新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

お寺でご祈祷してもらうのに祈祷料を入れる袋はなにを使えばいいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

祝儀袋・水引は紅白を用います。



寺院への祝儀袋には「のし」は用いないので外します。(のし…祝儀袋の右上に付いている紙片。本来は薄く削ったアワビ<熨斗鮑>を用いていた名残なので、殺生を戒める仏事では慶事・祭事であっても、のしは使わない)

表書きは御布施・祈祷料・灯明料・御供など随意です(初穂料は神社に対して表書きです)
    • good
    • 22

http://www.yakuzin.com/gokitouannai.htm

紅白ののし袋に初穂料です。
上記サイトが参考になります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む

Q祈祷料の包み方

今週、子授けの祈祷をしていただくのですが、どのような袋(熨斗袋)に入れるのかがよく分かりません。(封筒でないことはこのサイトで質問して分かりました。)
神社ではなくお寺での祈祷です。(HPに「神社ではなくお寺です」と書いてありました。)
また主人と私で行くのですが、名前は連名でしょうか?
参考URL等ありましたらお願い致します。

Aベストアンサー

祝儀袋(寺院向けには熨斗は外す。あるいは熨斗が印刷されていないものを使用)の表書きは「御布施」、あるいは「祈願料」・「灯明料」でよろしいでしょう。
水引は紅白か五色。
ご夫婦で依頼されるのでしたら連名でもよろしいでしょう。

参考URL:http://www.mizuhikiya.com/

Q表書きを教えて下さい。

新しく 檀家になり お寺にお墓を建立しました。

土地代と お花やお線香 お供物など 檀家になっった時に10万円必要だと説明を受けました( 毎年ではなく 初めての年のみ)

その時の表書きは 
「土地代」? 「御香華料」?でいいでしょうか。

それと 封筒の後ろに金額を書いた方がいいのでしょうか。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

土地代でいくら、お供えでいくら、と10万円の内訳を細かく示して頂いてあるのであれば、個別に封筒を用意して、土地代分には「墓地借料」、お花やお線香、お供物などの分には「御供」または「志」で良いと思います。
内訳が無く、全体でいくら、という事であれば、ひとつの封筒に入れて「入檀諸費」で良いと思います。
封筒の後ろには金額を書きます。

少し事務的かと感じますが、この場合は、施主の布施ではなく、必要な金額を提示して請求されているので、このようにされて良いと思います。

Qご祈祷とお祓いとは同じものですか?

ここ数年で悪い事が続いています。
赤ちゃんを流産してしまったり、年に何度も交通事故にあったり、最近生まれた子供が重い病気になったりと悪いことが続いているので、お祓いに行こうと考えています。

子供の病気平癒祈願をしているお寺に行って、お祓いをしてもらおうと問い合わせたところ、「お寺なのでお祓いではなく祈祷はできますが」とのことでした。

ご祈祷とお祓いとは同じものですか?また、悪いものを取り除く目的の場合、ご祈祷のお願いごとは何と書けば良いのでしょうか?
また、お祓いの効果はどれくらい続くものなのでしょうか?
1年に1度必ずしてもらったほうが良いですか?

教えてください。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「祈祷」は、広くは「神に祈って災厄を取り除いてもらう」行為一般をさしますが、狭義(一般的)には、専門の祈祷師が行う災厄除けの儀式一般を指しますね。祈祷師は別に免許制でも何も無く、神道や仏教に関連するものもありますが、通常は民間信仰的なものになります。先祖の霊が云々・・・というのはこちらになりますね。

一方「お祓い」は「神道」できっちり定義されているもので、神前で神職が行う祈祷の一種と考えて下さい。ただしこちらはちゃんとした神職が行うもので(神職は免許制なんですよ)、そこにおられる「神」に対して正式にお願いして厄災を「祓って」貰うわけですから、逆に言えば神職じゃないと出来ないんですね。

ですので、お寺では「お祓い」は出来ません。

で、問題はその「厄災」がどういうものか、です。

「お祓い」で出来るのは、八百万の神々に例えば「ウチに厄災が来ないよう守って下さい」と「お願いする」ことでして、何かの霊が悪さをしている場合は「お願いした神様が"どけ"と言わないと去らない」です。ですので効果は、厄災が起きても大した問題じゃなくなる(神様が守ってくれた)とか、徐々に厄災が減る(神様が説得してくれている)とかになり、そのまま安定する形になります。

一方「祈祷」は、霊が居るならその霊に直接「どっか行って下さい」とお願いするわけで、祈祷がちゃんと出来ればその時点から悪霊はいなくなりますが、居なくなった途端に他の霊が来ちゃうこともあり、効果は継続するかどうかはやってみないとわかりません。

(祈祷の中には"お祓い"と同じく、特定の神様に守ってもらうようにお願いする場合もあります。この時の効果は"お祓い"と同じになります。お寺でやってくれるのは多分こっちのタイプではないかと思います)

ということで、「お祓い」の場合は、どっちかと言うと「事前準備」の色彩が強くなり、可能なら毎年、そうでなくても厄年など特に守った方が良い年にすることになりますが、「祈祷」の場合は「事後対応」、問題があった時にやってもらう、という形になります。

「祈祷」は、広くは「神に祈って災厄を取り除いてもらう」行為一般をさしますが、狭義(一般的)には、専門の祈祷師が行う災厄除けの儀式一般を指しますね。祈祷師は別に免許制でも何も無く、神道や仏教に関連するものもありますが、通常は民間信仰的なものになります。先祖の霊が云々・・・というのはこちらになりますね。

一方「お祓い」は「神道」できっちり定義されているもので、神前で神職が行う祈祷の一種と考えて下さい。ただしこちらはちゃんとした神職が行うもので(神職は免許制なんですよ)、そこに...続きを読む

Q法事以外にお寺に払うお金は何と言いますか?

代々の菩提寺のお寺に、法事以外に、毎年正月と盆に決まった額のお金を渡すことになっています。こういったお寺へのお金は何というのですか?お包みに何と書けばいいのかわかりません。法要ではないので「お布施」ではないと思うのですが。

Aベストアンサー

No3のものです。私もついでに・・・。w
「御香料」でもいいですよ。本尊さんに対して、お香の代わりに納めさせて頂きます。となりますのでね。
「お布施」は「ほどこし」ですのでこれも本尊さんに対して、品物の代わりに納めさせて頂きます。となりますので。
「お布施」と「志」は同じように使えます。御礼にもなれば、お供えにもなると言うことです。ですのでお寺に包みを持っていかれる場合は、「お布施」ですべてかまいません。
お正月や、お盆にお寺に行くと言うことは、本来、本尊さんにお参りをさせて頂くという事なのです。
ご参考までに・・・。

Qお灯明料について

来月、曹同宗のお寺の「大施食会」がありますが、例年当行事が終わってから伺っています。その際、今までは管理料とお塔婆料を納めていましたが、本来はお灯明料も必要だったのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

正しくは「曹洞宗」です。御灯明料とは蝋燭代の事を言います。
御塔婆料の中に全て含まれているなら、御灯明料は別途必要ない
と思います。聞いても失礼にはなりませんので、御寺で聞かれて
下さい。知らないまま何もしない方が失礼になります。

Q護摩を焚いていただく際、お礼の袋?

また護摩について質問させて頂きます。
このたび高尾山薬王院有喜寺で御護摩を焚いて頂こうと思っております。

神社などでお祓いを受ける際はご祝儀袋などに、初穂料として納めるようですが、御護摩の場合は袋は何になるのでしょう?
今日、ご祝儀袋などの売り場でいろいろ見ましたら
「お布施」用の袋に「僧侶などへの開眼、・・」などと書かれていましたので、こちらになるのでしょうか?

