マリモと金魚を一緒に育てていますが
そこにタニシが登場しました。

タニシはマリモを食べてしまうんでしょうか?

どなたか教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

可能性はありますね。


草が好きですからタニシは。

別にして一度与えてみてはどうでしょう・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます

やっぱり・・・;

今日家に帰ったら 速攻 ひき離します。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/20 15:16

私は、タニシではないのですが、スネールに食べられてしまいました。



やはり貝は水草が好きなようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうなんですね・・・

早く帰って除去するようにします!

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/20 18:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまりもと魚の混泳について教えてください。

まりもと魚の混泳について教えてください。
(まりも最優先の飼育です)

現在、まりもを飼育しているのですが水槽内が
寂しく混泳できる魚を探しています。

今候補としてあがっているのが
・ベタ
・ウーパールーパー
・めだか(まりも食べちゃうかな?)

です。

上記で問題点があれば教えていただきたいのと
お勧めの魚や、熱帯魚がいましたらご教示ください。

Aベストアンサー

マリモは寒冷地の植物、熱帯魚との共存はどうなんでしょうか?
日が当たると浮き上がり夜には沈むと言うのがマリモの魅力なのでマリモ単独がいいと思います

Qタニシは何を食べますか?何をしたらいいですか?

葉っぱを持ちかえったら、たにしがついていました。
タニシは増えると聞きましたがそれでも捨てるのはかわいそうなので2Lのペットボトルを切って底の部分に水とタニシをいれてます。
こけというか藻というか食べるともききましたが庭の外のたまり水にもそんなには苔はないです。
とりあえず少し水たまりにあったこけをいれてますが、
何を食べますか?
水はまりもの様に時々かえてやるほうがいいでしょうか?

もしかりに増えたらひろってきたところにでもかえしてやるつもりですがとりあえず当分行く予定がないので。

Aベストアンサー

タニシの「何を食べるか」についてですが、生き物の中で特に節食法の幅の広さで定評のある生き物です。
池や田んぼ、小川の石などの表面に着生した藻類などを削り取って食べますし、水底の泥や堆積物をも食べます。さらには水中に漂う混濁の元となる浮遊物をエラで集めても食べます。

言い換えると水をきれいにする立役者ですので、魚などの混生させることで水質の保持に役立ちます。

昨年、うちの親父が道楽で造った庭の池のコイが、池に浮かべておいた水草に卵を産み付け、興味本位で部屋の水槽に入れておき多数孵化し稚魚を一年間育て上げましたが、その際タニシの子を数匹入れておきましたら、緑色に濁り始めた水やガラス面がみるみるきれいになり、観察するとガラス面をムシャムシャと生えている藻をむさぼっている様が可愛く、稚魚と共に観察し続けました。

水中も緑色に藻が繁殖しますが、これもタニシが濾過しては糞にして固めてくれますので、水替えの手間もなく、一日おきに底に沈んだタニシの糞をスポイトで吸い取るだけで始末が楽でした。

藻は外気に水が接していれば自然に発生しますので特に何かを与えるといった必要はありませんが、藻を食べ尽くせば食事にありつけません。
金魚やコイを一緒に飼っていれば、そのえさの残りやえさから水にしみ出した養分で藻も繁殖しますので、金魚でも水槽に飼ってみてはいかがですか?
えさの残りもタニシが食べて糞に変えてくれます。

いいばかりのようですが、欠点としてはとにかく増えます。
気がつくと水槽ガラス面などホウボウに透明なゼリー状の固まりとなる卵を産み付け、みるみる増えていきます。
ちっちゃなちっちゃなタニシの子たちがあちこち張り付く様も可愛くはありますが、水換えなどで水槽をからにするとあちこちにへばりついていて驚きます。

ペットボトルよりは、他の生き物と共生させるためにも小さくとも水槽の方がいいかも?

タニシの「何を食べるか」についてですが、生き物の中で特に節食法の幅の広さで定評のある生き物です。
池や田んぼ、小川の石などの表面に着生した藻類などを削り取って食べますし、水底の泥や堆積物をも食べます。さらには水中に漂う混濁の元となる浮遊物をエラで集めても食べます。

言い換えると水をきれいにする立役者ですので、魚などの混生させることで水質の保持に役立ちます。

昨年、うちの親父が道楽で造った庭の池のコイが、池に浮かべておいた水草に卵を産み付け、興味本位で部屋の水槽に入れておき多...続きを読む

Qマリモの水槽に熱帯魚は?

