投手と対戦しますが、打者が打席に入って完全に構える前から投球を始めるのは反則でしょうか?

それとも自分がもっと早く構えるべきなのでしょうか?

野球に詳しい方回答おねがいします。

Aベストアンサー

8・05  塁に走者がいるときは、次の場合ボークとなる。

(e) 投手が反則投球をした場合。
【原注】 クイックピッチは反則投球である。打者が打者席内でまだ十分な構えをしていないときに投球された場合には、審判員は、その投球をクイックピッチと判定する。塁に走者がいればボークとなり、いなければボールである。クイックピッチは危険なので許してはならない。


公認野球規則にはこのような記述があります
打者が十分な構えをとる前に投げるのはルール違反です。

ただ、“十分な構えをとる前”というのは
土をならしている状態や、バットをちゃんと持っていない状態などの
今投げられても打てないと明らかに分かる時です

なので、自分ではまだ完全に構えてないと思っていても、
少しでも構えてるように見えれば反則ではありません

なので、テンポが速い投手の時は早めに構えましょう


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング