私が持っているエボニー指板のギターは光沢がなく、友人のエボニー指板のギターは光沢があり光も多少反射する位つるつるしています。
お店で見たESPのギターもエボニー指板でつるつるして光沢がありました。
これはエボニーでも取れる場所等の違いでしょうか?
光沢があった方がかっこいいので、自分のもできればそうしたいのです。
わかる方いましたらお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私が持ってるGrecoのOld LesPaulの指板では、表面がツルツルしてプラスチック様の物があります。

 多分純粋な黒檀ではなくて表面加工されているものだと思います。 使用歴が長くなると光沢が無くなりザラザラ感が出てきますが、加工状況を初期に戻すのは難しいんじゃないでしょうか。 他に自分の持ってるFender USA re-issueのrose wood指板ストラトでもrose指板なのですが表面にグリース様のドロドロした油脂様の厚い加工がされています。 使用が長くなると地肌が出てきます。 あとは普通の表面滑らか加工されたroseや黒檀指板は使用歴が長くなると削れてザラ感が出てきます。 持ってる他のストラトやテレキャスのメープル指板は通常クリア塗装されていますが長期使用で塗装が無くなり汚れてきた無くなってきますし。 いずれにしても表面加工されたものが消えたり使用が長くなり汚くなったものを、元に戻すのは難しいんじゃないでしょうか。 アコギでは黒檀指板のものを数本持っていますが、新しいうちは表面処理が不自然に残ってて良いですが 年季が入ると削れてきます。 けれど年季が入ったものも良いと、受け入れるしかないと思います。 あとは改めて削りなおすしかないと思いますが、変な形で減ります。 私的な感想では、冷たい感じがするかも知れませんが、受け入れるしかないというのか率直な意見です。
    • good
    • 0

昔ですが某国西海岸系ミュージシャンの間でココナッツ・オイルを指板に塗るのが流行しました(フィンガリングが楽になるように滑りを良くするためというのが主な理由でした)。

レモンオイルで思うようにならない場合は試してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答頂きありがとうございます。
実はたまたま昨日別の友人に、オイル変えてみれば?と言われました。
粘度?が高い物にすれば潤いを保てるからつるつるを維持できるよと。
時間がある時にオイルを買いなおしてみようかと思います。

お礼日時:2007/11/23 09:53

No.2です。



LPカスタムなら勿論指板面に塗装は無いと思いますので、材の質または仕上げの問題だと思います。

質の問題ならエボニー材の繊維が緻密で導管が目立たない物ならグレードの高い材とされます。
この場合かなり硬質で磨き上げると鏡面とまでは言いませんがツヤはかなり出ます。
材のグレードが下がると、同じ工程をしてもそこまではツヤは出ません。

仕上げ工程の問題の場合は、単に番手の細かい研磨作業まで行っていない為と考えられそうです。
ただしそれが「手抜き的」か「狙って」かで話が変わりますよね。
最近サテンフィニッシュとグロスフィニッシュのギターが有りますが、手触りの他にルックスで選ぶ人も多いですから、「少しつや消し風」の仕上げにしたモデルかも知れません。

エドワーズは仰る通りESP系列のブランドです。元々ESPはカスタムショップの色合いが強い会社なのでその様なモデルが有っても不思議では無いと思います(これはあくまで推測です)

ツヤの有る無しは結局表面がツルツルしているかデコボコしてるかなので目に見えない様な細かいキズを磨けばツヤは出ます。
そのギターを弾き込めばよく使うところは自然と擦れてツヤは出てきます。
そのツヤの出方はあなたしか出せない「年輪」様な物です。
年月を越えて育てたあなたの愛器は、世界に1本しかないモノになって居ますよ。


あくまで私個人の好みでは、ツヤツヤより少し曇ったエボニー指板の方が渋みがが有ってカッコイイと思いますよ。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり仕上げの違いか材なのかもしれませんね。
今も友人と話していたのですが、レスポールの指板がつるつるは変じゃない?って言われました。
たしかに言われてみればそうなので、わざとつや消し風なのかもしれません。
まだ購入してそこまで弾き込んではいない状態なので、弾き込んでみてどうかですね。

細かい説明をどうもありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2007/11/21 16:47

NO.3です。

カスタムにもローズウッドが存在するようですが?

http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=71240317 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カスタムにもローズがあるんですね。失礼しましたm(_ _)m
一応ESP系のショップでエボニーと説明されて購入していますがローズの可能性もあるのかもしれませんね。
ローズを着色した?スギゾーモデルも所持していますが、
それとは違う感じなのでエボニーだとは思うのですが...。

お礼日時:2007/11/21 16:38

エドワーズのレスポールだとエボニーとローズウッドの指板がありますが間違いないでしょうか?



http://www.espguitars.co.jp/edwards/index.html

上記URLの ORIGINAL SERIES の所から以下を選択して下さい。

E-LP-92SD/QM
E-LP-92SD/LH
E-LP-92SD
E-LP-92SD/P
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスポールカスタムタイプですのでエボニーです。
E-LP-92SD/QM
E-LP-92SD/LH
E-LP-92SD
E-LP-92SD/P
はレスポールスタンダードタイプですよね?
たしかにスタンダードタイプはローズですよね。

お礼日時:2007/11/21 15:38

まず、エボニーにも種類が有ります。


黒檀(コクタン)と縞黒檀(シマコクタン)がギターには多く使われます。(他にも有りますが・・)
黒檀でも真っ黒な物を「マグロ」と呼ばれ珍重されて価格も高いです。
その為、縞黒檀を(中にはローズウッドも)墨で真っ黒に染めているギターもチラホラ有ります。

マグロが評価されるのは見た目のよさだけでなく、木の繊維が詰まりに詰まっているのでかなり堅いものです。指板やアコギのブリッジなど塗装をしない場所に使える木材ですから強度が必要ですので良質なものを求められるのです。その「目利き法の一つ」が真っ黒なモノと言うわけです。

ただし縞黒檀でもよい物や黒檀でも粗悪な物も有ります。この辺りは経験で目を養うしかない感じです。

本題です。
フレットを全部抜いた後、指板の表面を平面とアールを保ちつつ磨いて行きます。#2000から#3000位までのペーパーをあてればピカピカになります。
その後リフレットやすり合わせするのが真っ当なやり方かもしれません。

・・・コレでは多分費用も掛かるしリスクも高く現実的では無いですよね(もしこの方法を取るのならプロに任せて下さいね)

まともなエボニーなら下手な金属より堅かったりしますので、とにかくからぶきで結構なのでギター用クロス等で磨き倒して光沢を出して下さい。堅いので木が削れたりはほぼしないはずです。
多少は光沢が出るかもしれませんが長期間かかるので気長にして下さい。ペーパーは使わない方が賢明です。指板の狂いなどのトラブルが起こる事も考えられます。
あと、コンパウンド系もNGです。コンパウンドの粒子がすき間に入って白残りが取れません。

実物を見ていないので言い切れないのですが上記の通りエボニーは高級材です。
エボニーを使うギターは高価な物が多く仕上げも良い筈です。「ツヤが無い」仕上げ方はあまりしないと思うので・・・
大変失礼ですが「染め指板」の確認を先にした方がいいかも?です。
染物の場合下手に磨くとまだらに色落ちしたりして面倒な事になるケースも有りますよ。

もし音色も含め演奏上問題が無いのなら「そのままにしておく」選択肢も候補に入れたほうがいいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

細かい説明をありがとうございます。
やはり仕上げ方の違いなんでしょうか?
私のはエドワーズのレスポールカスタムでエボニーで間違いないと思います。
友人のはESPのフロイドタイプの物です。
ESPとエドワーズなので材の違いもあるのかもしれません。

お礼日時:2007/11/21 13:44

レモンオイル(楽器屋に売っています)をつけると光沢がでますよ。

ただしラッカーフィニッシュのギターには絶対に使ってはいけないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
レモンオイルはつけています。それとも何か特殊なレモンオイルなのでしょうか??

お礼日時:2007/11/21 10:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QESPのギターってどうなんでしょうか?

私はレフティなので購入できるギターが少ないです。
ESPなら各モデルの受注制作も、オーダメイドもしてくれるので興味があります。

検討しているのは「SNAPPER-CTM24-FR」です。
大きな買い物なので慎重に検討していきたいです。
皆さんの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

自分はESPのギターは大好きです。

巷では「学生が作ってる」なんてデマも出回ってますが、そんなことは絶対ないですよ。
実際に弾いてみたらわかると思います。

SNAPPERとてもいいギターです。自分も1本もってます。

FRということで「フロイドローズ」のものに興味があるようですが、
自分はどちらかというと普通の「SNAPPER-CTM」をお勧めします。

「フロイドローズ」は確かにチューニングの狂いなどは皆無ですが、
「ESP FLICKER-III 」も本当に狂いません。精度はかなりいいブリッジだと思います。

「ほかのギターがフロイドローズでこれじゃないともう無理!」というならばとめませんが、
もしそんなことないならば是非体験していただきたいです。

弦交換の時間などを考えてもおススメです。

高額な買い物ですからじっくり考えてください^^

Qギターの指板

弦をかえるので指板などにあるフレットを区切ってる、金属の所ををそうじしたいのですが、ポリッシュしかもっていません!
この場合どうすればいいんでしょうか?なにかで代用とかできませんか?教えてください!!

Aベストアンサー

指板に打ち込まれていて、音程を決める断面がかまぼこ状の金属は、そのものをフレットと呼びます。

弦交換時にフレットの清掃をしたいというケースですが、その清掃の程度によって対処も違ってくるでしょう。
もし、ホコリや汚れなどを落としたいというのであれば、根気よく乾拭きをするだけでも結構な効果はあるでしょう。フレット付近の指板表面の手の脂などの汚れをきれいに落としたいときには、エボニーやローズウッド指板であれば、指板用のレモンオイルやオレンジオイルなど、柑橘系オイルがよく使用されます(楽器店で1本1,000円くらいの物があると思います)。これもフレットの油脂汚れには効果があるはずです。なお、指板用のオイルは通常、一回の清掃に数滴使用するだけでも十分な量です。オイルを布などにとってフレットごと指板上に薄く延ばし、乾拭きして拭うように磨くと良いでしょう。

フレットの錆やくすみを落としたい場合には、研磨剤入りのコンパウンドを使用するのが良いでしょう。また、その際には指板表面を傷めないように、マスキングテープで木部を覆うか、あるいはフレット磨きのとき専用の指板保護のためのプレート(金属の薄いプレートでフレットの太さのスリットが開いているもの)などを使うのが妥当です。コンパウンドについては、Fernandesの946スクラッチメンダーは抜群の効果があり、使い勝手が良いでしょう(1本1,000円くらいで買えます)。また、同じFernandesの956サーフェイスプロテクターを研磨後に塗ると、光沢が長持ちします。
もし、こちらの場合で代用品を探すとしたら、日用品では研磨剤入りの歯磨き粉がコンパウンドの代用になります。あるいは、目の細かいスチールウールでフレットを磨くのも手です。他には、金属磨き用のクロスなどで磨くのも効果があるでしょう。

なお、ポリッシュに関しては基本的に塗装面の艶出しに使われるもので、エボニーやローズウッドといった塗装されていない指板には通常使いません。ポリッシュを指板に使えるケースは、指板がメイプルで塗装されている場合などに限られるでしょう。

参考まで。

指板に打ち込まれていて、音程を決める断面がかまぼこ状の金属は、そのものをフレットと呼びます。

弦交換時にフレットの清掃をしたいというケースですが、その清掃の程度によって対処も違ってくるでしょう。
もし、ホコリや汚れなどを落としたいというのであれば、根気よく乾拭きをするだけでも結構な効果はあるでしょう。フレット付近の指板表面の手の脂などの汚れをきれいに落としたいときには、エボニーやローズウッド指板であれば、指板用のレモンオイルやオレンジオイルなど、柑橘系オイルがよく使用さ...続きを読む

Qギター指板にナゾの縞。

半年前くらいに買ったエピフォンのレスポールスタンダードの指板(ローズウッド)に、いつの間にか木目に沿って縞ができているのです。

色は白っぽいような、緑っぽいような、なんというかカビみたいなんですけど、結構起こりうる症状なんでしょうか?

ギターの保管方法は普通にギタースタンドに立てかける感じで、部屋も特に湿気がすごいなどといったことはありませんし、同様の条件下にあるもう一本のギターにはそういった症状は全く見られないのです。
ただ練習後にクロス等で拭かずに放置したり、過度に指板潤滑材を塗布したりした事が原因なのかとも思うのですが。

また解決法についてもご存知でしたら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

症状については現物を見てみないことにはなんともいえないところがありますし、またそうである以上原因についても憶測の域を出ないと思われるので言及できませんが、とりあえずの対処としては、レモンオイルなどで指板を清掃してみるのがよいと思います。
レモンオイルは汚れ落としとしても効果があるので、有効なのではないかと思います。 弦を外して指板を清掃してみるのが良いでしょう。

あと、個人的には、やはりスムースフィンガーの類の使い方がちょっと気になります。 スプレータイプのスムースフィンガーについては、ギターの指板には影響しないという意見もあるようですが、個人的にはスプレーを直接ネックに噴いたりするのではなく、クロスなどにスプレーしてからそのクロスで弦を拭くように使うのが良いと思います。
指板潤滑材と表現されたりしますが、主には弦やフレット表面など指が直接あたる金属部の滑りを良くすることに重点があると思います。 指板に塗布したり、吹き付けたりするのは、個人的には少々不合理なのではないかと感じます。
また塗布した後は乾拭きして拭き取っておくのが良いでしょう。 塗布する量は、少量でも十分な効果があります。

参考まで。

症状については現物を見てみないことにはなんともいえないところがありますし、またそうである以上原因についても憶測の域を出ないと思われるので言及できませんが、とりあえずの対処としては、レモンオイルなどで指板を清掃してみるのがよいと思います。
レモンオイルは汚れ落としとしても効果があるので、有効なのではないかと思います。 弦を外して指板を清掃してみるのが良いでしょう。

あと、個人的には、やはりスムースフィンガーの類の使い方がちょっと気になります。 スプレータイプのスムースフィン...続きを読む

Qギター指板上の音名

この前、スケールについて質問して指板上の音名などを覚えることにしたのですが、数が多すぎて、どう覚えたらいいのかわかりません。キーボードなら、ド・レ・ミなどとペンで書いて覚えたのですが・・・いい覚え方があったら教えてください。

Aベストアンサー

指板上の音名の配置についてですが、全部を真正面から丸覚えしようとするととても大変なことになってしまいます。 音の配置については規則性がありますので、その規則性を把握するようにするのが良いでしょう。

まずはじめに覚えるべきなのは、一つの弦の上の音程の規則性です。 一つの弦に限れば、1フレットの違いは半音差になります。 また、半音間隔で音階を並べれば1オクターブは12半音で構成されますので、1本の弦において、開放弦と12フレットの音は1オクターブ差の同じ音、その他のポジションについても、12フレット差で1オクターブ差の同じ音が登場するということになります。 まずこれを踏まえるのが良いでしょう。
12f以上のポジションについては、開放弦から12fまでの音程の配置と同じように音が連なっていきます。 開放弦がEであれば、12fもE、13fは1fと同じ音名のF、14fはF#/Gb、15fはGです。 ですので、音程の配置を押える時には、開放弦から12フレットまでのならびに着目するのが良いと思います。 それ以上のポジションでは、それまでと同様の配置が繰り返されるだけです。

また、半音差で音が連なることについても、きっちり押さえておくのが良いでしょう。 12音階をそのまま並べてみると良いと思います。
... C - C#/Db - D - D#/Eb - E - F - F#/Gb - G - G#/Ab - A - A#/Bb - B - C ...
12音階の各音名をベタに並べると、上のようになります。 当然、音名は循環するル-プになっていきます。 この相対的な音程差については、一つの弦上に展開すれば、そのまま1フレットごとに一つの音名がこの順番通りに対応することになります。 これも踏まえておくと良いでしょう。
その上で、各弦上の具体的な音程に関しては、開放弦の音程を基準に音を並べていくことに注意すれば良いでしょう。 上のループで言えば、6弦の音程の配置を得るためには、開放弦がEなので、そこを起点として上の音程の並びを思い返してみてください。 その順番通りに音程が展開していきます。
開放弦のチューニングと、上の音程の順列さえ押さえてしまえば、指板上の音程の表は簡単に作れるはずです。 まずは一つ一つの弦にバラバラに着目して、単純に捉えるのが良いでしょう。
なお、各ポジションの音程を覚える上では、ポジションマークは良い目安になるでしょう。

その上で、他の弦との相対的な関係を踏まえていくのが良いでしょう。
ギターでは、同じ高さの同じ音程が出るポジションが複数ある場合があります。 そうした法則性についても考慮に入れると、より音程の配置を覚えやすくなると思います。 以下、ギターを実際に鳴らして確認してみてください。
同じ音程を追っていくと、6弦の5fと5弦の開放弦の音程は同じになります。 また、6弦の10fと5弦の5f、4弦の開放はこれも同じ音程になります。 6弦15fと5弦10f、4弦5fと3弦開放も、同じ音程になります。 つまり、この4本の弦に関して言えば、隣り合う弦同士では5フレット分の音程差があるということになります。
2弦開放については、3弦4fと同じ音程になり、上の関係から4弦9f、5弦14f、6弦19fに、同じ高さの音程があることもわかります。 1弦開放は、2弦5fと同じ音程になり、上の関係から3弦9f、4弦14f、5弦19f、6弦24fに同じ音程があることになります。 こうした異なる弦上にある同じ音程の位置関係も視野に入れてみると、より手がかりも多くなるでしょう。
ついでに言えば、1弦と6弦の開放弦のチューニングは、2オクターブの差がありますが、どちらも同じEに合わせます。 つまり、1弦と6弦の音程の配置は、音名だけを見ればまったく同じ順列になります。 ですので、音名の配置を覚えればよい弦の数は、5つになります。

とりあえずは、まず紙にギターのフレットと弦を書き出してみて、その上にこの前半に書いたことを踏まえて音名を書き出していき、自分で表を作ってみるのが良いと思います。 その上で、後半に書いた同じ音の配置の関連や、あるいはオクターブ違いの音程がどこにあるのかなどを探し、関連付けて把握していくのが良いでしょう。
覚える上では、なるべく単純化できるところは単純化して捉え、規則性があるところはその規則性を優先して頭に入れるようにし、ポイントを押さえた覚え方をするのが良いでしょう。 また、あまり一度にたくさんのことを叩き込もうと意気込みすぎず、一つ一つ積み重ねて覚えていくようにするのが良いと思います。 まずは開放弦の音程をすべてきちんと覚え、半音以外の音程(変化記号のつかない音程)がどこに展開されているのかを押さえる事をお勧めします。

雑然とした説明になりましたが、参考になれば。

指板上の音名の配置についてですが、全部を真正面から丸覚えしようとするととても大変なことになってしまいます。 音の配置については規則性がありますので、その規則性を把握するようにするのが良いでしょう。

まずはじめに覚えるべきなのは、一つの弦の上の音程の規則性です。 一つの弦に限れば、1フレットの違いは半音差になります。 また、半音間隔で音階を並べれば1オクターブは12半音で構成されますので、1本の弦において、開放弦と12フレットの音は1オクターブ差の同じ音、その他のポジションについても...続きを読む