マリモを沈めている60センチ水槽に、何か熱帯魚を泳がせたいと思っているのですが、可能でしょうか。
マリモは藻なので、つつかれて食べられる可能性がありそうな気もします^^;

もしも可能な場合、どの熱帯魚がお勧めかお詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

えっ…
マリモって氷が張るくらいの水温でもいい位なんでよね 、確か。(適正水温は10度から20度だそうです)
http://www.fujitaya.org/marimo/E5.htm

熱帯魚は魚にもよるでしょうが22度~28度くらいだそうです
http://www.royal-hc.co.jp/diy/life/nettai/details.html

20度で生きていける熱帯魚がいるならギリギリの線で共存可能かもしれないけど… マリモって北海道とかにいるわけで…どう考えても熱帯魚は居ないですよね…

Qメダカが底に沈んで動かなくなります。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた水の両方を使いました。
(↑以前からこの方法です)

普段から1ヶ月に2~3度くらいは水を替えていますが、
上記のように立て続けに★になったのと、
底に横たわるようになったメダカをみるのは初めてです。

ポンプでエアーを送っていますが、酸素不足でしょうか。
エアーはろ過ドームを使っています。ろ過剤は水交換のたびに新しいものと交換していますが、ドーム本体は最初に買ったものを使っています。

毎朝、★になっていないか、ドキドキして水槽をチェックしています。
どうすればまた元気に泳ぎ回るでしょうか。
よろしくお願いします。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材に定着するまで、約一ヶ月かかります。
この一ヶ月の間に、金魚や他の観賞魚は死ぬことがあるのです。
ただし、微生物が定着すれば、亜硝酸が硝酸へ変換できる環境になるので、
水が原因で死ぬことはめったになくなります。

質問者様のように、一ヶ月に3回程度の水換え頻度だと、
低濃度でも亜硝酸がいつまでも残り続け、やがて中毒になります。
頻度をもっと増やせばいいのですが、面倒なのでおろそかになるものです。
もちろんろ過ドームだけで育てている人も居ますが、
水換えは月に5、6回以上になるでしょう。それだけ亜硝酸が怖いからです。

ろ過ドームだけで1ヶ月1回水換えは逆に全滅コースです。
ろ過能力が足りないからです。なので、別のろ過装置が必要になります。

別のろ過装置の場合、最初の一ヶ月を乗り切りさえすれば、
微生物のおかげで亜硝酸はほぼゼロになるんですよ。
たとえ一ヶ月の間にサカナが全滅しても、病気ではなく亜硝酸のせい。
一ヶ月経ってからべつのサカナを入れてあげれば、まず死にません。
まぁ、めだかは乗り切れるでしょうね。うちは大丈夫でした。

その後、ろ過材は捨てずに、軽く表面を洗うだけで数年は同じものを使うのです。
底砂もそうです。3ヶ月か半年に一回軽く洗うだけ。

そして、洗うときに注意するのが、飼育していた水槽の水だけで洗う事。
水道水をつかうと、塩素で微生物が死ぬからです。
バケツやボウルに飼育水を少し移して、そこで優しくもみ洗うだけで大丈夫。

なので、メインのろ過を別の装置で行い、
エアレーションのついでにろ過ドームを入れる、
ろ過ドームはメインじゃないから定期的に中身を替えても問題なし、
というやりかたが普通のやりかたです。あくまで補助ですね。

亜硝酸はこれでなくなりますが、かわりに発生する低毒の硝酸を捨てるために、
一ヶ月に一回程度水替えをします。それでもサカナには最高の環境です。




外掛けフィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/12305/

ろ過

ボール状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/20780/
リング状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10184/
ウールマット
http://item.rakuten.co.jp/chanet/42720/



外掛けフィルターの中にはろ過ドームのような使い捨てフィルターが入っています。
これを使ってしまえばろ過ドームの惨劇再びですので、
中身を使わずに、別のろ過材を入れるのが一般的です。
ボール状やリング状のろ過材を90%入れ、
ウールマットでウンコを濃し取る。そんな環境にします。
もちろんウールマットは適性なサイズがないんで、はさみで適当に切ります。



ただし、お金に余裕があるのなら、外部フィルターをおススメします。

外部フィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10080/

外掛けよりもはるかに多くのろ過材が入ります。
水流が強いので水の吐き出し方向の調節が必要ですが、
これに勝るフィルターは無いといっても過言ではありません。
もちろん、中身は先ほどのろ過材を使います。

ただし、外部フィルターの場合は酸素不足になりがちです。
なので、エアレーションを別に用いるか、ろ過ドームを併用しましょう。



ちなみに酸素の供給についてですが、泡がいくら発生しても意味ないですよ。
水面から供給される酸素が大半ですので、水面がかるく波立つ状態が理想です。
とはいっても、めだかなんかは水流に弱いので、本当に軽いエアーで十分。
水流が強すぎると、泳ぎつかれて死ぬ可能性もあります。



さらに、メダカの数ですが、少々飼い過ぎです。
水1リットルに対し、1cmの観賞魚とお考え下さい。
なので、14リットル入るとすれば、14cm分です。
つまり、2cm程度のめだかであれば、7匹が限界です。
3cmから4cmまで成長しますから、5匹以内が望ましいですね。
タマゴもガンガン産んで増えますし…。

楽しい観賞魚ライフを!