ちなみに社殿の前に鳥居がありますよね。
こちらでお守りをあつかっている方にお話を伺ったところ
神仏分離以前の神社と言った話を聞いたことがあります。

お寺、神社・・・どちらのマナーが通るのでしょうか?
長年お賽銭のみのお参りをさせていただいてますが、御護摩を焚いて頂くのは初めてで・・・・。
どなたか正しいマナーを教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。。

 再びですみませんが・・・あと、自分が西日本の人間なので、地域性などが異なるかもしれませんけど。

 地域性がどうこうと言っても、御護摩の場合は、紅白ののし袋でよいはずだと思います。それと、お寺のホームページを見ましたが、仏様とともに権現様もお祀りしているようですけど「お寺」ですね。

 大きなお寺だと、受付の窓口があって、普通に料金を払うように財布から直接ご祈祷料を出すような場合もありますが、御祈祷料が前もってわかっている場合や、とくに定めがない場合などは、のし袋にお包みして、裏に金額を記してお出しした方がよいでしょう。

 表書きですが、「御祈祷料」「御宝前」「御法礼」のどれでも、少なくとも大ハズレではないと思います。
 お寺さんにはなんでも「御布施」というのは決して間違いではないのですが、御護摩のような御祈祷では通常、紅白を使い、「御布施」や「御供」は使いません。(たぶんこの点は、どの地域でもそんな感じだと思うのですが。)

 お願い事が成就するとよいですね。では。

Qお寺にお礼を包む時の表書き

お寺にお礼を包む時の表書き

思春期の息子が急に体調を崩し、それ以来息苦しさと幻視に悩まされています。
朝は身体が重く、歩くのも辛い状態。
様子から見て自律神経が弱っているのではと思いその治療の予約はしてあるのですが
幻視については原因がわからずのままなので、今度お寺に相談にいくことなりました。
そこで霊視していただき、お祓いもしくは除霊、今後の心構えなど教えて頂けるようです。

こういった相談の場合、お礼の表書きはどのようにしたらよいでしょうか。

普通に「御礼」でよいでしょうか。
また、金額は?
そこのお寺を知ったのは友人の口コミからで、表立った宣伝はなにもしていないので
金額の指定は無くお気持ちで、と言われました。
が相場がわからず、5000円でよいのでは?というアドバイスもいただいたのですが
その額で失礼にならないでしょうか?

9月2日に息子を連れてゆく予定ですので
早めの回答をいただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「お布施」でいいのではないでしょうか。
3000円か5000円ぐらいが相場でしょう。

でも、無宗教の私だったら祈祷なんて絶対しませんがね。精神科医へ全面的に頼ります。

Qお寺での厄払いのときの表書き

近々、お寺での後厄の厄払いを行います。
そのとき、お寺へお金を支払うと思いますが、
表書きは何と書けばよいのでしょうか?
「御香料」?「御布施」?
また袋は祝儀袋になるんでしょうか?
普通の白い封筒でもかまわないのでしょうか?

Aベストアンサー

普通の封筒でも「結びきり」の祝儀袋でも構いません。
表書きは「お布施」でいいです。

あまり細かに考えるよりも、お寺さんにも受け易い形で充分です。
巡っては来ても、あまり繰り返したい事ではないので、結びきり。
完結後の気持ち(お礼)なので、強いて選ぶなら祝儀袋。
相手方の事ではなく自分の事ですから、香料ではないです。
またオールマイティの「お布施」を使う方がお寺さんも受け易いです。

Q御祈祷料は新札ですか?

こんにちは

明日神社に厄除けの御祈祷に行こうと思っているのですが
お財布の中には折り目のついた札のみ・・・

御祈祷料はやっぱり新札じゃないとだめですよね?

うーん
休日で新札を手に入れられる所ってあるのでしょうか?

折り目つき札ではやっぱりダメですよね?

そういうところをこだわっちゃうタイプなんで・・・
教えてください
お願いします

Aベストアンサー

お話を読ませていただいて、
少し調べてみたのですが・・
厄払いのお祝い行事については見つかりますが、
ご祈祷料のしきたりなどについては、
結局見つかりませんでした・・すみません。

慶事には新札を弔辞には旧札を、という原則も
最近では全て新しい綺麗なお札を、
という方が主流になったことから考えても、
人にお渡しするお金は、綺麗なお札の方がいい、
ということなのだろうと、私なりに考えました。

私は各金種何枚かずつ新しいお札を常備していますので、
お近くなら両替して差し上げたい・・(苦笑)

でも、月並みですが、一番大切なのは心だと思います。
今のそのお気持ちだけでも十分かと思いますよ。
明日はお気をつけていらして下さいね。
お役に立てず、申し訳ありませんでした。


人気Q&Aランキング