Qギターの指板のメンテナンス

ギターの指板の掃除について質問です。最初はオレンジオイルをつけて汚れをふき取っていたのですが僕は手の汗が酷く、手の油の塊のような頑固な汚れが出来てしまいオレンジオイルをつけるだけでは落ちなくなってしまいました。そこで一度ギターマガジンで見たマジックリンを使った掃除を行ってみました。結果、汚れは抜群に落ちたのですが匂いが残ってしまいギターに影響がないか心配です。次にマジックリンを使わずにオレンジオイルだけを使い、歯ブラシでゴシゴシ擦ったのですが、これも指板に悪影響がないか心配です。

僕が教えていただきたいのは

(1)指板にマジックリンを使っていいのか?
(2)指板を歯ブラシで擦ってもいいのか?  です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ええと・・・お使いのギターのフィンガーボードはローズウッドですか?メイプルですか?エボニーでしょうか。

それによっても微妙に変わって来るとは思いますが、ローズやエボニー等の「木肌がむき出し」の物には、個人的に洗剤系は控えた方が良いように思います。

まぁ、エボニー等の「極端に堅く目の詰まった」木材ではほとんど影響は無いと思いますが、特にローズウッドの場合は吸水性が非常に良いので、後々まで臭いが残ります。「ローズウッドに液体系は厳禁!」と思った方がよろしいかと。

・・・と言ってももう使ってしまったんですよね?w
大丈夫ですよw 敢えて影響があるとしたら、水分を吸った為に一時的にウェットな状態になったものが乾燥する時に微妙なひび割れを起こす可能性がある、と言ったところでしょうか。
とは言えその可能性は極めて低いです。

(2)
歯ブラシですか・・・・・これもまた荒行を・・・w

基本的にフィンガーボードに使われる木材は堅い物が多いので、目で分かる程の傷が付く事はほとんどありませんが、逆に目の細かい弾力性のあるもので磨いた場合 見えない傷が多数残る事があります。

そういう意味では歯ブラシやタワシは大敵と言って良いかも知れません。

ただこちらもある意味「好み」の問題とも言えます。

売り物にしようと言うのならそれは致命的ですが、例えばプレーン塗装のしてあるメイプルネック(フィンガーボード)の表面を敢えてサンドペーパーで削って滑りにくくしている人等もいます。

虫眼鏡等で見てみて「細かい傷」が確認出来るのなら、目の細かいサンドペーパー(ごめんなさい、ナンバーを覚えていませんが、普通に手に入る1番細かいやつです)で磨くと言う手もあります。

ただ、これにはかなりの技術が必要になるので、余程腕に自信が無い限りは業者にやってもらった方が良いでしょう。・・・かなり高く付きますが。(フレットを抜いたりする為)

まあ自分で気にならないならそのままでも全然大丈夫ですよw

因みに私は極端に手垢が溜まってしまった時には爪楊枝に小さな布を巻きつけて、そこにオイルを垂らしてフレット等の掃除をしていましたw

まぁどちらも1回やってすぐに影響の出るものではありませんが、もし知らずに続けていたならとんでもない不具合を起こしたかも知れません。

折角ネットがあるのですから、特にメンテに関しては良く調べてから行った方が良いですね。

ええと・・・お使いのギターのフィンガーボードはローズウッドですか?メイプルですか?エボニーでしょうか。

それによっても微妙に変わって来るとは思いますが、ローズやエボニー等の「木肌がむき出し」の物には、個人的に洗剤系は控えた方が良いように思います。

まぁ、エボニー等の「極端に堅く目の詰まった」木材ではほとんど影響は無いと思いますが、特にローズウッドの場合は吸水性が非常に良いので、後々まで臭いが残ります。「ローズウッドに液体系は厳禁!」と思った方がよろしいかと。

・・・...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報