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材...続きを読む

Q水合わせをしただけで13匹が…

タイトルどうり、水合わせをしていたら13匹死んでいました…(泣)
みんな傷はなく、特に異常なところは見当たりません。餓死でもなさそうです。
ただ…昨日新しく買ったフィルターを使ってみてるのですが、ろ過があんまり出来ていないように見えます(水にうっすら濁りが見える)。
ちょっとデカイ、レモンテトラ等の魚が全滅。残りは買ってきたグリーンファイアテトラ5匹とグローライトテトラ3匹とネオンテトラ3匹、計11匹になってしまいました…。

今からバイトなのでかえって来たら水槽を洗ったり、水を変えてみます。

どうか皆様の知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

詳しい状況が書かれていませんが、水作りは十分にやっているのでしょうか。昨日フィルターを買ったばかりで魚を入れるというのは、ひょっとしたら立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてたということでは?この後の記述はその前提ですが、もし違うなら、水槽の立ち上げやこれまでの飼育実績の状況、水質の状態などを詳しく書いてもらわないと、判断できません。

水槽の立ち上げについて
水槽は買ってきて最初に水を入れる、すなわち立ち上げてから最低2週間から1か月くらいはフィルターを回して水作りをしなければならず、その間、目的の熱帯魚は入れてはいけません。なぜなら魚の住める環境が出来上がっていないので、すぐ死ぬからです。水合わせをするのは十分出来上がった水の場合に限られます。
魚の住める環境というのは、水質を浄化するバクテリアが十分に繁殖した環境ということです。浄化バクテリアはペットショップなどでも売っていますが、空気中にふつうにいるものなのであえてわざわざ買って入れなくても大丈夫ですが、市販品を入れたほうが確実で安心かもしれません。この浄化バクテリアがフィルターや底砂などに十分に定着しなければ、魚を入れると糞尿などでたちまち水質が悪化して窒息死します。この糞尿などを害のない成分に分解するのが浄化バクテリアの仕事です。
浄化バクテリアのエサは糞尿などの有機物ですから、早く水が仕上がるようにするためには、アカヒレなどの汚れた水に強い種類の魚を水が出来上がる前に、死ぬかもしれないことを覚悟の上で入れるのが一般に行われるテクニックです。端的に言えば、魚の死骸もバクテリアのエサになって一気に水質が改善することもあります。あなたの水槽でも、その死んだ魚が水質改善のきっかけになることも考えられます。
http://www.aqua-lovers.com/breeding_water.html

もしも水が出来上がっていないのが原因なら、水槽を洗ったり水を替えたりするのは対策としては正反対であり、全くの愚策です。性能の高いフィルターを使ってその水をそのまま数週間循環させることで、魚を買うことのできる水が出来上がります。
ただ、小さい水槽で13匹全部の死骸を放置するのではバクテリアの分解が追い付かず、水質が悪化(腐敗)する危険があるので、状況に応じて、何匹化を残して他は引き上げたほうがいいでしょう。

なお、質問に書かれている匹数を飼うのなら、よほど水質管理がしっかりしていない限り、60~90センチクラスの水槽は必要でしょう。単純に狭い水槽に大量の魚を入れたことが原因であることも考えられます。種類の違う魚は一種類ずつ順番に水槽の環境に慣れさせることも必要ですから、一気にいろいろな種類の魚を投入したりすれば、攻撃したりされたりして、そのストレスで死ぬこともあります。

どうも質問を読むと熱帯魚飼育の基本知識が欠けているのではないかという印象を受けます。一貫性のない一部の聞きかじった程度のやり方で飼育しようというのはペットにとって残酷な結果になります。専門の本やネットのサイトなどで十分知識をつけてから飼育すべきです。ちなみに、私は基本的にはネットの知識は断片的で玉石混交なのであまりお勧めしませんが、熱帯魚に関しては、市販の専門書がペットショップや資材メーカーのための広告的な記事も少なからずあるため、正確な情報を見極める必要があり、その見極めのためには、商売抜きのマニアによるインターネット情報もかなり有効だと考えます。


http://homepage2.nifty.com/solecism/

詳しい状況が書かれていませんが、水作りは十分にやっているのでしょうか。昨日フィルターを買ったばかりで魚を入れるというのは、ひょっとしたら立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてたということでは?この後の記述はその前提ですが、もし違うなら、水槽の立ち上げやこれまでの飼育実績の状況、水質の状態などを詳しく書いてもらわないと、判断できません。

水槽の立ち上げについて
水槽は買ってきて最初に水を入れる、すなわち立ち上げてから最低2週間から1か月くらいはフィルターを回して水作りをしなければ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報